目次

ドラセナが枯れる?

幸福の木と呼ばれるマッサンゲアナです。
幸福が枯れることは避けたいですね。

出典: https://hitohana.tokyo
観葉植物のドラセナをご存じでしょうか。管理が容易で室内でも育てやすく、インテリアグリーンとして多くの品種が流通しています。品種により花言葉は異なりますが、全て明るく前向きです。さらに、幸福の木と呼ばれるマッサンゲアナ、真実の木と呼ばれるコンシンネ、幸運の竹と呼ばれるミリオンバンブーなど幸せな別名を持つ商品もあり、インテリアだけではなくギフトとしても人気があります。さて、綺麗な葉色と美しいシルエットが人気なドラセナですが、現在、枯れそうで困ってはいませんか?また、過去に枯れるに至った経験はありませんか?今回は特にドラセナの枯れる原因と対処方法をご紹介します。最初にドラセナの育て方をおさらいしましょう。

枯れるドラセナの対処をする前に基本の育て方をおさらい

育て方の基本を守ってるのに枯れる場合もあります。

出典: http://blog.livedoor.jp
種類豊富なドラセナの中でも人気のある種類には素敵な別名が付けられていましたね。綺麗な葉色や前向きな別名や花言葉のドラセナは、管理方法も簡単な為、ギフトやインテリアにおすすめの観葉植物なのですよ。ドラセナが枯れる原因を調べる前に、日常の管理方法、基本的な育て方からおさらいしてみましょう。

ドラセナは日光が大好き

熱帯地方の湿潤な森に自生するドラセナは耐陰性があります。よってドラセナは暗い場所でも枯れずに育つことが可能です。しかし、本来、ドラセナは日光が大好きな植物ですから、できるだけ日光に当てましょう。室内で育てる場合はカーテン越しの窓際がおすすめです。また夏に屋外に出す場合は明るい日陰に置きましょう。日光に適度に当たっているとドラセナが綺麗な葉色を保てますよ。直射日光は徒長と葉焼けの原因になるため強すぎる日差しにはご注意下さいね。

ドラセナの水やりは土が乾いてから

育て方の基本は水やりです。
水をあげなくてもあげすぎても枯れることがありますので基本をしっかり覚えて管理して下さいね。

出典: http://topicks.jp
ドラセナは季節によって水やりの回数を調節します。生長期の春から秋は、表土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。気温が下がる冬は、表土が乾いてから1~3日後に水を与えます。生長の滞る冬に水を与え過ぎると、根腐れの原因になりますので特に注意が必要です。一回の水分量は季節にかかわらず、たっぷりと、溢れて受け皿に水が溜まるくらいです。受け皿に溜まった水は根腐れ防止の為にもそのままにせず捨てて下さいね。

ドラセナは寒さが苦手

暖かい地域に自生するドラセナは、寒さが苦手です。特に冬の低温には注意しましょう。土を乾燥気味にすると比較的低温にも耐えますが、最低でも室内温度を5℃以上に保ちましょう。最近の住宅は気密性が高いので室内に置く場合は、暖房など特別な手間は必要ありません。しかし、窓際など低温になる場所に置くのは避けましょう。

ドラセナが枯れる7つの原因とその対処法は?

インテリアグリーンが枯れる前に原因を知りましょう。

出典: http://blog.goo.ne.jp
ドラセナの基本的な育て方をご紹介しました。日常のお手入れで見落としていた点はありませんでしたか?育て方が簡単だと言われているドラセナなのに、枯れてしまう場合は何が原因なのでしょう。枯れる原因を調べて重症化する前に救ってあげたいですね。今回は枯れる原因として考えられる7つのポイントをご紹介します。ドラセナが本格的に枯れる前に行うべき対処法も併せてご紹介しますので、参考にしてください。

【原因1】日光は足りている?

ドラセナの株自体に徒長が起こっていたリ、葉色が悪く枯れていたリする場合には日照不足の可能性があります。耐陰性のあるドラセナですが、日照不足の度を超すと枯れる場合もあります。日が差し込まない場所にドラセナをインテリアとして置く場合、定期的に日光に当てましょう。徒長し枯れたドラセナは、応急処置として枯れた部分の葉を切り落としてしまいましょう。その後、弱っている部分を中心に切り戻しなどの整枝で綺麗なシルエットに仕立て直しましょう。

【原因2】強い日差しに当たっていない?

葉が部分的に枯れる場合は、葉焼けの可能性があります。日光が大好きなドラセナですが、強すぎる光線は葉焼けを起こします。また、徒長したドラセナを急に強い日差しに当てると、ショックで枯れる場合もあります。ドラセナを屋外に出す場合は、徐々に光の強さに慣らすようにしましょう。そして、直射日光を避けて明るい日陰に置きます。もし、葉焼けしてしまったら、株自体が本格的に枯れる前に葉焼け部分をハサミで切り取りましょう。動画で切り取り方のコツをご紹介してますので参考にしてくださいね。
youtube

【原因3】水をあげすぎていない?

葉が枯れている状態で土から変な臭いがする場合、根腐れを起こしている可能性があります。水分過多や土の排水性が悪いと根腐れが起きやすくなりますが心当たりはないですか?根腐れを起こしている場合には、株が枯れる前に早急な植え替えで対処します。まず、根腐れの部分を取り除きましょう。そして、清潔な用土を入れた鉢に植え替えます。ただし、冬場の場合は植え替えにより枯れる可能性もありますのでご注意下さいね。

【原因4】乾燥し過ぎていない?

