観葉植物 コルディリネ (コルジリネ) サンゴ 7号 テラアストラ リゲル 赤茶色 付き
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

観葉植物 コルディリネ (コルジリネ) サンゴ7号 テラアストラ リゲル 赤茶色 付き

16,500
送料無料()
販売終了

商品説明

■ 詳細説明

コルディリネサンゴは埼玉県の観葉植物生産業者・貴宝園のオリジナル品種です。たまたま鉢に芽が現れたため元種も不明という大変稀有なコルディリネサンゴは、見た目にも大変珍しい緑・白・ピンク・紫という4つの色味を持つクアドラプルとなっています。サンゴという名前は発見者である貴宝園社長の奥様の誕生石であるコーラルにちなんで名付けられました。耐寒性・耐陰性があり、気温が下がるほど色味が美しく現れますので、秋冬のギフトに大変おすすめの商品です。また大変珍しい品種であることから、他人とは違ったものを好む方、観葉植物が好きで詳しい方へのギフトにも最適です。クアドラプルな色合いが人目を惹く為、ビジネスシーンでは開店・開業祝いや就任祝い、プライベートでは新築祝いや誕生日のお祝いに良いでしょう。一方、形式的なお祝いギフトだけでなく、行事の多い秋冬のちょっとしたお礼、ご挨拶ギフトとしても重宝します。



【水やり】

春・秋は3~5日に1回程度、気温の高い夏場は1~2日に1回程度、気温の下がる冬場は7日~10日に1回程度を目安に水やりを行いましょう。コルディリネサンゴは鉢内がずっと湿っていると根腐れを起こしてしまいますので水やりは必ず土が乾いていることを確認してから行います。水やりの際には鉢穴から水が染み出るくらいたっぷりと与えましょう。その時、鉢皿に溜まった水は根腐れの原因になりますので、必ず捨てて下さい。一方、気温が15℃を下まわったら徐々に水を吸わなくなりますので、水やりの回数を減らします。冬場は土の乾燥を確認してから2~3日後の水やりがおすすめです。また葉の美しさを保ち、元気に育てるためにも年間を通して霧吹きで葉に水分を与える葉水が効果的です。エアコンをつけた室内では特にこまめに葉水を行いましょう。



【日当たり・置き場所】

耐陰性がありますので室内でも育てることができます。ただしアンスリウムダコタは日光が大好きな植物です。日光にあたった株のほうが元気に、葉の色も濃く育ちます。また、アンスリウムの花は日光に当てないと咲きませんので、なるべく日光の当たる場所に置くと良いでしょう。ただし夏の直射日光に当たると葉焼けを起こしますので、屋外であれば軒下、室内であればレースのカーテン越しの明るい場所などが最適です。室内に置く際、エアコンの風が直接当たる場所は葉が傷みますので避けましょう。また暗い場所で育てていると花が咲かないだけでなく、葉がヒョロヒョロと不格好に伸びる徒長を起こします。その際には1日に3~4時間程度、置き場所を変えて日光に当ててあげると良いでしょう。



【温度】

コルディリネサンゴは耐暑性も耐寒性も兼ね備えたとても丈夫な植物です。冬場でも軒下など雪や霜が直接当たらない場所であればすぐに枯れることはありません。ただし、雪や霜に当たってしまうと株が痛んで枯れてしまいますので、冬場は室内に入れ、5℃以上を保った環境で育てましょう。一方、コルディリネサンゴの葉色は気温が下がることで美しい発色をしますので、温室のようなとても温かい場所よりも5~15℃程度の場所で管理をする方が見た目の美しさを堪能出来ておすすめです。また室内で育てる際には、リビングなど温度管理をしている場所でもエアコンの風が直接当たったり、窓際に置いて外気に触れたりすると株が弱りますので、できるだけ一定の温度が保てる場所を探すことが必要です。



【病害虫対策】

コルディリネサンゴは強い日差しに当たることで葉焼けを起こします。必ず夏場は半日陰の柔らかい日差しを選びましょう。また、必要以上の水分は根腐れにつながります。気温の低い季節の水やりは特に少なめに行うと良いでしょう。置き場所によってはカイガラムシやアブラムシが発生することもありますので、もし見つけたらすぐにティッシュや歯ブラシなどでこすり落し、市販の薬剤を散布しましょう。定期的な葉水は害虫予防に効果的ですから、積極的に葉水を行うことがおすすめです。また風通しを良くすることにより虫がつきにくくなりますので、虫の出やすい季節には風通しの良い場所に置くことも効果的です。



【生長の早さ・剪定方法】

コルディリネサンゴは丈夫で生育が旺盛な植物です。大きくなり樹形が乱れたり、枯葉がでてきたりした場合には不必要な葉をカットしましょう。いつ剪定しても元気に育ちますが、株への負担が少なくて切りすぎたり必要な部分を傷めてしまったりしてもまたすぐに成長する為、新芽が出始める4~5月の剪定がおすすめです。剪定後は出来るだけ日光・気温など環境を整えてあげると新芽がきれいに伸びます。剪定を行うことで葉の風通しも良くなりますので、病害虫予防のためにも気温の高い時期にはこまめに剪定を行いましょう。また一度枯れたり変色したりした葉は元には戻りませんので、早めに切り取ることが必要です。

■ サイズ目安
サイズ目安 XS 70〜99cm
■ 鉢カバー テラアストラ リゲル 8号鉢用 赤茶色 #KONTON AS-R28X14Eの説明
サイズ:外径 42cm、内径 35cm、高さ 37cm
■ サイズ:外径 42cm、内径 35cm、高さ 37cm
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:水受け用プラスチック皿をお付けします

ページの上部へ