目次

手作り鉢カバーで世界に一つだけの一鉢を

DIYで手作り鉢カバーを作ってみましょう。

出典: http://tsuchitomo.net
観葉植物を購入してしばらく経った頃、「部屋の雰囲気を変えたいけど、新しい鉢を買うのもなあ」とお悩みではありませんか?そんな時は鉢カバーを手作りしてみましょう。そもそも鉢カバーとは観葉植物が植わっているプランター(鉢)を覆う、プランターよりも一回り大きい器のことです。底に穴がないのが特徴で、デザイン性が高く、様々な素材の鉢カバーが販売されています。鉢カバーを変えることでインテリアの雰囲気も変わりますし、手作りすればよりいっそうインテリアに合った鉢カバーになりますよ。DIYブームの昨今では安価なお値段で材料を揃えることができ、簡単に鉢カバーを手作りできます。また、家にある使いみちのないビンなどをリメイクすれば材料費0円で作れますね。ちなみに鉢カバーはプランター(鉢)とは違い底に穴が空いていないので、水遣りで溜まった水を捨てないと根腐れの原因になります。注意してくださいね。ぜひ手作りで世界に一つだけの鉢カバーをDIYしてみましょう。

鉢カバーを手作りしよう【ぶきっちょさんでも大丈夫!初級編】

DIY初心者でもできる手作りの鉢カバーは容器に入れるだけなので簡単ですよ。

出典: http://dqmsl.co
手作りしたことのない方や、不器用な方は容器に入れるだけの簡単な鉢カバーに挑戦してみましょう。家に余っている生活用品や、思い出の品など鉢カバーになる材料はたくさんあります。ぜひオリジナルの鉢カバーを手作りしましょう。

ブリキ容器に入れる

ブリキの鉢カバーをDIYでアレンジしても素敵です。

出典: http://www.cawshop.jp
ブリキの鉢カバーでインテリアをスッキリとした印象にしませんか?100円ショップでもおしゃれなブリキのバケツやジョウロなどが販売されているので簡単に挑戦できますよ。観葉植物の植えてあるプランターより大きいサイズのブリキ容器を用意して、すっぽり入れるだけなのでDIYしたことのない方や不器用な方でもできます。好きなシールを貼ったり、スプレーで色を変えたり、アクリル絵の具で絵を書いても素敵ですね。

貝殻を使ってエアープランツ

貝殻も手作りのオリジナル鉢カバーになります。

出典: http://www.westelm.com
思い出の貝殻を活用して、手作りの鉢カバーでエアープランツを楽しみましょう。通販でもおしゃれな貝殻を販売しているので挑戦しやすいですよ。エアープランツとは土に根を張る必要がなく空気中の水分を吸収して育つ観葉植物のことです。土を入れる必要がないので土から虫が発生したり、土をこぼすことがありません。そのため好きな場所に置けるインテリア性の高さが人気です。育て方も簡単で、週に3回程度、葉水をしてあげるだけなので手軽さも人気の理由ですよ。殻の上部に穴を開けて吊るしてもおしゃれですね。ちなみに土が必要な観葉植物を育てたい場合は、水はけを良くするために貝殻の底部に穴を開けるか、ハイドロカルチャーを使うと観葉植物が元気に育ってくれます。

ワインの木箱に寄せ植えしよう

木箱の鉢カバーは簡単な上にインテリアとしてもおしゃれになります。

出典: http://tempu.net
ワインの木箱は側面に銘柄が刻印されているので、ひとつあるだけでもおしゃれなインテリアのアクセントになりますよ。木の持つナチュラルな質感や優しい風合いは雰囲気のある空間作りに役立ちます。ワインの木箱は通販でも販売していますが、安く手に入れたい方は酒屋さんに聞くと手に入るかもしれません。木箱で鉢カバーを手作りする際は、底に排水用の穴を開けてくださいね。鉢カバー自体が腐らないためにも、ホームセンターなどで売っている防水スプレーやビニールシートを底に使用することをおすすめします。また、植える際に網を敷いてから軽石を底に敷くと水はけも良くなり、観葉植物も木箱も腐りづらくなりますよ。木箱に直接土を入れたくない場合は、木箱より高さの低いプランターを入れてヤシファイバーなどで目隠ししても素敵ですね。

卵の殻で鉢カバー

手作りならではのナチュラルさが素敵ですね。

出典: http://lilliedale.blogspot.jp
卵の殻を使った鉢カバーは、まるで卵から小さな芽が生まれたようなかわいい姿を楽しめますよ。材料費0円で手作りできるのでぜひ挑戦してみてください。作り方の手順は簡単で、卵料理を作るときに、卵の尖っている方に小さい穴を開け中身を出します。殻の中は良く洗いましょう。観葉植物を植える際は、殻の中に水苔を敷き、その上に土をいれて箸やピンセットなどで観葉植物を植え付けるだけです。たったこれだけの作業でおしゃれな殻の手作り鉢カバーができるのは嬉しいですね。エッグスタンドに入れたり、ワイヤーでカゴを作ってインテリアに飾っても素敵です。ちなみに観葉植物が大きく育ったら殻ごと土に植えても大丈夫なので、植え替えも簡単ですよ。

