目次

胡蝶蘭の花持ちをよくするには?

お祝いの場面を彩る大輪の胡蝶蘭の花。開花時期が長く花持ちがとてもいいんですよ。

出典: http://hanakotoba-labo.com

華やかで美しい花を咲かせる胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉も縁起がいいことから、開店祝いや記念日のお祝いの贈り物として大変人気があります。しかし贈答用の高価なお花というイメージがある一方で、胡蝶蘭は育て方が難しいというイメージを持つ方もいます。大切なお祝いの贈り物としてもらったはいいけれど育て方がわからないという方、実は難しいどころか胡蝶蘭はとても花持ちの良いお花なんですよ!正しい育て方をすれば1~3ヶ月も美しい花を楽しむことができます。少しでも長く胡蝶蘭を楽しみたい方のために花持ちをよくするコツをご紹介します。

花持ちをよくする水やりの仕方

花持ちをよくする胡蝶蘭の育て方をご存知ですか?知っているか知らないかで胡蝶蘭の花持ちは大きく変わります。

出典: http://www.photo-ac.com
花持ちがいいはずなのに、毎日水やりをしているにも関わらずお祝いでもらった胡蝶蘭を枯らしてしまった、という話をよく聞きます。実はそれ、水のやりすぎによる「根腐れ」かもしれません。胡蝶蘭は元々、熱帯雨林地域の樹木に根っこを絡ませて生息しています。土の中に根っこを張る花壇の花と違い、自然の胡蝶蘭は根がむき出しの状態です。そのため、鉢の中で根っこが蒸れると腐ってしまい枯れてしまうのです。つまり、胡蝶蘭の花持ちをよくするためには、水をやりすぎないことが一番です。水苔やバークなどの植え込み材の表面が乾いたら水やりの合図です。目安は1週間~10日に一回、コップに半分から1杯の水を与えます。株が成長する夏は乾燥しすぎないように、寒くなって株が休眠状態になる冬場は乾かし気味に育てましょう。冬場は3週間~1ヶ月に一回程度の水やりでも十分です。ちなみに、乾燥が気になる場合は、葉や花の裏から霧吹きをしてあげるといいですよ。

また、お祝いにいただく胡蝶蘭のラッピングは水やりの時に水が溜まりやすく、根腐れの原因になります。花持ちをよくする観点からは早めに取ってしまった方がいいでしょう。ラッピングを取った鉢は受け皿に置きますが、受け皿に溜まった水もこまめに捨てましょう。

花持ちをよくするには温度が重要

冬の寒さ対策は花持ちをよくするために欠かせません。

出典: http://woodstove.exblog.jp
熱帯地域原産の胡蝶蘭は寒さが大変苦手で、気温によって大きく花持ちが変わります。胡蝶蘭に快適な気温は18度~27度といわれています。冬場や夜間などは15度以下にならないように気をつけましょう。さらに長く花持ちさせるためには最低でも10度以上、30度以下を守りたいところです。寒さ対策が必要な冬場のおすすめは、比較的暖かいオフィスやリビングなど人が集まる場所に置くことです。しかし、窓際に置く場合は夜間の冷え込みに注意しましょう。他にも胡蝶蘭の花持ちを悪くさせる要因として、急激な環境の変化が挙げられます。一日を通してなるべく温度変化が少ない場所を選びましょう。

花持ちがよくなる胡蝶蘭の置き場所

胡蝶蘭のお花は明るく風通しのよい場所を好みます。お花が気持ちいいと思える環境に置いて花持ちをよくしましょう。

出典: http://deavita.fr
胡蝶蘭を楽しむためには、お花が咲いているあいだは飾りたいところに飾るのが一番です。しかし、花持ちを考えるなら置き場所はしっかり選びたいですね。環境変化に弱いので一度決めたら同じ場所で管理するのが理想です。

気温が最適な部屋なら、直射日光が当たらないレースのカーテン越しなど適度に明るく風通しのよい場所を選びましょう。日差しがきついと葉焼けを起こしてしまいます。冷暖房の風が直接当たる場所も避けてください。乾燥したり花びらが傷ついたりと、花持ちを悪くしてしまいます。冬の夜間など、室内が冷え込む場合は花持ち対策が必要です。窓際は夜に冷え込むので、夜間は部屋の中央部に移動させます。できれば床に置かずに机や台の上など高い場所に置きましょう。これだけでも冷え込み防止になりますが、まだ寒いようなら大きな段ボールで胡蝶蘭のまわりをぐるっと囲むとさらに防寒対策になります。

花が終わったら

胡蝶蘭は花持ちがよいので優美な花を長期間楽しむことができますが、もちろん永遠に咲いているわけではありません。花びらが透明になったりしおれたりしてきたら、ハサミや指でつまんで取り除いてあげましょう。実はきれいな花を咲かせつづけるにはパワーがいるんです。株の負担にならないようにすると、結果花持ちのよい胡蝶蘭を育てることができますよ。

さらに花が半分以上枯れてきたら、思い切って茎の根元から切ってしまいましょう。株の力を温存し、元気な株に育てることができます。うまくいくと次の年にまた花を咲かせてくれます。さらに元気な株の場合は、来年を待たずして次のお花を咲かせてくれることがあるんですよ。これを2番花といい、すぐにお花を楽しみたい方におすすめです。

2番花を咲かせる方法

しっかり根を張った胡蝶蘭からは強い生命力を感じます。中には30年以上花を咲かせる株もあるそうです。とても花持ちがいいですね。

出典: http://kimaguresaibai.blog.so-net.ne.jp
胡蝶蘭の2番花を咲かせる方法をご説明します。作業をするのは花が全部落ちる前がおすすめです。病気を予防して花持ちをよくするために、ハサミやナイフは火であぶって殺菌しておきましょう。また、お祝いのラッピングは最初に外しておきましょう。

