目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

しおれてしまった胡蝶蘭どうしてますか?

Post 1 01

お祝いやお悔みでいただいた美しく華やかな胡蝶蘭のお花も1か月~2か月で終わってしまいます。皆さんは、花が咲き終わっておちてしまった後のケアについてご存知でしょうか。様々な方法があるのですが、今回は業者さんが回収してくれる引き取りのサービスを中心に3つほどケアの方法をご紹介いたします!

咲き終わった後のケアも心配なく!

お花が終わってしまった後の胡蝶蘭は、そのまま飾っておくこともできませんし保管場所にも困ってしまいますね。せっかくの素敵な贈り物ですから、きちんとした方法で処分したい方も多いと思います。いただきものなので捨てるにしても周囲の目が気になりますし、捨て方について行政や業者に問い合わせるのも手間になります。分別や解体も大変ですから一筋縄ではいきませんね。贈り物をした側も、咲き終わったお花のケア方法で相手を悩ませてしまうのは避けたいことなのではないでしょうか。

胡蝶蘭の引き取りサービスがあります

咲き終わった胡蝶蘭の引き取りをしていただけることをご存知でしょうか?胡蝶蘭専門の販売店や、お花や観葉植物を扱うお店などでは、胡蝶蘭の引き取りサービスを実施されています。お店によって引き取りサービスの内容や金額は変わりますからよく調べてみることが必要ですが、希望に合わせて選べるので便利です。

無料での引き取りの場合

Img09e213cezik4zj

自宅で梱包し、宅配便で業者へ送って引き取ってもらう方法があります。基本的なステップは簡単です。

1.業者を選定し、引き取りの依頼をする
2.手頃なサイズの段ボールに胡蝶蘭の株や鉢、支柱など胡蝶蘭に付随する資材を入れて梱包する
3.宅配便屋さんに集荷依頼(持ち込みでも可です)をし、業者宛てに発送する

この場合には配送費用は自己負担となります。しかし引き取りに関してほとんどの業者で料金がかかりません。多少の手間をかけてご自身で梱包することなどに抵抗がなく資材も入手できる場合はコストが抑えられて良い方法ではないでしょうか。梱包といっても緩衝剤でくるんだり、段ボールに入れるだけなので、一般的な荷物の発送と大きな違いはなさそうです。

有料での引き取りの場合

20120914 010img2

業者さんによる引き取りの様子。

自宅まで引き取りに来てもらう方法です。インターネットや電話などで業者に引き取りを依頼し自宅に訪問の上見積もりと回収をしてもらいます。こちらも基本的なステップはとても簡単です。

1.業者を選定し出張での引き取りを依頼する(この場合は対応エリアが限定的であったり引き取り個数に規定があるので併せて確認する)
2.実際に自宅に来てもらい見積もり査定してもらう
3.支払いをし回収してもらう( 法人向けには請求書払いなども可能な場合がある為必要に応じて確認)

尚、引き取りにかかる費用はだいたい1鉢あたり900円~1500円が相場のようです。大きさや個数、お花の状態でも変動はします。対応可能エリアについては、お住まいの地域や業者によって変わります。例えば東京都内の業者にお願いする場合は23区内や業者がある場所の近隣エリアがメインになりますし、大阪市内などであっても同じです。インターネットなどで検索する場合はお住まいのエリアを検索キーワードに追加することがポイントになります。自身で梱包することが苦手だったり、資材が入手しにくいという方はこちらの方法がおすすめです。また力の弱い女性なども出張引き取りの方が便利かもしれませんね。出張してきてもらうのでちょっと割高かもしれませんが、手軽にできる方法として最近増えているサービス内容です。

胡蝶蘭の買い取りサービスもあります

Hikitori

胡蝶蘭の引き取りというと花が咲き終わってしまった後の処分を思い浮かべる方が多いかと思います。でもそれだけではないのです。各方面から何鉢も胡蝶蘭をいただいて、飾るスペースがなくなってしまったり、保管場所に困るケースもあるかと思います。そういう場合にも、咲いたままの胡蝶蘭を買い取るサービスがあるのです。お花の状態や、大きさなどによって買い取り価格は変わりますが、専門の方がしっかり丁寧に見積もってくれるので安心です。種類やお花の状態によって変動はするので、あくまで参考程度ですが、買い取り価格はおおよそ、1鉢700円~2000円の間くらいです。珍しい色や種類の場合はもちろんもっと高くなりますし、しおれてしまう直前だったりすると多少低い価格の査定額になるかと思います。せっかくいただいたので、すべて飾っておけるのがもちろん望ましいですが、そうもいかず手入れが行き届かないまま枯れてしまうのも残念なことです。いただいた胡蝶蘭のケアの方法の一つとして、知っておくと良いかもしれません。

処分をせずに翌年も咲かせることができます

Ran010 1

いただいた胡蝶蘭のお花が終わったあと、引き取りで処分する方法とは別に翌年に向けて花を咲かせるようにケアする方法もあります。少し手間がかかります。しかしあまり難しい作業ではありませんよ。専門家の方がやり方を写真つきで紹介してくれているWebサイトもあるので、興味のある方は参考になさってみてください。一方で数が多かったり、保管場所がなく悩みの種となるような場合は引き取りで処分することをおすすめします。

まとめ

胡蝶蘭は飾るだけで見る人の心を和ませその場をぱっと華やかにしてくれる存在です。その役目を終えたあとの落ちてしまったお花のケアは、感謝をこめてしっかりとしてあげたいですね。昨今は引き取りの業者さんが充実しており利用する側のニーズに沿っていろいろ選べるようになっています。花が終わった後の引き取りだけでなく、お花がまだ咲いているけど手入れができない場合の買い取りまで対応してくれるのは驚きです。業者が増えているせいか、対応してくれるエリアも拡大していますし、スケジュールの融通や、引き取り個数も1鉢からなんてところも多いのですよ。それぞれの環境や事情に合わせて処分の方法を選べるのもありがたいことですね。個人宅では保管スペースも限られているのでお花が終わったら引き取ってもらうのも良いですし、お手入れが大変であればしおれる前に買い取ってもらっても良いかと思います。引き取りサービスがあることを知っていれば、お花が落ちた後の処分のことも心配いらないので安心して胡蝶蘭をプレゼントできますね。贈り物として手配する場合は、そんな情報も一緒にお伝えすると、気が利く一言として、喜ばれるのではないでしょうか。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

2a94a23b1846e6e6762dcc18f3ef6643

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