鉢カバーを手作りしよう【個性が光る!中級編】

少しだけDIYらしい作業で鉢カバーを作ってみましょう。

出典: https://plus-handicap.com
容器に入れるだけでは物足りない方におすすめなのが、プランターに色や柄を加えることです。手作りすればお好きなデザインに出来るのでより一層、インテリアに合う鉢カバーになりますよ。ぜひ人とは違った個性的な鉢カバーを手作りしてみましょう。

素焼き鉢にペインティング

お子さんと一緒にペインティング鉢カバーを手作りするのも楽しいですね。

出典: http://emidea.hamazo.tv
素焼きのプランターは通気性がとても良く、排水性の高さが特徴のプランターです。しかし通気性が良いために水を与えすぎてしまい、カビが発生してしまうこともあります。そのため塗装をする際には水性のペンキを使いましょう。水性であればプランターの通気性を活かしたまま着色できますよ。水性ペンキといっても天然樹脂や合成樹脂を使っているので乾いた後は耐水性があります。不安なようでしたら屋根や壁用の水性ペンキで塗ると安心ですよ。油性ペンキは、プランターの通気性を奪ってしまうので使わないように注意してくださいね。塗る時にスポンジや筆、タオルなどの身近な生活用品を使い分けることで、手作りならではの一味違った風合いを出せるので、さまざまにアレンジ出来ます。ホームセンターでは、黒板塗料や、塗るとひび割れていく塗料なども販売しているので、お好みの塗料で手作りしてみましょう。

マニキュアでマーブル柄にしよう

手作りでこのクオリティー、おしゃれですね。

出典: http://www.instructables.com
ペイントで柄を描くのも良いですが、余ったマニキュアで一点ものの鉢カバーを手作りしませんか?マニキュアを使うと筆だけでは描き切れないマーブル柄を手作りで描くことができますよ。手作りする時はマニキュアが手につくのを防ぐためにゴム手袋をして作業してくださいね。それでは手順をご紹介します。まず使い捨てできる容器にぬるめのお湯を入れ、水面に1色目のマニキュアを浮かべるようにそっと垂らします。次にネイルリムーバーをお湯の中に少し垂らし、2色目もゆっくりと水面にうかべるように垂らしましょう。そして、つまようじなどで水面の上をゆっくりと混ぜ合わせながらマーブル柄を作ります。プランターを横にして、柄が崩れないようにそっと付けてください。水面のマーブル柄を写し取るように水面に付けると綺麗に出来ますよ。最後に乾燥させれば手作り鉢カバーの完成です。

デコパージュで好きな柄を貼り付けよう

様々な柄を手作りしてみたいですね。

出典: http://www.apartmenttherapy.com
プランターに柄を付ける方法はペイントだけでなくデコパージュという方法もあります。デコパージュとは紙を専用液で木材や石鹸などに貼り付ける工芸のことです。好きなデザインのペーパーナプキンやコピー用紙で作れるので人気があります。ホームセンターや100円ショップでもデコパージュ専用液が手に入るので気軽に手作り出来ますよ。手順も簡単で、プランターに専用液をムラなく塗り、好きなデザインの紙を貼り付け乾かします。乾いたら専用液を塗り、更に乾かしたらもう一度塗って完成です。デコパージュ専用液は防水性があるので鉢カバーのアレンジに向いています。余った布やフェルト、レースなどを貼り付けてもロマンチックな雰囲気が出て素敵ですよ。デコパージュ専用液を塗った所はツヤが出るので素焼きの風合いを残したい場合はマスキングテープなどで保護し、塗らないように注意しましょう。

ワイヤーで好きな形を作ろう

ワイヤーなら手作りでも形を変えやすいです。

出典: http://oiralife.blog94.fc2.com
ワイヤーは曲げたり、編んだり、ねじったりとアレンジをしやすい材料の一つです。ワイヤーとペンチだけで手作りできるので挑戦しやすいアレンジですよ。ワイヤーも様々な色の商品が販売されているので、プランターに合わせて色を選べるのも楽しいですね。実際にワイヤーを扱う際、板がけという大切な工程があります。板がけとは装飾しやすくするために、作業台の面と板を使って、コロコロと転がしながらワイヤーを真っ直ぐに加工する工程です。粘土を細長くするようにコロコロと伸ばします。板がけの一手間でワイヤーが手作り用に加工しやすくなりますよ。ワイヤーをプランターに沿わせて巻きつけるだけでオブジェのようになりますし、手先が器用な方はカゴを手作りするとより一層おしゃれな鉢カバーになりますね。ちなみにアルミや銅のワイヤーが加工しやすいのでおすすめです。

