目次

胡蝶蘭の葉枯れの原因と対処法

出典: http://www.justaddiceorchids.com
お祝いの品としていただいた胡蝶蘭は、大切な贈り物としての思い出が詰まっているのでずっと長く育てたいですよね。きっと来年も美しい花を咲かせてくれるはず、と期待していたら何だか葉が元気がなくなって枯れ始めた、という経験はありませんか?大切に管理していた胡蝶蘭が葉枯れしているのを見ると、焦ってしまいますよね。しかし、原因を知り正しい対処法がわかると焦らずにすみますし、正しいお手入れをすることで大切な子著蘭を元気な姿に回復させることができます。葉枯れは早めの対処をするのが一番なので、普段から胡蝶蘭のトラブルについて知識を深めておくと良いでしょう。今回は、葉枯れが起こる様々な原因や症状と、適切な対処法をご紹介します!

下から葉が黄色く変色する「寿命」

出典: http://www.coco.bz
青々と元気な姿をしていた胡蝶蘭の葉が、だんだん黄色く変色してきた葉枯れの場合は、葉の寿命かもしれません。

<原因>
下のほうから変色してきた葉枯れの場合は、まず葉の寿命であることが考えられます。寿命や養分回収のために葉枯れを起こしている場合は、黄変と同時に葉が薄くなり乾いてシワシワになります。しかし、その葉が一番下の葉であれば問題ありません。

<対処法>
葉枯れした葉は、手で無理矢理ちぎらず、完全にシワシワになって枯れるまで放っておき、枯れたら指先で軽くつまんで取りのぞいてください。胡蝶蘭の葉の数は、家庭栽培の場合、小さな株で3~4枚、大株で5~6枚あれば問題ありません。引き続き、日当たりの柔らかい環境で、緑の葉を保つように管理してください。寿命によって葉枯れし落ちたあとは、また新しい葉が生まれてくるのでご安心ください。

ヨレヨレシワシワに葉枯れする「根腐れ」

根が赤茶色に変色していたら根腐れかもしれません。

出典: https://www.shuminoengei.jp
もし胡蝶蘭の葉が、ヨレヨレシワシワで元気がなく葉枯れしている場合。

<原因>
胡蝶蘭全体の葉が元気を失っている場合は、根腐れしていることがあります。産地から発送される胡蝶蘭は、大抵ビニールポットに水苔を詰めた状態で送られています。受け取った後もその状態のままで管理していると、根っこの通気が悪く、根腐れをしてしまうことがあります。胡蝶蘭が開花したときからすでに根の衰弱が始まっていると、どんどん根腐れが進行し葉枯れも進んでいく場合があります。株を持ち上げ、根の状態を確認してみてください。画像のように根が茶色く変色し、腐り始めてはいませんか?
<対処法>
こんな場合は、腐っている胡蝶蘭の根を取り除き、植え替えをしましょう。まず鉢から株を取り出し、根の周りに付いた土などの付着物をやさしく取り除きます。付着物がなくなったら腐った根だけを消毒した園芸バサミで丁寧に取り除き、健康な根だけを残して新しい鉢に植え変えます。鉢は、通気性の良い素焼きの鉢が適しています。伝染病などの心配がないよう、なるべく新品の鉢を用意しましょう。次に乾燥水苔を用意し、根の周りに巻いていきます。根の隙間にも水苔を入れ込み、鉢よりも全体が大きめになるように仕上げます。水苔を巻きつけたら鉢に詰め込むように入れます。根を傷つけないよう注意しながら、両手の親指で押し込みましょう。仕上がりは、鉢の上辺から親指の関節ひとつ分程の長さを残すようにします。これで胡蝶蘭の植え替えは完了です。

植え替え後7日間程は、切った根の断面から感染症を起こさないよう、水を与えず管理します。8日目以降は水苔全体が湿る程度の水やりを、7~10日に一度のペースで与えてください。胡蝶蘭の葉枯れを呼び起こす根腐れの原因は、鉢の中の加湿のほかに、水のやりすぎや感染症の場合もあります。また、植え変えのときに根を傷つけたことが根腐れの原因となることもあります。根腐れによって植え変えた後も、注意して胡蝶蘭の葉枯れがおこらないか観察を続けてください。

たくさんついて葉を弱らせる「害虫」

胡蝶蘭につく害虫の代表格、カイガラムシです。

出典: http://blog.goo.ne.jp
胡蝶蘭の葉の色艶が悪くなったり、葉の表面や裏側に小さな虫の姿が見えたりしたら害虫による葉枯れである可能性が高いです。胡蝶蘭につく虫の害には幾つかありますが、代表的なものを2つお伝えします。あるなど異変がある場合は、病気や感染症による葉枯れの可能性があります。次に、病害虫による代表的な葉枯れの原因と対処法についてお伝えします。
  • カイガラムシ

白い綿のようなものがコナガイラムシです。

出典: http://blog.goo.ne.jp
白い胡蝶蘭の花に黒い点々がついていたり、葉に固い殻を持った虫がついていたりしたら、カイガラムシの可能性があります。カイガラムシは風に乗って飛んで来たり株に付着していたりと原因は様々ですが、一度つくと完全駆除が難しくなる厄介な害虫です。
〈対処法〉
カイガラムシは幼虫には薬剤散布で効果がありますが、成虫になると効きません。柔らかい歯ブラシや爪楊枝で葉を傷めないように注意しながら一つ一つ根気よく取り除きます。カイガラムシはあっという間に全体に広がるので早めの対処が大切です。薬剤を散布する場合、小さなお子さんやペットがいるご家庭では薬剤がかからないように注意しましょう。
  • ハダニ

