目次

鉢カバーの素材を選ぶ理由

鉢カバーの素材ごとに素敵な商品がたくさんあります。

出典: https://hitohana.tokyo
最近では、色々な素材のお洒落な鉢カバーがお店や通販サイトで簡単に手に入るようになりました。皆さんは、お気に入りの観葉植物を購入された時、お洒落な鉢カバーを利用されていますか?せっかくお気に入りの観葉植物を購入したのであれば、プラスチックポットのままお部屋に置くより鉢カバーの素材を選んでお洒落にコーディネートしてみてはいかがでしょうか。今まで以上にお部屋のお洒落度がグレードアップされますよ。屋内に置く鉢カバーは、豊富な素材の中から選ぶことができるので、見ているだけで楽しみが広がります。そこで、鉢カバーの素材にはどんなものがあるのか、シーン別に見ていきましょう。

素材を選べばインテリアアイテムになる

鉢カバーの素材には、レトロな雰囲気を醸し出す『テラコッタ素材』やシンプルなデザインがスタイリッシュな『セメント・コンクリート素材』、他にもつるんとした質感に艶のある『陶器素材』、『籐や麻の自然素材』など様々な素材があります。観葉植物の持つ癒しのグリーン効果とそれぞれの素材が持つ特徴を活かし、お部屋に合わせた素材を選べば素敵なインテリアアイテムになること間違いなしです。プラスチックポットのまま飾るよりも、お部屋のインテリアに合わせて鉢カバーを変えると空間のお洒落度がさらにグレードアップしますよ。

鉢植えを置く環境に合わせて素材を選べる

置き場所に合わせ植木鉢タイプと鉢カバータイプを選びましょう

出典: https://kinarino.jp
鉢カバーを選ぶポイントは、観葉植物をどこに置きたいのか置く場所によっても変わってきます。鉢カバーのタイプは大きく分けると2つのタイプがあり、鉢底に穴が開いた植木鉢タイプと、穴が開いていない鉢カバータイプがあります。屋内や屋外2つの置き場所から見た素材について見ていきましょう。

  • 屋内向きの鉢カバー

鉢底に穴が開いていないタイプは、プラスチックポットに入った観葉植物をそのまま入れて楽しむ鉢カバーになるので屋内向きに適しています。屋内に置く鉢カバーは、置き場所によっては人がよく通る場所に置くと観葉植物にぶつかる可能性があります。だから、ぶつかっても倒れにくい重心が床に近い安定感のある鉢カバーを選ぶと良いでしょう。

  • 屋外向きの植木鉢タイプ

植木鉢タイプは、直植えができる鉢で水やりの際に穴から水が流れ出すので屋外向きの鉢カバーです。屋外で使用する植木鉢は、紫外線や雨風、季節による温度変化などにより、劣化を余儀なくされます。だから、鉢カバーとして選ぶ素材は、劣化しにくいものを選ぶ必要があります。劣化しにくい植木鉢の素材は、『テラコッタ』や『陶器』です。高さがあると強風に煽られて転倒し怪我をする可能性があるので注意が必要です。高さのある鉢カバーより重心が地面に近い鉢カバーの方が安定感に優れていますので安心してお世話ができますよ。

素材を選ぶと観葉植物の贈り物がワンランクアップ

ポットのままではなく鉢カバーを利用すれば、インテア効果でお洒落度がアップします。

出典: https://kinarino.jp/cat3-インテリア/12996
大切な方への贈り物として観葉植物を贈られる際、プラスチックのポットのまま贈るより、鉢カバーの素材を選んで贈ると観葉植物の魅力がグレードアップしますよ。贈られた方の喜びも大きなものとなるのではないでしょうか。最近では、お洒落な素材や色、形の鉢カバーが数多く流通しているので、素材を選んでワンランクアップさせた観葉植物をプレゼントやギフトとして贈ってみることをおすすめします。

