目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

胡蝶蘭に肥料は必要?

1a6c274d73e619c56de2e408e2b3a9b6 480x320

植物の生長に水やりは大切ですが、肥料も重要なアイテムです

出典: https://horti.jp
フラワーギフトの定番といえば胡蝶蘭ですが、その美しい花姿のファンは多く、観賞用にご自身で購入されている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。毎日元気で優雅に咲き誇る胡蝶蘭を見られると、なんとも幸せな気分になれますよね。しかし綺麗な胡蝶蘭、突然手に入れたはいいけれど、正しい育て方がわからない!と、お困りではありませんか?特に、水のやり方は聞いたことがあっても、肥料のあげ方は難しそうだし、どうすればいいのか迷いますよね。
そもそも肥料は必要かどうか、という疑問も生じることでしょう。結論からいいますと、胡蝶蘭の寿命を延ばし、毎年お花を咲かせてくれるようにするためにも、肥料は必要です。ただし、あげ方によっては、かえって株を傷つけてしまう可能性もあるので、気を付けなければいけません。

では、胡蝶蘭の肥料は、どんなタイミングで、どれくらいあげるとよいのでしょうか。
Img0fd00257o4iq4c

これは鉢の縁に固形の肥料が置いてありますね

出典: http://plaza.rakuten.co.jp

胡蝶蘭の肥料を与える時期

元気な株をぐんぐん成長させたいと、つい栄養をいっぱいあげたくなってしまいますが、胡蝶蘭の肥料はいつでも、どれだけでも与えていいというわけではありません。時を間違えると、かえって根っこを腐らせてしまったり健康的な成長には逆効果だったりするので、季節やタイミングに気を付ける必要があるのです。では、いつ与えてあげるのが適切なのでしょうか?
Normal

肥料はいくらでも与えていいわけではありません

出典: https://welq.jp
胡蝶蘭の肥料は、「生育期」といわれる春から秋ごろに与えるようにします。冬の寒い時期というのは、胡蝶蘭の株が弱っている季節です。その頃に肥料をあげてしまうと、逆に根っこが腐ってしまう可能性があるので気を付けましょう。気温的には、15度以上を保てているときでしたら与えても大丈夫です。ただし、気温が35度以上と暑すぎる時には、株がへばってしまうので与えない方がいいでしょう。また、生育期でも開花中、つまりお花が咲いている時には与える必要はありません。開花中に与えると、お花を落としてしまうことがあるので、こちらも気を付けておいた方がいいでしょう。
肥料を与える際には、根っこの様子も確認した方がいいですね。新しい根っこがしっかりと伸びているようでしたら、与えても大丈夫です。季節は春ですが、もし5月に入ってもまだ新しい根っこが伸びてきていないようでしたら、生長を少し待つようにしましょう。与えた栄養素をちゃんと吸収してくれる根っこが必要です。
Img 9263 convert 20130924160557

健康な根っこは栄養分をしっかりと吸ってくれます

出典: http://dramaticflowers.jp

胡蝶蘭の肥料の特徴と使い方

肥料には「有機質」のものと「無機質」のものがあります。

  • 有機質 代表的なものは「油粕」です。一般的に有機質のものは、ゆっくりと成分が流れ出す特徴があり、胡蝶蘭に対して肥料による害が少ないように感じますが、臭いがあるので室内では使いにくいのが欠点です。


  • 無機質 肥料の成分を化学的に合成したものです。一般的に速効性のものが多いですが、与えすぎると根っこを痛めてしまう可能性があるので、注意が必要です。
また、肥料には「固形肥料」と「液体肥料」があります。例えば有機質の固形肥料には、リン酸分を多く含んだ魚粉や骨紛と窒素分を多く含んだ油粕に水を加え、発酵させて作るぼかし肥というものがあります。効果が高く、よく使われるものですが、最近ではわざわざ自分で作らなくても、市販でよいものがたくさんありますので、そちらを使うと便利でいいですね。液体肥料も、調合された液肥の原液が売っていますので、そちらを薄めて使うとよいでしょう。
840ad554

