loading
loading

2021年9月20日 敬老の日ギフト
サボテン エキノフォスロカクタス 縮玉(ちぢみだま) 3号 リト ラウンド3号 受け皿付き
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
入荷待ち
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

サボテンエキノフォスロカクタス 縮玉(ちぢみだま) 3号 リト ラウンド3号 受け皿付き

4,070円税込
  • 北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談
  • お届け先の地域を選択すると、選択した地域への最短お届け日を確認できます。
    loading
    Now Loading...以内のご注文確定で
    Now Loading...
    • ※1. 気温の低い配送地域の場合、お届け日時のご相談をさせて頂くときがあります。
「✉️入荷お知らせ」 機能

ご希望の商品の在庫がない場合に「入荷お知らせ」をお申し込みいただくと、商品が入荷した際すぐにお客様にメールでお知らせいたします。

なお、「入荷お知らせ」のご登録は、ご注文やご予約とは異なりますので、ご注文の受付、また商品のお届けを確約するものではございません。

※生産の都合により、ご希望の商品が入荷しない場合がございます。

  • 選べる支払い方法クレジットカード | 請求書払い(法人のみ) | 銀行振込
  • 商品到着後に領収書をメールにてご送付宛名の変更は注文履歴から行えます

商品をお選びいただいた感想をお聞かせください。

今ならレビュー投稿で全員にAmazonギフト100円分をプレゼント中!

※ 2021年9月1日以降のレビュー投稿は100円分に変更となっております。何卒ご了承ください。

※ フラッシュセール対象商品は除きます。

レビューを書く
商品サイズ
■ 鉢カバー リト ラウンド 3号 受け皿付き #KONTON CE-002X03Pのサイズ説明
サイズ:外径 8.5cm、内径 6.6cm、高さ 8cm
■ サイズ:外径 8.5cm、内径 6.6cm、高さ 8cm
■ カバー利用:3号の鉢
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:専用鉢皿付き

商品説明

エキノフォスロカクタス属の球形サボテンです。3月から5月頃、紫の中筋が入ったピンク色の可憐な花を次々咲かせます。英名ではWave cactus / Brain cactusと呼ばれており、「波」「脳」という単語が示す通り、多くの襞が刻まれているのが特長です。襞は表面積を増やし温度調節するために進化しています。白くふわふわのアレオーレ(刺座)がトゲの根元にあり、深緑色の肌によく映えています。開花時期以外も見ごたえのある観葉植物となるでしょう。高さ・直径はそれぞれ10cm程度まで成長します。コンパクトで飾りやすいサイズは、個人ギフトにぴったりです。サボテンの花言葉には「枯れない愛」という意味もあるので、恋人へのプレゼントにいかがでしょうか。法人ギフトの場合は、受付や飾り棚など、小さなスペースのインテリアとして喜ばれるでしょう。

【原産地】
原産地はメキシコ・サカテカス州で、学名「Echinofossulocactus zacatecasensis」にこの地名が含まれています。標高が高く寒暖差が激しいため、耐寒性・耐暑性があります。冬場の乾期は湿度20%以下という日も珍しくありません。雨期である6月から9月の降水量も月90mm程度と少なく、乾燥した気候の中で育った植物です。

【水やり】
土が乾いてからたっぷり水をやるのが基本です。春と秋は生育期なので月に2、3回水やりします。梅雨の6月と7月は週に1回が目安です。夏は成長が鈍り給水も落ちるため、土が乾き3日置いてから水を与えてください。最低気温が10度を下回ると生長が止まるので、11月下旬から春までは水やりは月1回程度にとどめましょう。

【日当たり】
日当たりと風通しのいい場所を好みます。春から晩秋までは屋外で管理すると丈夫に育ちますが、雨が当たると腐りやすいためベランダの室内寄りや軒下に置きましょう。完全に部屋で育てる場合は、1日に4時間程度は日当たりのある場所に設置してください。真夏の強い直射日光はレースのカーテンで和らげると良いでしょう。冬は室内に取り込み、明るい窓辺に置きましょう。

【温度】
寒暖差が激しい高地原産のため0度でも耐えますが、霜や雪で凍る恐れのある地域は冬は室内に取り込みましょう。真夏の高温にも耐えますが、涼しくなる夜間に回復する性質があるため、近年の日本のように熱帯夜が続くのは苦手です。夜間だけ冷房の効いた室内に取り込むことをおすすめします。

【症状と対処法】
夏は葉焼けを防ぐためネットで遮光しましょう。コンクリートの照り返しも苦手なので人工芝や棚の上に置くのが良いでしょう。ややダニがつきやすいため夏場は殺ダニ剤を用います。また、毎年5月下旬頃植え替えを行えば、根の順調な成長を保つことができます。もし根腐れした場合は、消毒したナイフで変色部分が無くなるまで切り取り、断面を乾かして発芽を待つ「胴切り」を行います。発芽したら新しい土に植え替えましょう。

ページの上部へ