指定された条件に一致する商品がありませんでした。

移転祝いにお花を贈るときのマナーや相場

移転祝いは新天地でのスタートと更なる発展を応援するお祝いです。ビジネスシーンにおける移転祝いにはいくつかのマナーがあります。お祝いしてはいけない場合やタブーの贈り物など、マナー違反をしてしまうとせっかくのおめでたい場面が台無しになってしまいます。ここでは移転祝いのマナーや相場についてのポイントを「贈るときの基本的なマナーやタイミング」、「お相手との関係性に見合った相場」、「札の書き方」、の3つに分けて説明します。今後もお付き合いを継続していくために好印象を与えてくれる移転祝いを選ぶことが大切です。基本的なマナーや相場を抑え普段お世話になっているお相手に心を込めた移転祝いを贈りましょう。

  1. お届けするタイミング
  2. 関係に見合う相場
  3. 立て札の書き方


お祝いのマナー

1. 移転祝いの贈るタイミング

贈るタイミングは2つ注意点が必要です。

  1. お届け日程の確認

本社・事務所・店舗の移転の祝いを贈るタイミングは、移転完了の前日から2週間以内がベストです。移転前後に訪問する機会がある場合は持参しても構いません。2週間以上過ぎた場合は、他の取引先などへお祝い返しが完了しているためお花は贈らずにメッセージを入れて別のギフトを検討ください。お相手からのお返しが不要なお菓子などを持って直接挨拶に伺うのがおすすめです。HitoHanaだとご注文してから最短翌日お届けします。余裕をもってお届け日の1週間前にはお届け日に到着するように予約をしておくのが無難です。

  1. お祝いのメッセージと受取有無の確認のご連絡

まずは電話・メール等で相手先の担当にお祝いのご連絡をしましょう。移転の式典やパーティなどが開催される場合は前日までに贈るようにします。あらかじめ前日に届く旨を伝える他、受け取り可能な時間帯を聞いておくとスムーズです。もちろん受け取りを辞退されるお客様もいますので、必ず事前の受け取りの有無を確認しましょう。

2. 移転祝いの相場

ビジネスシーンにおける移転祝いではお相手との関係性やお相手の企業の規模によって相場が異なります。またお祝いの金額が相場より高い品物だとかえって気を遣わせてしまう場合がありますので関係に見合ったお祝いを贈るようにしましょう。

  • 法人様の場合

一般的に取引先への相場...1万円〜2万円とされています
重要な取引先や大規模な会社...ワンランク上の3万円~5万円のお祝いを贈る場合もあります。他社からも数多くのお祝いが届く中で見劣りしない華やかで、「幸福が飛んでくる」と言う花言葉をもつ胡蝶蘭がおすすめです。
下請会社やあまり親密でない取引先...2万円以内のものでも問題ありません。2万円以内の贈り物には胡蝶蘭に比べ値段が安く長持ちする観葉植物が人気です。商売繁盛の象徴であり、別名発財樹と呼ばれるパキラやドラセナ幸福の木など縁起の良い観葉植物が喜ばれます。オフィスに癒しの空間を演出してくれる観葉植物は移転したばかりの時期の殺風景なオフィスへの贈り物として喜ばれます。

  • 個人ギフトの場合

友人の会社が移転した場合や親族間の移転祝いの相場は5000円〜1万円程度です。
華やかでリーズナブルなフラワーアレンジメントがよく選ばれています。コンパクトなアレンジメントは場所を選ばず飾れるため移転先の設置スペースを気にすることなく気軽に贈れます。
移転先の雰囲気やお相手の好みがわかっている場合は、お相手の好きなカラーやお花など指定して注文することもできます。

3. 移転祝いの立て札の書き方

お祝いの立て札の書き方

移転祝いの贈り物には札をつけて贈るのがマナーとされています。立て札はたくさんの贈り物が集中して届く時期に贈り主の情報を一目でわかるように伝える役割を果たします。

  • 札の向きは縦書きが一般的

ビジネスシーンのお祝いには木札に縦書きにするのが一般的な書き方です。
※ 企業名がアルファベットの場合は見栄えよく横書きでご用意することも可能です。

  • お祝いの文字が必須です

朱文字でお祝いの言葉、黒文字で贈り主名が必須事項です。
お祝いの言葉は一番良く使われる「祝御移転」の他に「移転御祝」「祝移転」「御祝」などがありお好みの言葉をご指定いただけます。

  • 宛名の書き方のサンプルはこちら

お相手の名前は記載しなくても問題ありませんが、どなた宛かを明記させたい場合は右側に相手先、左側に贈り主の名前を記載します。

立て札の書き方についてはこちら
メッセージカードの書き方についてはこちら

移転祝いのお花を贈るときの注意点

  1. 業務縮小による移転に注意してください

移転と言っても移転理由は様々で移転が「事業の縮小や経営状況の悪化などによるもの」である場合、お祝いするのは失礼にあたります。わからなければ相手にさりげなく確認し、場合によっては何も贈らないのが賢明です 。
受取辞退も注意
お相手が欲してないお祝いは今後の取引に影響したり、関係性を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

  1. 真っ赤な花は避けてください

火・火事を連想する「赤」は、移転祝いにはタブーです。花はもちろんラッピングにも、真っ赤なものは避けるようにしましょう。 ただし先方企業のイメージカラーやロゴマークなどに合ったものは問題ないとされていますのでお相手に合わせた色合いを意識しましょう。お祝いのメッセージの中でも火事を連想させる言葉や「廃れる」「傾く」などのマイナスイメージの言葉は避けなければいけません。また、お相手が求めているものであれば問題ありませんが正気のない造花やプリザーブドフラワーなどは基本的におすすめしません。移転祝いだけでなく開店祝いや開業祝いなど、お祝いには生花を贈るのがベターです。"

お祝い

ページの上部へ