セメント・コンクリートの鉢カバーの特徴と最高の置き場所

セメントやコンクリチート素材は、どんなインテリアと合うのでしょう。

出典: https://hitohana.tokyo
セメントやコンクリートと言えば、重厚なイメージですが鉢カバーの素材として使用するとどんな特徴があり、どんな場所に置けばセメント・コンクリート素材の魅力が際立つのでしょう。それでは、順にご紹介します。

シンプルなデザインがインテリアスタイルを選ばない

セメントやコンクリートのイメージは、どこか冷たい無機質な感じを受けますが、鉢カバーの場合は観葉植物の持つナチュラルなグリーンとセメントやコンクリート素材の持つシンプルなデザインと質感がマッチして、置き場所を選ばずどんな空間にも馴染むお洒落なインテリアアイテムに変わります。

重厚だから風の当たる屋外にも置ける

お洒落な鉢カバーKONTONブランド商品です。

他の素材と比べセメントやコンクリート素材の鉢カバーは、雨風に強く劣化しにくく重厚感があります。風の強い屋外の場所に置いても倒れにくいので、屋外に置く鉢カバーとしておすすめです。

傷予防フェルトが張ってあるから屋内使用もできる

屋内にセメント・コンクリート素材の鉢カバーを置く場合、セメント・コンクリートの硬い質感から床が傷つかないか心配ですよね。しかし、安心してください。セメント・コンクリート素材の鉢カバーの床と接する面には、床が傷つかない為の傷防止用フェルトが張られています。使用される方の気持ちに配慮されているので、安心して屋内でも使用ができますね。

ご使用の注意点

硬質素材のものは、割れやすい商品なので注意が必要です!

出典: http://mabsun.blog.fc2.com
重厚感のあるセメント・コンクリート素材の鉢カバーは、倒れにくい点では良いのですが、衝撃に弱いという点で弱点をもっています。また、重量がある分、大型の観葉植物に使用すると簡単に動かすことができません。屋外に置く場合、台風シーズンなど強風が続く天候の中ではちょっと不利な素材です。

【おすすめシーン】ビルのロビーに

こちらの商品は、鉢カバーブランドKONTONから出ているFiber Stoneファイバーストーン素材の鉢カバーです。ファイバーグラス線維を重ね軽量に仕上げたマットな色合いとのツートンカラーが、洗練されたイメージを与えてくれるお洒落な鉢カバーです。商業施設やホテル、オフィスなどのロビーに置けば落ち着きのある空間にコーディネートしてくれます。
鉢カバー
ファイバーストーン タウルス ミドル 10号鉢用 白 #KONTON FS-206W55E
29,810円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

【おすすめシーン】お家の玄関前に

こちらの商品は、お洒落な鉢カバーブランドstemのEco Stoneエコストーンイシリーズの鉢カバー10号鉢です。シンプルなデザインと凹凸のあるテクスチャーが美しさを引き出しているお洒落な素材の鉢カバーになります。場所を選ばないデザインで、ナチュラルにもモダンにも調和するセメント素材の鉢カバーです。個人宅の玄関前にいかがでしょうか。
鉢カバー
Eco Stone(エコストーン) 10号鉢用 white #stem F1807
24,640円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

テラコッタ・素焼の鉢カバーの特徴と最高の置き場所

素材を選んで置き場所を決めるとインテリア性がありますね。

出典: http://littleyard.exblog.jp
イタリア語で素焼きの意味を持つ『テラコッタ』は、「テラ」と「コッタ」の2つの意味合いが掛け合わされた言葉です。イタリア語で「土」、英語では「地球」の意味を持つテラと、「焼く」という意味をもつコッタを指しています。そんな意味を持つテラコッタ素材の鉢カバーには、どんな特徴があり、どこに置けば魅力を引き出すことができるのでしょうか。順に見ていきましょう。

観葉植物を引き立てるぬくもり感

テラコッタ素材は、レトロな雰囲気がお洒落感バツグンのインテリア素材!

