目次

法事・法要のお供えに胡蝶蘭を贈ろうと思ったら

故人を偲ぶ法事や法要の機会などに仏壇に花を添えてみませんか?

出典: http://www.photo-ac.com
もうすぐ法要の時期が迫っていてお供えにお花を贈ろうかなとお考えの場合、何を選ぶのかは悩みの種ですよね。そのような場合胡蝶蘭はいかがでしょうか?胡蝶蘭は一般的にはお祝い用というイメージが強いですが、その格調高い花姿と清らかな花色から、法要・法事のお供え花としても喜ばれます。また、胡蝶蘭は花持ちが大変良く、環境によっては1ヶ月以上も長くお花が楽しめます。そのため、お悔やみ・お供えの花としても人気が高まりつつあるのです。そこで今回は四十九日以降の法事・法要の一般的な知識とマナーをチェックするとともに、法事・法要のお供えにおすすめの胡蝶蘭をご紹介したいと思います。

法事・法要のお供え花に胡蝶蘭を

仏壇に素敵なお供えをして遺族の方を慰められるとよいですね。

出典: https://hitohana.tokyo
そもそも法要(法事)とは、故人を供養し、その冥福を祈る仏教の行事です。一般的な忌明けとされる四十九日を始めとして、一周忌、三周忌…と年忌供養をしていきます。その他にも命日、お盆などお供え花を贈るシーンは多々あります。また、最近では家族の一員であるペットが亡くなった時、お別れのイベントをすることも多くなってきました。そんな時にもお花を贈ってさしあげると、飼い主さんの心を慰めることでしょう。このようにいろいろなシーンで、お供えとして相応しいお花のひとつが胡蝶蘭と言えます。お供えとして贈る場合、基本的には白の大輪系胡蝶蘭をおすすめしますが、故人がお好きな色なら薄いピンク系も上品で良いのではないでしょうか。また、置き場所によっては、小ぶりな花ながらも存在感のあるミディ胡蝶蘭もいいでしょう。

以下、お供え花を贈りたいシーン別に、一般的知識とマナーを順を追って解説していきます。

四十九日後からのお供え花

四十九日を境にお供えマナーは少し変わってきます。

出典: http://hajimeteno-sougi.com

四十九日

最近の傾向として、初七日を葬儀と同時に済ませることが一般的になってきましたので、お供え花を贈りたい場合はこの四十九日の法要に贈ると良いでしょう。式場へ直接届ける場合は、当日の法要が執り行われる時間までに届くようにします。葬儀と同様に、別途持ち込み料やお花の指定などがあることも考えられるので、事前に問い合わせをしましょう。ご自宅で法要が行われる場合、当日ご遺族の方は準備で慌ただしいですから、法要の前日までにお花が届くよう手配しましょう。お花のお色は四十九日までは白が贈るのが好ましいとされていますが、淡い色みや、故人が好きだった色を取り入れてもかまいません。名札・立て札に「御供」「供」と書き贈り主の名前を入れます。

一周忌など

法要の中でも「一周忌」は一般的には最も重要とされています。そしてそれ以降の法要はだんだんと親族だけで営まれることが多くなります。しかし親族であってもどうしても都合が合わずに参列できない場合もあるでしょうから、そのような時にはお供え花を贈ると良いでしょう。祭壇まわりを華やかにし、故人へのご供養の気持ちが表せます。四十九日を過ぎているので、故人が好きだった色や明るい色など、徐々に色みを加えていっても構いません。ご遺族が寂しい想いをされないよう上品な色合いの胡蝶蘭を選んでみてはいかがでしょうか?

