目次

エアープランツのチランジアはどんな植物?

自生するエアープランツ・チランジア

出典: https://commons.wikimedia.org
エアープランツのチランジアとはパイナップル科の常緑多年草の植物のうち小型の種を指しています。環境に適応するために多種多様に生態を変化させた、とてもユニークな形の植物です。現在確認されているだけでもチランジアを始め700種類以上のエアープランツがあります。ぜひ正しいエアープランツの育て方を知り多くのエアープランツ・チランジアの魅力に出会って下さいね。

エアープランツ・チランジアは土のない場所でも育つ

エアープランツは空気中から水分を吸収する性質があるのですが「エアー」プランツという名前から置いておくだけで良いと誤解されていることも多い植物です。しかしそれはチランジアが自生している環境に限っての事なのですよ。エアープランツ・チランジアは岩石や他の樹木に着生し自身の葉や根から空気中のわずかな水分を効率よく吸収している為、土を必要としません。その為エアープランツは自由自在に飾る事が出来るのですね。

エアープランツ・チランジアは花を楽しめる

チランジア・キアネア日本では花アナナスで知られているエアープランツ・チランジア

出典: http://indoor-plants.net
エアープランツ・チランジアはとても美しい花を付け子株もでき育てれば育てるほど楽しみが増していく植物でもあります。チランジアは葉が独特なだけでなく、野性味溢れる容姿からは想像できないような美しい色や形の花を咲かせてくれます。エアープランツの中でも希少種になるほど育て方に工夫が必要で、一筋縄ではいかないからこそ開花させる楽しみがありますよ。花を咲かせる観葉植物は様々ありますが、エアープランツの花は他の花には見られない独特な形が魅力ですよ。

エアープランツ・チランジアは気長にクランプを楽しめる

チランジア・ストリクタのクランプから一斉に開花した姿は圧巻です

出典: http://www.kagiken.co.jp
エアープランツは葉や花以外にクランプを作る点も魅力です。クランプとは子株が連なって付いている状態のことで、エアープランツ・チランジアは単体でも十分楽しめますが連なって増えていく子株によって見た目の違いを楽しむことができます。そして子株が親株と同じくらい育ったら切り離して新たな親株として育てるなど育て方の工夫次第で長く楽しむ事が出来るのです。

エアープランツの真骨頂!チランジアのおしゃれな飾り方

エアープランツ・チランジアだからこそ出来る飾り方

出典: http://www.sh-dz.net
エアープランツ・チランジアの最大の利点は用土を必要としない事です。エアープランツは自由に飾り思いのままにインテリアに取り入れる事が出来ますよ。風通しの良い柔らかい光の差す場所で風に揺らめくエアープランツや、ガラスの中の不思議なグリーンなどはエアープランツにしかできない飾り方ですね。それでは様々なシーンにあるエアープランツ・チランジアを紹介しますのでアレンジの参考にしてください。

鉢植えで並べる・寄せ植え・吊るす!

とても不思議な逆さまに生える植物エアープランツ・チランジア

出典: http://www.decoist.com
グリーンを部屋に一つ飾るだけでもリラックスできる空間を作る事が出来ます。エアープランツを観葉植物と一緒に壁や天井に吊り下げて飾るとグリーンで溢れる癒しの空間が作れますね。

エアープランツを砂と玉砂利と共に植え込む

出典: http://www.chicagotribune.com
エアープランツなら土を濡らす必要がないので、土に根を張り根から水分を吸収する観葉植物のようにカビなどの心配なく室内に飾る事が出来ます。

風の通りが良く柔らかい日差しの差す浴室はエアープランツにとって最高の環境

出典: http://marjorymejia.com
エアープランツの中でも人気のウスネオイデスは、乾燥を嫌うタイプのエアープランツ・チランジアの一つです。このような性質のエアープランツを飾る場合は寄せ植えにして浴室に飾ってみてはいかがでしょう。とても軽く、ぶら下げていても安心です。しかし、エアープランツは乾燥と同様に蒸れた環境も嫌いますので換気は十分行ってくださいね。

エアープランツのさりげないグリーンが癒しをくれる

出典: http://ohsoverypretty.com
ガラス瓶の中に小石とエアープランツを入れただけでも何もなかった白い壁にグリーンの癒し空間が広がります。パソコン周りは思いの外乾燥した環境になっているので、電気製品の周りにエアープランツを飾る際は株の状態をよく見て水やりやソーキングをこまめに行いましょう。

エアープランツは透明容器でも大丈夫!

