目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

ドラセナ・コンシンネはどんな観葉植物?

1

ドラセナ・コンシンネは爽やかでスタイリッシュな観葉植物です。

出典: https://hitohana.tokyo
ドラセナ・コンシンネという観葉植物をご存知ですか?すらっと伸びた幹と細長いシャープな葉が特徴で、とてもスタイリッシュな印象を持ち、インテリアとして人気の高い観葉植物です。ドラセナ・コンシンネはリュウゼツラン科ドラセナ属の常緑低木で、高さ2~3cm程に生長します。原産地はマダガスカルやモーリシャスなどのアフリカ熱帯雨林です。日本には大正時代に伝わり、品種改良も行われました。学名はDracaena marginataですが、旧学名(D. Concinna)のコンシンネがそのまま流通名として定着しています。コンシンナやマルギナータと呼ばれることもあります。ちなみに和名は「紅覆輪千年木(ベニフクリンセンネンボク)」と言います。観葉植物としてのドラセナは「幸福の木」が有名ですが、ドラセナの中でも幸福の木と並んで人気の高い品種がこのドラセナ・コンシンネです。ドラセナ・コンシンネは若い株では単幹ですが、年数が経つと分枝します。幹は軟らかいため、盆栽のように好みの形に仕立てられることも魅力です。爽やかなイメージと幹・枝の形の面白さから、お洒落なインテリアグリーンとして男性にも人気がありますよ。
110e52ccfce6d4f81aee5ca0e36ab49bb7caf988

曲がった幹もお洒落ですね。

出典: https://roomclip.jp

種類豊富なドラセナ・コンシンネ何色がお好み?

スタイリッシュで爽やかな観葉植物ドラセナ・コンシンネですが、実は様々な品種があるのでご紹介いたします。それぞれ緑・黄・赤・白と葉の色が異なりますが、どれも美しい色合いですよ。

  • ドラセナ・コンシンネ (D. marginata)

まずは、ノーマルなドラセナ・コンシンネです。葉は全体的に緑色ですが、葉の縁には鮮やかな赤紫色が入ります。
%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%83%8a%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%8d

ドラセナ・コンシンネの葉は赤の縁取りが印象的ですね。

出典: https://hitohana.tokyo
  • ドラセナ・コンシンネ“トリカラー”  (D. marginata cv. 'Tricolor')

トリカラーは、通常緑色をしている部分に黄白色の斑が入り、緑・黄・赤の3色(トリコロール)のストライプが美しい人気の品種です。黄白色が入る事で、通常のコンシンネよりも少し柔らかい印象がありますね。
2603 04

ドラセナ・コンシンネ”トリカラー”の葉は可愛らしい印象もありますね。

出典: http://www.flowerbank.ru
  • ドラセナ・コンシンネ“トリカラー・レインボー”  (D. marginata cv. 'Tricolor Rainbow' または’ Rainbow')

トリカラー・レインボーは、トリカラーよりも全体的に赤みが強く、その鮮やかな色合いから虹(レインボー)と名付けられました。印象的な赤い葉はインテリアのアクセントにもなるため、ドラセナ・コンシンネの品種の中でも特に人気があります。
201410091529029c2

ドラセナ・コンシンネ”レインボー”の葉は赤が際立っています。

出典: http://gorogorocalanthe.blog.fc2.com
  • ドラセナ・コンシンネ“ホワイトボリー”  (D. marginata cv. 'White Holli')

ホワイトボリーは、緑の葉に乳白色の斑が入る品種です。別名ホワイトホリーとも呼ばれています。白っぽく涼しげな葉は爽やかで優しい印象がありますね。
28528034 624.v1468527171

ドラセナ・コンシンネ”ホワイトボリー”の葉は涼やかですね。

出典: http://photozou.jp
  • ドラセナ・コンシンネ“マゼンタ” (D. marginata cv. 'Magenta')

マゼンタは、普通種よりも深い色合いの葉が特徴です。落ち着いた色味のため、シックなお部屋に合いそうですね。日本ではまだ流通量の少ないレアな品種ですよ。
Marg 20magenta 20closeup62727