出典: http://matome.naver.jp
テラコッタ素材の鉢カバーの色は明るめの茶色のものが多く、使えば使うほど味わい深さが増し、レトロな雰囲気を醸し出すアンティーク調が魅力です。観葉植物のグリーンとコンビを組めば、ナチュラルにマッチした温もりのある鉢カバーになります。

底穴ありと底穴無し両方揃っている

鉢底の穴の有無で決まる置き場所。穴が開いているのは植木鉢タイプです。

出典: http://alphawin.co.jp
鉢カバーには2つのタイプがあります。ひとつは、鉢底に穴が開いている植木鉢タイプで、屋外での使用に適しています。もうひとつは、鉢底に穴が開いていない鉢カバータイプで、屋内の使用におすすめです。鉢カバーを選ぶ際のポイントになるのではないでしょうか。

ご使用の注意点

出典: http://hmmm-space.com
植木鉢タイプと鉢カバータイプの2つのタイプを持つテラコッタの鉢カバーは、水やりの際に注意が必要です。植木鉢タイプの鉢底に穴が開いているタイプは、直に水やりを行うと穴から水が流れ出てくるので、植木鉢を一旦外に出してから水やりを行います。直植えをしている場合は、受け皿を使用するか屋外での使用に適しています。反対に、鉢底に穴が開いていない鉢カバータイプは直に水やりを行った後、鉢カバーの中に溜まっている水をしっかり捨てる必要があります。そのままにしていると根腐れを起こして枯れる原因になるので注意しましょう。

【おすすめシーン】庭やウッドデッキに飾る

シンプルなデザインに明るめのカラーが揃っている素朴な風合いの鉢カバーブランドstemのAntique Terra Cottaアンティークテラコッタ6号鉢用の鉢カバーです。観葉植物のグリーンと合わせればナチュラルに調和します。お部屋に単体で置いても映える色合いの鉢カバーです。植木鉢タイプになるので、屋外での使用に適しています。
鉢カバー
Antique Terra Cotta(アンティークテラコッタ) 6号鉢用 Green #stem C2301
8,360円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

【おすすめシーン】和室にもぴったり

落ち着いた色合いの鉢カバーブランドstemのAntique Terra Cottaアンティークテラコッタの3号鉢は、和室の雰囲気にピッタリな商品です。シンプルな中に艶やかな質感を持つこちらの鉢カバーは、鉢底に穴が開いていないので屋内での使用に適しています。コロンとした丸みのあるフォルムは、お部屋のワンポイントにもなるインテリアアイテムです。
鉢カバー
Antique Terra Cotta(アンティークテラコッタ) 3号鉢用 Black #stem C9385
4,070円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

陶器・セラミックの鉢カバーの特徴と最高の置き場所

窓辺にお洒落な鉢カバーと一緒に植物を置くと素敵なインテリアですね。

出典: http://ana-rosa.tumblr.com
陶器素材の鉢カバーは、釉薬(うわぐすり)を塗って焼くため、表面がコーティングされ耐水性に優れています。そんな陶器素材の鉢カバーの特徴と魅力、最高の置き場所についてご紹介します。

艶やかなテクスチャーが美意識を刺激する

陶器素材の質感は美しいですね。

出典: https://hitohana.tokyo
陶器素材の鉢カバーは、色のバリエーションが豊富に揃っています。モノトーンからカラフルな鉢カバー、模様入りの鉢カバー、レトロな雰囲気を醸し出すアンティーク調なものまでバラエティに富んでいるので、見ているだけで楽しくなってくる陶器素材の鉢カバーです。

多彩なマテリアルが多彩な用途を可能にする

メタリックな雰囲気にも仕上がります。

出典: https://hitohana.tokyo
カラフルな原材料や材料、素材を合わせることでカラーのバリエーションが豊富に生み出され、お部屋に合わせた鉢カバー選びに幅を持たせてくれる陶器製の鉢カバーです。KONTONの商品で、上品ににじみ出る艶に独特の魅力があり、底穴がありますので屋外使用も可能です。

