目次

胡蝶蘭の捨て方に困る時とは?

開業祝いや就任祝いなどビジネスシーンのお祝いでいただくギフトは胡蝶蘭が定番です。届いた時は豪華で美しい胡蝶蘭も管理が行き届かなくて枯れてしまい処分を考える場合がありますね。また、たくさんいただいた豪華なお祝いの胡蝶蘭も、次第に花の終わりが近づき、オフィスなどでは捨て方についてのお話が出たりするのではないでしょうか?そこで今回は胡蝶蘭の捨て方や専門業者による胡蝶蘭の引き取りサービス、そして捨てずに済ませる方法など順を追ってご説明します。

胡蝶蘭の捨て方の手順とは

お祝いのシーンで胡蝶蘭が並んでいるのは、とても豪華で良いものです。しかし花が枯れたり終ってしまったりした場合には処分が必要となります。そのような時に悩むのが捨て方の問題です。ここでは胡蝶蘭の分別の方法と捨て方をご紹介します。ちなみに分別の際のごみ出しの区分はお住まいの地域や自治体によって違うので、ごみの分別表に照らし合わせたうえで出すようにして下さいね。

① 花茎や葉や根の分別

捨て方の第1段階は、まず枯れてしまった胡蝶蘭を小さくいくつかに仕分ける作業です。花が付いていた花茎や葉、根を分けてしまいましょう。この時万が一、虫や病気が原因で枯れたのであれば、他の植物に移っていないかも確認しなければなりません。また株の大きい胡蝶蘭は、葉や花茎を切って小さくしてからごみとして出すのが丁寧な捨て方です。

② 植え込み材の捨て方について

捨て方の第2段階は植え込み材の処理です。胡蝶蘭の植え込み材は一般的に水苔が多く使用されています。水苔はまだ水分を多く含んでいる場合もあるので必ず絞ってから処分するようにして下さい。他の植え込み材ではバークチップがあります。バークチップというのは松の樹皮を砕いたものです。捨て方は、素材別にお住まいの地域のごみの分別表で確認してから出しましょう。他には、鉢に底石を敷いている胡蝶蘭がありますが、その場合も分けてから分別表の通りに出しましょう。

③ 鉢や支柱の捨て方は?

胡蝶蘭の捨て方、最後の段階は、胡蝶蘭の花茎を支えている支柱の分別です。支柱は曲げやすさから針金が多く使用されています。ペンチなどで切り小さくしてからごみに出す捨て方が1番でしょう。もしペンチなどで切れない場合は曲げて小さくするだけでも構いません。他にも支柱にはプラスチックなどが使われることもあります。鉢もプラスチックが多いですが、最近になってから陶器も使用され始めています。捨て方は植え込み材を取り出してきれいにしてから、プラスチックや陶器に分けておきます。またお祝いのギフトなどで良く見る寄せ植えの胡蝶蘭は、ビニールポットのまま植わっている物があります。その場合はビニールポットも外してプラスチックなどに仕分けます。仕分けが終わったら、お住まいの自治体のごみの分別表に従って捨てましょう。

仕分けからごみとして捨てるまで

胡蝶蘭はそれぞれ分別しなくても、粗大ごみに出すだけでも良いのでは?という方もいるでしょう。しかし、最近はごみ資源の有効利用や環境のためのエコが注目され、ごみの捨て方にはかなり厳しい目が注がれています。そのため捨て方について強く指導している自治体も多数あり、胡蝶蘭は多種類のごみが発生するので仕分けが必要なのです。環境のためにも捨て方の順序通りに胡蝶蘭の花茎や葉や根、植え込み材、鉢や支柱の仕分けを済ませましょう。そして、それぞれの素材に分けて、地域のごみの日に出せば正しい捨て方をしたことになります。

業者を利用する胡蝶蘭の捨て方

企業の場合、お祝いにいただく胡蝶蘭の数は個人の比ではありません。そのため枯れた胡蝶蘭の処分となると、仕分けの数もかなりになり溜め息が出てしまうほどでしょう。処分する胡蝶蘭がたくさんあって、仕分けに割く時間も無いというのであれば業者に依頼するという捨て方も方法の1つです。業者は廃品回収の業者、植物の引き取りを専門としている業者、胡蝶蘭の販売元、グリーンのレンタルサービスなど様々です。インターネットで「胡蝶蘭 引き取り」などと入力すると多様な業者を検索できます。

どんな胡蝶蘭でも引き取ってくれるの?

「どんな胡蝶蘭でも大丈夫なのか?」「法人だけではないのか?」「1つからでも引き取り可能なのか?」など業者を利用する場合にも疑問は色々あります。まずどんな胡蝶蘭でも引き取ってくれるのか?という疑問ですが、基本的にどのような胡蝶蘭でもOKです。ただし、胡蝶蘭の株が病気などの理由であまりにもひどい状態の場合は、問い合わせてからの方が良いかもしれません。

業者で引き取ってくれる物は、胡蝶蘭の株と鉢と植え込み材、支柱などになります。業者で多少差はありますが、この他に配送時の段ボールやラッピングを引き取ってくれる所もあります。引き取りの対象は法人だけではなく、個人を対象にしている業者もありますので安心してください。もちろん胡蝶蘭は1つからでも引き取りは可能です。ただし引き取ってもらった胡蝶蘭に関しては、株が再生が可能であれば引き取った業者で育てる場合もあります。再生出来ないような状態であれば、株は処分して鉢などを殺菌処理し再利用します。そのため引き取り後に、胡蝶蘭をやっぱり返して欲しいとお願いしても業者は返せないのを理解して利用しましょう。他に何か分からない点がある時は、業者を利用する前に質問をして解消しておきましょう。

引き取り金額はどのくらい?

