目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

これって病気?観葉植物の様子がおかしい時

Question marks 200x300

大切に育てている観葉植物の元気が無くなってきていませんか?

出典: http://edushyster.com
お部屋のインテリアとして人気の身近なグリーン、観葉植物ですが葉の色がおかしい、萎れてきている、不自然な斑点ができているなどの症状がでていませんか?それは観葉植物が病気にかかっているサインかもしれません。植物も人間と同じように病気を患い、放っておくと枯れてしまいます。そうなってしまわないよう、日ごろから葉や茎、根元などが病気にかかっていないか気を配ることが大切です。もし観葉植物の調子がおかしいことに気がついたら症状をよく見て、すぐさま適切な対処をしていきましょう。

観葉植物の主な病気まとめ

観葉植物がかかりやすい病気を、主に葉の症状別にまとめてみました。

葉が白くなった!

Img 1961

カビが住み着いて白くなってしまう病気です

出典: http://hanna-papa.cocolog-nifty.com
  • うどんこ病

観葉植物の葉や花に小麦粉のような白い粉が発生していませんか?それはうどん粉病という病気にかかっているサインです。この病気の正体は実はカビで普段は土壌や落ち葉に住んでいるのですが、風に乗って植物につき、うどん粉病を引き起こします。もしうどん粉病にかかってしまった場合は他の観葉植物から隔離するようにしましょう。うどん粉病が発生する主な時期は5月~6月、9月~10月の湿度が低い時期に繁殖しやすくなります。この病気にかかってしまうと葉が白くなって観葉植物が光合成できず、そのまま放っておくと枯れてしまいます。また、カビなので繁殖菌が風に乗って他の葉や近くの植物にも伝染ってしまうことがある恐ろしい病気なのです。もし病気部分が広がっていたら取り除きます。初期なら重曹や酢を水に溶かしたものを観葉植物に散布したり、モレスタン水和剤などの薬剤も効果的です。

茶色くなった!枯れた!腐った!

125033578809616428590

観葉植物の元気が無くなって葉が枯れてきていませんか?

出典: http://vvv1941.at.webry.info
  • 褐斑病(かっぱんびょう)

褐斑病はカビが原因の病気で、気温25~30度の雨の多い3~6月、9月~11月にかかりやすいのが特徴的です。観葉植物の土が湿っていたり、蒸れやすい状態だと発生しやすく、最初は淡褐色の小さい斑点なのですが進行するにつれて斑点が大きくなり黒褐色の輪がでてきます。症状がでた観葉植物の葉をこまめに取ると被害を防ぐことができます。
1 14110p0155d56

褐斑病

出典: http://www.flstny.com
  • 軟腐病(なんぷびょう)

高温多湿である5月~10月の雨の多い時期に発生しやすい病気がこの軟腐病です。細菌が原因で起こるのですが、菌が繁殖し水分が通る茎の中の管を塞き止めてしまうため観葉植物全体に栄養が行き渡らなくなって腐り、悪臭を放ちます。葉や茎などの傷口から進入するので葉を食べる害虫は小まめに駆除するようにします。また薬剤が効きづらいので病気になってしまった部分はすぐ切り取るようにしましょう。
Tech102p22

軟腐病

出典: http://book.tndais.gov.tw
  • 灰色かび病

気温が低く湿度が高い時期に発生する病気が灰色かび病です。細菌の病気で、主な症状は観葉植物の茎や葉に水が染み込んだような斑点が発生し、それが広がると腐っていき灰色のカビに覆われて、進行すると回復しません。この病気は空気感染することがあるので初期症状のうちにGFベンレート水和剤などを散布して被害が拡大するのを防ぎましょう。
21121

灰色かび病

出典: http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp
  • 青枯病

観葉植物の元気が無く、萎れているのに葉は青々としている状態は青枯病という病気です。気温と湿度が高いときに発生しやすく、根や茎の傷からカビの菌が進入して軟腐病と同様に水分が通る管を塞き止めるので枯れてしまうのです。この病気にかかってしまうと治す方法が無いので観葉植物を熱が発散しやすい素焼きの鉢に移し替えたり、剪定で使用したハサミなどは洗浄、天日干し消毒をすることを心がけましょう。
I320

青枯病

出典: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

斑点が発生!

Img 0

褐色の斑点がでてきていませんか?

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
  • 黒星病(くろほしびょう)

黒点病とも呼ばれ、特徴としては観葉植物の葉や茎に水が染み込んだような黒い斑点が発生し、後に拡大して斑点の周りが黄色く縁取られていき、やがて葉が落ちる病気です。土に潜むカビが原因で発生し、梅雨の時期のような20度以上の湿気の多い場所を好みます。病気にかかった葉を見つけたら取り除くようにします。初期症状にはサプロール乳剤、トップジンMゾルなどの薬剤を散布してあげると有効的です。
8d9590af95a81ee5ke5n2883o838981j

黒星病

出典: http://www.gardening-designs.com

  • さび病

さび病はカビの一種で雨が多い時期に発生しやすい病気です。発病の初期段階では観葉植物の葉の裏に黄白色や黒色の斑点が発生してそれがだんだんと拡大し、やがて葉の表にも斑点ができます。この病気のせいで葉が巻き上がったり茎の形が歪んでしまったり枯れる場合もある恐ろしい病気です。発見次第、葉は処分してしまいましょう。ジネブ水和剤やサプロール乳剤などの各種薬剤も有効です。
Sya sabis

