目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

アレカヤシは簡単に枯れる品種なの?

748a9421b0447f69d418e8d483e7b630b8948166

美しいアレカヤシを枯れることなく楽しみたいですね。

出典: http://roomclip.jp
アレカヤシは上に美しく伸びる葉とトロピカルで優雅な雰囲気が人気の観葉植物です。耐陰性もあり育てやすいことも魅力の一つなのですが、アレカヤシが枯れることにお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで、アレカヤシの基本的な育て方からアレカヤシが枯れる原因と対処方法をご紹介します。アレカヤシを枯れることなく楽しみたい方は、是非チェックしてみてくださいね。

アレカヤシが枯れる前に育て方を知ろう

01c610890166ff940a9733d07aeb9f05 s

枯れることを防ぐには正しい育て方の知識が必要です。

出典: http://www.photo-ac.com
まず、アレカヤシが枯れることを防ぐために、性質や基本的な育て方をチェックしておきましょう。アレカヤシはアフリカのマダガスカル島原産のヤシ科の植物で、原産地の気候の元では7mの高さにまで成長する生命力が強い植物です。観葉植物の中でも育て方が簡単と言われるアレカヤシは、正しい育て方でイキイキと育ってくれますよ。それでは、お世話のポイント毎にアレカヤシの基本的な育て方についてご紹介しましょう。

置き場所

1472389427392 thum tmp

アレカヤシは急激な環境変化で枯れることもあります。

出典: http://greensnap.jp
アレカヤシは耐陰性があり、室内の明るい日陰でも楽しむことができます。春から秋にかけては屋外でも元気に育ちますが、室内であればレースカーテン越しの日差しが当たる窓際などがおすすめです。ただし、置き場所を変える時に、強い日差しに急に当てるとアレカヤシの葉が黄色に変色する葉焼けの状態になってしまい、枯れる原因になります。徐々に明るい場所に出すなど、アレカヤシを光に慣れさせてあげれば大丈夫ですよ。また、熱帯地域原産のアレカヤシは寒い冬が苦手です。気温が10℃以下にならないような室内に置いてあげてくださいね。

水やり

生命力の強いアレカヤシは水を好みます。特に春から秋の生育期には成長するための水を必要としています。土の表面が乾いたな、と思ったタイミングで植木鉢の下から水が染み出てくるまでたっぷりと水やりをしてくださいね。鉢の受け皿に溜まった水はアレカヤシの根が腐って枯れる原因になりますので、すぐに捨ててあげましょう。冬場は生育が鈍り水をさほど必要としないので、土の表面が完全に乾いたら水やりをする程度に留めましょう。

[環境編]アレカヤシ枯れる原因と対処方法

Cda9d647 s

環境によってアレカヤシが枯れることがあります。

出典: http://blog.livedoor.jp
アレカヤシの基本的な育て方はお分かりいただけたでしょうか?それではいよいよ、アレカヤシの枯れる原因と対処方法についてご紹介しましょう。まずは、アレカヤシを育てる環境によって枯れるケースについてご説明します。置き場所を少し変えるだけでもアレカヤシが枯れるのを防ぐことができる場合がありますので、チェックしてみてくださいね。

日照不足

アレカヤシは耐陰性があるので室内での育て方も可能ですが、あまり暗い部屋に長く置いていると葉先から枯れる場合があります。アレカヤシが枯れてきたときに、日当たりの悪さが思い当たるのであれば、もう少し明るい日陰に置いてあげましょう。枯れてしまった葉は元に戻りませんので、枯れた部分をカットしてくださいね。

葉焼け

アレカヤシを急に直射日光の当たる場所に置くと、葉が茶色や黄色に変色することがあります。この現象は葉焼けといい、多くの観葉植物に起こります。人間の肌が強い日差しで日焼けするように、植物の葉も焼けてしまうことがあるのですよ。焼けてしまった部分は光合成ができなくなり、アレカヤシが枯れる原因にもなります。アレカヤシの置き場所を室内から屋外に変える場合などには、少しずつ日の当たる場所に移動させるようにしてくださいね。

低温・冷害

140226 1

枯れる原因の一つに低温があります。

出典: http://www.skincare-univ.com
寒さに弱いアレカヤシは低温の環境では枯れることが多いので特に注意が必要です。冬場は暖かい室内での育て方をおすすめしますが、見落としがちなのが窓際の寒さです。暖かい室内でも窓際付近の気温は低い場合がありますので気をつけてあげましょう。寒い時期は、アレカヤシが元気でいられる10度程度の気温を保てる室内に置いてあげて下さいね。ただし、暖房の乾燥した風が直接当たるような場所も乾燥により枯れることがあるので避けましょう。