ドラセナ・コンシンネ"マゼンタ"の葉は暗めの深い色合いです。

出典: http://www.sunshinetropical.com
今回は普通種も含めてドラセナ・コンシンネの5つの品種をご紹介しましたがいかがでしたか?それぞれ葉の色合いが異なるため、お部屋に飾ると違った印象を与えられそうですね。その他にも、コンパクトな”パメラ”、葉が巨大な”モーリシャス”など様々な品種がありますが、日本では流通量の少ないレアな品種が多いです。お部屋の雰囲気に合わせてお好みの品種を探してみてはいかがでしょうか。

開運アイテム!ドラセナ・コンシンネの風水パワーと花言葉

風水では、観葉植物は開運アイテムとして人気があります。ドラセナ・コンシンネは細く尖った葉が上向きに生えていますが、風水では葉が上向きに出ている植物は「陽」の気を、細く尖った葉は鋭い気を発生させると言われています。鋭く活発な「陽」の気を発するドラセナ・コンシンネは、気が停滞しがちな部屋の隅に置くと気の流れを改善してくれたり、部屋の中央に置くと部屋中に良い気を行き渡らせたりする効果があるようです。また、風水ではマイナスの気とされる電磁波を吸収する効果もあると考えられています。テレビなど電化製品の側にドラセナ・コンシンネを置くと、さらに風水効果が高まるでしょう。他にも、鋭く尖った葉は邪気を寄せ付けないパワーがあるとされるため、気を招き入れる玄関やお店の入り口に置くのがおすすめです。さらにドラセナの仲間は東・東南・南・南西の方角に置くことで、開運や金運アップの効果があるとされていますよ。
19112 369198553272553 7888822155119608472 n

これがドラセナ・コンシンネの花です!

出典: https://www.facebook.com
ドラセナ・コンシンネには素晴らしい風水パワーがあることが分かりましたが、花言葉はどうでしょうか。葉っぱがメインの観葉植物にもそのほとんどに花言葉が付けられています。そしてドラセナ・コンシンネの花言葉は「真実さ」です。幹や葉の爽やかで清々しい印象とマッチした花言葉ですよね。この花言葉からドラセナ・コンシンネは別名「真実の木」とも呼ばれています。また、コンシンネを含むドラセナ属の花言葉(「幸福」「永遠の愛」「幸せな恋」「隠しきれない幸せ」)も持ち合わせています。ドラセナ・コンシンネはたくさんの素敵な花言葉を持っているのですね。

ドラセナ・コンシンネ日常の育て方

Gardening woman

管理の重要なポイントは日当たり・水やり・寒さ対策です。

出典: http://www.irasutoya.com
ドラセナ・コンシンネについて品種や風水パワーなど様々な角度からご紹介しましたが、どのような観葉植物かお分かりいただけたでしょうか。今度は、実際にドラセナ・コンシンネを育てる場合の日当たりや水やりなど、日常的な管理方法についてみていきたいと思います。

ドラセナ・コンシンネが好む置き場所とは?

まず、ドラセナ・コンシンネは明るい場所を好みます。耐陰性もありますが暗い場所で育てていると葉が下向きに垂れてくるので、できれば室内でも日の当たる明るい場所で管理しましょう。ただし強い日射しは葉焼けの原因になりますので、日射しが強い場合はレースカーテン越しに日に当てるとよいです。また、夏季は屋外でも育てられます。屋外で管理する場合は半日陰または明るい日陰に置くようにしましょう。なお直射日光で育てる事も可能ですが、その場合は暗い室内から突然直射日光に晒すのではなく、徐々に明るい環境に慣れさせていくと葉焼けを防げますよ。ちなみに葉に斑が入っている品種は特に日光を好み、暗い場所で育てると斑が不鮮明になってくるので、必ず日当たりの良い場所に置いて管理してくださいね。
Ondokei

ドラセナ・コンシンネは寒さに弱いため、温度管理も大切です。

出典: http://www.irasutoya.com
そして、ドラセナ・コンシンネは暖かい場所を好みます。アフリカ熱帯雨林が原産のため、暑さには強いですが寒さには弱い植物です。生育の適温は20~30℃ですが、冬は室温を10℃以上に保てば元気に越冬できます。

さらに、ドラセナ・コンシンネは風通しが良い場所を好みます。風通しが悪いと病害虫が発生する原因になります。その一方、ドラセナ・コンシンネは乾燥を嫌います。エアコンの風が直接当る場所に置くと極度に乾燥して葉が枯れてしまう事がありますよ。エアコンの直風が当たらない場所に置きましょう。なお、室内が乾燥している場合は小まめに霧吹きで葉水を行うと葉がイキイキ育ちます。

ドラセナ・コンシンネを元気に育てる水やり方法とは?

