目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

観葉植物コンシンネとは?

Cwlrq7husaarax0

コンシンネは外で育てるとこんなに大きくなることもあります。

出典: https://twitter.com
観葉植物のコンシンネはフラワーショップやホームセンターなどの園芸コーナーでよく見ることができ、その正式名称を「ドラセナ・コンシンネ」、また別名を「ドラセナ・マルギナタ」と言います。リュウケツジュ科のドラセナ属に分類されていて、同じドラセナ属には「幸福の木」として知られている「ドラセナ・マッサンゲアナ」などがあります。その原産地はアフリカのマダガスカル島で、冬でも葉を落とすことがない常緑樹の中でも低い種類の常緑低木です。花言葉は「真実さ」で、大きさは贈答用に丁度良いミニサイズから人の背丈ほどのものまでさまざまです。観葉植物というと個人で楽しむために購入すると思われがちですが、コンシンネは新築祝いや開店祝いのギフトとしてよく贈られる植物でもあります。

コンシンネは観葉植物だけど花は咲く?

20120207151746fbfs

可能なら観葉植物コンシンネの花を実際に見てみたいですね。

出典: http://flowercenter.blog.fc2.com
観葉植物はその名の通り、葉を楽しむものです。他の観葉植物がそうであるように、コンシンネも葉を楽しむものと言えるでしょう。育てるなら花を見たいという方も多いと思いますが、残念ながら観葉植物であるコンシンネは滅多に花をつけることがありません。なぜかというと花は成熟した樹木にならないとつけることがないからなのです。もし、花をつけて開花したのを見ることが出来たらとても貴重な体験をしたことになりますね。

観葉植物コンシンネの品種

20120903190307

葉の色の入り方によってコンシンネの品種が分かれます。

出典: http://d.hatena.ne.jp
観葉植物コンシンネの葉の形状は、剣のように細く先端が尖った形をしています。コンシンネにはいくつかの品種がありますが、どれも美しいシャープな葉の形状は同じで、色の違いによって分けられているものがほとんどです。では、コンシンネの主な品種をいくつかご紹介しましょう。
・コンシンネ・ホワイトホリー(ホワイトボリー)
Dracaena marginata bicolour

観葉植物コンシンネ・ホワイトホリーは優しい印象がありますね。

出典: http://www.prosperitywithnature.com.au
コンシンネ・ホワイトホリーは緑と白のストライプの斑入りの葉が美しく、また、細長く伸びた枝は人の手でおしゃれな形状に曲げられた状態で販売されていることが多くあります。グリーンとホワイトの色合いは明るく、とてもやわらかい印象を与えてくれます。どのようなインテリアにもスッと溶け込み、ご自宅のリビングやオフィスにとても似合います。ホワイトホリーは明るい場所を好みますので、レースカーテン越しの柔らかい日が当たる場所に置くことをおすすめします。
・コンシンネ・トリカラー・レインボー
0img 7964

トリカラー・レインボーはお洒落で魅力的な観葉植物になりますね。

出典: http://bonniebutterfly710.blog46.fc2.com
ドラセナ属の中で、幸福の木(ドラセナマッサンゲアナ)の次に人気があると言われているのがコンシンネ・トリカラー・レインボーです。一般的なコンシンネとの違いは葉の緑色の部分が少なく、赤いストライプの内側に白いストライプが入っているところで、赤みが強く見えるのが特徴です。耐陰性はありますが、あまり日光不足になると葉の艶が悪くなることがありますので、明るい日陰で育てて、艶々とした葉を保つようにしましょう。
・コンシンネ・トリカラー
Dracenamarginata700main

出典: http://www.1er-jardin.com
トリカラーはコンシンネを品種改良して作られました。葉の色は緑色をベースに赤と黄色のストライプが入っており、トリコロールのように見えることからこの名前が付きました。とても鮮やかで綺麗な色合いをした葉は、見ているだけで人に元気を与えてくれるような印象があり、大変人気が高い観葉植物です。その華やかさは、結婚祝いや誕生祝いなど様々なお祝いのギフトにピッタリでおすすめです。

観葉植物コンシンネの育て方

Water

育て方はとっても簡単です。水やりや直射日光に気を付けましょう。

出典: http://thegardenadvisor.blogspot.jp
コンシンネの原産地はアフリカの熱帯地方ですから育て方が難しいと思われがちですが、コンシンネは観葉植物の中でもとても育てやすい品種です。ここではコンシンネを生き生きと育てる方法や気温など、基本的なことについてお話しましょう。

コンシンネを育てるにはどんな土が必要?