病害虫

「明るい日陰で気温にも気を配った育て方をしているのに葉が枯れる」という場合には、葉の裏などに病害虫がついていないかを確認してください。それでは、アレカヤシに発生しやすいハダニとカイガラムシについてご説明しましょう。ハダニ、カイガラムシ共に風通しの悪い場所で発生しやすいので、風通しの良い場所で育てると病害虫の予防になりますよ。まず、ハダニは葉の裏から栄養を吸って弱らせてしまう病害虫です。0.5mm程の小さな虫で、葉の裏に白い斑点や色の擦れが見られたらハダニの発生を疑いましょう。ハダニは水が苦手なので、葉の裏に勢いよく水をかけて流してしまえば駆除できます。また、アレカヤシが乾燥して弱ってしまうとハダニが発生しやすくなります。乾燥とハダニ発生を予防するには、葉の裏に水を吹きかける葉水が有効です。
Les20parasites20et20maladies20des

すす病は見た目が悪いだけでなく光合成を阻害するため、植物の生育が悪くなります。

出典: http://www.gardening-designs.com
次に、カイガラムシは幹や葉に付く病害虫です。ハダニと同様に栄養を吸い取って弱らせる他に、カイガラムシなど植物の汁を吸う害虫の出す排泄物はすす病という葉が黒くなる病気が起こる原因になります。アレカヤシに粒のような小さな塊がついていたり、ベトベトした粘液のようなものがついていたりする場合はカイガラムシが発生しています。カイガラムシの幼虫には殺虫剤が効きますが、成虫になると殻で覆われて殺虫剤では効かず、歯ブラシなどで擦り取るしかありません。カイガラムシは1度発生すると繰り返し発生するので駆除が難しい病害虫です。予防のため、カイガラムシが好むジメジメした場所にはアレカヤシを置かないようにしましょう。

[お手入れ編]アレカヤシ枯れる原因と対処方法

A4cf99070d3f673adc085166d9896a56 s

そのお手入れが枯れる原因かも?

出典: http://www.photo-ac.com
アレカヤシを育てる環境によって枯れる原因についてご説明しました。続いて、アレカヤシのお手入れの仕方によって枯れる原因についてご紹介します。適した場所で正しい育て方をしているはずなのにアレカヤシが枯れると言う場合にはお手入れ方法を見直してみましょう。

水枯れ

アレカヤシは成長する力が強く、沢山の葉から水分が蒸散するため水を多く欲しがります。水やりの量が不足していると水枯れを起こし、枯れる原因になります。特に夏場は乾燥しやすいため注意が必要です。乾燥防止のため、水やりの他にも霧吹きで葉に水を吹きかける葉水を毎日行ってあげると良いでしょう。

根腐れ

水が不足して起こる水枯れに対し、水のやり過ぎで起こるのが根腐れです。根腐れになると根から栄養を吸収できず枯れる原因になります。土の表面が湿っているのであれば水やりは必要ありません。土の乾燥のスピードは季節や環境によって異なりますので、「3日おきに水やりをする」と日数で決めることは避けましょう。土の表面の乾燥状態によって水やりのタイミングを計ることが重要です。また、鉢の受け皿に水が溜まったままの状態も根腐れを起こして枯れる原因になりますので、溜まった水はすぐに捨てるようにしましょう。

根詰まり

20130524areka2

鉢の中が根で一杯になって枯れることもあります。

出典: http://www.nantoka7.com
アレカヤシはグングン大きくなる植物です。植物は葉や幹だけでなく根も成長して大きくなります。大きくなった根が鉢の中で一杯になると根詰まりを起こしてアレカヤシが枯れる原因になるケースがあります。植木鉢の底の穴や、土の表面から根が見えてきたら根詰まりの可能性がありますので、生育期始めの5月から6月頃に一回り大きな鉢に植え替えましょう。

弱った株への追肥

アレカヤシの元気が無くて枯れそうな時に、つい肥料をあげたりしていませんか?弱った植物に肥料を施すと吸収できず、却って枯れる原因になってしまいます。肥料は大きく育てたい場合や葉の艶を良くしたい場合に、元気な状態のアレカヤシに施しましょう。

突然の環境変化

育て方も環境も問題ないのに、アレカヤシが枯れる場合があります。実は、アレカヤシは環境の変化に弱く、置き場所が変わっただけでも葉先から枯れることがあります。置き場所を変えたり、鉢植えからハイドロカルチャーへ植え替えたりした場合にアレカヤシが枯れるように見えても、慌てずにそのままの状態で様子を見ましょう。アレカヤシは環境に慣れると、また元気になってくれますのでご安心くださいね。

まとめ

85c1fd788150fc6fdba543112aa5171c058a974e

枯れる原因を防いで、アレカヤシを元気に育てましょう。

出典: http://roomclip.jp
アレカヤシが枯れる原因と対処方法についてご紹介しました。アレカヤシは生命力の強い植物ですから、置き場所や育て方を少し見直すだけで、イキイキとした葉を茂らせてくれるようになりますよ。美しい葉のアレカヤシはインテリアとしても活躍してくれます。素敵なアレカヤシが枯れることのないように、適切な置き場所と育て方を守ってあげてくださいね。

関連するまとめ