よく見ると小さな茶色いものが動いています。

出典: http://hello.ap.teacup.com
葉のつやがなくなったり、白班が出たりしたときはハダニがついている可能性があります。ひどくなると葉がねじれ、丸まるなどの症状も出ます。ハダニは葉の養分を吸収して株を弱らせてしまいます。葉の裏側にびっしりとついていることが多いのでこまめに葉を裏側までチェックしましょう。
〈対処法〉
ハダニには薬剤散布が効果があります。殺ダニ剤を散布して対応しますが、小さいお子さんやペットがいるご家庭では薬剤がかからないように注して使用しましょう。また、ハダニは乾燥している時に発生し加湿には弱い、という性質があります。こまめに葉水をすることで葉のチェックを兼ねながらハダニ予防をすると良いでしょう。

葉の表面に異変が起こる「病気」

ウイルス性の細菌やカビ菌に効く薬剤を活用しましょう。

出典: http://kids.wanpug.com
葉の表面に病斑などの異常が見られて葉枯れを起こした場合には、感染性のウイルスあるいはカビ菌による病気の可能性があります。代表的な病気について次の3つをご紹介します。
  • 軟腐病
胡蝶蘭の葉の表面に水浸状の斑点ができ、次第にドロっとして溶け腐ったように拡大するような葉枯れの場合は、軟腐病を疑います。軟腐病には細菌性と真菌(カビ)性のものがあります。細菌性の病原菌の場合は、溶け腐った部分からなんとも言えない悪臭がします。
<対処法>
この場合、進行が速く食い止めるのが難しい状況ですが、抗生物質殺菌剤を使用し早急に対処します。真菌(カビ)性の病原菌の場合は、特有の悪臭はありませんが、いち早く侵された部分を切除し、その部分に保護殺菌剤を塗布し、予防保護の対処をします。
  • フザリウム症

次々と黄変した葉が抜け落ちてしまい、わずか1枚だけ葉が残った胡蝶蘭です。フザリウム菌により根もダメージを受けてしまいます。

出典: http://popotan-chan.cocolog-nifty.com
全体の中ほどの葉に、斑点や黄変が見られる葉枯れの場合は、フザリウムやリゾクトニアといったカビ菌の感染を疑います。フザリウムは普通どこにでもいるカビ菌の一つで珍しいものではありませんが、感染すると伝染し被害が拡大するので注意が必要です。症状が進むと、根の機能低下へと拡大し、水分をうまく吸い上げることができなくなります。
<対処法>
進行と拡大を防ぐために保護殺菌性のある水和剤を水に薄めて散布し、対処します。
  • 炭そ病
葉の表面に黒い斑点が見られる葉枯れ場合は、炭そ病の可能性があります。炭そ病はカビ菌の一種が原因となっていて、葉に黒や褐色の斑点ができ、やがて葉が枯死します。
<対処法>
早急に、保護殺菌性のある水和剤で対処することが必要です。
上記以外にも、さまざまな病原による胡蝶蘭の葉枯れがあります。これらのような異常を伴なった胡蝶蘭の葉枯れを発見したときは、病気の特徴から原因を特定し、適切な対処をする必要があります。大切な胡蝶蘭を守るためにもなるべく早く対処することが大切です。

また、カビ菌などが原因の葉枯れは、もしかすると販売店で購入した時にすでに感染している可能性もあります。もし、大切な贈り物として胡蝶蘭の購入を考えている場合には、プロの手できちんと管理している生産者と提携を結んでいるショップから購入すると安心です。最近では胡蝶蘭専門の通販サイトも多く、信頼できる生産者から産地直送で送ってくれるところもあります。また、通販だと間に販売店を持たないことからコストダウンでき、低価格で高品質の胡蝶蘭を買い求めることも可能です。贈り物として胡蝶蘭を購入する際は、信頼できる通販サイトを選択肢の一つに入れることもおすすめですよ。

胡蝶蘭の葉枯れは健康のバロメーター

胡蝶蘭は言葉の代わりに、葉の様子で元気かどうかを教えてくれます。

出典: http://www.thegardenglove.com
胡蝶蘭が葉枯れしている時の対処法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?胡蝶蘭の葉の状態は、胡蝶蘭全体の健康をあらわしていると言っても過言ではありません。葉枯れをしてきた場合には、どこかに原因がありますので、葉枯れの症状をよく見て、きちんと対処をしてあげましょう。凛として品のある胡蝶蘭はやはり美しい花が魅力ですが、実は胡蝶蘭の葉も、その美しい形や色を鑑賞することができると定評があります。花が落ちた後も、葉の美しさに華があり、存在感があふれています。次の開花シーズンへつなげていくためにも、日ごろから、葉の健康を保ち、葉枯れがおこっていないか観察と手入れを続けて、美しい胡蝶蘭を長く大切に楽しみましょう!

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭ならひとはな

関連するまとめ