観葉植物 フィカス アムステルダム 10号 ビアスソリッド アイボリー 付き | 観葉植物ならHitoHana(ひとはな)
loading
loading

観葉植物 フィカス アムステルダムキング 10号 ビアスソリッド  アイボリー 付き

※ 樹形や色味、鉢カバーの風味は写真と異なる場合がございます。

配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

観葉植物 フィカス アムステルダムキング10号 ビアスソリッド アイボリー 付き

34,375円税込
この商品の高さ目安は 190〜219cm になります。
  • 送料無料北海道は ¥2,750(税込) / 沖縄配送不可・離島要相談
  • お届け先の地域を選択すると、選択した地域への最短お届け日を確認できます。
    loading
    Now Loading...以内のご注文確定で
    Now Loading...
  • 配送前写真無料発送の準備ができ次第メールにてお送り致します
残り1点
  • メッセージカード・立て札無料カートに追加後、内容を入力できます
  • マルチング材無料鉢土を隠すインテリア用品です(ココヤシファイバーなど)
  • 選べる支払い方法クレジットカード | 請求書払い(法人のみ) | 銀行振込
  • 商品到着後に領収書をメールにてご送付宛名の変更は注文履歴から行えます
  • 樹形を選んで購入する(+2,200円 税込)

    ご注文の際に備考欄に「有料での樹形相談を希望する」旨をご記載ください。
    ご注文頂いた翌々日中に、ご登録いただいたメールアドレスにいくつかお写真をお送りさせていただきます。メールをご確認いただき、ご希望の樹形をご連絡ください。樹形が決まりましたら、スタッフが金額調整させていただきます。
    また、お届け日を注文日から3日以内にご指定された場合は、お約束が守れない場合があります。何卒ご理解のほどお願いいたします。(※ 一部例外あり)

  • オリジナル札の作成(無料)

    ご注文後メールにてデータをご入稿いただきます。
    まずはこちらのお問い合わせからご相談くださいませ。

商品をお選びいただいた感想をお聞かせください。

今ならレビュー投稿で全員にAmazonギフト100円分をプレゼント中!

※ フラッシュセール対象商品は除きます。

レビューを書く
商品サイズ
■サイズ目安
サイズ目安 3XL 190〜219cm
■ 鉢カバー ビアスソリッド 10号鉢用 アイボリー #GREENPOT EB-PL240043IVのサイズ説明
■ サイズ:外径 43cm、内径 39.5cm、高さ 39cm
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:水受け用プラスチック皿をお付けします

商品説明

フィカス・アムステルキングはのびのびと枝を伸ばす姿が美しいクワ科フィカス属の観葉植物です。ショウナンゴムノキの改良種で、アムステルダムで改良されたためその名がついたといわれています。ゴムの木の仲間ですが、お水が大好きなので、土の表面が乾いたら鉢底から水が出るくらいたっぷりあげてください。乾燥にも比較的強いのですが、真夏の暑い時期は霧吹きなどで葉にも水分も合わせてあげましょう。比較的耐寒性もあるため、鉢植えだけでなく地植えでも楽しめるなど楽しみ方が豊富な点も人気の理由です。新芽は赤やオレンジといった明るい色をしていて、華やかさのある葉が人気です。また「永久の幸せ」という花言葉を持っているので、法人個人問わずお相手の今後の幸せを願いたい開業祝いや引っ越し祝い、結婚祝いをはじめとしたギフトに喜ばれるでしょう。





【水やり】

お水は大好きですので、土が乾いたら水が鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと水をあげてください。休眠期に当たる冬は水やりは控えめにする必要があります。土が乾いてから数日経って、水をやるといいでしょう。



【日当たり】

日当たりの良い場所が好きなフィカス アムステルキングは、日光の当たる明るい場所に置くようにしましょう。しかし真夏の直射日光など強すぎる日差しは、美しい葉が葉焼けする原因になります。比較的弱い午前中に直射日光が当たる場所や、レースカーテン越しに日光に当たる場所に置くと元気に育ちます。最低気温10度程度は必要です。



【温度・置き場所】

暑さに強い性質を持っており、30℃ほどの高温下でも育ちます。しかしいくら高温に強いと言っても湿度の高い夏場は鉢内が蒸れやすいので、風通しが良い明るい場所に置きましょう。一方耐寒温度は10℃ほどと言われています。そのため冬場は10℃以上の温度が保てる室内で管理します。日光のよく当たる場所に置きましょう。



【症状と対処法】

カイガラムシやハダニが付くことがあります。発生した場合は、歯ブラシなどでこそげ落として駆除します。葉水で空中湿度を高めたり、込み合った枝を剪定して風通しを良くすると害虫は発生しにくいです。そのためまめに葉水をしたり、込み合った枝を剪定してあげるといいでしょう。さらに水を与えすぎると根腐れを起こし枯れるため、必ず土が乾いてから水をたっぷり与えましょう。また真夏の直射日光は葉焼けを起こす可能性があるので、レースカーテン越しに日光を当てます。



【耐陰性・地域性】

比較的耐陰性がありますが、基本的には日光が好きな植物です。もし日当たりの悪い場所に長期間置いておくと、徒長したり落葉したりします。明るい場所で管理するといいでしょう。暖かい時期は屋外で管理し日光をしっかり当てて育てると、丈夫な株に生長します。



※ 寒さに弱いため、最低気温が10℃、または平均気温が15℃を下回る月は落葉や葉が黄色く変色する可能性があります。

そのため、12月-2月の間は寒さによる品質保証が原則出来かねますことご了承ください。

また、ご配送の際には保温用のアルミで植物を覆うことで防寒対策をして、なるべくお客様に安心してお買い求めいただけるよう努めております。

何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

ページの上部へ