観葉植物 【バイヤー"イチオシ"!】【110cm】サボテン 8号 #22096 ※1都3県配送限定商品
1点もの配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

観葉植物【バイヤー"イチオシ"!】【110cm】サボテン 8号 #22096 ※1都3県配送限定商品

¥12,420税込
残り1点
※ 立て札やラッピングはカートで追加できます。
選べるお支払い方法
クレジットカード支払い 請求書支払い 銀行振込

商品説明

■ 詳細説明

・高さ:110cm

・横幅:70cm



1点ものの樹形です。

お部屋のインテリアとしていかがでしょうか。



【水やり】

乾燥に強い品種ですが、サボテンも適宜水やりが必要です。春や秋や表土が乾いた翌日、夏は表土が乾いて3日後など、乾燥ぎみに管理するようにしましょう。水を与えすぎると根腐れする場合があるため、竹串などを刺して土が乾いているかどうか確かめるのもおすすめです。水やりをする場合は鉢底から水が染み出る程度にしっかりと与え、鉢底にたまった水は捨てるようにしましょう。



【日当たり・置き場所】

サボテンを育てる際は日光が欠かせません。一年を通しできるだけよく日が当たり、風通しの良い場所で管理するようにしましょう。特に生育期である初夏~秋は日光が重要です。夏の締め切った室内や梅雨時期は株が蒸れる可能性があるため、特に風通しに注意が必要です。また室内管理していたサボテンを突然直射日光の当たる場所に移動するのは表面がしぼんで葉焼けをする原因となるためおすすめできません。



【温度】

サボテンはサバナ気候などの熱帯に自生している植物で、25℃以上で成長を始めます。そのため日当たりの良い、暖かい場所で管理をしましょう。夏の暑さや乾燥には強いですが、気温が低く湿度が高い場合は弱ってしまう場合があります。完全に水を絶ち最低5℃程度で管理すると休眠したまま冬越しすることができます。10℃以上で管理している場合は季節に応じて水やりが必要です。



【病害虫対策】

基本的には病害虫に強い植物です。しかし梅雨時など高温多湿になるような場合は炭そ病になることがあります。日光と風をできるだけ当てられるように育てましょう。また、根が根ジラミに侵される場合があります。突然サボテンにシワが目立つようになった場合には注意が必要です。サボテンが真っ直ぐ立たなくなり、日当たりの向きを変えても変化がない場合や、突然たくさんの蕾を付けるようになっている場合は根腐れが疑われます。



【生長の早さ・剪定方法】

育て方にも寄りますが、大型の品種では1年に10cmほど成長することもあります。株の大きさを保ちたい場合や、根腐れしてしまった場合は、生育期に剪定を行いましょう。サボテンの切り口は感染などを防ぐため乾燥させる必要があります。そのため、剪定は天気予報をみて晴天の続く日に行うのがおすすめです。切り口が乾燥するまでの数日間は、切り口から雨や湿気などの水分が入らないように注意が必要です。

ページの上部へ