目次

しおれてしまった胡蝶蘭どうしてますか?

お祝いに頂いた胡蝶蘭のケア方法は様々です。専門業者に胡蝶蘭の引き取りを依頼することもできますよ。

出典: http://tanken.shiga-saku.net
お祝いやお悔みでいただいた華やかな胡蝶蘭、つつましく上品で大変嬉しいものですね。一方、美しく咲き誇っていた胡蝶蘭のお花も1~2か月で終わってしまいます。お花が終わってしまった後の胡蝶蘭はそのまま飾っておくこともできませんし、保管場所にも困ってしまいますね。

このような場合、胡蝶蘭をどのようにケアしたら良いかご存知でしょうか。再度美しい花が咲くようにそのまま育てたり、必要な方にお譲りしたり専門業者に引き取りを依頼したり、時にはごみとして処分したりすることもあるかもしれません。いただきものなので捨てるにしても周囲の目が気になりますし、胡蝶蘭の捨て方について行政や業者に問い合わせるのも手間になります。分別や解体も大変ですから一筋縄ではいかないでしょう。せっかくの素敵な贈り物ですから、きちんとした方法で処分したい方も多いと思います。もっとも贈り物をした側も、咲き終わったお花のケア方法で相手を悩ませてしまうのは避けたいことなのではないでしょうか。

今回はこのような様々な方法の中から業者さんの胡蝶蘭引き取りサービスを中心に具体的なケアをご紹介していきましょう。

胡蝶蘭の引き取りサービスがあります

専門業者の引き取りサービスは各社によって方法が異なります。希望に沿った引き取りサービスをしっかりと選びましょう。

出典: https://www.photo-ac.com
咲き終わった胡蝶蘭の引き取りサービスがあることをご存知でしょうか。胡蝶蘭専門の販売店や観葉植物などを取り扱うお店などで多く実施されており、各社引き取りサービスの内容や金額は異なります。また引き取り可能エリアが限られている場合も多いのでしっかりと調べてみることが必要ですが、希望に合わせて選べるので便利です。

無料での引き取りの場合

無料で引き取りが可能なのは大変魅力的ですね。

出典: https://hitohana.tokyo
自宅で梱包し、宅配便で業者へ送って引き取ってもらう方法があります。この場合には配送費用は自己負担となります。しかし引き取りに関してほとんどの業者で料金がかかりません。基本的なステップは簡単です。

1.業者を選定し、胡蝶蘭の引き取り依頼をします。
2.段ボールに胡蝶蘭の株や鉢、支柱など付随する資材を入れて梱包します。
3.宅配便に集荷依頼をし、業者宛てに発送します。

多少の手間をかけてご自身で梱包することなどに抵抗がなく資材も入手できる場合はコストが抑えられて良い方法ではないでしょうか。梱包といっても緩衝剤でくるんだり、段ボールに入れるだけなので、一般的な荷物の発送と大きな違いはなさそうです。

有料での引き取りの場合

有料での引き取りは大量の胡蝶蘭を処分したい方にピッタリの方法です。

出典: https://hitohana.tokyo
有料にて胡蝶蘭の引き取りを依頼する場合には、自宅やオフィスなど指定の場所まで専門業者に引き取りに来てもらうことが一般的です。インターネットや電話などで業者に引き取りを依頼し、見積もりと回収をしてもらいます。こちらも簡単な手順で行うことが可能です。引き取りにかかる費用はだいたい1鉢あたり900円~1500円が相場となり、胡蝶蘭の大きさや個数、お花の状態で変動します。対応可能エリアについては、お住まいの地域や業者によって変わります。なお、HitoHanaでも胡蝶蘭や観葉植物の引き取りサービスを提供しております。今回はわかりやすいようHitoHanaの引き取りサービスを具体例として手順や条件を見ていきましょう。

