目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

胡蝶蘭をカビから守ろう

Tumblr lzjoq9sadi1qhod5oo1 500

湿度の高い梅雨がやってきます。胡蝶蘭をカビから守りましょう。

出典: http://myimpress.tumblr.com
もうすぐ梅雨の季節がやってきますね。雨が続いてじめじめしてくると憂鬱なのはカビの発生です。様々な慶弔のギフトや自宅鑑賞用として人気の高い胡蝶蘭ですが、湿気が多い環境では胡蝶蘭もカビによる病気に気をつけなければなりません。今回はカビが原因で発生する胡蝶蘭の病気とその対処法をご紹介します。

胡蝶蘭のカビの種類と対処法

06 orchid roots 101925032

胡蝶蘭がカビからくる病気になってしまわないように、病気の種類や対処法を学んでいきましょう。

出典: http://www.lowes.com
胡蝶蘭を育てていたら鉢や植え込み材の表面にカビが生えてきたり、葉や花びらに斑点ができてきたことはありませんか?それはカビによる胡蝶蘭の病気かもしれません。早めの発見と対処で、カビから胡蝶蘭を守りましょう。まずは胡蝶蘭のカビによる病気の種類と対処法をご紹介していきます。

炭そ病

胡蝶蘭の葉に発生する病気です。はじめは小さな褐色の斑点ができます。それが次第に拡大していき斑点の内側が淡い褐色から灰白色となり大きな病斑となります。病気になった葉の部分に穴が空いたり葉先から枯れていきます。健康な葉であればすぐに発病せず潜伏していますが、葉焼けなどで葉の組織が弱るとその部分から発病していきます。伝染は胞子の飛散によるもので、水やり時の水滴の跳ね返りで感染する場合があるので注意しましょう。

高温多湿を好み雨や風で感染する病気です。室内で栽培している場合でも高温多湿を避け風通しの良い場所に置きましょう。発病した葉はすぐに取り除き、剪定した葉もすぐに処分してください。菌糸に効果のあるダイセン、ダコニールなどの薬剤を散布すると良いです。
Imgp8028

胡蝶蘭の葉に発生したカビからくる炭そ病です。

出典: http://www.cyberwildorchid.com

灰色かび病

胡蝶蘭の花びらに灰色の斑点ができる病気です。胡蝶蘭の栽培環境が低温で湿気が多すぎると発生します。はじめは花びらに水滴が滲んだような跡がつきます。病気が進行すると花が褐色になって腐り始め灰色のカビに覆われます。湿度が高い時には腐りかけた枯れ葉に接触している葉から感染することもあります。

カビは湿度を好むので、予防のために水のやりすぎに注意し風通しの良いところで栽培しましょう。多湿の時には除湿機やエアコンで湿度を下げましょう。原因菌はボトリチスという菌で、農薬で対応するよりも湿度を下げることと、濡れた部分がすぐに乾く環境におくことが大切です。感染し枯れた部分にも病原菌が残っているので枯れた葉は取り除きましょう。
I320

胡蝶蘭の花びらに発生した灰色かび病です。

出典: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

フザリウム菌による立ち枯れ病

鉢内の根や地面に触れている部分から感染する病気です。葉が急速に黄変し脱水状態となり、下の葉から枯れ落ちていきます。

株の一部が感染した場合、切除して植え替えが必要となります。中央の葉が枯れてしまったものは対処できないため予防を心がけましょう。予防策としては、長時間水滴をためないこと、風通しの良い場所に胡蝶蘭を置き株が蒸れないように気をつけましょう。タチガレン、リドミル、トップジンMなどの薬剤が効果的です。
Tumblr mv8mdpihkw1rbwsb5o1 500

胡蝶蘭の根に発生するカビからくる病気は、水の与えすぎや湿度に注意が必要です。

出典: http://h4ilstorm.tumblr.com

リゾクトニア菌による立ち枯れ病

胡蝶蘭に充分に水をあげているのになんだか元気がなく枯れてしまったというとき、根を調べ黒く腐った部分があった場合はリゾクトニア菌による病気の可能性が強いでしょう。根腐れの原因はほぼリゾクトニア菌によるものです。水のやりすぎでまだ植え込み材が湿っている状態で水をあげ続けていると鉢の表面が茶色の菌糸で覆われ、キノコのような匂いがしてきます。

早い段階で気がつき、感染した箇所を切除して植え替えを行えば回復する可能性があります。しかし根から発病するため発見が遅れて手遅れになってしまうことが多いので、日頃から胡蝶蘭をよく観察し変化を見逃さないように気をつけましょう。リゾレックス、バリダシン、モンセレンなどの薬剤を使用方法に準じて与えましょう。

胡蝶蘭をカビから守る植え替えの方法

Monopodial 2009

立ち枯れ病から胡蝶蘭を守るために、感染に気がついたら早い段階で植え替えを行いましょう。

出典: http://www.missouribotanicalgarden.org
根のカビからくる立ち枯れ病から胡蝶蘭を守るためには、植え替えを行い感染した根を取り除くことが必要です。ここからは胡蝶蘭をカビから守るための植え替えの方法をご紹介します。

まず、植え込み材が水ごけの場合は素焼きの鉢、バーク・ヤシ殻チップの場合はプラスチックの鉢を用意しましょう。胡蝶蘭を鉢から抜き取るとビニールポットに包まれています。これが根を蒸らしカビを発生させる原因となっています。ビニールポットを外し古い植え込み材をきれいに取り除きましょう。寄せ植えとなっているものは一株毎に株分けをします。その後感染した場所を熱消毒したハサミできれいに取り除きましょう。根を切り終えたら新しい植え込み材で根を包み鉢に収めれば植え替えの完了です。

まとめ

51bc11f8dbd0cb1e74000986. w.540 s.fit

胡蝶蘭をカビから守るため風通しの良いところで栽培しましょう。

出典: http://www.apartmenttherapy.com
いかがだったでしょうか?胡蝶蘭をカビから守るためのポイントは、湿度に気をつけて風通しの良いところで栽培するということでしたね。胡蝶蘭は湿度にとても敏感なお花ですから、水のあげすぎに注意して管理することが大切です。きちんと観察して胡蝶蘭のちょっとした変化も見逃さないように気をつけてあげましょう。胡蝶蘭の美しい花を保つためにも、湿度に気をつけてカビが生えないように注意しながら梅雨時期を乗り越えましょう。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

2a94a23b1846e6e6762dcc18f3ef6643

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