目次

胡蝶蘭に温度管理がとても大切な理由

胡蝶蘭の温度管理とは?

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭は贈り物だけではなく自宅鑑賞用としても人気のあるお花ですが、長くお花を楽しむためには適切な温度で管理することが大切です。胡蝶蘭はラン科植物のひとつで、東南アジアなどの熱帯地域で育つ植物です。そのため、寒さに弱く、15℃以下になると成長活動を停止して休眠状態に入ってしまいます。さらに10℃を下回ると、葉の変色や落葉が起こり、衰弱して枯れてしまうこともあります。

四季のある日本にあった温度管理がポイントです

四季のある日本では、胡蝶蘭の生育しやすい温度管理を行ってあげることがとても重要です。1年を通して、気温が25℃前後となる東南アジアと違い、季節によって大きく気温が変化しやすいのが、日本の特徴です。温暖化の影響もあってか、真夏には40度を記録する日があったり、真冬の朝には氷点下を記録する地域もあったりと、1年を通しての温度変化の極端な激しさも、最近の特徴かもしれません。デリケートな胡蝶蘭のためにも、私たちがちょっとした気遣いをしてあげたいものです。

胡蝶蘭が好きな温度は18℃~25℃

人も胡蝶蘭も心地よい温度は同じなんです。

出典: http://www.progressionbydesign.com
いくら熱帯の植物とはいえ、繊細な胡蝶蘭は暑すぎる環境も苦手です。ちょうど、人間が心地よいと感じるくらいの温度である、18℃~25℃が胡蝶蘭にとっても心地よいと感じる温度なのです。そして、1日の中でも、朝と夜などでの温度変化も少ない方がいいですね。実は、温度管理をしっかり行うと、咲いているお花を長持ちさせるだけでなく、花が落ちても、また再び花を咲かせることも可能なのです!一度、落ちても、再び花開いてくれるのは、とても嬉しいことですよね。難しそうだな、と思われますか?そんなことはないんですよ!ここでは、その胡蝶蘭の温度管理について、簡単に取り組めるコツをお伝えしていきたいと思います。明日からでも試せるお手軽なものばかりを集めましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

胡蝶蘭の温度管理は季節に合わせて

季節に合わせた管理が大切です。

出典: http://www.hearthomemag.co.uk
四季のある日本では、真冬は氷点下から夏は35℃を超える真夏日まで、季節によって気候が大きく変動します。そのため、四季折々の気候変化に合わせた季節ごとの胡蝶蘭の管理が必要です。ここでは、季節ごとの温度管理のコツをお伝えしていきます。是非、季節に合わせた温度ケアを心がけてみてください。

春の温度管理のコツ

温かく、草木の芽吹く季節ですね。比較的穏やかなこの季節は、ケアしやすい季節であるかもしれません。直射日光にさえ注意すれば安定して生育してくれます。ただ、まだまだ春先は寒のもどりで、ぐっと気温が下がることもあります。そんなときは、温かい場所に置いたり保温してあげたりするといいでしょう。

夏の温度管理のコツ

気温の高くなる夏は、気温の上昇に注意が必要です。20℃を超える日は戸外に出すことは避け、できるだけ屋内の風通しのよい場所に置くことを心がましょう。初夏の頃よりも、真夏に入ってからが注意が必要なポイントですね。このところの温暖化の影響で、真夏は気温の上昇が激しく、人間もぐったりしてしまう気温が続きます。あまりに気温が上がりすぎる日は、冷房が効いたお部屋で過ごさせてあげるのもよいかもしれません。

秋の温度管理のコツ

春と同じくケアしやすい季節ともいえますが、残暑や急な冷え込みには注意が必要です。置き場所に工夫するといいですね。残暑の季節と、初冬では置き場所を変えて、冷え込みが気になる夜は温かなリビングで過ごさせるなどの気遣いをしてあげるといいでしょう。

冬の温度管理のコツ

もっとも注意を払っていただきたい季節です。休眠状態になってしまう15℃を切らないように心がけてください。冬は、私たち人間も暖房で温度調節したり、加湿器で湿度調節を行ったりなどしますよね。胡蝶蘭も同じです。温かい部屋に置き場所を変えてみたり、真冬の夜などは発砲スチロールやダンボールの箱に入れておくなどして、保温を心がけましょう。

胡蝶蘭の温度管理は置き場所を工夫して

胡蝶蘭はお部屋のどこに置くのが良いのでしょうか?