【お申込みの手順】
 1.ご相談:メールフォームより引き取りのご相談をします。
 2.ヒアリング:お電話で鉢数や利用内容について具体的なご相談をします。
 3.お申込み:インターネット上で、購入内容についてお申し込みをします。
 4.支払い:インターネット上で、上記お申込みと同時にお支払いを済ませます。
 5.引き取り:ご指定の日付に引き取りを実行します。

【引き取りの条件】
 - 対象エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉の一部
 - 対象商品:胡蝶蘭や観葉植物など、購入店舗に関わらず一度に8鉢〜12鉢程度可能
 - 引き取り費用:HitoHanaでのお買い物などで無料
 - 引き取り日時:昼の12時までの依頼で最短翌日の引き取りが可能 

HitoHanaでは3万円以上のご購入やHitoHanaで利用できるクーポンの購入など、一定の条件をもとに法人・個人を問わずお引き取りをさせていただいております。ご状況によっては条件外であってもご利用頂ける場合がございますので、お困りの際には下記リンクよりご相談ください。

胡蝶蘭の買取サービスもあります

満開を迎える前の胡蝶蘭は引き取りや回収どころか買取してもらえます。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭の引き取りというと花が咲き終わってしまった後の処分を思い浮かべる方が多いかと思います。でもそれだけではないのです。各方面から何鉢も胡蝶蘭をいただいて、飾るスペースがなくなってしまったり、保管場所に困ったりした方向けに咲いたままの胡蝶蘭を買い取るサービスがあるのです。

お花の状態や大きさなどによって買い取り価格は変わりますが、専門の方がしっかり丁寧に見積もってくれるので安心です。種類やお花の状態によって変動はするのであくまで参考程度ですが、買い取り価格はおおよそ1鉢700円~2000円となります。珍しい色や種類の場合はもちろんもっと高くなりますし、しおれてしまう直前だったりすると多少低い価格の査定額になります。心をこめて頂いたギフトをすべて飾っておけるのがもちろん望ましいですが、そうもいかず手入れが行き届かないまま枯れてしまうのも残念なことです。いただいた胡蝶蘭のケアの方法の一つとして、知っておくと良いかもしれません。

胡蝶蘭の花を翌年も咲かせることができます

胡蝶蘭は意外と育てやすい植物です。引き取りの際に1鉢残して育ててみてはいかがでしょうか。

出典: https://hitohana.tokyo
いただいた胡蝶蘭のお花が終わったあと、引き取りで処分する方法とは別に翌年に向けて花を咲かせるようにケアする方法もあります。胡蝶蘭は比較的育てやすい植物となりますので、少し手間はかかりますがあまり難しい作業ではありませんよ。専門家の方がやり方を写真つきで紹介してくれているWebサイトもあるので、興味のある方は参考になさってみてください。多くの鉢を引き取りで処分する際に1鉢だけ残して、胡蝶蘭の栽培に挑んでみるのも楽しいかもしれません。

まとめ

条件にピッタリな胡蝶蘭の引き取りサービスを上手に活用してみましょう。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭は飾るだけで見る人の心を和ませその場をぱっと華やかにしてくれる存在です。その役目を終えたあとの落ちてしまったお花のケアは、感謝をこめてしっかりとしてあげたいですね。昨今は引き取りの業者さんが充実しており利用する側のニーズに沿っていろいろ選べるようになっています。対応エリアやスケジュールの融通、引き取り個数など引き取りサービスの内容も充実しています。大きな企業の大規模なイベント後はもちろん、カフェやクリニックなど小規模店舗の開店・開業祝い後など、それぞれの環境や事情に合わせて処分の方法を選べるのはとても嬉しいことですね。更に贈る側としても専門業者の胡蝶蘭引き取りサービスがあることを知っていれば、安心して胡蝶蘭をプレゼントできるでしょう。贈り物として手配する場合はそのような情報も一緒にお伝えすると、気が利く一言として喜ばれそうですね。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