Top 01陣中見舞いの胡蝶蘭
お届け日程を計算していますLoading 075bf951294e6c09b1b633496378120456ce565f37ea0fa206a91018dbf563c7
お届け日程を検証しています。Loading 075bf951294e6c09b1b633496378120456ce565f37ea0fa206a91018dbf563c7
果樹 レモン 8号 リスボン プラスチック鉢
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。

果樹 レモン 8号 リスボン
プラスチック鉢

生産者直送価格
14,000税込価格 15,120円
※ お届け日・札などはカートに入れた後、ご選択いただけます。
通常配送について


Free 0c59a83b47dd706054101aba6ed23feca728ca8074a200384dae1eb5778aac66
送料無料
※ 北海道、沖縄除く
Day 0e61d9d2ad56c81c93d94bdad569f4e72d0ba6b928f5d653ae5b19d854b824b8
10月21日(土)から
お届け日指定可能
※ 一部地域は除く
10月21日(土)のお届けは{{ timeLimit }}以内にご注文を確定してください。
※ 一部地域は10月21日(土)のお届けが難しい場合がございます。
HitoHanaの魅力
Card a28f687e6781e2f347f6964ec4dc6569d62993d515492eeadb941c6bb02cbaf4
札・メッセージカード
無料
Receipt d7f7f0d382cb22c851948be825dda1a87823331df1c9d766e32a17160807fa65
請求書払い
領収書発行可能
Mail 8a604d7f00b2ed3e4d7eaaa563ad059907892e993f590734ce4b289cefa34920
配送前写真
サービス無料
サイズ目安
サイズ画像
果樹 レモン 8号 リスボン プラスチック鉢の説明

レモンの木の中でも果実が収穫しやすいリスボンレモンは、日光が大好きで寒さに強い国内で主流の品種です。つやのある緑色の丸葉を茂らせる常緑樹で1本の木で結実します。春から秋にかけての開花期には白く愛らしい芳香花を咲かせるため、インテリアとしても大変喜ばれています。寒さに強いため寒冷地以外では地植えでも鉢植えでも楽しむことが可能です。レモンの黄色は金運アップに効果がありますので、開業祝いや開店祝いなど新規事業を始める方の成功を願うためのギフトとして喜ばれています。また開花期の芳香性と収穫期の愛らしいレモンの実は人の集まる玄関先やホールなどに最適ですので、法人個人問わず大型の観葉植物ギフトとして特におすすめです。

【原産地】
1900年代前半にアメリカの南カリフォルニアのリバーサイトで開発された、耐寒性耐暑性があり大木に育ちやすい品種です。1900年代半ばに市場に出回り始め、現在はレモンの木の中で主力となっています。豊産性に優れた品種として開発されているため、とても結実性が高く日本国内でも育てやすく人気の高い商品です。

【水やり】
土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。ただし果実が育つ夏場には乾燥しやすいので、特にたっぷりと1日2回を目安に行いましょう。ただし水はけが悪いと根腐れを起こしますので土の環境には注意が必要です。また地植えの場合、しっかりと着床した2年目以降には定期的な水やりが不要です。

【日当たり】
南カリフォルニア原産のリスボンは日光が大好きです。過湿に弱いため、日なたで風通しの良い場所で育ててあげると元気な樹形に育ちます。葉が生い茂った場合には日当たりと風通しを確保するため、5月中旬頃に剪定を行うとよいでしょう。また、冬に室内で育てる場合でも可能な限りよく日の当たる場所に置いてあげましょう。

【温度・置き場所】
耐寒性があり‐3℃程度まで耐えられますが、基本的には暖かな気候を好みます。寒さに当たると葉が落ち、‐3℃以下になると枯れてしまいますので、屋外で育てている場合には霜に当たらないよう防寒対策が必要です。また寒冷地の場合には鉢植えにして屋内で育てることをおすすめします。

【症状と対処法】
柑橘系果実のなるリスボンレモンにはカイガラムシ、ハダニ、アオムシがよく発生します。見つけたら薬剤を散布して駆除します。特にアオムシは葉を食べつくされてしまいますので早期発見が大切です。また葉が擦れるとカイヨウ病を起こす場合もありますので、強い風の当たらない置き場所をおすすめします。レモンの実を楽しむためには肥料が必須となりますので、根腐れを行ないように水はけのよい土を選び、肥料を欠かさないようにしましょう。

【耐陰性・地域性】
日当たりを好みますので耐陰性は高くありませんが、地植えも鉢植えも可能ですので屋外屋内ともに楽しむことが出来ます。特に関東以南では地植えでも元気に育つでしょう。屋内で育てる場合にはなるべく日の当たる場所に置きましょう。強い風と‐3℃以下の寒さに当たると葉が落ちたり枯れたりしてしまいますので、寒冷地では鉢植えにして冬には屋内で育てることをおすすめします。

主に自宅観賞用としてご利用されております。

Page Top