水やりは土の表面が乾いてから行いましょう。水の量は鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えます。土が常に湿った状態ですと根腐れを起こす原因になりますので、必ず土が乾いたことを確認した後に水やりを行ってください。そして受け皿に溜まった水はすぐに捨てましょう。水の管理をきちんと行えば、病気も防ぐことができ健康な株に育ちますよ。なお、外気温が20度前後になる春~秋にかけての生育期には植物は水分を必要とし、土が早く乾くため水やりの回数は増えます。

ドラセナ・コンシンネ休眠期の育て方

D0017381 546372

観葉植物にも休眠期があります。

出典: http://illcomm.exblog.jp
秋~春にかけてはドラセナ・コンシンネの休眠期にあたります。生長が止まり水分をあまり必要としないので、水やりの頻度が減ります。土の表面が乾いてから数日後に水やりをする程度で大丈夫です。なお冬季は夜間に水やりをすると根が冷えてしまうため、日中の水やりがおすすめです。また、ドラセナ・コンシンネは寒さに弱いため室内の温かい場所で育てましょう。温度管理としては、耐寒温度は5℃ですが室温はできれば10℃以上を保つようにしてください。そして室内が乾燥気味な場合は葉水をしましょう。観葉植物は冬の管理をしっかり行うことで、翌年も元気に育ってくれますよ。

地植えのドラセナ・コンシンネお世話のポイント

日本国内でも、沖縄などの暖かい地域ではドラセナ・コンシンネを地植えで育てられます。購入したばかりの株をすぐに庭に植えて直射日光に当てると葉焼けする場合がありますので、徐々に日光に慣らしてから植え替えるようにしましょう。屋外で地植えする場合に注意したいのは台風です。風や飛来物によって幹が折れてしまう事があるため、紐で固定するなどの対策が必要になります。また、暖かい地域でドラセナ・コンシンネを地植えすると大きく育つため、樹高をあまり高くしたくない場合は剪定を行いましょう。

[肥料・剪定・挿し木]ドラセナ・コンシンネのお手入れ方法

04891ee1cbd22484d4c7b050bf53778f

観葉植物の管理にもガーデニング用品が一式揃っていると便利ですね。

出典: http://blog.goo.ne.jp
ドラセナ・コンシンネの日常的な管理についてご紹介いたしました。続いては、肥料のあげ方や剪定・挿し木についてみていきましょう。

ドラセナ・コンシンネ肥料はいつ与える?

肥料は、春~秋の生長期の間に与えます。置き肥なら2ヶ月に1回程、液体肥料なら2週間に1回程のペースが良いでしょう。休眠期である冬季は生長が止まるため、肥料を与える必要はありません。なお、肥料は与えすぎると根が弱り肥料焼けを起こす場合があるため注意が必要です。

ドラセナ・コンシンネ切り戻し、挿し木のポイント

次は切り戻し(剪定)と挿し木のポイントについてみていきましょう。

  • 切り戻しのポイント

ドラセナ・コンシンネは上に向かってよく伸びる植物です。天井に届くほど背が高くなった場合は、幹や枝を切り戻して適度なサイズに仕立て直しましょう。ドラセナ・コンシンネは幹や枝をどこで切っても切り口のすぐ下から新芽(脇芽)を出してくれますよ。切り戻しの時期は、生長期前半の4~5月頃がおすすめです。この時期に作業を行えば、夏に向けてどんどん葉を出してくれることでしょう。観葉植物の剪定は生長期に行うのが基本です。