出典: http://hananhanna.tumblr.com
季節に合わせた温度管理と同時に注意したいのが、温度変化です。気候による温度変化だけでなく、一日の中での温度変化にも胡蝶蘭は弱いものなのです。置き場所を工夫することで、さらに丁寧なケアをすることができますよ。それでは、胡蝶蘭におすすめな置き場所はどこでしょうか。

リビングやダイニングは要注意!

一番注意していただきたい場所は、リビングです。暖房や冷房などを使用することの多いリビングやダイニングは、温度差の激しい空間のひとつとも言えます。人がいる日中は暖房や冷房で快適に保たれているものの、人のいない夜間や平日の日中はどうしても温度差が激しくなります。一日の温度変化という点でみると、温度変化の激しい場所であるとも言えなくもありません。

贈り物としていただいた胡蝶蘭、またはご自宅用として購入された胡蝶蘭は、その優雅な姿を楽しむためにリビングやダイニングに飾りたいと思われる方も多いかもしれません。しかし、実は、胡蝶蘭の置き場所としては、基本的にはあまり適していないのですね。ただ、逆に真冬の冷え込む季節や、真夏の気温が上がりすぎる時期は、暖房や冷房の効いた部屋のほうが胡蝶蘭も過ごしやすいとも言えます。気温の様子を見ながら、対応していきましょう。

一年を通して温度変化が少ないのは玄関

玄関は家の顔とも言いますね。

出典: http://www.panahome.jp
では、温度変化が少ないという意味で、胡蝶蘭の置き場所として最も適しているのは、どこなのでしょうか?それは、玄関です。一般住宅の中では、一年を通して一番温度変化の少ない場所になります。胡蝶蘭にとっては、とても過ごしやすい場所なんですね!そして、実は温度変化が少ないだけでなく、胡蝶蘭を玄関に置くと、さらに良いメリットがあるんですよ。

胡蝶蘭を玄関に置くと良いメリットとは?

胡蝶蘭を玄関に置くと、さらに良いメリットとはどんなことなのでしょうか?玄関はお客様を迎える場所でもあります。そして、家族が帰宅したときに最初に目に入る場所ですね。そこへ美しく優雅な胡蝶蘭を置くことで、心に華やぎや優しい癒しを与えてくれます。お友達のお宅に招かれたとき、扉を開けた瞬間にそのお宅の匂いのようなものを感じたことはありませんか?玄関というのは、その家の第一印象を決める重要な場所になります。そこに胡蝶蘭があれば、とても素敵な印象をお客様に持っていただくことができますよね。また、疲れていたり、落ち込んで帰宅したとき、玄関のドアを開けた瞬間に、ほっとするような安心感に包まれたことはありませんか?玄関は家族を温かく迎え入れる場所でもあります。そこに胡蝶蘭があれば、柔らかな香りと優しさに包まれるような気持ちになれるのではないでしょうか。

お花のある玄関、素敵ですよね。

出典: http://mamasup.me

胡蝶蘭を玄関に置くだけで家の運気がアップする!

さらに、玄関というのは風水で、気を取り入れる場所です。ここから良い気が家の中に入ってくるのです。そのため、「運気を上げたければ、まずは玄関をきれいにしよう!」とも言われている要の場所なんですよ。そして、胡蝶蘭は蝶が舞っているような花びらの姿から、「幸せを運んでくる花」とも言われています。「家の運を取り入れる玄関」に、「幸せを運んでくる胡蝶蘭」を飾ることで、家全体の気を高める助けをしてくれるかもしれませんね。

臨機応変に置き場所を変えてみましょう!

このように、一日を通して温度差の少ない玄関に置くことを基本に、その日の気温や季節に合わせて、リビングやダイニングなど置き場所を変えていくのもよいでしょう。あまり頻繁に移動させすぎるのも、お花にストレスがかかるのでおすすめではないですが、温度管理は大切ですので、寒さの気になる真冬は、暖かな日差しの入るリビングに置いてあげた方がよさそうですね。

まとめ

お花を長く楽しんでくださいね。

出典: https://hitohana.tokyo
いかがでしたか?慣れるまではコツが掴めないかもしれませんが、植物は手をかければかけるほど愛情が湧いてきますよね。手をかけた胡蝶蘭が、長く花を保つだけでなく、花が落ちたあとも生き続け、再び花を咲かせたときは感動もひとしおです。そのためにとても重要なのが温度管理ですね。適切な温度管理で大切に育て、綺麗な胡蝶蘭との時間を楽しんでくださいね。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭ならひとはな

関連するまとめ