①胡蝶蘭の花茎の根元から数えて3~4節目の上、2cmくらいのところを刃物でカットします。
②支柱のテープをそっと外し、支柱を抜きます。
 (抜けない場合は株の根っこを傷めないよう、無理に抜かずにカットしましょう)

元気な株なら約半年くらいで2番花を咲かせることがあります。つぼみが出てきたら霧吹きを頻繁にしてあげましょう。

花持ちがいい胡蝶蘭をまた咲かせるために

贈り物でもらった胡蝶蘭のお花が毎年咲くなんて夢のようですね。お祝いしてもらった時の記憶も一緒に蘇りそうです。

出典: http://www.miserarete.net
すぐにもう一度花を咲かせたいという方のために2番花の咲かせ方をご紹介しましたが、実は2番花を咲かすと株が弱って翌年花が咲かなくなることがあります。花持ちのいい健康な株に育てたいなら、花茎の根元から4~5cmのところで切り、株を休ませてあげましょう。株に力が蓄えられ、次の春に元気なお花を楽しめるかもしれません。また、植え替えをすることで病気を防ぎ花持ちのいい大きな株に育てることができます。

花持ちをさらによくするための植え替え

元気な胡蝶蘭の根っこです。ここに新しい水苔などを巻いて植え替えていきましょう。

出典: http://bobutoronn.blog11.fc2.com
植え替えは、花持ちのいい胡蝶蘭を長年楽しみたいという方には重要です。しかし、胡蝶蘭の大事な根っこを痛めてしまう可能性があるので頻繁に行う必要はありません。植え替えが必要な場合は次の二つです。一つはいくつかの株をひとつの大きな鉢に植えている寄せ植えの場合です。もう一つは、2年以上植え替えていない場合です。水苔などの植え込み材は古くなるとカビなどが生え環境を悪化させてしまいます。根腐れなど緊急な場合はすぐにでも植え替えが必要ですが、それ以外の場合は、花が終わった後から夏の生育期に入る前までに植え替えるのがいいでしょう。だいたい4~7月頃が目安です。

植え込み材の種類によって植え替え方法や鉢の種類が違います。菌がつくと花持ちが悪いので、鉢や植え込み材は必ず新品を使うようにしてくださいね。植え込み後は根をしっかり張らせるために、1~2週間水はやりません。

株を育て花持ちをよくするための肥料

お祝いの贈り物などにもらった胡蝶蘭は、しっかり管理されていたのでしばらく肥料をやらなくても大丈夫です。花が咲いているときや弱っている株に与えるとさらに弱らせてしまうことがあるので、肥料は控えましょう。与える時期は花が咲き終わった5~10月頃の生育期です。 室内で育てる胡蝶蘭の場合、臭いがしたり虫が寄ってきたりしない肥料がおすすめです。正しく肥料を与えることで株を大きく育て、次の春に花持ちのよい胡蝶蘭を咲かせてくださいね。

胡蝶蘭は切り花も花持ちがいい

胡蝶蘭は花持ちのよいお花なので切り花として最後の一輪まで楽しめます。

出典: http://mfragrance.exblog.jp
ここまで鉢植えの胡蝶蘭の花持ち方法をご紹介してきました。それでは、切り花の胡蝶蘭は花持ちが悪いのでしょうか?いいえ、切り花の胡蝶蘭もとっても花持ちがいいんです。2番花を咲かせるために切った花茎は切り花として花瓶に飾って楽しみましょう。

切り花を長く楽しむ方法

さあ、胡蝶蘭の切り花を飾ってみましょう。まずは水を入れた花瓶や一輪挿しを用意してください。器の大きさに合わせて胡蝶蘭の茎を殺菌したハサミやナイフでカットします。まっすぐに切ってしまうと切り口が花瓶の底についてしまい水を吸えないことがあるので、必ず斜めに切ってください。茎の切り口が斜めだと吸水口が広くなるのでより花持ちもよくなります。

花瓶に生けたあとは、切り花の茎をマメにカットしなおして水を交換するとさらに花持ちがいいですよ。また、枯れてしおれたお花があれば指などでつまんで取り除いてください。きれいなお花が少なくなったら、器を変えてアレンジしましょう。最後は浅いボウルのような器がおすすめです。お花を一輪ずつ茎から切り離し水に浮かべるとおしゃれなリゾート感が漂います。胡蝶蘭は様々な飾り方でお花を楽めますよ。

まとめ

胡蝶蘭は花持ちが良いため、鉢植えでも切り花のアレンジでも様々な楽しみ方ができますね。

出典: https://www.instagram.com
胡蝶蘭の花持ちを少しでも良くするためにたくさんのことをお伝えしてきましたが、花持ちのいい胡蝶蘭の育て方はお分かりいただけましたか?胡蝶蘭の管理には温度と湿度が重要です。逆に、お水や肥料はこまめに気にしなくていいんですね。花持ちがよく毎日の水やりがいらない胡蝶蘭は、育て方が難しいと不安に思っていた方にも実は育てやすいのではないでしょうか。間違った育て方さえしなければ来年も再来年もお花を咲かせてくれるのも嬉しいポイントですね。大切な方にもらった胡蝶蘭だからこそいつまでも大切に育てたいものです。育て方をマスターして胡蝶蘭との毎日をぜひ楽しんでくださいね。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭ならひとはな

関連するまとめ