油粕を使った有機質のものは、効果が緩やかでいいですが、臭いがあるのが欠点です

出典: http://blog.livedoor.jp
春から秋にかけて、手軽で使いやすい液体肥料だけを与えてもいいですが、固形の置き肥と合わせて使用する方法もあります。置き肥をする場合には、粒状に作られた「緩効性」のものを使います。緩効性とは、与えた時からゆっくりと効果が出てくるもので、効果も長持ちするのが特徴です。緩効性の固形肥料を数粒、株から離して置き肥し、合わせて水の代わりに液体肥料を与えるようにしましょう。水の代わりといっても毎日与えるわけではなく、十分に薄めたものを10日~15日間隔であげるようにします。使うものにもよりますが、薄め方は1000倍~3000倍と非常に薄い状態にしてくださいね。
Dsc 4109

液肥は十分に薄めてから使用しましょう

出典: http://kateisaien-navi.com

胡蝶蘭の肥料の注意点

一番注意しておくとよいのは、「少なめ」を心がけるということです。もともと胡蝶蘭は、濃い肥料を嫌う植物です。多すぎたり濃すぎたりすると、根腐れや茎などの徒長(むだな生長)などにつながり逆効果です。ですから、液肥も十分に薄めて使うんですね。与える時期に加えて、濃度には特に気を付けておきましょう。

さらに押さえておきたいのは、胡蝶蘭の肥料というのは弱っている株を強くしたり、元気にしてあげたりするためのものではないということです。役割としては、元気な株の生長を助けてあげるためのものなのです。もし胡蝶蘭の株に元気がないな、というときは、余計にダメージを与えてしまうといけませんので、あげないようにしてくださいね。
3e71eecc8083f0965b2f0e23aacb59ad

健康な株にあげてくださいね

出典: http://blog.goo.ne.jp

胡蝶蘭のおすすめ肥料

一般的に、「洋ラン用」のものを使用します。使いやすく便利な胡蝶蘭の肥料をいくつかご紹介しましょう。

ハイポネックス

4977517183068

十分に薄めて使いましょう

出典: http://www.hyponex-gardenshop.net
15種類の栄養素がバランスよく配合されていて、美しく大きな花を開花させる株作りに効果が期待できる洋ラン用の液体肥料です。1000倍以上に薄め、4月~10月くらいまでの間に使用するとよいでしょう。

プロミック

4977517008149

緩効性で、置き肥に便利です

出典: http://www.hyponex-gardenshop.net
リンサンという、花付きをよくする成分が多く含まれた、緩効性の固形肥料です。効果はおよそ2ヶ月続き、臭いもなく、室内での使用も安心です。鉢の大きさにより個数は変わりますが、目安としては4号鉢で2粒程度を、縁の辺りに置くようにしましょう。

エードボール

85853

こちらも緩効性で、置き肥に使用できます

出典: http://www.engei.net
窒素やリン酸、カリなどのほかに、マグネシウムやカルシウムも配合された、緩効性の固形肥料です。置き肥に利用するとよいでしょう。効果は2~3ヶ月続き、臭いもないので室内での使用も気になりません。個数は鉢の大きさによりますが、目安としては3号鉢で2粒程度、植え込み材に軽く埋めてあげましょう。

まとめ

胡蝶蘭の肥料の与え方や注意点はおわかりいただけましたか?

健康な胡蝶蘭を、さらに元気に大きくしてあげるために、肥料はとても重要なものですが、弱っている株に与えたりあげすぎてしまったりすると、逆効果になってしまうので注意が必要ですね。心配な時は与えない、という決断も大切です。特に、生産農園から届いたばかりの胡蝶蘭は、生産者の方が適切に栄養分の管理をしてくれていることが多いので、焦ってあげなくても大丈夫ですよ。元気な胡蝶蘭が育っていたら、少量の肥料を使ってその生長を助けてあげてくださいね。

関連するまとめ