エアープランツをテラリウム風に飾る

出典: http://www.gardenista.com
ガラス容器を被せるだけで簡単エアープランツのテラリウム完成です。土を使わないので衛生的で飾る場所を選びませんが、エアープランツ・チランジアは水分が大好きな品種も沢山あるので水やりやソーキングは忘れないであげて下さい。そしてガラスの中は通気性がなく蒸れた環境になりがちなのでソーキング後のエアープランツの乾燥はしっかりと行いましょう。

流木などに着生させて壁へ!

エアープランツの自然な姿を再現

出典: http://www.designsalononline.com
自然の素材と合わせるとエアープランツ本来の姿が見え生き生きとして見えますね。チランジアは100円ショップも手軽に入手できるエアープランツなので沢山集めて流木やコルクに着床させ自然な姿を楽しむナチュラルインテリアとして飾る事が出来ます。

エアープランツ・チランジアの種類とは?

環境が違えば姿形も変わるエアープランツ・チランジア

出典: http://www.mollymuriel.com
エアープランツ・チランジアは環境に合わせて生態を変化させてきた植物です。そのため自生する場所によって吸水の仕方や育て方が変わってきます。まずチランジアは吸水の仕方によって2タイプに分けられています。1つはエアータイプのチランジアでエアープランツと呼ばれ、トリコームの量で銀葉種と緑葉種に分けられています。そしてもう1つがタンク型と呼ばれるタイプで、このタンク型は土植えに適したチランジアです。それでは育て方が簡単で初心者にも扱いやすいエアープランツ・チランジアの人気品種を種類別に紹介いたします。

銀葉種のチランジア

銀葉種が自生している環境は主に乾燥地です。そのため空気中から効率よく水分を確保するために葉の表面に粉をふいたような毛が生えています。その毛はトリコームと呼ばれ、このトリコームが多く葉が灰緑色の品種を銀葉種と呼んでいます。乾燥した環境に適した品種で葉が分厚くトリコームの長い品種程、水分を貯える力が強くなります。そのため水やりやソーキングの際は水分過多にならないよう気を付けましょう。

  • チランジア・ストリクタ(Tillandsia stricta)

育て方が簡単な開花間近のチランジア・ストリクタ

出典: https://tillandsiaaffair.wordpress.com
ストリクタは南米原産で初心者におすすめのエアープランツです。南米と言っても高山の環境は湿度が低く、他の乾燥地のチランジアよりも湿度を好みます。そのため水やりはこまめに行い、また株を水につけるソーキングは週に1回のペースで行うと元気に育ちます。ストリクタが初心者に向いている訳は水やりのタイミングが目で見て分かるというところです。水分が足りなくなると葉が丸まり株全体の張りが無くなるので、そんな時にはしっかりと水やりをしてあげて下さい。追肥も好きな品種なので時々規定通りに希釈した液体肥料を与えるとどんどんクランプを増やして花を咲かせます。育てがいのある可愛いチランジアですよ。
  • チランジア・イオナンタ(Tillandsia ionantha)

名前の由来となっている菫色の花が咲いているチランジア・イオナンタ

出典: http://plantoddities.com
とてもポピュラーなエアープランツ・チランジアです。イオナンタとは菫色の花と言う意味で、その名の通り筒状の菫色の花を咲かせます。イオナンタは株ごとに大変個性がありますのでイオナンタだけでもコレクションしていて飽きません。原産国はメキシコですが中国北部、シベリア南東部、朝鮮半島に自生していて20度前後の気温を好みます。株自体の体力が少ないので乾燥には注意して水やりは週に2・3回ソーキングは月に1回行ってあげて下さい。生育が遅いのでクランプが出来るまでに時間はかかりますが、直射日光を避け風通りの良い明るい場所でのんびりと育ててあげて下さい。
  • チランジア・ウスネオイデス(Tillandsia usneoides) 別名スパニッシュモス、サルオガセモドキ

