目次

観葉植物ウンベラータとは?

観葉植物フィカス・ウンベラータはワンランク上のインテリアにおすすめです。

出典: http://fcafe.exblog.jp
観葉植物ウンベラータは、クワ科・フィカス属の観葉植物です。正式名称はフィカス・ウンベラータと言います。フィカスとはゴムの木の仲間のことで、同じく観葉植物のひとつであるベンジャミンなどもその中に含まれます。ウンベラータはラテン語で、日傘という意味があるそうですよ。ウンベラータは、アフリカ原産のため太陽の光が大好きな観葉植物です。日光を浴びてぐんぐん伸び、一年で20㎝ほど成長します。思ったより手入れが簡単でグリーンの見栄えも良いことから、お店のディスプレイやドラマ撮影のインテリアとして使われているのですよ。また大きなハート型の葉も人気の理由です。さらに枝の形がユニークなものもあるので、選ぶ楽しみがあるのも嬉しいですね。小さいものは1000円くらいから売られておりリーズナブルなお値段で購入できますから、初めて観葉植物を育てる方にもおすすめです。それでは人気の観葉植物ウンベラータの詳細を見ていきましょう。

観葉植物ウンベラータの育て方は?

グリーンが美しい人気の観葉植物フィカス・ウンベラータは最初はこんなに小さいのですよ。

出典: http://smple.hateblo.jp
ウンベラータがどのような特徴を持つ人気の観葉植物かお分かりいただけたところで、まずはじめに観葉植物ウンベラータの育て方からお話します。モデルルームのようなインテリアをお手本にして大切に育てた結果、ウンベラータがグリーンの美しい素敵なシンボルツリーになると嬉しいですね。以下に観葉植物ウンベラータの育て方のポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さいね。

日当たり

フィカス・ウンベラータはアフリカ原産で、日光が大好きな観葉植物です。日の入る明るい部屋が置き場所に適していますが、時々日光浴をさせるとさらに元気に育ちます。ただし急に戸外に出すとウンベラータは葉焼けを起こすので、日光には徐々に慣らしていきましょう。また若葉が出ている時は、直射日光は若葉にとって強すぎますので避けてくださいね。さらに観葉植物にとって真夏は日光が強すぎます。それゆえにカーテン越しに日光を当てるのが最適ですので、覚えておいてくださいね。ちなみに真冬は窓越しに日光を当ててあげると良いでしょう。

また観葉植物ウンベラータはかなり大きく育つので、置き場所の確保が必要になります。常に同じ場所に置いておけない場合は、移動用にキャスター付きの鉢台を使うことをおすすめします。インターネット上でも観葉植物用の鉢台が各種販売されていますので、インテリアに合うものを探してみて下さいね。

フィカス・ウンベラータは光が大好きな観葉植物です。

出典: http://www.apartmenttherapy.com

水やり

観葉植物ウンベラータの水やりのポイントは季節によって異なります。まず春から秋は、土の表面が乾いた時に水をたっぷりと与えるようにしましょう。鉢の底から与えた水が出てくるくらいがベストです。受け皿にたまった水は根腐れの原因となるので捨てることも忘れないようにして下さいね。そして冬場は成長が止まるので、水やりを頻繁に行わないようにします。水は土が乾いて数日後に与える程度で、乾燥気味にしてあげた方が良いでしょう。またウンベラータは葉が大きく、蒸散作用が活発な観葉植物です。一年を通して葉に霧吹きで水をかけてあげる葉水を行うとさらに元気に育ちます。葉水にはつやのあるイキイキとしたグリーンの葉を育て病害虫を防ぐ効果がある上、湿度調整ができるようになるというメリットがあります。ぜひ水やりに加え、こまめな葉水をしてあげて下さいね。

温度

観葉植物ウンベラータは熱帯のアフリカ原産です。本来暑い地域で育つため、当然ながら寒さは苦手です。ウンベラータの冬越しの方法としては、なるべく寒暖差のない部屋に置いてあげることがポイントです。10度くらいの室温を保つと越冬できるので、温度管理には気を配ってあげましょう。しかしだからと言って、暖房機器の温風を当てて温めようとすることはいけません。ウンベラータをはじめ観葉植物にとって、ストーブの温風やエアコンの風は熱すぎたり乾燥しすぎたりするので良くないからです。観葉植物ウンベラータは必ず暖房機器の温風が直接当たらない場所に置いてくださいね。

