目次

観葉植物を吊るしてみたことありますか?

観葉植物というと室内では植木鉢やプランターを床や家具の上などに飾るイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。観葉植物は天井や壁、カーテンレールやハンギングポールから吊るすディスプレイにすると一段とオシャレなインテリアになります。吊るす方法も植木鉢にロープやチェーンなど吊るすものを付ける方法や専用のプランター、ガラスのドームに紐がついたものなど様々なアイテムがあります。観葉植物を吊るすことによって視線の少し高い位置にグリーンがあると室内が明るくなり、インテリアがオシャレになるだけなく心が癒されますよね。いつもと違う視点から観葉植物を楽んでみましょう。まずは室内で観葉植物を吊るすディスプレイの方法にはどんなものがあるかご紹介しましょう。

やってみて!観葉植物を吊るす方法

室内で観葉植物を吊るすことを考えた時、どんな方法が思い浮かびますか?天井に器具を付けて吊るす、カーテンレールにフックを付けて吊るす、などでしょうか。天井や壁に器具を付ける場合は賃貸マンション、お家の建材によっては難しいこともあるかもしれませんね。ここでは様々な方法で観葉植物を吊るす方法をご紹介します。壁に穴が開けられないから、など諦めていた方も観葉植物を吊るすインテリアを楽しんでいただけますよ。

天井から吊るす

室内で観葉植物を吊るすことを考えた時、最初に思いつくのはやはり天井から吊るす方法ではないでしょうか。フックを天井に装着し、観葉植物をチェーンやワイヤー、ロープなどで吊るします。2箇所のフックからワイヤーを下げ、オシャレな木の枝を渡してポールのようにして複数の観葉植物を吊るすのも素敵ですね。

壁から吊るす

壁から吊るす方法はいくつかあります。フックを付ける他、比較的軽い観葉植物でしたら押しピンで吊るすこともできます。また最近人気のエアプランツのように軽く、土や水を常に必要としない観葉植物はマスキングテープで紐やチェーンを留めることもできるので気分に合わせて飾り方を変えるなど楽しみ方が広がりますね。賃貸マンションで大きな穴は開けられない、という方は押しピンやマスキングテープで観葉植物を吊るして楽しんでみてはいかがでしょうか。

カーテンレールやドアから吊るす

カーテンレールにはS字フックをかけて気軽に観葉植物を吊るすことができます。またドアの上にかけてハンガーなどをかけるタイプのフックが雑貨屋さんや100円均一ショップなどで売られています。複数連なったものや、2段、3段になったものなどもあり、ドアはもちろんカーテンレールにもかけて使えるので観葉植物の吊るすディスプレイの幅も広がりますね。

ハンギングポールで吊るす

観葉植物やガーデニング用のハンギングポールにはオシャレな形のものがたくさんあります。ポールハンガー(コートかけ)も同じように利用できますね。壁や天井に穴を開けることもなく安心です。かける箇所が複数あるので、種類の違う観葉植物を吊るしたり小物を一緒に吊るしたり楽しむことができますね。

ご紹介してきたように観葉植物を吊るす方法はたくさんあります。次に吊るすディスプレイが似合う観葉植物をいくつかご紹介しましょう。

吊るすディスプレイがオススメの観葉植物

アイビーやエアプランツなど様々な観葉植物を吊るしてみましょう

出典: https://hitohana.tokyo
室内で観葉植物を吊るす方法はいくつかあり、賃貸マンションなどでも安心して楽しんでいただけることがお分かりいただけたと思います。では実際に吊るすディスプレイに合う観葉植物をそれぞれどのようなアイテムを使ってお部屋のインテリアに取り入れると素敵か、いくつかご紹介しましょう。

蔦が伸びる観葉植物

観葉植物の定番であるポトスやアイビー、グリーンネックレスといった蔦がよく伸び下がってくる観葉植物は吊るすことによって美しさをより楽しめますね。ハンギング用の鉢カバーや器も販売されていますし、現在床や家具の上に置いているような植木鉢にハンギングチェーンやマクラメとゆうロープを装着して吊るす方法もあります。通常の植木鉢にハンギングチェーンやマクラメを装着して室内に吊るす場合は植木鉢の底の穴から土やお水が落ちてこないように専用のスポンジやマットを使用しましょう。

多肉植物

少量の土と水で育つ多肉植物は様々な器に植えて楽しむことができる観葉植物です。吊り下げ用のガラスのドームの他、身近にあるオシャレな缶や雑貨を使うなど工夫して楽しむことができます。缶にフックを付けたり素敵な器をマクラメで吊るしたり、オリジナリティのある吊るすディスプレイを楽しめますね。多肉植物は小さく軽いものが多いので、植える器によっては壁に吊るす方法でご紹介した押しピンで吊るすなど、賃貸マンションでも気軽に楽しんでいただくことができますよ。

エアプランツ

土がなくても育つエアプランツはその特徴を生かして様々な吊るす飾り方ができる観葉植物です。雑貨屋さんなどで売られている小さな鳥カゴやワイヤーで作られたオブジェ、ガラスの器などオシャレな小物を使ってエアプランツを吊るすことができます。ワイヤーや糸をエアプランツの周りに軽く巻いて何個かを連ねて飾るのも素敵ですね。エアプランツは軽いので押しピンやマスキングテープを使って吊るすことができます。賃貸マンションやフックが付けられない場所でも楽しむことができますね。またエアプランツの中にはスパニッシュ・モス(別名チランジア・ウスネオイデス)といった壁や天井のフックに直接かけてカーテンのように長く吊るすことができるものもあります。土のいらないエアプランツならではの吊るすディスプレイでバリエーションに富んだインテリアを楽しんでみてください。

逆さに吊るす観葉植物

室内で観葉植物の植木鉢が逆さまに吊るされているとびっくりしますね。最初にご紹介した蔦の伸びる観葉植物はもちろん、様々なタイプの観葉植物をオシャレに効果的に吊るしていただけるのがスカイプランターというアイテムです。スカイプランターは逆さまにしても土が落ちてこないように網やストッパーがついていて、お水は上から入れるようになっています。天井や背の高いハンギングポールから吊るすと珍しいインテリアとしても目をひきますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。お部屋の床や家具の上に置くことが多かった観葉植物ですが、天井や壁から吊るしたり、カーテンレールやドアにフックで吊るしたり、またハンギングポールを使って吊るす方法など色々とあることがお分かりいただけたと思います。そして吊るすことでより素敵になる観葉植物とその観葉植物に合った吊るし方も様々ですね。お好みのロープでマクラメを編んだり、植木鉢ではない小物を使ってみたり、工夫次第でオリジナリティのある観葉植物の飾り方を楽しんでいただけると思います。少し高い位置にある植物はお部屋を明るくしてくれますね。インテリアに合った吊るす観葉植物を是非取り入れてみてください。

おしゃれな鉢カバー紹介

観葉植物を一段とおしゃれに飾るため、鉢カバーに入れてみてはいかがでしょうか?観葉植物の鉢がむき出しだとせっかくの雰囲気が台無しです。素敵なインテリアにするため鉢カバーに入れてみましょう。

出典: https://hitohana.tokyo
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