目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

沖縄美ら海水族館に行くなら胡蝶蘭鑑賞もお忘れなく

Churaumi02

目の前にエメラルドグリーンのビーチが広がる海洋博公園。この敷地内に沖縄美ら海水族館もあります。

出典: https://mailwise.cybozu.co.jp
沖縄美ら海水族館をご存知ですか?サンゴ礁の浅瀬から神秘的な深海まで、沖縄の海をそのまま切り取ったような世界が広がる水族館です。ジンベエザメやセイヨウマンタが泳ぐ巨大水槽は、本当に迫力満点です。沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北部の観光拠点ともいえる海洋博公園内にあります。海洋博公園は、1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して設置された国営公園です。公園の広い敷地内には多彩な施設があり、電気遊覧車に乗って各施設間を行き来することができます。実は、その施設のひとつに胡蝶蘭を満喫できる夢のような空間があるのですよ。

沖縄美ら海水族館は大人気の観光地なので、実際に行ったことがある方も多いのではないでしょうか。いつか行ってみたい!と考えている方もいらっしゃることでしょう。再び、またはこれから初めて沖縄美ら海水族館を訪れるときに立ち寄っていただきたい、胡蝶蘭鑑賞スポットをご紹介します。沖縄で色とりどりの胡蝶蘭を楽しめますよ。

胡蝶蘭に酔いしれるなら熱帯ドリームセンター

699eedf25c420a525bb022f1ba2f9843

沖縄美ら海水族館からも望めるバベルの塔のような螺旋状の遠見台が目印の熱帯ドリームセンター。古代遺跡を思わせる建物がとても印象的です。

出典: https://www.nihonsekkei.co.jp
海洋博公園内にある胡蝶蘭を満喫できる場所、それは熱帯ドリームセンターです。熱帯や亜熱帯の花々が咲き乱れ、トロピカルフルーツがたわわに実る植物園です。そのなかでもとくに見応えがあるのが、ランの仲間を集めた3棟の温室でしょう。胡蝶蘭(ファレノプシス類)、カトレア類、バンダ類、それぞれ専用の温室があり、ランの展示数は常時2000株以上を誇ります。その魅力的な施設がなんと沖縄美ら海水族館のチケット提示で入館料が半額になるのです(大人690円が340円に、 小人350円が170円)。これは是非、沖縄美ら海水族館と熱帯ドリームセンターの両方行っておきたいですね。那覇から移動すると沖縄美ら海水族館よりも熱帯ドリームセンターが手前にあるので、こちらを先に回ると行程に無駄がありませんね。そのような場合でも問題ありません、窓口で沖縄美ら海水族館のチケットを購入すれば半額で入館できますよ。

熱帯ドリームセンターを一通り見学するには、目安として標準コースで約1時間、短縮コースで30分程時間がかかります。できればしっかりと時間を確保して、じっくりと胡蝶蘭を鑑賞したいものです。施設の専門のガイドが解説するフラワーガイドツアーも毎日行われています。ツアーでは、3棟のラン温室をはじめ見頃の花や果実等について解説していただけるようです(所要時間30分程)。タイミングが合えば、こちらに参加するのも良いですね。

沖縄国際洋蘭博覧会に合わせて沖縄美ら海水族館へ

35e60b12 s

遺伝子組み換えによってついに誕生した青い胡蝶蘭が世界初公開されたのは、2013年開催の沖縄国際洋蘭博覧会でした。沖縄美ら海水族館と共に空や海だけでなく胡蝶蘭の青も味わいたいですね

