目次

屋外は多肉植物に最適な環境

屋外は多肉植物を育てるのにぴったりの環境です

出典: http://photozou.jp
ぷっくりした葉が可愛らしい多肉植物は、その愛らしい姿と育てやすさから人気の植物です。多肉植物といえばお部屋のインテリアというイメージが強いですが、実は栽培する環境は屋外の方が適しているのです。ここでは屋外の環境が多肉植物の栽培に最適な理由をご説明します。

しっかりと太陽があたる

多肉植物はアフリカやメキシコなどの乾燥した気候を原産地とする品種が多く、太陽の光を好む植物です。日が十分に当たらないとヒョロヒョロに伸びてしまい、多肉植物の魅力である愛らしい姿が損なわれてしまいます。そのため日陰になりやすい屋内よりも屋外の方が多肉植物の置き場所として適しています。ただし直射日光は蒸れや葉焼けの原因になるので避けてくださいね。

風通しが良い

多肉植物は水分を溜めるのは得意ですが排出するのは苦手ですので、湿度の高い状態を好みません。その為、風通しの良い所へ置く必要があります。空気が動かない屋内ではどうしても湿気がたまりやすい状態になってしまいますので、空気が動きやすい屋外の方が多肉植物には適していると言えます。

多肉植物におすすめの置き場所はズバリここ!

このように屋外に飾れば屋内から見ても多くの種類を楽しめますね

出典: http://woodgarden.blog21.fc2.com
多肉植物は日の当たる風通しの良い所を好むのでしたね。日光は好きですが直射日光を当てると溶けてしまったり葉焼けしてしまったりしますので、屋外で栽培する場合は半日陰くらいの明るい所がおすすめですよ。多肉植物は蒸れるのを嫌いますので、屋外でも雨ざらしにならないように屋根のある玄関やベランダがおすすめの置き場所です。また、ベランダに置く場合は室内からでも鑑賞できるように柵に鉢を針金などで留めて並べたり、天井から吊るしてみたり、いろいろな種類を寄せ植えにしてガーデンテーブルに飾っても素敵ですよ。

梅雨!台風!雨の降る屋外で多肉植物を管理するポイント

屋外で管理する場合は雨に注意が必要です

出典: http://dsoku.com
多肉植物を栽培するのに屋外が適している理由についてご説明しましたが、屋外に置いて心配なのは湿度が高くなる梅雨や台風などの雨のことかもしれませんね。ここでは多肉植物を雨の降る屋外で管理する際のポイントをご紹介します。

多肉植物は屋外に雨ざらしでも大丈夫?

多肉植物は湿度の高い状態が苦手な植物ですので、屋外での育て方として雨ざらしは好ましくありません。葉が蒸れて腐るだけでなく、雨の後に直射日光に当たるとしずくを通したレンズ効果で葉が焼けてしまったりします。以上のことから、屋外で栽培する場合も直接は雨に当てないのが多肉植物の基本の育て方と言えます。そのため、屋外で管理する際は屋根のある場所を選ぶか雨避けを付けてあげましょう。

雨に強い多肉植物の品種は?

インディカという紅葉する品種です

出典: http://diablocountach.blog.fc2.com
多肉植物は雨に濡れると弱ってしまうものがほとんどですが、屋外でも安心な雨に強い品種もあります。雨に濡れても大丈夫な品種には夏型の白絹姫、春秋型の照波、火祭り、インディカ、リトルジェム、茜の塔、子持ちレンゲ、朧月、冬型の白牡丹などがあります。なお、多肉植物は生育期の違いから夏型、春秋型、冬型の3種類に分類されています。夏型は20度から30度、春秋型は10度から25度、冬型は5度から20度の気温を保つように注意し、生育期以外の季節は水やりを月に1度か無しにして管理しましょう。

強烈な日差し!夏の屋外で多肉植物を管理するポイント

多肉植物には屋外の直射日光に耐えられる種類があるのでしょうか

出典: http://medical-today.seesaa.net
多肉植物は日光が好きですが、夏の強い日差しは少し苦手です。屋外は屋内に比べ陽の光が強いので、夏場に屋外で多肉植物を栽培する場合は注意が必要になります。ここでは日差しの強い夏の屋外で多肉植物を管理する際のポイントについてご説明します。

