目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

胡蝶蘭の英名はなんていうの?

Orchids white phalaenopsis orchid 031

胡蝶蘭の英名「ファレノプシス」聞いたことがありますか?

出典: http://1888orchids.blogspot.jp
胡蝶蘭は優雅な姿や高級なイメージからお祝いやお供えなどギフト用として需要の高いお花です。胡蝶蘭の名前は花びらがまるで蝶が舞っているように見えることから付けられたと言われています。では胡蝶蘭は英語では何というのでしょう?胡蝶蘭の英名は、学術名の「Phalaenopsis Aphrodite」から「Phalaenopsis」(ファレノプシス)と呼ばれます。もともとファレノプシスはギリシャ語の「Phalaina」(蛾)と「opsis」(~のような)の2語がつながってできた言葉と言われています。蛾が舞うような花姿をイメージしているのでしょうね。日本では蛾より蝶の方が印象が良いため、変化して胡蝶蘭という名前がついたという説があります。胡蝶蘭が属する蘭のことは英語で「orchid」(オーキッド)と言うので、英名では「Phalaenopsis orchid」(ファレノプシス・オーキッド) や「Moth orchid」(モス・オーキッド)とも呼ばれます。掛け合わせの交雑種は英名で「Phalaenopsis hybrids」(ファレノプシス・ハイブリッズ)と呼ばれることもあります。

胡蝶蘭の英名の発音は?

Fotolia 62042645 subscription monthly m 620x413

胡蝶蘭の英名「Phalaenopsis」は発音が難しいかもしれません

出典: http://blog.iknow.jp
胡蝶蘭の英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)、覚えていただけたでしょうか。少々発音が難しく伝わりにくそうですね。発音記号は 「fæ`lənɑ'psis」となり、「æ」の所にアクセントが来ます。英名を外国人の発音で直接聞ければよいのですが、その機会がない場合は発音が聞ける無料サイトなどで調べてみましょう。海外では「an orchid called phalaenopsis」(ファレノプシスと呼ばれる蘭)や「a plant called phalaenopsis」(ファレノプシスと呼ばれる植物)と付け加えると理解してもらいやすいようです。きれいな写真を見せると、すぐにわかってもらえるでしょう。アメリカでは「Moth orchid」(モス・オーキッド)という英名の方が通じやすいようです。もし外国の方とお話する機会がありましたら、胡蝶蘭の種類も聞いてみると色々勉強になるかもしれませんね。これに関連して、世界各地域での胡蝶蘭の人気を調べてみました。

英名ではファレノプシスという胡蝶蘭の海外での呼び名は?

Nohumans love book free favim.com 4131665

英名で「ファレノシプス」という胡蝶蘭は海の向こうでも人気です

出典: http://favim.com
英名で「ファレノプシス」という単語が出てきましたね。この英名は海外でも通じるのでしょうか。胡蝶蘭の英名での花言葉は「love」(愛)、「luxury」(高級)、「beauty」(美)、「refinement」(上品)と日本でのイメージとほぼ同じですので、やはり良いイメージがありそうですね。近年、世界各国では花産業が盛んになったことに伴い、価格が安いためその人気が上昇しています。胡蝶蘭の文献やポエム、カードや雑貨も多数販売されていることから、好まれていることが想像できます。それでは世界各地の胡蝶蘭の呼び名は英名と関係があるのか、需要はどうなのか見てみましょう。

アメリカ

アメリカでは、胡蝶蘭は「Moth orchid」(モス・オーキッド)という英名で呼ばれます。アメリカでも胡蝶蘭の人気は高く、白よりも黄色、ピンク、青、紫などの色が好まれる傾向にあるようです。ハワイの農場で生産されたものが多く流通しており、価格は安く家庭用の鉢物としては10~30ドルと手頃で求めやすくなっています。経済大国アメリカでは、開業祝いを贈る習慣も一般的です。日本と同じようにお花を贈ることもあり、色鮮やかで華やかなものが喜ばれるようです。もし海外に贈ることがありましたら、各国にネットワークを持ち発送してくれる業者さんもいますので調べてみましょう。インターネットでは「胡蝶蘭 海外 発送」などのキーワードで検索すると出てきます。

ヨーロッパ各地

A000 640b0

胡蝶蘭の英名はヨーロッパ各地の言語により変わります

出典: http://rinohome.blog.so-net.ne.jp
ヨーロッパの花の需要は日本とレベルが違い、春から夏にかけて町中が花であふれます。特に緯度が高い地域の国々は、短い夏を色彩豊かに思い切り楽しむのでしょうね。それでは主な国を見てみましょう。

  • イギリス

イギリスは蘭の品種改良が盛んで、日本の胡蝶蘭も古くはイギリスから伝わっています。英名は「Phalaenopsis Orchid」(ファレノシプス・オーキッド)または「Moth orchid」(モス・オーキッド)が一般的です。

  • ドイツ

ドイツは1年を通して日本より気温が低い国ですが、住宅の暖房機能が充実しているため、胡蝶蘭も育てやすく好まれているようです。ドイツ語では「Phalaenopsis-Orchidee」(ファレノプシス・オルヒデー)と言います。英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)も入っていますね。

  • フランス

フランスではホテルやおしゃれなお店など、高級な雰囲気の場所で胡蝶蘭が飾られることが多いようです。フランス語の「Orchidée phalaenopsis」(オルキデ・ファレノプシス)と言います。英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)はフランス語にも使われています。

  • イタリア

イタリアにも胡蝶蘭の種類は色々あるようですね。イタリア語では「Orchidea phalaenopsis」(オルキデーア・ファレノプシス)と呼びます。英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)はイタリア語にも入っています。