O0541040611585531000

コンシンネにあった土を選びたいですね。

出典: http://ameblo.jp
コンシンネを育てる時には水もちがよく、さらに水はけの良い土が良いとされています。市販されている観葉植物の培養土でも大丈夫ですが、水はけを考えるのであれば、小粒の赤玉土6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜ合わせた土を使うと良いでしょう。

水やりや肥料はどうする?

Tuihi21

水や肥料の与えすぎには注意したいですね。

出典: http://engei-dict.882u.net
コンシンネをはじめとする観葉植物は春先から秋までは水分をよく吸い上げます。水が足りなくならないよう、植木鉢や地面の土の表面が乾いていたら、たっぷり目に水をあげましょう。冬場は成長が一旦ストップしてしまうため、水をあまり必要としません。そのため、春先とは違い土の表面が乾いて2~3日ほど経ってから与えるようにすると良いでしょう。

肥料は、コンシンネが成長する春先から秋の間に、観葉植物用の置くタイプの肥料なら2カ月に1回、液肥の場合は2週間に1回程度与えます。冬は成長が止まっているため肥料の必要がありません。

置き場所や気温について

Img 0

強い日光は葉を傷める原因になってしまいます。

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
コンシンネは風通しがよく、日当たりの良い場所で育てます。屋内・屋外どちらで育てる場合も同じです。ただし、真夏の直射日光のように強い光に長時間当たる場所で育てると葉が焼けてしまいます。そのため直射日光を避け、明るめの日陰で育てるのが良いとされています。

コンシンネは熱帯地方の植物ですが、耐寒性があるのである程度低い気温でも育ちます。一般的に10度以上あれば育ちますが、乾燥がひどい場合は葉が枯れてしまうので置き場所には注意が必要です。

観葉植物コンシンネの日常の手入れは簡単!

 e3 82 ac e3 83 bc e3 83 87 e3 83 8b e3 83 b3 e3 82 b04

葉の表面を清潔に保つと虫が付きにくくなります。

出典: http://www.teinenseikatsu.com
コンシンネは置き場所や肥料、水やりなどのポイントをしっかりと押さえていれば、毎日の手入れはさほど面倒なことのない育てやすい観葉植物です。コンシンネは上によく伸びる観葉植物なので成長して行くとどんどん背丈が大きくなります。もし上に伸ばしたくないという場合には切り戻しをして形を仕立て直すと良いでしょう。

また、葉にほこりなどの汚れがたまりやすいので、汚れが目立つなと思ったらウエットティッシュなどで葉の表面を拭いたり、霧吹きで水をかけたりすると良いでしょう。外に出して水をかけ、汚れを流すのも効果的です。水をかける、ウェットティッシュで葉を拭き取るなどすると、ほこりを取るだけでなくカイガラムシやハダニが付きにくくなるので、出来るなら定期的に行うと良いですね。

まとめ

100923 1

直射日光を避ける、水は乾いたらたっぷりとあげるなどが育て方の基本です。育て方をきちんと理解していれば寄せ植えも可能です。

出典: http://gardenbreeze.blog95.fc2.com
観葉植物のコンシンネは、葉の色の入り方によっていくつかの品種に分かれます。色合いによって雰囲気も変わってくるのでギフトや個人の観賞用など目的にあった品種を選びたいですね。元々は熱帯地方の植物ですが、育て方や日常の管理はさほど難しくありません。観葉植物のコンシンネは葉が上を向いて伸びることから、風水では運気を上げることが出来るといわれているので個人の観賞用はもちろん、ギフトにも最適な観葉植物ですね。

関連するまとめ