インテリアグリーンのお世話に、霧吹きは必須アイテムです。
葉が枯れる原因の予防ともなる葉水に使います。

出典: http://ameblo.jp
株自体に元気がなく干からびるように枯れる場合は、水不足の可能性があります。乾燥気味がいいとは言っても過度な水不足は植物の枯れる原因になります。水やりのタイミングを見直しましょう。葉や茎の表面の乾燥を防ぐために時々、葉の裏や表に水をかけると葉がより元気になりますよ。特に、冬場にエアコンをつけた室内は空気が乾燥し、湿度が不足しがちになりますから、室内の場合は、霧吹きでこまめに葉水をしましょう。乾燥し過ぎで葉が枯れてしまった場合は、枯れた部分を切り取ります。気温の下がる時期に剪定を行い過ぎると株にダメージを与えますので、切り取る部分は最小限にしましょう。本格的な仕立て直しは春先がおすすめです。

【原因5】鉢は小さすぎない?

ドラセナが徐々に枯れたり、水やり時の浸み込みが悪くなっていたりしたら根詰まりの可能性があります。鉢から土ごと取り出して確認してみしょう。根詰まりは、鉢の裏側からみて分かる場合もあります。根がはみ出していたら根詰まりを起こしている証拠です。根詰まりも枯れる原因となります。ひと回り大きな鉢を用意して植え替えを行うか、根鉢を3分の1程切り落として、同じ大きさの鉢に植え替えましょう。

【原因6】暑すぎる場所、寒すぎる場所で育てていない?

育て方として、通気にも気をつけましょう。

出典: http://www.sanwacompany.co.jp
ドラセナが徐々に枯れる場合、暑すぎ寒すぎに心当たりはないでしょうか。ドラセナは冬でも5℃以上で管理する必要があります。冬場枯れる場合は低温になる場所に置いていないか再確認しましょう。日中は暖かくても屋外に面した窓際などは、夜間には低温になります。分厚いカーテンを閉める、窓から離れた場所に置くなどの方法をとりましょう。一方で夏の暑さは水分を思っている以上に消費しますから水やりの回数を再度確認してくださいね。その上で蒸れないように風通しの良い場所に置くと良いですよ。

【原因7】病害虫は大丈夫?

カビや病害虫の発生が枯れる原因になる場合があります。表土にカビは生えていませんか?また、害虫は葉の裏や新芽、株元など一見分かりづらい場所に発生します。日頃のチェックでカビや病害虫の早期発見を心掛けましょう。病気が発生したときは殺菌剤などの薬剤を使い、害虫が発生した場合は、殺虫剤を使いましょう。

枯れたドラセナを挿し木で復活させるには?

インテリアにぴったりなワーネッキーレモンライムです。
葉先から枯れることがありますので葉水の際に注意して確認してあげて下さいね。

出典: https://hitohana.tokyo
部分的に枯れる状態から始まり、放っておけば全体的に枯れる原因となる7つのポイントをご紹介しました。実際に葉の変色、徒長、根腐れ、病害虫被害などの度合いが進み、株自体が枯れるに至ったドラセナはどうしたらいいでしょうか。実は、復活の見込みが難しいドラセナでも一部が元気なら挿し木で復活できます。株自体が完全に枯れる前に復活させましょう。それでは挿し木の方法をご紹介しますね。

挿し木とは?

根腐れした部分は、株が枯れる前に取り除きます。

出典: http://d.hatena.ne.jp
挿し木とは、種から育てるのが難しい観葉植物を増やす場合に多く用いられる方法です。植物の健全な部分を切り取り、土に植えて根や芽を出させます。葉、茎、根など挿し木に使う植物の部位により呼び方が変わります。挿し木は株を増やすときに用いる方法ですが、弱り果てた植物を枯れる前に復活させる際にも利用できます。

ドラセナの茎や根の元気な部分を見つけよう

かなり傷んでいて復活が不可能に思えるドラセナでも一部が元気であれば十分挿し木で復活が可能です。完全に枯れる前に元気なところを探してあげましょう。ドラセナの茎や根をよく観察してみましょう。水分量があり色艶の良い、元気な部分はありませんか?ドラセナの挿し木は一般的に茎の部分を土に挿して発根させる方法を用いますので、茎を優先的に探すと良いかもしれませんね。

挿し木をしてみよう

枯れていると思われたドラセナに元気な部分が見つかったら挿し木をしましょう。温度と湿度が高まる5月~6月頃が挿し木のベストシーズンです。生長期でもありますので、上手に挿し木をすれば新しい根がぐんぐん伸びてきますよ。よく切れる剪定バサミを使用すると植物の組織をつぶさず切断できるので、挿し木の成功率が高くなります。切り口を鋭く切るのがコツです。土は、水はけの良い専用土がおすすめです。

まとめ

インテリアとして、ぜひ飾りたいドラセナです。

出典: https://hitohana.tokyo
今回は、観葉植物のドラセナが枯れる7つの原因とその対処方法をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。枯れる原因を押さえておけばドラセナを上手に管理できますね。室内でインテリアとして楽しむ観葉植物ドラセナを購入しても、枯れる要素たっぷりの環境・管理では悲しい結末になります。枯れる原因を取り除いて楽しい観葉植物ライフを送りましょう。インテリアなど大型サイズの観葉植物を購入する場合は、通販サイトがおすすめです。数ある通販サイトの中でも産地直送スタイルのHitohanaは、比較的安く良品質の商品を購入できますよ。産地直送スタイルは新鮮な観葉植物をギフトとして贈りたいときにもぴったりです。リフレッシュ効果のある観葉植物のある暮らしで、生活がより一層楽しくなりますように。

おしゃれな鉢カバー紹介

観葉植物を一段とおしゃれに飾るため、鉢カバーに入れてみてはいかがでしょうか?観葉植物の鉢がむき出しだとせっかくの雰囲気が台無しです。素敵なインテリアにするため鉢カバーに入れてみましょう。

出典: https://hitohana.tokyo
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