人気のエアープランツ・チランジアの中でもふわふわタップリとしたチランジア・ウスネオイデス

出典: http://jardideldrach.blogspot.jp
初心者にも育てやすいチランジアです。原産地は南米・アメリカ南部で木に着床し下に垂れ下がるように成長します。乾燥が特に苦手で梅雨時期などは外で雨ざらしでも大丈夫なほどです。しかし乾燥を嫌うと同時に多湿も嫌うので水やりの後はしっかりと風に当てて乾燥してあげて下さい。ふわふわモジャモジャと増えていきますので時々束を解して中が蒸れないようにします。週に2、3回の水を与え、その後にしっかり乾燥させることに気を付けましょう。春先には緑色の小さくて可愛い香りのする花を楽しむ事ができます。
  • チランジア・テクトラム(Tillandsia tectorum)

エアープランツ・チランジアの女王とも言われるチランジア・テクトラム

出典: http://plantaflor.com
テクトラムは白くフワフワとしたとても美しいチランジアです。原産地はエクアドルやペルーの乾燥地帯で乾燥した環境には特に強い品種です。テクトラムには丸く放射線状に葉を広げたロゼットタイプと葉が上に向かって立っている茎のあるステムタイプ、そして大型のギガントタイプなどがあります。テクトラムのフワフワとした見た目と乾燥に強い秘密は、白く長いトリコームにあります。この白く長いトリコームがしっかりと水分を貯えてくれるのでチランジアの中でも特に乾燥に強いのです。そのため水のやりすぎは白い毛を痛めてしまうので、水やりは週に1回霧吹きで湿らす程度で大丈夫です。

緑葉種のチランジア

緑葉種の特徴はトリコームが少ないので葉が緑でツルっとしています。店頭などでよく見かけるエアープランツは緑葉種が多いです。トリコームが少ないので銀葉種のエアープランツに比べ強い日光と乾燥に弱いので水やりとソーキングのタイミングに注意しましょう。
  • チランジア・メラノクラテル(Tillandsia melanocrater )

エアープランツ・チランジアがパイナップルの仲間だとよくわかるメラノクラテル

出典: http://www.tillandsiatown.com
トリコロールの変種でとても強いのが特徴です。強いと言っても緑葉種の自生する環境は湿度があり、乾燥や日光は苦手のため水やりと室内の環境には十分注意して下さい。原産地は北米南部・中南米です。明るいグリーンで硬くシャープな葉がインテリアグリーンとしてお部屋に映えます。そして開花前には赤く紅葉してくるので一年を通して楽しむ事の出来るチランジアです。乾燥や蒸れにも弱く、水は2、3日に1回の夜に与え風通しの良い場所で乾かしましょう。水分が足りないと葉が閉じてきますので水やりやソーキングのサインにします。
  • チランジア・フィリフォリア(Tillandsia filifolia)

松葉の様な繊細な葉と小さな花が可愛いエアープランツ・チランジア

出典: http://ichiro-ueno123.sakura.ne.jp
高山が原産のフィリフォリアは針のように細い葉を持つエアープランツです。夏に大きく花茎を伸ばし薄紫色の花を多数咲かせてくれます。細い葉を持つエアープランツには銀葉種のフクシーという品種がありますが、フィリフォリアもフクシーと同様に、夏の暑さに弱く、乾燥すると葉先が枯れ安いチランジアのため、気温や日差しには注意をしましょう。

タンク型のチランジア

タンク型のチランジアの特徴は樹木に着生し葉の中心部、根元の膨らみ部分に水を貯めて根元と根から水分の吸収を行う品種です。店頭で入手しやすいエアータイプと違いタンク型のチランジアはエアープランツのネット通販で購入するなど入手困難な品種も多くあります。
  • チランジア・プセウドベイレイ(Tillandsia pseudobaileyi)