日よけ

多肉植物を屋外で栽培する場合、真夏は明るい日陰に移動させてあげるか日よけをしてあげましょう。強い光を浴びすぎると多肉植物が蒸れて傷んだり葉焼けを起こしたり、ひどい時は葉が溶けてしまうのです。

水やりは湿度を見極める

屋外で栽培する場合は水やりのしすぎに注意が必要です

出典: https://iemo.jp
多肉植物は乾燥した地域の屋外でも丈夫に生きていくために空気中からも水分を集めて葉に溜めています。そのため、「土の表面が乾いたらたっぷり水を与える」という基本的な植物の育て方では水のやりすぎで枯らしてしまいかねません。多肉植物に水を与える際は土の中の湿度をチェックし、8割以上乾いていれば水をたっぷりあげましょう。鉢に竹串などを刺しておくと判別しやすくなりますよ。また葉が少ししわっとして張りがなくなった時も水やりのタイミングです。

日差しを好む多肉植物の品種とは?

砂漠のバラとも呼ばれるアデニウムは可憐な花を咲かせる品種です

出典: http://eco-le.jp
多肉植物は直射日光が少し苦手なのですが、中には強い日差しでも大丈夫な種類もありますので、ご紹介しますね。多肉植物の中でも主に熱帯地方原産の夏型は強い日差しを好む性質を持っています。代表的な種類にはアガペ、アロエ、カランコエ、アボニア、パキポディウム、アデニウムなどがあります。育て方のポイントは冬の水やりを月に1度か無しにすることと温度が30度を超えない様にすることです。

寒さ!霜!雪!冬の屋外で多肉植物を管理するポイント

多肉植物は冬の屋外で育てることができるのでしょうか

出典: http://www.anawalls.com
多肉植物の管理のポイントを雨の時期と日差しが強い時期とでご紹介しましたね。では雪や霜が心配な冬場の育て方で気をつけることは何でしょうか。ここでは多肉植物の冬の管理のポイントをご紹介します。

冬越しは乾燥ぎみに!葉を落とす品種も

多肉植物は葉に水分を溜めているので、気温が下がると凍ってしまう可能性があります。そうならないために、冬の寒い時期は多肉植物を乾燥気味に管理して凍らないように気をつけてあげましょう。水やりを減らすことで多肉植物が寒さに耐えられる状態になりますので、1ヶ月に1度土を湿らせる程度に与えるか、全く水を与えなくても大丈夫です。品種によっては葉を落としてしまうものもあるようですが、春になればまた生長を始めるので心配はいりません。

屋内管理へ切り替える目安

このように発泡スチロールか段ボールに入れてあげましょう

出典: http://blog.goo.ne.jp
寒さが本格的になってくると、水やりを控えるだけでなく屋内での栽培に切り替える必要が出てきます。目安としては11月下旬頃、気温が10度を下回るようになってきたら多肉植物を屋内に移動させてあげましょう。冬の間は昼に日の当たる暖かい窓際などで管理し、夜は寒くなるので窓から離れた所に置くようにします。寒さを和らげるために発泡スチロールや段ボールなどで囲うと良いですよ。

比較的耐寒性の高い多肉植物の品種とは?

屋外での栽培で心配な越冬ですが、比較的寒さに強い高地や高山原産の品種もあり、最低気温5度まで耐えることができます。冬型に分類され、代表的な品種にはハルオチア属のハルオチアブツーサ、十二の巻、エケベリア属の立田、白牡丹、パーティドレス、セネシオ属の七宝樹、青涼刀、セダム属のオーロラ、乙女心、虹の玉、ミセバヤ、日高などがあります。これら冬型の品種は暑さに弱いので夏は湿度の低い室内で管理し、扇風機などで鉢の温度を下げてくださいね。

まとめ

種類の豊富な多肉植物にとって屋外は最適な育て方ができる環境ですね

出典: http://www.mlab.ne.jp
育て方が簡単でインテリアグリーンとして人気のある多肉植物にとって、実は屋外のほうが管理に向いた環境だなんて驚きですね。湿気の多い日本の屋外で多肉植物を育てる場合は、多肉植物を枯らさないため特に風通しの良い所を選ぶ必要がありそうですよね。屋外で心配な雨や寒さに強い品種もあるので、置きたい場所に合わせて品種を選ぶのも楽しそうですね。多肉植物を育てる時はぜひ参考になさってください。
多肉植物の寄せ植えならひとはな

関連するまとめ