肥料

観葉植物ウンベラータの肥料のやり方のポイントは、季節によって違います。まず春から秋の間は、2ヶ月に1度くらい緩効性肥料(置き肥)を与えましょう。液体肥料の場合は即効性はあるものの効果が持続しないという特徴があるので、2週間に1度くらいのペースで与えます。一方冬の間は生育が止まるので、肥料は必要ありません。なおウンベラータだけでなく、観葉植物にとって肥料の与えすぎは根腐れの原因となります。くれぐれも肥料をやりすぎないように注意してくださいね。

剪定

ウンベラータは大きくなるのが早い観葉植物なので、毎年春に剪定をして整えましょう。インテリアなどに合わせて、形をイメージしてからカットするとうまくいきますよ。ゴムの木の仲間であるフィカス類の観葉植物は、剪定時に樹液が出てきます。この樹液は手に付くと荒れることがあるので気をつけましょう。剪定時は手袋を付けて作業することをおすすめします。さらに樹液は粘り気があり落ちにくいので、エプロンを着用し床には新聞紙を敷いて作業をすれば万が一汚れた時でも安心ですね。

人気の観葉植物フィカス・ウンベラータの樹液に気をつけましょう。

出典: http://www.leveridgelandscapedesign.com
観葉植物ウンベラータの育て方のポイントはお分かりいただけたでしょうか。想像より簡単な印象を受けた方も多いかと思います。それでは次に、ウンベラータのトラブルについてお話しします。

観葉植物ウンベラータのトラブルは?

グリーンの美しい観葉植物が枯れると悲しいですね。

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
水やりや温度管理などに気を配り、大切に育てると観葉植物にも愛着が湧いてきますね。当然大事に育ててきた観葉植物に元気がないとなると心配になるはずです。大切な観葉植物ウンベラータがトラブルに見舞われた時慌てないためにも、ウンベラータに多いトラブルと対処方法を学びましょう。ぜひ参考にして下さいね。

害虫がついてしまったら

観葉植物ウンベラータには害虫がつくことがあります。その代表例として挙げられるのはハダニやカイガラムシ、アブラムシです。もし害虫を見つけた場合はすぐに水拭きするか、ブラシなどで取り除きましょう。害虫が付かないようにするためには、置き場所や水やりに気を配ることが重要です。具体的には植物は明るく風通しの良い場所に置くようにしましょう。また水のやりすぎも害虫を招く可能性がありますが、一方で水やりが十分でなく乾燥しがちな状態も被害に遭いやすくなります。土の表面が乾いたらたっぷり水をやる、受け皿の水を捨てるといった基本的な水やりの方法を忘れないようにして下さいね。さらに霧吹きでこまめに葉水を与えるのも、害虫予防になるので毎日のお世話に取り入れることをおすすめします。

病気かなと思ったら

フィカス・ウンベラータは、うどんこ病にかかりやすい観葉植物です。うどんこ病とはカビが原因で葉などに白い粉がつく病気です。うどんこ病にかかった部分をそのままにしておくと枯れてしまうので、早めに傷んだ葉を取り除きましょう。場合によっては殺菌剤を使用するのが、有効な対策法です。またアブラムシの影響で葉が黒くなるすす病も、よく見られる症状です。すす病を防ぐためには、アブラムシが発生したら出来るだけ早く対策を行いましょう。具体的にはアブラムシを濡らした布や紙でふき取ったり、鉢ごと水につけて洗い流します。また勢いよく水をスプレーして吹き飛ばすのも良い方法ですよ。観葉植物が病気になったら、これ以上病気が広がらないよう早めに対処することが重要です。またあらかじめ観葉植物の病気を防ぐためには、なるべく風通しのよい場所に置いて菌やほこりが溜まらないようにしてあげましょう。

観葉植物フィカス・ウンベラータはうどんこ病に注意しましょう。

出典: http://www.yasai-monogatari.com

冬に葉が落ちてしまったら

フィカス・ウンベラータは寒さに弱い観葉植物なので、冬の間にダメージを受けて葉が落ちることがあります。しかし多くの場合は、暖かくなればグリーンの新芽が出ます。ウンベラータの葉が落ちてしまったら日当たりや温度、水分に気を付けながらひとまず様子を見ましょう。冬場も日光に当ててあげることが有効な対策方法です。また冬場でなくても、水不足や乾燥でも葉を落とすことがあります。突然葉が落ちてしまうという事態を防ぐためにも、日頃から水やりや置き場所などの観葉植物の基本的なお世話を怠らないよう注意しましょう。