ベイレイと呼ばれる事の多いプセウドベイレイ

出典: http://www.morningwoodgrowers.com
原産地はメキシコ・中米です。トリコームを持たない品種で代わりにタンクと呼ばれる葉の中心の根元に水を貯め根から水分の吸収もします。土植えに適し成長が早く子株がどんどんできますがクランプはしません。水分を好む品種なので乾燥しすぎてタンクや葉に皺が寄ってしまうと水やりやソーキングをしても元に戻らない事がありますので注意してください。真っ赤な花序に紫色の花が鮮やかなチランジアです。
  • チランジア・ブルボーサ(Tillandsia bulbosa)

球根と言う意味のチランジア・ブルボーサ、真っ赤な花序に紫の花が美しいエアープランツ・チランジアです

出典: http://www.thegemsofnature.com
タンクを持っていて水が大好きなエアープランツです。原産地はメキシコ・ブラジルで日陰の灌木林や木の上など湿度の高い環境に自生しています。子株が付きやすくクランプを楽しめる品種です。開花時には花序が真っ赤になり紫の筒状花がとても美しく、クランプから一斉に咲いた姿はとても華やかです。水が好きで週に2、3回の水やりが欠かせません。

将来的に貴重になる!?ワシントン条約の適用品種

2016年5月の時点でワシントン条約の附属書Ⅱに4種類のチランジアが記載されています。現在必ずしも絶滅の危機に瀕してはいないが取引を規制しなければいずれ絶滅してしまう品種です。今は流通していますが気候の変動や乱獲でいずれ入手困難になるかもしれません。その為にもそれぞれの品種に最適な育て方を知り今あるものを少しでも減らさないように大切に育てていきたいものですね。
  • チランジア・ハリシー(Tillandsia harrisii)

チランジア・ハリシー(Tillandsia harrisii)
育て方も簡単で流通量も多い

出典: http://ta29.jp
希少なエアープランツですが安価で多く流通しているので店頭でよく目にする品種です。銀葉種のエアープランツにしては水分を好みますので水やりとソーキングはしっかりとしてあげましょう。
  • チランジア・キセログラフィカ(Tillandsia xerographica)

チランジア・キセログラフィカ(Tillandsia xerographica)
流通量の多い品種です

出典: http://wholesaletillandsias.com
銀葉種で別名チランジアの王様と呼ばれ高値で取引されているエアープランツ・チランジアです。しかし観賞用のエアープランツとして流通量は多く通販で買えるエアープランツでもあります。銀葉種のエアープランツの中でも水分を好むので水やりは週に2回以上必要です。しかしソーキングはよほど乾燥している時に月に1回程でかまいません。
  • チランジア・カミー(Tillandsia kamii)

チランジア・カミー(Tillandsia kamii)
エアープランツの中でも育て方に工夫のいる品種です

出典: http://www.karnivores.com
入手困難で大変高価なエアープランツ・チランジアです。高山性のエアープランツ・チランジアで風の通りの良い場所を好み、エアープランツの中でも特に繊細な品種で育て方には気を使います。日照を多めに管理すると葉がほんのりと紫色に色づきカミーの違った一面を楽しむ事が出来ます。
  • チランジア・マウリアナ(Tillandsia mauryana)

チランジア・マウリアナ(Tillandsia mauryana)
希少なエアープランツの中でも比較的育てやすい品種です

出典: http://www.tillandsia.de
入手困難で高価なエアープランツです。岩壁に着生し緑色の花を付けます。多少高温の環境でも平気なので育て方の難度は中級者向けです。エアープランツの中でも水分を好みますので週2回の水やりと週1回のソーキングが必要です。

エアープランツもお水は必要!チランジアの育て方

緑葉種のエアープランツは特に水分が大切です

出典: http://www.gardenista.com
エアープランツと呼ばれ空気中の水分だけで育つ植物と思われていますが、それは自生地の環境に限っての事でエアープランツ・チランジアに水は欠かすことが出来ないものです。そんな誤解がいっぱいのエアープランツを元気に末永く栽培する方法、育て方を紹介致しますので参考にしてください。

