Top %282%29母の日
Loading
Loading
サボテン ギムノカリキウム 瑞昌玉(ずいしょうぎょく) 3号 Hemisphere 【L size】
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。

ギムノカリキウム
瑞昌玉(ずいしょうぎょく) 3号 Hemisphere 【L size】

13,284
入荷次第ご連絡いたします。
現在、入荷日未定です。入荷通知登録を行ってお待ちください。

商品説明

■ 詳細説明

サボテン独特の陵と呼ばれるひだ部分の形状が特徴的です。陵の高い部分にカールした白い棘が整然と密着して付くのが美しく、青味がかった緑色の体を引き立てます。過酷な環境で生きる能力があるため、置き場所や水やりに注意をすれば育て方は難しくありません。花は1度に複数輪咲くことがあり中央部分の赤味が可愛らしく清楚です。ゆっくりと成長するため、魅力的な姿を長く楽しむことができます。丸い形状で安定感があるコンパクトサイズのため、ご自宅の玄関や居間のサイドテーブルに置くと素敵なインテリアアイテムになります。グリーンギフトとして開店祝いや移転祝いに贈ると、レジの側やオフィスのコーナー、受付などに飾って頂けて、サボテンの生命力で見る方の気持を癒してくれます。

【原産地】
原産国は南米の乾燥地で、水分蒸発防止のため、葉が進化して棘になったと言われています。乾燥地における雨季に成長し、幼いうちは親の足元や木々のもたらす半日陰で育ちます。サボテンは水分の枯渇する寒暖差の激しい環境に適合した生命力あふれる植物です。特に瑞昌玉の白い棘は、強固で体に密着しているのが特徴で、外敵や太陽光から身を守るのに役立ちます。

【水やり】
春~秋の成長期には月に2回、たっぷりと水を与えましょう。水やりのタイミングは、土が乾いたり、少ししおれてきたりした時が良いでしょう。屋外で育てている場合、梅雨時期には水分の与え過ぎにならないように雨が当たらない軒下などに置きましょう。休眠期の冬季は、与えた水分が寒さで凍結する恐れがあるため、水やりは月1回に減らしましょう。

【日当たり】
日当たりが良く、風通しの良い場所に置くのがおすすめです。日光の当たるベランダや窓辺、風通しの良い棚やテーブルの上に置くと良いでしょう。冬を迎える準備として、葉焼けの心配がある真夏以外は日光を十分に当てておくことで、越冬できる健康的なコンディションを整えられます。

【温度】
栽培の適温は、昼間は25~35°C、夜間は15~20°Cです。原産地の寒暖差を考慮すると、日本では真夏の夜の温度が高いため、室内の涼しい場所に置くのがおすすめです。春~秋に戸外で育てている場合は、気温が5°C以下になる前に屋内に取り込み日当たりの良い窓辺に置きましょう。冬の夜の窓辺は冷えるためお部屋の中央寄りに移動させて凍結を防ぎましょう。また簡易ビニール温室に入れるのもおすすめです。

【症状と対処法】
真夏の強い直射日光は葉焼けを起こすため、レースのカーテン越しにやわらかい日光が当たる窓辺に移動すると安心です。水分の与え過ぎは根腐れの原因となるため気を付けましょう。土が乾いたら2,3日後に水やりをするのがおすすめです。またカイガラムシや赤ダニが発生することがあります。カイガラムシは2~3㎜の丸い虫で棘座や陵のひだに発生します。見つけたらこまめに歯ブラシで擦り落としましょう。赤ダニは0.5㎜程度の大きさで肉眼では赤い点が動いているように見えます。赤ダニは水に弱いため、水で洗い流すのも有効です。害虫に殺虫剤も効果的です。日頃からこまめに観察して早期発見を心がけましょう。

主にその他お祝いとしてご利用されております。

■ 鉢カバー Hemisphere 【L size】 4号鉢の説明
サイズ:外径 17.6cm、内径 12.3cm、高さ 10.3cm
■ サイズ:外径 17.6cm、内径 12.3cm、高さ 10.3cm
■ カバー利用:4号の鉢として利用可
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:なし

0 件のカスタマーレビュー

ページの上部へ