業者に引き取ってもらえるのが分かったら、金額が気になりますね。それぞれの業者によって引き取り金額は違いますが、1鉢の引き取り金額のおおよその相場をみてみましょう。
  • 法人:1,000円~2,000円
  • 個人:2,000円~3,000円

個人の方がやや高めではありますが、引き取ってもらう個数が法人と比べて少ない点に値段の差が出ます。更にこれはあくまで引き取り金額のみの相場です。梱包や送料が必要な業者や、送る前に何度か連絡のやり取りが必要な業者もあります。東京や横浜など指定している圏内であれば送料が掛からないという業者もあります。住んでいる地域によっては送料が掛からずにお得に引き取って貰える業者もあるので調べてみましょう。

胡蝶蘭は捨て方が分かっても捨てるべからず?賢い活用法とは

旬が過ぎて枯れてしまった胡蝶蘭は、分別ごみとして市町村のごみ回収に出したり、専門の業者に回収を依頼したりすることにより処分ができます。これは思い立った時に手早く片づけることが出来るとても便利な方法です。その一方で「お祝いに頂いたものをごみとして処分するのは忍びない」「高級な花なのに勿体ない」「生き物を捨てることに抵抗を感じる」と思う方も居られるでしょう。ここからは枯れて不要になった胡蝶蘭を捨てずに賢く活用する方法をお伝えしましょう。

胡蝶蘭を育ててみたい!周りに欲しい人は居ませんか?

会社でお祝いにいただいた胡蝶蘭の捨て方の話になった時、まず社内で胡蝶蘭を貰いたいという人がいないか探してみましょう。胡蝶蘭は個人で購入するには高価なお花です。まだ咲かせる余地が残っているなら欲しいという人がいないとも限りません。まだ育てられる胡蝶蘭の場合は茎を切って次の花を咲かせる方法が残っています。

買取してもらえる業者を探そう!

また周年祝いや就任祝いのように多くの胡蝶蘭が一度に集まる場合、業者に買い取って貰うのも1つの方法です。なぜなら、たくさんの胡蝶蘭をいただいても置くスペースが無かったり、管理が大変なためです。せっかくいただいた多くの胡蝶蘭を枯らせてしまうよりは、少しでもお花がある内に、お得な「買取サービス」を利用しましょう。インターネットでの検索などで「胡蝶蘭 買い取り」と入力すると業者が出ますので、お近くの引き取り業者を探してみましょう。

【法人様必見!】新たな胡蝶蘭・インテリアグリーンと引き換えよう!

HitoHanaの便利な引き取りサービス、ぜひご活用下さい。

出典: https://hitohana.tokyo
「お祝いギフトをぞんざいに扱いたくない」「お祝い後のフロアに胡蝶蘭に代わるインテリアグリーンが欲しい」「お取引先にこちらがお贈りした場合にも処分にご迷惑をお掛けするのかな?」など多くのビジネスギフトが行き交う法人様のこのようなお悩みを元に、HitoHanaでは新しい胡蝶蘭引き取りサービスを行っております。

 - 対象エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉の一部
 - 対象商品:胡蝶蘭や観葉植物など、購入店舗に関わらず一度に8鉢〜12鉢程度可能
 - 引き取り費用:HitoHanaでのお買い物などで無料
 - 引き取り日時:昼の12時までの依頼で最短翌日の引き取りが可能 

3万円以上のご購入やHitoHanaで利用できるクーポンの購入など、一定の条件をもとに法人・個人を問わずお引き取りをさせていただいております。ご状況によっては条件外であってもご利用頂ける場合がございます。まずは下記リンクよりご相談ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?胡蝶蘭の捨て方をはじめとする処分方法についてお伝えしました。特に胡蝶蘭はお祝いに贈ることが多い植物ですから、贈ってくださった相手の方を思うとぞんざいな捨て方は出来ないですよね。しかし日が経ち花が落ちると見た目が寂しくなり気になってくるものです。それでも丁寧に育てる方もいますが、会社は夜になると人がいなくなってしまい、温度や湿度の管理が難しい点があります。その為徐々に胡蝶蘭の管理が行き届かなくなり、枯れた花の捨て方について考える訳です。今回は胡蝶蘭の捨て方として、ごみに出す方法と業者へ依頼して引き取ってもらう方法、買い取ってもらう方法などをご紹介しました。もし会社でいただいた胡蝶蘭の捨て方について話が出たらこの記事、そして胡蝶蘭の引き取りサービスをぜひご活用ください。

おしゃれな鉢カバー紹介

観葉植物を一段とおしゃれに飾るため、鉢カバーに入れてみてはいかがでしょうか?観葉植物の鉢がむき出しだとせっかくの雰囲気が台無しです。素敵なインテリアにするため鉢カバーに入れてみましょう。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭ならひとはな

関連するまとめ