loading
loading

サボテン アカントカリキュウム 紫盛丸(しせいまる) 3号 Kross 【M size】
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
入荷待ち
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

サボテンアカントカリキュウム 紫盛丸(しせいまる) 3号 Kross 【M size】

9,570円税込
  • 北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談
  • お届け先の地域を選択すると、選択した地域への最短お届け日を確認できます。
    loading
    Now Loading...以内のご注文確定で
    Now Loading...
    • ※1. 気温の低い配送地域の場合、お届け日時のご相談をさせて頂くときがあります。
「✉️入荷お知らせ」 機能

ご希望の商品の在庫がない場合に「入荷お知らせ」をお申し込みいただくと、商品が入荷した際すぐにお客様にメールでお知らせいたします。

なお、「入荷お知らせ」のご登録は、ご注文やご予約とは異なりますので、ご注文の受付、また商品のお届けを確約するものではございません。

※生産の都合により、ご希望の商品が入荷しない場合がございます。

  • 選べる支払い方法クレジットカード | 請求書払い(法人のみ) | 銀行振込
  • 商品到着後に領収書をメールにてご送付宛名の変更は注文履歴から行えます

商品をお選びいただいた感想をお聞かせください。

今ならレビュー投稿で全員にAmazonギフト100円分をプレゼント中!

※ 2021年9月1日以降のレビュー投稿は100円分に変更となっております。何卒ご了承ください。

※ フラッシュセール対象商品は除きます。

レビューを書く
商品サイズ
■ 鉢カバー Kross 【M size】 3号鉢 #konect kpkmのサイズ説明
サイズ:外径 10.6cm、内径 9.2cm、高さ 10cm
■ サイズ:外径 10.6cm、内径 9.2cm、高さ 10cm
■ カバー利用:3号の鉢
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:なし

商品説明

サボテン科アカントカリキュウム属の玉サボテンで、カリキュウムの中では最も一般的な品種です。体表は澄んだ緑色で、口金で生クリームを絞ったような薄い稜が沢山あります。蜂蜜色の緩くカーブしたトゲが1つの刺座につき10本から20本生えています。4年程度で6cm前後に育つと上部の刺座に複数の蕾がつき、晩春に開花します。白から薄紫へとグラデーションがかった花びらが可憐で美しいため人気があります。耐寒性が高く丈夫で花付きもよいため、初心者の方も楽しんで育てることができます。大きめのマグカップ程度のサイズ感は飾り棚やテーブルのアクセントになるため新築祝い・転居祝いなどの個人ギフトとしてもおすすめです。また、数種のサボテンとセットで贈るとより華やかさが際立つため、開店祝い・開業祝いなどの法人ギフトにもぴったりです。

【原産地】
原産地はアルゼンチン北部です。アカントカリキュウム属はやや標高の高い草原地帯生まれです。現地では低木や草の陰に自生しています。そのため耐寒性はとても高いですが、酷暑は好みません。日本では特に真夏の直射日光に気をつけてあげましょう。また日本で流通する紫盛丸は薄紫の花ですが、野生種は産地違いで花色やトゲに様々なタイプがあります。

【水やり】
春と秋は土が乾いたらたっぷり水やりします。週に1回から3回を目安に、水切れしないよう注意してください。梅雨と夏は水やりを週に1回程度に抑えます。冬は屋外の場合は、11月中旬から徐々に水やりの回数を減らし、1月と2月の厳冬期は断水します。室内の場合は月に1回程度の水やりに抑えて越冬させましょう。また過湿は腐る原因になるため、雨には当てないよう軒下やベランダに置いてください。

【日当たり】
春から梅雨、秋は直射日光に当てて構いません。夏の日差しは強すぎるため、室内ではカーテン越しの明るい窓辺に置きましょう。屋外では秋までネットで遮光するか半日陰に置きましょう。12月上旬までトゲと稜が生長するため、冬も出来るだけ日当たりのよい場所に置きましょう。耐陰性もありますが、日照時間が不足すると丸い形が徒長することがあるため、日当たりの良い場所で育てましょう。

【温度】
風通しのいい場所を好むため、春と秋の生長期は屋外で管理するとより丈夫に育ちます。真夏の高温は苦手のため、気温が30度になる前に室内へ取り込みましょう。梅雨と夏は蒸れやすいため、室内では扇風機などで風通しよい環境を保ってあげてください。関東以西では屋外での越冬が可能です。東北より北の終日低温が続く地域は、11月下旬には室内へ取り込みましょう。室内ではエアコンの直風は当足らない場所に置きましょう。

【症状と対処法】
虫害には強い植物ですが、カイガラムシがつく場合があります。ついてしまった場合は、爪楊枝で傷つけないよう取り除き、風通しのよい場所へ移しましょう。また、病気の広がりを防ぎ、花付きもよくなるため、毎年2月下旬頃に新しい土に植え替えて肥料を与えると良いでしょう。

ページの上部へ