ご使用の注意点

ホワイトカラーで揃えても素敵なインテリアアイテムですね。

出典: http://www.anthuriuminfo.com
陶器素材の鉢カバーなど、焼き物系の鉢は釉薬が内側まで塗られてないものは衝撃に弱いため割れやすいので注意が必要です。また、厚みが薄いものは特に割れやすいので気を付けましょう。購入の際は、内側まで釉薬が塗られているか、十分な厚みがあるか確認することが大切です。

【おすすめシーン】開店や開業のお祝いに

こちらの商品は、鉢カバーブランドKONTONのABYSSアビスシリーズ8号鉢です。まるで深海に眠っていた壺を引き上げたような独特な質感に特徴をもつ鉢カバーで人気があります。鉢底に穴が開いている植木鉢タイプになるので、屋外に適しています。商業施設の開店や開業のお祝いにいかがでしょうか。
鉢カバー
アビスソニア ミドル 8号鉢用 灰 #KONTON AB-S01H12E
9,460円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

【おすすめシーン】誕生日や記念日に

こちらの商品は、鉢カバーブランドstemのColor Crackカラークラックシリーズの鉢カバー3号用です。蝉マットなホワイトカラーは、シンプルさの中に美しさを持っている軽量の鉢カバーです。大切な誰かへのお誕生日や記念日にいかがでしょうか。
鉢カバー
Color Crack(カラークラック) 3号鉢用 Mat White #stem C3326
3,850円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

籐・麻・木の鉢カバーの特徴と最高の置き場所

自然素材の鉢カバーはお部屋を爽やかにするインテリアアイテムです。

出典: http://www.ruedeladeco.com
自然の柔らかさを持っている籐や麻、木などの素材には、どんな特徴があり、どこに置けば魅力が引き立つのか順に見ていきましょう。

素材のナチュラル感が五感に迫る

自然素材の鉢カバーは優しい感じですね。

出典: https://hitohana.tokyo
ナチュラルな自然素材を使った鉢カバーは、見た目にも風通しが良い爽やかな印象を与えてくれます。また、ほのかな自然の香りが独特な爽やかさを楽しませてくれますよ。更に、触った感じも軽量素材なので、持ち運びがとても便利な鉢カバーです。アジアン系のインテリアとの相性は特にバッチリですよ。

職人の手わざが光る

職人さんの手で作られる自然素材の鉢カバー

出典: https://gunosy.com
籐や麻、木の素材の鉢カバーは、職人さんの手によってひとつひとつ丁寧に作られているので、世界にたったひとつの作品としてとても貴重な存在です。その為、多少の歪みもありますが、その歪みが反対に味わい深い作品に仕上げています。籐や麻、木の素材の鉢カバーに観葉植物を入れると、自然な佇まいが一層ナチュラルな空間を作ってくれるのではないでしょうか。

ご使用の注意点

自然素材の籐や麻、木の素材でできた鉢カバーは、手編みで作られているため耐水性に欠ける商品です。水やりなどの際は、一旦中のプラスチックポットを出してお水をあげる必要があります。水分が付着して濡れたままの状態が続くと、腐りやすく壊れてしまうので気を付けましょう。また、軽量仕様のため風の強い屋外での使用にはおすすめできません。屋内での使用に適しています。

【おすすめシーン】フローリングのお部屋に

こちらの商品Wicker Potウィッカーポットシリーズの鉢カバーは、ドイツの技術基準に合格した、湿気や日光に強い手編みの人工ラタンの鉢カバーです。ひとつひとつ丁寧に職人が編み上げた立体感のある鉢カバーになります。個人宅へのお祝いや自宅用としていかがでしょうか。観葉植物のポットをそのまま入れてフローリングの床に置けばアジアンテイストのインテリアに早変わりする商品です。
鉢カバー
ウィッカーポット エッグ NT 8号鉢用 茶 #KONTON WP-004C41E
15,290円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

