loading
loading
観葉植物 ドラセナ カンボジアーナ 8号 アビスソニアミドル 灰 付き
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

観葉植物 ドラセナ カンボジアーナ8号 アビスソニアミドル 灰 付き

22,550円税込
この商品の高さ目安は 70〜99cm になります。
  • 送料無料北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談
  • お届け先の地域を選択すると、選択した地域への最短お届け日を確認できます。
    loading
    Now Loading...以内のご注文確定で
    Now Loading...
    • ※1. 気温の低い配送地域の場合、お届け日時のご相談をさせて頂くときがあります。
  • 配送前写真無料発送の準備ができ次第メールにてお送り致します
  • メッセージカード・立て札無料カートに追加後、内容を入力できます
  • マルチング材無料鉢土を隠すインテリア用品です(ココヤシファイバーなど)
  • 選べる支払い方法クレジットカード | 請求書払い(法人のみ) | 銀行振込
  • 商品到着後に領収書をメールにてご送付宛名の変更は注文履歴から行えます
  • お届け後7日間 枯れ/痛み保証鉢カバーの破損も交換させていただきます
  • 樹形を選んで購入する(+1,100円 税込)

    ご注文の際に備考欄に「有料での樹形相談を希望する」旨をご記載ください。
    ご注文頂いた翌々日中に、ご登録いただいたメールアドレスにいくつかお写真をお送りさせていただきます。メールをご確認いただき、ご希望の樹形をご連絡ください。樹形が決まりましたら、スタッフが金額調整させていただきます。
    また、お届け日を注文日から3日以内にご指定された場合は、お約束が守れない場合があります。何卒ご理解のほどお願いいたします。(※ 一部例外あり)

  • オリジナル札の作成(無料)

    ご注文後メールにてデータをご入稿いただきます。
    まずはこちらのお問い合わせからご相談くださいませ。

レンタルの相談はこちら

レビュー投稿で全員にAmazonギフト券を300円分プレゼント

※ この商品をご購入したお客様に限ります

※ 2021年6月から、定期便へのレビューは初回ご記載分のみを対象とさせて頂きます。

レビューを書く
商品サイズ
■サイズ目安
サイズ目安 XS 70〜99cm
■ 鉢カバー アビスソニア ミドル 8号鉢用 灰 #KONTON AB-S01H12Eのサイズ説明
サイズ:外径 37cm、内径 31cm、高さ 32cm
■ サイズ:外径 37cm、内径 31cm、高さ 32cm
■ カバー利用:8号鉢用の鉢カバー
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:水受け用プラスチック皿をお付けします

商品説明

南アジアや中国南部を原産地とするドラセナ・カンボジアーナは、しっかりとした幹と、その上部から放射状に伸びる細い剣のような葉が特徴です。長くなると葉の先端が垂れ下がり、それまでとは違った印象を楽しませてくれるユニークさも特徴です。お部屋のインテリアを選ばず、どこに飾っても目を引くおしゃれな観葉植物です。ぱっと華やかで明るい雰囲気を演出しますので、オフィスや店舗に飾っていただくのにぴったりです。個人宅の玄関、客間やリビングなど広いお部屋に飾っていただくのもおすすめです。国内での流通量が少なく、話題性・人気ともに高い、珍しい種のひとつですので、店舗開店のお祝いや、個人のお客様へのギフトとしても喜んでいただける最適な一品です。

【原産地】
ドラセナ属の原種はアフリカの亜熱帯地域に広く分布していますが、カンボジアーナはインドやスリランカなどがある南アジア地域、または中国南部が原産の植物です。夏季は高温湿潤、冬季は温度が低く乾燥するモンスーン気候に属する一帯で育ったドラセナ・カンボジアーナは、冬場の乾燥に耐え、暖かい場所を好む品種です。柳のようになびく葉は、モンスーンの季節風への抵抗が少なく、見た目の美しさも備えています。

【日当たり】
日当たりと風通しの良い場所が最適です。直射日光を避けましょう。日差しの強い窓辺に置く場合は、レースのカーテンなどで遮光してください。葉色が悪くなりますので、暗い場所に長期間置かないようにしましょう。春から秋にかけて室外に置く場合も、強い日差しを避けてください。

【温度・置き場所】
室温5℃以上に保たれた場所が最適です。戸外の場合、外気温15℃以上の場所に置いてください。エアコンの冷風が直接当たるような場所は避けてください。冬期の夜間は温度が下がりますので、窓辺から離れた場所に置きましょう。

【水やり】
乾燥に強い品種なので、土が乾くまで水やりは控えます。春から秋までの期間は、土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。週に1~2回程度、霧吹きで葉の表面にも水やりします。冬期間は月に1、2度、土が乾ききった状態から更に2~3日あけて水を与えてください。

【症状と対処法】
直射日光の下に放置したり、窓辺の強い陽射しにさらしたままにしたりしますと葉焼けを起こします。戸外の明るい日なたや室内の明るい場所に置いてください。また、水のやりすぎは根腐れを起こします。土が乾いていないときに与えてしまうことのないよう気をつけましょう。ハダニなどの害虫予防として葉水を与えてください。害虫が発生してしまったら殺ダニ剤を散布するなどして駆除しましょう。

主に開店祝いとしてご利用されております。

ページの上部へ