loading
loading

2021年9月20日 敬老の日ギフト
桜 旭山
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
入荷待ち
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

旭山

5,500円税込
  • 北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談
  • お届け先の地域を選択すると、選択した地域への最短お届け日を確認できます。
    loading
    Now Loading...以内のご注文確定で
    Now Loading...
「✉️入荷お知らせ」 機能

ご希望の商品の在庫がない場合に「入荷お知らせ」をお申し込みいただくと、商品が入荷した際すぐにお客様にメールでお知らせいたします。

なお、「入荷お知らせ」のご登録は、ご注文やご予約とは異なりますので、ご注文の受付、また商品のお届けを確約するものではございません。

※生産の都合により、ご希望の商品が入荷しない場合がございます。

  • 選べる支払い方法クレジットカード | 請求書払い(法人のみ) | 銀行振込
  • 商品到着後に領収書をメールにてご送付宛名の変更は注文履歴から行えます

商品をお選びいただいた感想をお聞かせください。

今ならレビュー投稿で全員にAmazonギフト100円分をプレゼント中!

※ 2021年9月1日以降のレビュー投稿は100円分に変更となっております。何卒ご了承ください。

※ フラッシュセール対象商品は除きます。

レビューを書く

商品説明

バラ科サクラ属の落葉樹です。成長は30cmから40cmくらいまでの小型の桜で、鉢植えで育てることができます。芽吹きは力強く、毎年3月から4月頃に、淡い紅色をした二重の花をたくさん咲かせてくれます。ボリュームがあり愛らしい花びらです。基本的に戸外で管理しますが、開花時期に室内に取り込むのは可能です。お部屋でゆっくりお花見を楽しみましょう。若い方へも目上の方へも、世代を問わず喜ばれる人気の品種です。開店祝いや開業祝いとして法人ギフトにすれば、同じ桜が毎年春を知らせてくれるため、小さな記念樹としての意味合いも生まれます。花の終わった頃からの淡い新緑も毎年楽しみの一つになります。また、2、3年ごとに植え替えにより、根にゆとりが出て元気に育ちます。

【原産地】
原産地は日本です。オオシマザクラ、ヤマザクラなどを元とした一連の園芸用品種の総称が「サトザクラ」と呼ばれます。突然変異を含め、平安時代から選抜育成や交配が繰り返されて品種改良されてきたものは、200あまりにのぼります。旭山はそのうちのひとつです。

【水やり】
春と秋は1日に1回から2回水やりをします。旭山は水を好むため、土表面が乾いたら鉢底から水が滲むまで十分に与えます。皿の余分な水は捨ててください。開花時は水切れを起こさないよう注意してください。夏は様子を見て1日に2回を目安に水やりをします。冬場は乾燥したら、2、3日に1回程度を目安に水やりをしてください。

【日当たり】
通年、風通しがよく日当たりのよい戸外で管理します。夏場はしっかりと葉に日光を当てて育てますが、強すぎる西日は苦手です。また、大きな樹木等の陰に置くのは避けましょう。日当たりにムラができると樹形が崩れやすくなります。

【温度】
冬場と春の寒暖差によって花を咲かせます。通年空調の効いた室内で管理すると花つきが悪くなるため、通常は屋外で管理し、蕾がふくらむ2月末ごろから室内に取り込むと、早めの開花が期待できます。冬場の戸外では、強い北風にやや弱いため、ベランダの室内側や家屋のそばに寄せてあげるとよいでしょう。

【症状と対処法】
4月から6月、9月から10月はアブラムシがつきやすくなります。定期的に市販の殺虫剤を散布して予防しましょう。また、花がらを摘み忘れると実がつき、翌年の花つきに影響します。花が終わったらきれいに取り除いてください。根腐れを防ぐため、猛暑時期は水やりは朝と夕方がよいでしょう。

【耐陰性・地域性】
冬に降雪する地域では、土は特に乾燥ぎみにして、暖かい日の朝にたっぷり与えるようにします。鉢の表土に藁や断熱材を置くと凍結防止に役立ちます。気温が氷点下を下回る時期になったら、発泡スチロールの底と蓋に穴を開け、木片等を敷いた上に鉢を置き、蓋をすれば冬越えが可能です。1週間に一度は換気のため蓋を開けます。雪が振り込んだら、水やりも休止してください。

主にその他お祝いとしてご利用されております。

ページの上部へ