お盆

お盆にも法要が行われることがあるのでなるべく家族でお墓参りしたいものですね。しかし離れて暮らしていたりして帰省できない時などは、お供え花を届けるのもおすすめですよ。お盆の時期は一般的には8月13日〜16日(一部地域は7月13日〜16日)とされています。お盆に入る前日までにお届けすると、先方も準備ができるので好ましいでしょう。また自分が帰省する場合はあらかじめ届くように手配しておくと、荷物にならず便利です。新盆・初盆には白が基調のものか淡い色でまとめたお花が良いでしょう。それ以降のお盆なら明るい色でもいいですね。

ペットの葬儀・法要に贈るお供え花

ペット葬が増えてきています。仏壇やお供えのマナーも昨今大切になってきていますね。

出典: http://pochito.net
今やペットは家族同様、大切なパートナーですね。亡くなったときの悲しみとショックは大きくペットロスに陥る方もいらっしゃいます。亡くなったペットが天国で楽しく過ごせるよう祈ると同時に、残された飼い主さんのお気持ちを察してあまり大げさ過ぎない可愛いお供え花を贈ってさしあげると、悲しみの心が少しは癒やされるかもしれませんね。色は白にこだわらず優しい色みのものでも失礼ではありません。ピンク系の可愛いらしい胡蝶蘭もありますよ。

法事・法要でお供え花を贈る時のポイントをチェック!

仏壇のお供え花が沢山あると故人も喜びそうですね。

出典: http://www.kyoto-ekouji.jp

四十九日前と四十九日後では花色に気を遣って

四十九日前なら白が基本です。故人やご遺族の意向によっては色花を使う場合もあります。四十九日を過ぎたあたりから徐々に淡い色を加えていくのも良いでしょう。年月を経るとともに明るい色にしていきましょう。

立て札・カードは?

斎場やお寺に届ける場合は立て札に贈り主の名前を入れておくと、どなたからの贈り物か分からなくなるといった混乱が避けられます。ご自宅に届ける場合はこの限りではありません。メッセージカードなどに一言故人を偲ぶ言葉を添えても良いでしょう。少し不安がある場合はお買い求めになる店に相談すれば間違いありませんね。

ラッピングは?

仏事には専用のラッピングが準備されていることが多いです。

出典: http://www.photo-ac.com
白や薄紫・緑など淡い色がおすすめです。派手な色や豪華すぎるリボンは向いていませんので店には必ず「法要(法事)用のお花です。」と伝えましょう。

法事・法要におすすめの胡蝶蘭3選

仏壇におすすめの胡蝶蘭をご紹介します。

出典: http://amanaimages.com

1位 胡蝶蘭大輪 ピンク3本立ち

大輪系ですが3本立ちなのでお供えとして贈りやすいサイズです。花並びが見事でピンクの色みが美しいので、四十九日を過ぎた法要や、故人が女性の場合などのお供えとして喜んでいただけるのではないでしょうか。
胡蝶蘭大輪
ピンク 3本立ち 21輪前後
商品詳細へ  >

2位 胡蝶蘭中大輪ゴールデンエイジ3本立ち

鮮やかな黄色の花びらの真ん中に一点赤があしらわれた、大変優雅な中大輪の胡蝶蘭です。その明るい花色は、法要のお席での故人の思い出話に彩りを加えてくれます。大輪より一回りコンパクトな中大輪の3本立ちなので、比較的狭いスペースにも置きやすいサイズとなっております。
胡蝶蘭中大輪
ゴールデンエイジ 3本立ち
商品詳細へ  >

3位 胡蝶蘭大輪白5本立ち

贈り物として大定番の大輪白胡蝶蘭はどの時期のお供え花としても贈ることができますよ。その風格ある姿が故人を偲ばせることでしょう。こちらは5本立ちとなっておりますので、ある程度のスペースを必要といたします。そのため送り先の広さを考慮するといいでしょう。
胡蝶蘭大輪
白 5本立ち 50輪〜58輪前後
商品詳細へ  >

まとめ

いかがでしたか?四十九日を過ぎてからの、お供え花の贈り方の基本をみてまいりました。四十九日以内のお通夜やご葬儀のお供えに贈る胡蝶蘭のマナーもぜひ参考になさってください。日本において慶弔事のマナーや風習は、地域や時代によって様々です。しかし大事なことは、想いが伝わること。故人を偲び、ご遺族の気持ちに寄り添えるようなそんなお花を選びたいものです。ご予算に合わせて胡蝶蘭は贈る側の想いをきちんと伝えられる最適なお花と言えるのではないでしょうか。
胡蝶蘭ならひとはな

関連するまとめ