こちらの動画では、ドラセナ・コンシンネの切り戻しについてわかりやすく紹介しています。このくらいバシバシ枝を切ってしまっても大丈夫ですよ。
youtube
動画では枝の形を活かすために先端の方を切っていましたが、太い幹を切る場合も同じようにお好きな場所でバッサリ切り戻して大丈夫です。また、すべての葉を落としてしまうのが心配という場合は、半分ほどの枝を剪定し残りは翌年に切る方法もありますよ。

  • 挿し木のポイント

ドラセナ・コンシンネは、切り戻しで切り取った枝をそのまま挿し木に使えます。切り取った幹や枝は長ければ5cmずつぐらいに切り、上下方向を間違えないように土に挿します。葉がたくさんついている場合は、葉からの蒸散を減らすために半分ほど切ったり、紐や輪ゴムで束ねたりすると良いでしょう。土に挿した後は水を切らさないように注意しながら、明るい日陰で管理しましょう。2~3か月すると新しい葉が伸びてくるので、定植します。なお、挿し木は生長期の期間中行えますが、冬までに根を張らせるためには6月までに作業しましょう。

また、挿し穂を土ではなく水に挿す方法もありますよ。水を入れたコップやバケツにドラセナ・コンシンネの幹・枝を挿しておくと、40日程で根が出てきます。根が出たら土に植え替えるか、小さいものはそのままハイドロカルチャーとして楽しむこともできます。

ドラセナ・コンシンネ病気のサインと対処法

Free photo doctor stethoscope hand

初期段階で病気に気付けば、回復できる可能性が高くなります。

出典: http://freebies-db.com
ドラセナ・コンシンネの日常のお世話や挿し木の方法などをご紹介しましたが、毎日植物のお世話をしていると葉の色や様子が変わったことに気付きやすくなると思います。比較的病害虫に強いと言われるドラセナ・コンシンネですが、変色や落葉など葉の異常は病気のサインかもしれません。そこで、ドラセナ・コンシンネでよく見られる病気のサインと対処法についてみていきたいと思います。

ドラセナ・コンシンネが茶色く枯れた!原因と対策

葉が茶色く枯れる場合に考えられる原因は、根詰まり・葉焼け・環境の変化などがあります。

  • 根詰まり

ドラセナ・コンシンネの葉の先端が茶色く枯れる場合は、根詰まりを起こしていることが考えられます。根詰まりしていると、水やりをした時に水が土に浸み込みにくかったり、鉢の底から根がはみ出していたりしますので確認しましょう。根詰まりの対策としては植え替えを行います。鉢から根を抜いたら根の周りの土を3分の1程ほぐし、新しい土を入れた一回り大きい鉢に植えつけます。植え替えの適期は5~6月頃ですよ。
Db899277a778d58a53a9503944fe7160

葉先が茶色く枯れてきたドラセナ・コンシンネ。

出典: http://blog.goo.ne.jp
  • 葉焼け

観葉植物が葉焼けすると、葉に茶色い小さい斑点の枯れが出ます。ドラセナ・コンシンネは、購入直後や暗い場所で育てていた鉢を急に強い日射しに当てると、葉焼けを起こす場合があります。葉焼けを防ぐには、午前中の弱い日射しやレースカーテンを使いながら徐々に強い日射しに慣れさせていきます。また、強い日射しに慣れた株でも真夏の直射日光で葉焼けすることがあるため、真夏は半日陰で管理すると良いでしょう。

  • 環境の変化による葉の傷み

鉢の置き場所が変わるなど、温度や湿度など環境の急激な変化があると対応できずに葉が傷むことがあります。新しい環境に慣れてくれば元気な葉が出てきてくれますが、まずは葉水や加湿器で湿度を保ったり、エアコンの風が当たらないようにしたり、冬なら寒さ対策をしたりと株を守る対策をしましょう。なお、ドラセナ・コンシンネも含めほとんどの観葉植物は、一度置き場所を決めた後はあまり動かさない方が元気に育ってくれますよ。

ドラセナ・コンシンネの葉が落ちた!原因と対策

Img 3

葉が枯れ落ちてしまったドラセナ・コンシンネ。

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
葉が落ちる場合は、葉の落ち方によって原因・対策が違ってきますよ。