  • スペイン

胡蝶蘭の価格は手頃で、家庭用からお祝い用まで需要があるようです。スペイン語では「Orquidea-phalaenopsis」(オルキデア・ファレノプシス)と言います。英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)はスペインでも使われています。

  • ギリシャ

学術名でも知られるギリシャですが、胡蝶蘭だけでなく様々な種類の蘭が出回っているようです。ギリシャ語では「ορχιδέα phalaenopsis 」(オルヒデア・ファレノプシス)となります。ギリシャ語は植物の学術名で使われていますから、英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)も浸透しているのでしょうね。

言語によって、英名が少しずつ変化していますね。各国で胡蝶蘭のさまざまなコンテストや展示会が開かれ、その種類も多岐にわたります。胡蝶蘭は日本よりもカジュアルな存在で、アメリカと同様カラフルなものが好まれ、近年ではドット柄も出回るようになりました。価格が安く購入できるため玄関やリビングにも気軽に置けるものとして定着しています。日本のように揃ってしな垂れた形もありますが、スラリと背の高い状態で仕立て上げたものが好まれ、室内でおしゃれに飾られているようです。さらにヨーロッパの中でもオランダは特に花産業が盛んですので、ピックアップして調べてみました。

オランダ

00e7c158e5d941788418c4e0475a7abe292449c1.57.1.12.2

オランダの胡蝶蘭は英名と少し違って「ファレノプシス・オルヒデー」です

出典: http://shop.plaza.rakuten.co.jp
オランダ語での胡蝶蘭は英名と少し異なり、ドイツ語と同様「Phalaenopsis orchidee」(ファレノプシス・オルヒデー)となります。オランダと言えば世界一の花の国ですね。土の約7割が農地で、球根の栽培を始め園芸分野では世界最先端を行く国として知られます。世界各地からトップクラスの花が集まり、売買されるマーケットは大変な賑わいを見せています。また販売だけでなく環境面でも研究を重ね、さらに品質管理から物流まで、その技術は日本からも花農家が勉強に行くほどのレベルになるそうです。毎年、花のイベントや展覧会も数多く開催されています。背の高い胡蝶蘭だけでなく、アートのように曲がった胡蝶蘭も人気というのが興味深いですね。オランダでは機械化が進み、ラッピングから配送までオートメーションで行っている農家もあるようです。

アジア各地とオーストラリア

Img 1

アジアでは「ジーナス・ファレノプシス」と言う英名でも呼ばれる胡蝶蘭のベトナムでの生産の様子です

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
アジアでは胡蝶蘭の英名を「genus phalaenopsis」(ジーナス・ファレノプシス)とも言います。「moon orchid」(ムーン・オーキッド)という英名もあります。基本的には英名でも通じますが、主な国の名称と様子を見てみましょう。

  • 台湾

暖かい気候の台湾は胡蝶蘭の生産に適しているため、アジアで一番の市場となっています。台湾では温室の管理をコンピューターで自動制御化し胡蝶蘭の生産量を年々アップさせています。中国語では「蝴蝶兰」(フゥー・ディエ・ラン)と言います。「兰」は英名で「orchid」(オーキッド)=蘭のことを示します。

  • 中国

中国でも胡蝶蘭の人気は高く、春節(旧正月)を迎える時期には花の需要が高まります。呼び方は同じく「蝴蝶兰」(フゥー・ディエ・ラン)です。


  • ベトナム

近年、ベトナムでは花産業が盛んになり、広大な温室で胡蝶蘭を育てて輸出を行うようになりました。ベトナム語では「Phong lan Phalaenopsis」(フォン・ラン・ファレノプシス)と言います。ここでも英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)は使われていますね。

  • マレーシア

マレーシアでも花ビジネスが勢いを増し、外国から胡蝶蘭の生産委託を請け負っているようです。マレー語では「Anggrek Bulan」(アンゲリック・ブラン)と呼ばれます。英名にすると「moon orchid」(ムーン・オーキッド)です。

  • インドネシア

インドネシアでは、国花に指定されていることからその人気がわかります。インドネシア語では「Phalaenopsis anggrek」(ファレノプシス・アングレッグ)や「Puspa Pesona」(プスナ・ペソナ)とも言います。英名で呼ぶ際は「Phalaenopsis amabilis」(ファレノプシス・アマビリス)が一般的となります。

  • オーストラリア

オーストラリアは原種の胡蝶蘭があり自生蘭の数も多いため、身近な花として親しまれているようです。蘭が印刷された切手も色々とあります。英名は同じく「Phalaenopsis amabilis」(ファレノプシス・アマビリス)となります。

まとめ

Kniga lepestki tsvety gerbarij favim.ru 4214236

胡蝶蘭だけでなく他の花の英名も調べてみると楽しいですよ

出典: http://favim.com
胡蝶蘭の英名と、世界各国での胡蝶蘭人気をご紹介しました。胡蝶蘭の英名「Phalaenopsis」(ファレノプシス)という単語が何度か出てきましたので、記憶に留めていただけたことでしょう。また世界各地では、言語により微妙に呼び名が変わっていたのが面白いですね。世界で流通している胡蝶蘭は低価格で色が華やか、そして身近な存在ということもわかりました。胡蝶蘭だけでなく、他のお花の英名や人気も本やインターネットで調べてみるとまた視野が広がるかもしれません。これからもどうぞお花との生活を素敵に楽しんでくださいね!

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

2a94a23b1846e6e6762dcc18f3ef6643

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