出典: http://iejima.dreamlog.jp
沖縄美ら海水族館から1キロほどの場所に、胡蝶蘭をはじめ沢山のランを鑑賞できる熱帯ドリームセンターがあります。ここでは毎年、沖縄国際洋蘭博覧会が開催されます。国内外から約30000点のランが展示されるビッグイベントで、2016年は1月30日(土)から2月7日(日)の開催でした。この2016年で30回目を迎えた、日本で最も古い歴史をもつ国際的なラン展です。期間中は、熱帯ドリームセンター全体が見事なまでにランで飾られます。コンテストあり、様々なテーマの展示あり、胡蝶蘭愛好家にはたまらないイベントでしょう。華やかなで豪華な胡蝶蘭をより堪能する旅行として、沖縄国際洋蘭博覧会のタイミングに合わせて計画を立てるのはいかがでしょうか。沖縄国際洋蘭博覧会の開催は、基本的に毎年2月の第1週です。入場料は、通常の熱帯ドリームセンターの入館料と変わらず、沖縄美ら海水族館のチケット提示で半額になるのも同様です。胡蝶蘭鑑賞と沖縄美ら海水族館見学は、やはりセットで考えるのが良さそうですね。

那覇空港内で胡蝶蘭を堪能

2

めんそーれ!沖縄美ら海水族館に行く前にシーサーと胡蝶蘭がお出迎え。

出典: http://www.okinawastory.jp
沖縄美ら海水族館に行く場合、地元の方でなければほとんどの方が那覇空港に降り立つことでしょう。那覇空港でも胡蝶蘭を見ることができます。こんな風に表現すると、いくつかの胡蝶蘭が展示されているだけに思われるかもしれませんが、けして小さな規模ではありません。フロアを華やかに彩ったり、窓際にずらりと並べたりするなど、一年を通して沢山の胡蝶蘭が飾られています。空港ではなかなかゆっくりする時間はないかもしれませんが、気をつけて見てみると色々な場所で胡蝶蘭に出会えます。せっかく沖縄に来たのですから、旅の始まりと終わりに、那覇空港の胡蝶蘭をほんの少しでも時間を作って鑑賞することをお勧めします。

胡蝶蘭と沖縄美ら海水族館を東京で満喫

2014021919565118a

沖縄美ら海水族館の水槽と胡蝶蘭のコラボレーション。

出典: http://shonan310.blog85.fc2.com
沖縄まで行ってこその沖縄美ら海水族館ですが、じつは東京でも体感することができます。胡蝶蘭をはじめとするランとの華麗なコラボレーションを考えれば、1年に1度のチャンスです。さて、どこで見られるのでしょうか?

世界らん展で沖縄美ら海水族館を体感

胡蝶蘭と共に沖縄美ら海水族館を東京で体感する1年に1度のチャンスというのは、東京ドームで開催される世界らん展です。毎年2月中旬から下旬にかけて開催され、その規模は世界最大級を誇ります。26回目を迎えた2016年は2月13日(土)から2月19日(金)に開催、世界20ヵ国から約3000種100000株の様々なランが集結しました。

世界らん展ではここ数年、特別展示として沖縄美ら海水族館の水槽が展示されています。水量14tクラスの大水槽の中を泳ぐカラフルな熱帯魚と、水槽を彩る胡蝶蘭はじめ艶やかなランは、見る人を南国へと誘います。沖縄の空気感はもちろん、会場内に咲き乱れるランを満喫するために世界らん展に足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

O0800060012972145148

沖縄ではホテルのロビーでも胡蝶蘭を楽しめます。

出典: http://ameblo.jp
いかがでしたか?沖縄美ら海水族館を訪れるときは、ランが溢れる熱帯ドリームセンターや那覇空港といった胡蝶蘭鑑賞スポットを見逃さないでくださいね。また、東京で開催される世界らん展もお勧めです。2017年以降に沖縄美ら海水族館の水槽展示があるかどうかの確認は必要ですが、沖縄美ら海水族館をひとつのキーワードに、胡蝶蘭鑑賞をたっぷり楽しんでいただければ幸いです。沖縄での胡蝶蘭鑑賞で胡蝶蘭に興味が出てきた方はこちらをご覧ください。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

2a94a23b1846e6e6762dcc18f3ef6643

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