観葉植物 フィカス ベンジャミン 7号 バロック テラアストラ リゲル 赤茶色 付き
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

観葉植物 フィカス ベンジャミン7号 バロック テラアストラ リゲル 赤茶色 付き

20,075
送料無料()
販売終了

商品説明

■ 詳細説明

くるっとカールした3~4cmの小葉が愛らしい ベンジャミンバロックは、育てやすく丈夫なゴムの木の仲間です。バロックという名前はいびつな真珠を示すbarrocoから来ており、自由な葉の形状を表現したものです。成長した葉は濃い緑色、新芽はライトグリーンと春先には2色の濃淡が特に人目を惹く美しい品種となります。またベンジャミンは幸福をもたらす木と言われ、『永遠の愛』『友情』などお祝いギフトに相応しい花言葉を持ち合わせていますので、ギフトに多く利用されています。中でもご友人への誕生祝いや結婚記念日のお祝いなどにおすすめです。更にベンジャミンは風水学上、気持ちを落ち着かせたり、人間関係をスムーズにしたりする効果のある植物となりますので、ビジネスシーンに於いて開業祝いや昇進祝いなど人間関係を強固にするお祝いごとに喜ばれています。



【水やり】

ベンジャミンバロックは乾燥に強い植物です。水やりのし過ぎは根腐れの原因となりますので、四季を通じて乾燥気味に育てると良いでしょう。春・秋は3~5日に1回程度、気温の高い夏場は1~2日に1回程度、気温の下がる冬場は7日~10日に1回程度が水やりの目安です。鉢内がずっと湿っていると根腐れを起こしてしまいますので水やりは必ず土が乾いていることを確認してから行いましょう。水やりの際には鉢穴から水が染み出るくらいたっぷりと与えます。その時、鉢皿に溜まった水は根腐れの原因になりますので、必ず捨てて下さい。葉が落ちてきた場合には水が足りないと考えられますので、水やりの回数を増やすと良いでしょう。一方、気温が15℃を下まわったら徐々に水を吸わなくなりますので、水やりの回数を減らします。冬場は土の乾燥を確認してから2~3日後の水やりがおすすめです。また、ベンジャミンバロックは多湿を好みますので霧吹きで葉に水分を与える葉水が効果的です。エアコンをつけた室内では特にこまめに葉水を行いましょう。



【日当たり・置き場所】

耐陰性がありますので室内でも育てることができます。ただしベンジャミンバロックは明るいところを好む植物です。日陰で育てた場合には株が弱り、病害虫の原因となりますので、出来るだけ明るい場所に置くと良いでしょう。春~秋にかけては屋外で育てることも可能です。直射日光に当たると葉焼けを起こしますので、屋外であれば軒下、室内であればレースのカーテン越しの明るい場所などが最適です。室内に置く際にはエアコンの風が直接当たる場所は葉が傷みますので避けましょう。また暗い場所で育てていると葉がヒョロヒョロと不格好に伸びる徒長を起こします。その際には1日に3~4時間程度日光に当ててあげると良いでしょう。ベンジャミンバロックは環境適応能力の強い植物であり、置き場所が変わると適応するために葉を生え変わらせる性質があります。この落葉は病気ではありませんので、慌てて更に場所を変えるなど株に負担をかけないよう注意しましょう。



【温度】

ベンジャミンバロックは温暖な気候を好む植物であるため、暑さには強い性質があります。一方、寒さには弱いので、5℃以下にならないよう、10℃を目安に寒い時期には必ず室内に入れ、霜や冷気を当てないようにしましょう。リビングなど温度管理をしている場所でも、エアコンの風が直接当たったり、窓際に置いて外気に触れたりすると株が弱りますので、できるだけ一定の温度が保てる場所を探すことが必要です。



【病害虫対策】

ベンジャミンバロックは直射日光に弱く、強い日差しに当たることで葉焼けを起こします。必ず夏場は半日陰の柔らかい日差しを選びましょう。また、必要以上の水分は根腐れにつながります。気温の低い季節の水やりは特に少なめに行うと良いでしょう。置き場所によってはハダニ、カイガラムシ、アブラムシなどが発生することもありますので、もし見つけたらすぐにティッシュや歯ブラシなどでこすり落し、市販の薬剤を散布しましょう。定期的な葉水は害虫予防に効果的ですから、積極的に葉水を行うことがおすすめです。また風通しを良くすることにより虫がつきにくくなりますので、虫の出やすい季節には剪定を行って風通しの良い場所に置きましょう。



【生長の早さ・剪定方法】

ベンジャミンバロックは生育が旺盛な植物です。枝が伸びて樹形が乱れたら積極的に剪定を行いましょう。いつ剪定しても元気に育ちますが、株への負担が少なく、切りすぎたり枝を傷めてしまったりしても樹形が整いやすい為、新芽が出始める4~5月の剪定がおすすめです。剪定後は出来るだけ日光・気温など環境を整えてあげると新芽がきれいに伸びます。剪定を行うことで葉の風通しも良くなりますので、病害虫予防のためにも気温の高い時期にはこまめに剪定を行いましょう。また一度枯れたり変色したりした葉は元には戻りませんので、早めに切り取ることが必要です。

■ サイズ目安
サイズ目安 S 100〜119cm
■ 鉢カバー テラアストラ リゲル 8号鉢用 赤茶色 #KONTON AS-R28X14Eの説明
サイズ:外径 42cm、内径 35cm、高さ 37cm
■ サイズ:外径 42cm、内径 35cm、高さ 37cm
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:水受け用プラスチック皿をお付けします

ページの上部へ