さび病

出典: http://www.fri.hro.or.jp
  • 炭そ病

主に観葉植物の葉に症状が出る病気で、小さな黒褐色の斑点が発生し内側が灰白色に変色して全体にだんだん広がり穴が開いてしまったり、葉の先から枯れてしまうといった症状がでます。カビが原因なので高温高湿を好み、多湿の場合カビの胞子が多く発生してしまうので注意が必要です。もしこの病気を発症してしまったら葉を取り除いてオーソサイド水和剤やトップジンMゾルなどの薬剤を散布しましょう。
22412 1

炭そ病

出典: http://noukan.web.fc2.com
  • 斑点病

観葉植物の茎や葉に、ちらばった褐色の斑点が発生していたらそれは斑点病です。カビや細菌が原因で黒色や褐色の斑点が徐々に観葉植物の葉を覆っていき、発育が悪くなって最終的には葉が枯れ落ちてしまう病気です。梅雨や秋雨の時期に発生します。カビが原因なのか細菌が原因なのか見分ける方法は、斑点が最初にできる所までは一緒なのですがカビの場合は斑点が細菌よりもハッキリしていて、病気になった観葉植物の葉の裏側に粉状のカビが生えています。細菌の場合はまるで布に水が染み込んだかのようなじんわりとした斑点が特徴的です。初期段階ではオーソサイド水和剤やGFベンレート水和剤などを散布し、病気を食い止めましょう。
Hana 028x06

斑点病

出典: http://www.boujo.net

観葉植物が弱る原因は病気だけではない

上記では主に病気をピックアップしましたが観葉植物が弱る理由はそれだけではありません。ここでは観葉植物を弱らせてしまう、乾燥と根腐れについてご紹介します。
A0041400 19194664

病気以外の原因も十分にありえます

出典: http://golber.exblog.jp
水をきちんとあげているにもかかわらず観葉植物が乾燥してしまった場合、部屋の湿度が低いことが原因です。特に葉の薄い観葉植物がこの状態に陥りやすいので、霧吹きで葉に水を吹きかけてあげたり、エアコンの風に直接当たってしまう場合は場所を移動させてみたりしましょう。枯れてしまった部分は切り取り、観葉植物に新芽が出てきていたらビニールをかけて保湿してあげると元気に成長しますよ!

そしてもうひとつの原因、根腐れは主に水のやりすぎ、水はけが悪い、もしくは肥料の与えすぎによる肥料やけです。根腐れの症状は土の乾燥が遅い、根が黒くなっている、葉が黄色や茶色になって落ちる、土からの腐敗臭などがあります。対処としては観葉植物の植え替えをして、変色してしまった根は切り落としてしまいましょう。

[対処法] すでに観葉植物が病気な場合はどうする?

Tumblr mvypuszxqy1qa9ddao1 500

対処しだいではきちんと治るのであきらめないでください!

出典: http://machipochi.tumblr.com
観葉植物がもしすでに病気にかかってしまっていた場合はどうすればいいのでしょうか?それはまず症状を見て考えられる病気別に適した処置を行いましょう。病気によっては早期発見することにより自然治癒も可能です。また、カビが原因の病気が多いので薬剤を散布しても土の中や落ちた葉に潜伏している可能性があります。少し面倒ですが小まめに落ちた葉を取り、観葉植物の土を入れ替えてしまうのも再発防止につながります。また夏場、冬場は観葉植物の治癒力が高いため、症状を食い止めやすくなっています。

[予防策] 観葉植物を病気にしないためには?

77297880 xs

簡単なお手入れで十分予防できます

出典: http://homeguides.sfgate.com
ここまで病気にかかってからの対処法をご紹介しましたが、観葉植物を病気にしないためには日ごろのお手入れが重要になります。観葉植物の葉が密集していたらまずは剪定しスッキリさせてあげましょう。そして風通しの良い場所に置き、雨が当たらないようにしてあげることが大切です。これによって菌や害虫の予防になるのです。

また、窒素の多い肥料を控えることが大事です。肥料をたくさん与えすぎると病気にかかったかのように弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうのです。これを肥料やけと言います。また、肥料は腐りやすいので、もしも腐ってしまったら病気を誘発させてしまう可能性もあるのです。肥料をあげるのは控えめにしましょう。

まとめ

491edb75cbd06b8e43515c97faf97c2f

観葉植物も大事な家族です

出典: http://www.luisabrimble.com
私たちに癒しと落ち着きをもたらしてくれる観葉植物と長く上手に付き合っていくには、日ごろのお手入れと観葉植物の様子を小まめに見てあげることが大事です。病気に対し早めの対処で進行が防げますし、場合によれば自然治癒も可能なので、もし病気にかかってしまっていたら適切に対処して大切に育てていきましょう。

おしゃれな鉢カバー紹介

Cd1eb5644d29aa83d28981cfa9e6b161

観葉植物を一段とおしゃれに飾るため、鉢カバーに入れてみてはいかがでしょうか?観葉植物の鉢がむき出しだとせっかくの雰囲気が台無しです。素敵なインテリアにするため鉢カバーに入れてみましょう。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