実がなってしまったら

意外と知られていないことなのですが、イチジク属(フィカスとはイチジク属のこと)のウンベラータはまれに実をつけることがあります。この事実が知られていないのは、枝に直接実が付く観葉植物は珍しいことが関係しているかもしれませんね。観葉植物ウンベラータは例えるならば小さな梨のような、薄茶色の実を付けます。この実に毒はありませんが、梨のようなおいしそうな見た目にも関わらず残念ながら食用には向いていません。そのままにしておくと次第に実は落ちていきますが、栄養が実に取られてしまい葉の生育が悪くなるため取り除くことをおすすめします。実の中は花のような役割になっていて、野生種はハチが中で受粉をしてくれるそうですよ。

大きくなりすぎてしまったら

観葉植物フィカス・ウンベラータはぐんぐん伸びて大きくなります。

出典: http://www.botanic.jp
ウンベラータはとても生育の早い観葉植物です。それゆえに放っておくとぐんぐん成長して、すぐに数メートルにも成長してしまいます。しかし大きくなりすぎると、インテリアに馴染まなくなるかもしれません。大きくなりすぎて困る場合は、春頃に剪定をして好みの大きさにしてあげましょう。切った枝は挿し木にして増やすこともできるので、また一から新しいウンベラータを育てるという楽しみが出来るのではないでしょうか。
観葉植物ウンベラータのトラブルは、害虫や病気などに気をつければ未然に防ぐことができます。ウンベラータのお世話に慣れてきたら、次は仲間を増やしてあげたいと思うのではないでしょうか。そこで仲間を新しくウンベラータを増やしたいと考えている方のために、次は観葉植物ウンベラータの増やし方について説明します。

観葉植物ウンベラータの増やし方は?

人気の観葉植物ウンベラータは、水に挿すだけで元気に根を出してくれます。

出典: http://masanon.exblog.jp
水やりや置き場所、さらには害虫や病気の防止にも気を配ってあげると、観葉植物ウンベラータはぐんぐん成長します。小さい頃から大事に育て見守ると、愛着が湧いてくることでしょう。愛着が湧けば、剪定などで切った枝を捨ててしまうことに抵抗が出てくるかもしれません。そんな方は剪定などで切った枝を利用して、もっとインテリアにグリーンを増やしてあげるのはいかがでしょうか。観葉植物ウンベラータを増やす具体的な方法をご紹介します。

挿し木で増やす方法

観葉植物ウンベラータは挿し木で増やすことができます。挿し木は5~8月の生育期に行うのがベストです。挿し木の方法としては、まず一番先端の元気な部分から2~3節を選び切ってあげます。その際切り口は斜めにカットし、先端の葉を1~2枚残して他の葉は落とすのがポイントです。次に樹液が手に付かないよう気を付けながら、洗い流します。そして新しい土に挿し、水を注いだら日陰に置いて様子を見ましょう。枝を支えられる程度のしっかりした根が出てきたら、鉢に植え替えれば完了です。ウンベラータに限らず多くの観葉植物は挿し木で増やすことが出来るので、挿し木の方法はぜひ覚えておきたいですね。

水挿しで増やす方法

観葉植物ウンベラータを増やす方法には、水に挿して増やす水挿しという方法もあります。水挿しの方法はとても簡単です。カットした枝を水に挿して発芽を待てばいいのです。ただし水はこまめに換えて清潔を保つことが水挿しのポイントですので、注意してあげましょう。ちなみに意外に思うかもしれませんが、日陰に置くと発根率が良いそうです。つまり日陰に置くこともポイントのひとつと言えるでしょう。つまり清潔な水をたっぷり与え、日陰に置けば水挿しで上手にウンベラータを増やすことが出来ると言えます。まずは2週間ほど様子を見てみましょう。最終的に枝を支えられる程度のしっかりした根が出てきたら、鉢に植え替えます。
挿し木や水挿しといった観葉植物ウンベラータを増やす方法は、ご理解いただけたでしょうか。グリーンが増えると、インテリアのセンスアップも期待できますね。それでは最後にウンベラータのおすすめの楽しみ方をいくつかご紹介しましょう。

観葉植物ウンベラータの楽しみ方は?