  • 下葉から順に落ちる

ドラセナ・コンシンネは環境があまり良くない時や春先になると下葉から葉が落ちます。まずは日当たりや温度・湿度など環境を見直してみましょう。室内が乾燥している場合は葉水や加湿器で湿度を補うと良いです。鉢を移動して環境が変わった場合は、新しい環境に慣れれば落葉が止まり新しい葉が出てくるようになります。根詰まりでも葉が落ちることがあるので根の様子も確認してくださいね。また、春先の落葉は古くなった葉が新しい葉と入れ替わる自然現象ですので心配はいりませんよ。

  • 触ると葉が落ちる

下葉に限らず、ドラセナ・コンシンネの葉が黄色く変色し軽く触っただけでポロッと取れてしまうような場合は、根腐れなど根が傷んでいる可能性があります。根腐れを起こした株は、腐った根や葉・枝を切り、健康な部分を残して新しい土に植え替えます。根全体や幹の根元まで傷んでしまった場合は、健康な上の部分だけ切り取って挿し木にしましょう。根腐れを予防するためも、風通しが良い場所に鉢を置き、水やりは必ず土が乾いてから行い、受け皿に溜まった水は捨てるなど適切に管理してくださいね。

ドラセナ・コンシンネに白いものが!原因と対策

Img8843658ezik5zj

シソの葉に付いたハダニ。

出典: http://plaza.rakuten.co.jp
ドラセナ・コンシンネに白いものが付いた場合は、付いた場所によって原因・対策が異なります。

  • 葉に白いものが付いたら

ドラセナ・コンシンネの葉に白いものが付いた場合はハダニやカイガラムシなど害虫の可能性が高いです。早期発見すると駆除しやすいため、日常の管理の際に害虫がいないかよく確認しましょう。

まず、ハダニは0.5mm程のクモの仲間で、植物の汁を吸って弱らせる害虫です。クモの巣のような白い糸を出し、汁を吸われた葉はかすれたように白っぽくなります。3~10月頃に空気が乾燥すると発生しやすくなりますが、湿気を嫌うのでこまめに葉水をやると予防できます。たくさん発生した場合は、殺ダニ剤を散布しましょう。

また、ドラセナ・コンシンネに白い綿状のものが付いていた場合は、カイガラムシの可能性があります。カイガラムシは2~10mm程の虫で、様々な種類がいますがどれも植物の汁を吸って弱らせる害虫です。カイガラムシを見つけたら歯ブラシでこそぎ落としたり、シャワーをかけて洗い流したりするなど早めに駆除しましょう。
Que 10153988670

ドラセナ・コンシンネの葉にカイガラムシが付いた様子。

出典: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
  • 土や幹の根元に白いものが付いたら

ドラセナ・コンシンネの葉ではなく土や幹の根元などが白くなる原因は、白カビが発生した事が考えられます。表面にカビが生えていると、鉢の中では根腐れを起こしている可能性が高いです。葉が健康でもこのままでは枯れてしまう事があるため、まずは水やりの回数を減らしましょう。土の表面を触り、乾いていたら水やりをするのが基本です。日当たりが良く風通しの良い場所に移動させる事も有効です。葉が落ちるなど根腐れの症状が出ている場合は根の状態を確認し、植え替えや挿し木などを適宜行いましょう。

まとめ

Ab71b9a53a551bd71f4f1f09e239062a

沖縄の生産農家では、ドラセナ・コンシンネを地植えで管理しています。

出典: http://www.taiyo-hana2.jp
いかがでしたか?「真実の木」とも呼ばれるドラセナ・コンシンネは、葉や樹形がスタイリッシュなだけではなく、品種ごとに美しい葉色をしている魅力的な観葉植物です。ドラセナ・コンシンネは比較的育てやすい植物ですが、特に日当たりと水やりに注意して管理してください。冬季は10℃以上を保ち、水やりを控え、葉水をすると元気に越冬できますよ。そして挿し木で簡単に増やせるのも嬉しいですね。また、葉の変色など様子がおかしい時は病虫害を疑い、すぐに対処してくださいね。風水パワーも注目されるドラセナ・コンシンネは、自宅鑑賞用はもちろんの事、開店祝いなどのギフトにもおすすめの観葉植物ですよ。

関連するまとめ