【おすすめシーン】新築祝いの観葉植物を入れて

定番である陶器やセメント素材の鉢カバーと異なり、丸みのあるぽってり素材のラッシュバスケットの鉢カバーは、アジアンテイストな雰囲気を作り出してくれる鉢カバーです。自然の持つナチュラルなスタイルが1つお部屋にあるだけで癒しの空間を演出してくれますよ。使用の際はポットをそのまま入れてご利用ください。ほのかな自然の香りも楽しめる商品です。
鉢カバー
LushBasket(ラッシュバスケット) 8号鉢用 Natural #stem B8210
11,110円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

水やりはどうする?鉢カバーの素材に着目

水やりはこのまま行ってもいいのでしょうか?

出典: http://www.ruedeladeco.com
鉢カバーの素材には、耐水性に優れたものと耐水性に弱い2つのタイプがあるので、それぞれの水やり方法について見ていきましょう。

水に弱い籐などは植木鉢を取り出して

天然の籐や麻、竹を使った自然素材の鉢カバーの場合は、一旦鉢カバーの中から植木鉢ポットを出して水やりを行います。しっかりと植木鉢の底から水が流れ出たことを確認して、ポットを鉢カバーへ戻すようにしましょう。排出途中の段階でポットを鉢カバーへ戻すと床を濡らして、自然素材の籐や麻、木などは濡れたままの状態が続くと腐る原因になります。

水に強いセメントなどは直接水やり

耐水性のある陶器類は、鉢底に穴がなければ直性水を与えられます。

出典: https://hitohana.tokyo
素材や底穴の有無で水やりには注意が必要ですが、セメントやコンクリート素材の鉢カバーの場合、耐水性に優れているので直接水やりを行っても大丈夫です。普段の水やりで受け皿に溜まったお水を捨てる感覚で、鉢カバーに溜まったお水を捨てるようにしましょう。

素材を生かした鉢カバーのおすすめ通販サイト

HitoHanaの鉢カバーは通販でのお求めがおすすめです。

いかがでしょうか。素材別に見た鉢カバーの特徴や置き場所をご紹介しました。お気に入りの素材は見つかりましたでしょうか。

さて、お洒落な鉢カバーをお求めの方には、通販サイトのHitoHana(ひとはな)がおすすめです。HitoHanaでは、お洒落な鉢カバーを豊富に取り揃えており、中でもブランドのKONTONやstemの商品を数多く取り揃えています。どちらも大変人気のあるお洒落な鉢カバーブランドで、KONTONは個人への販売を行っていない貴重な鉢カバーになります。個性的な鉢カバーを手掛ける人気のstemは、他のブランドにはないユーモアに溢れた作品を手掛け、バラエティに富んだ豊富な鉢カバーの中から購入することができますよ。重量のある鉢カバーは、通販サイトを利用して自宅まで届けて貰うことをおすすめします。Hitohana では、鉢カバーの送料が北海道・九州・沖縄以外であれば無料で届けてくれるので嬉しいですよね。

まとめ

魅力的な鉢カバーでワンランク上のグリーンライフをどうぞ。

出典: http://www.improvementscatalog.com
今回は、鉢カバーの素材別に特徴や最高の置き場所、素敵な商品をご紹介しました。観葉植物をどこに置くかによっても素材を選ぶことが大切でしたね。もしも今まで購入時のプラスチックポットのままお部屋に置いているのであれば、これを機に素材を選んでお洒落な鉢カバーを利用されてみてはいかがでしょうか。グリーンライフが今まで以上にもっと楽しくなるはずですよ。更に、お洒落な鉢カバーを使用するとお部屋がグーンとグレードアップされることは間違いありません。お洒落な鉢カバーを通してあなたのお部屋をトータルコーディネートするお手伝いができれば嬉しいです。

関連するまとめ