観葉植物のグリーンはインテリアにもおすすめです。

出典: http://mie0123.blog44.fc2.com
挿し木や水挿しでどんどん仲間を増やすことができることから人気の観葉植物ウンベラータは、インドなどでは崇拝の対象とされています。聖木として大切に扱われているのですよ。まさにシンボルツリーと呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。崇拝の対象とされ縁起が良いことも人気の理由の一つであるウンベラータを飾って、グリーンライフをさらに楽しんでみませんか。それではいくつか楽しみ方の具体例をご紹介しましょう。

シンボルツリーとして

大きく育った観葉植物ウンベラータは、家族の平和を象徴するシンボルツリーとして人気です。美しいグリーンの存在感を出すために、鉢は大きくて素敵なものが素敵です。例えば輸入商品を扱うガーデニングショップなどで売られている、テラコッタと呼ばれるエレガントな素焼きの鉢がおすすめです。インターネットで「輸入 テラコッタ」というワードで検索すると種類が豊富に出てきますので、ぜひ探してみて下さいね。インテリアに合わせて選ぶ時間も、きっと楽しいものとなるでしょう。またブリキ缶や木製のボックスなど、アンティークテイストも観葉植物に合うので人気があります。現在使用している鉢の周りを麻袋や英字新聞でくるむだけでも、雰囲気が変えられるのでおすすめですよ。

アートとして

ウンベラータは幹にワイヤーを固定して好きな形を作る「曲げ木」と言う作業により楽しみ方を変えることができます。初心者には少し難しいかもしれませんが、自分の好きな形にウンベラータを成型するという楽しみを味わいたい方にはおすすめです。以下が曲げ木の手順ですので、参考にしてみて下さいね。

①1~2ミリのワイヤーを用意し、幹に添えながら2~3本をテープなどで仮止めします。
②その周りにワイヤーをぐるぐるとらせん状に巻きつけます。
③枝を折らないように、数日かけてゆっくりと曲げていきます。
④そのまま1シーズン置き、ワイヤーを取り外します。

曲げ木と似た作業で、ひもを使って鉢と枝を結び整形する仕立てという方法もあります。いずれも観葉植物にとっては少しかわいそうな気もしますが、アートとして楽しめる作品に仕上がりますよ。インテリアとしてグリーンの美しさも引き立つことでしょう。

観葉植物ウンベラータの曲げ木にはワイヤーを使います。

出典: http://ymyjp.blog.jp

風水アイテムとして

風水においてのウンベラータはハート型の葉が「愛」、丸みのある葉が「調和」の気運をアップしてくれるとされており、人気がある観葉植物です。置き場所としては、人が集まりゆったりとリラックスできる場所であるリビングや寝室などがおすすめです。調和やリラックス効果をもたらしてくれるでしょう。さらに南から南東もしくは西側の方角に置くと、人間関係の向上や恋愛運に効果があるとされています。インテリアに置くだけで気運がアップする効果があるのは本当にありがたいですし、人気があるのも納得できますね。

ギフトとして

観葉植物ウンベラータは、生命力の強さから「すこやか」という花言葉があります。この花言葉を伝えた上で、ウンベラータを出産祝いや誕生日に贈るときっと喜ばれることでしょう。またハート型の葉が「愛」を象徴しているとされ、「永久の幸せ」という花言葉もあります。それゆえに新婚家庭に贈るのもおすすめです。贈り物としてのウンベラータは5,000~15,000円くらいの価格帯のものが人気です。花言葉を楽しみながらギフトを選んでみるのも、きっと楽しい時間になりますよ。
シンボルツリーとしてや風水アイテムとしてなど、観葉植物ウンベラータの楽しみ方は色々ありますね。ウンベラータは他の観葉植物とも相性が良いことで知られます。他の観葉植物と並べて育てると一層グリーンの美しさが引き立ち、インテリアとしての価値もさらに増します。ウンベラータをはじめとする観葉植物には蒸散作用があるので、空気清浄効果があるのも嬉しいポイントです。

まとめ

観葉植物ウンベラータのグリーンの新芽はぐんぐん伸びます。

出典: http://homepage2.nifty.com
観葉植物ウンベラータのお話をしてきましたが、いかがでしたか。成長の早いウンベラータを育てるためには、日当たりや温度などいくつかのポイントを押さえておきましょう。害虫などのトラブルは日々観察をして、早めに対処してあげれることが大切ですよ。手塩にかけて育てたウンベラータにはシンボルツリーとしてはもちろん、幹を整形できるなど色々な楽しみ方があることもお分かりいただけたかと思います。ウンベラータの明るいグリーンは見栄えがする上、インテリアともよく馴染みます。さらに花言葉も素敵なので、ギフトとしてもおすすめですよ。たくさんの魅力で人気の観葉植物ウンベラータはインテリアに取り入れることで、生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