フェルトの手作り鉢カバー

インテリアに合わせてフェルトの鉢カバーをDIYしてみましょう。

出典: http://ameblo.jp
余りがちなフェルトで鉢カバーを手作りしてみましょう。まずはプランターを横にして転がしながら型をとります。フェルトが鉢よりも一回り大きくなるように作ってください。フェルトを切り取ってプランターに直接貼り付けても良いですし、縫い合わせてプランターに被せるだけでも良いです。刺繍を施したり、別のフェルトで柄を作ったりと手作りならではのアレンジの幅も広がりますよ。貼り付けずに色違いで手作りしておけば、気分に合わせて簡単に取り替えられる点も素敵ですね。

鉢カバーを手作りしよう【チャレンジ!上級編】

DIY経験者はより高度な手作りに挑戦しましょう。

出典: http://omoide-hitokoto.com
日頃から手作りで雑貨を作っている方はぜひ、ワンランク上の鉢カバーに挑戦しましょう。手作りならではの温かさや、こだわりのある鉢カバーを作ってくださいね。

紐を編み込んで作ろう

手作りならではの温かみがあります。

出典: https://roomclip.jp
巻きつけるだけでも可愛い麻紐ですが、編み込んだ鉢カバーを作ってみませんか?麻紐はガーデニングだけでなく、鉢カバーにも使えますよ。麻紐でつくる鉢カバーはグリーンとの相性も良く、優しい雰囲気を作り出してくれます。取っ手をつければ吊り下げ可能な鉢カバーにもなるのでアレンジの幅が広がりますね。ボタンや手編みのコサージュなどを飾っても可愛いですよ。色違いの麻紐を何色か編んでおけば、その日の気分で鉢カバーの模様替えも可能です。身近にある毛糸や荷造り用の紐を使って編んでも素敵ですね。

タイルで幾何学模様

タイルを使った手作りの鉢カバーも綺麗ですね。

出典: http://worktable.jp
タイルは色や形の種類が豊富な手作り材料です。シンプルなプランターもタイルを貼るだけで、印象がガラリと変わりますよ。それでは作り方の手順をご紹介します。まず用意したタイルの色と配置が決まったら、タイルとタイルの間を0.5㎜ぐらい空けて鉢にボンドで貼っていきます。ボンドは乾くと透明になるので、はみ出しても大丈夫ですよ。ボンドが乾いて、触ってもタイルが動かないことを確認したら、いよいよセメントで隙間を埋めていきます。セメントがいらない箇所にはマスキングテープを貼っておきましょう。セメントはホームセンターの手作りコーナーなどでも売られているので、手に入りやすい材料です。隙間をセメントで埋めたら、濡れたスポンジで余分なセメントを拭き取っていき、最後にいらない布で綺麗に拭き取ります。あとは乾燥させたら完成です。

端材でオリジナルの鉢カバー

手作りなので好きな大きさにできますよ。

出典: http://mabsun.blog.fc2.com
日頃から手作りをしている方にとって処分に頭を悩ませる端材ですが、今回はその端材を鉢カバーに変身させちゃいましょう。うまく組み合わせれば材料費0円で作れますよ。木材に彫刻刀で凹凸を付けたり、好きな色にペイントしたり、インテリアに合ったデザインを自分でゼロから作れるのは嬉しいですね。手作りする際は鉢のサイズに合わせて、できるだけ無駄な部分がでないようにカットしましょう。木材をつなぐ角材は、鉢の高さに合わせてカットし、鉢より一回り大きい鉢カバーになるように作ります。ホームセンターでは木材のカットサービスもあるので、ぜひ利用してくださいね。底にキャスターを付けると日当たりが悪い場合に場所を移動できるので便利ですよ。

まとめ

ぜひ鉢カバーを手作りしてみましょう。

出典: http://mamari.jp
簡単な手作り鉢カバーから手の込んだ手作り鉢カバーまで、様々な鉢カバーのアイデアをご紹介してきましたがいかがでしょうか?家で眠っているビンや缶などをリメイクすれば一石二鳥ですし、ほとんどの材料が100円ショップで手に入るので手軽に手作り鉢カバーに挑戦できそうですね。手作りだからこそインテリアに合わせた鉢カバーを作ることができます。ぜひ世界に一つだけの手作り鉢カバーをDIYしておしゃれな観葉植物のある生活をより一層楽しんでくださいね。

関連するまとめ