チランジアを元気に育てる置き場所とは

エアープランツ・チランジアの原産地は南米ですが南米の印象と言えば暑く乾いた大地や熱帯というイメージはありませんか?一方でエアープランツ・チランジアが自生している場所は高山地帯や雲霧林と呼ばれる湿地帯が主で雨や霧が多く程よい日光と風のある場所です。そのためエアープランツ・チランジアに共通している最適な環境は風通しが良く、空気中に水分があり、直射日光の当たらない、高温や低温でない環境です。そして蒸れはどの品種も嫌うので水やりは夜涼しくなってから、水やり後はしっかりと乾燥し葉の根元に水が溜まらないようにします。品種ごとの特徴もありますが梅雨どきや気温が5度を下回る場合は屋外の物は室内へ、室内の物は窓際から離して部屋の暖かい場所へ移動しましょう。

エアー型の銀葉種・緑葉種やタンク型で育て方が異なる

チランジアを育てる際に大きな環境の違いはありませんが、自生している場所によって手入れの仕方や育て方は変わってきます。
  • 銀葉種・・・乾燥地帯に自生、乾燥した環境の中で効率よく空気中の水分を集め吸収する為トリコームという葉を覆う毛が発達しています。その為、水のやり過ぎはトリコームを痛め葉が枯れる原因になります。週に1、2回の霧吹きでの水やりと乾燥、その上で葉が丸まり株の張りがない場合にソーキングを月に1回程度行います。
  • 緑葉種・・・自生場所の環境は銀葉種程の乾燥地帯ではないのでトリコームが少ないです。水やりは2、3日に1回の頻度で品種によっては毎日霧吹きでの水やりが必要なものもあります。水分が不足している合図として葉が閉じてきますのでソーキングは月に2、3回します。
  • タンク型・・・葉の中心の根元に水分を貯める為、球根のような形をしています。灌木や湿地に自生するものが多くトリコームが無いものもあります。その為日陰を好み乾燥には弱いので屋外での栽培の際はホースでの灌水などをすると良いでしょう。この品種は一度乾燥で皺などがよってしまうとソーキングをしても元には戻せないので水分不足にならないように注意しましょう。

水やりは葉水とソーキング!

たっぷり水浴びの後はしっかり乾燥が育て方のポイントです

出典: http://www.gardenista.com
葉水(ミスティング)は霧吹きで水やりをすることです。エアープランツ・チランジアは夜行性で日中に水やりをしても吸収できません。また夏場の水やりは気温が高い為、水やり後に葉の間の湿度が上がり蒸れてしまいます。そのため夏場の水やりは控えるか、水やり後に風通しが良く涼しい場所でしっかりと乾かすようにします。気温の低い冬場は水のやり過ぎになる事もあるので葉の状態をみて水やりをしましょう。他にもチランジアにはソーキングという株ごと水に浸ける水やりの方法があります。夏場など水やりをして蒸れるのを防ぐ為に水やりを控え乾燥した時にソーキングを行います。またトリコームの少ない品種は葉水だけでは吸水が足りない事もあるのでその場合もソーキングで吸水を行いますが、水分の足りている状態でソーキングをしてしまうと水分過多になり葉が枯れてしまうので注意が必要です。そのためソーキングはエアープランツが水分不足のサインを出した時に行うようにします。なお、ソーキングのやり方ですが、水やり同様ソーキングも夜に行います。バケツなどに室温と同じぐらいの水を張りそこにチランジアを浸けて吸水させます。時間は6時間程でエアープランツ・チランジアの株に張りが出てきたかを目安にします。そして12時間を超えてのソーキングはエアープランツが窒息してしまうのでやめましょう。冬場など気温の低い時期のソーキングは株を痛めてしまいますので、なるべく控えた方がいいでしょう。

まとめ

空中に浮かぶ不思議な植物エアープランツ・チランジア

出典: http://airplantman.myshopify.com
チランジアはエアープランツという名前から放置されて干からびたり、水を与えすぎて枯れたりしがちなのですね。実は水分が大好きで乾燥が苦手なエアープランツはコツを踏まえればより身近に楽しむことができますよ。基本のエアープランツの育て方を知って、部屋の片隅で干からびたエアープランツ・チランジアが一株でも減ると良いですね。お洒落にお部屋に緑を添えてくれるチランジアですがクランプや花など育てる面白さも沢山あるので、この機会にぜひお気に入りのエアープランツ・チランジアを見付けて末永く育ててみてはいかがでしょうか。
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