目次

インテリアバークって何?

ダークブラウンのグラデーションが美しいインテリアバークです。

出典: http://www.orner-web.com
インテリアバークをご存知ですか?インテリアバークとは、主に観葉植物や花壇の土隠しなどに用いられる、ダークブラウンのチップ資材のことです。園芸がお好きな方なら一度はご覧になったことがあると思います。インテリアバークは主にマルチングに利用されます。マルチングとは、植物の根元をビニールやインテリアバークなどで覆い、雑草の発生や表土の乾燥を防いだりすることです。インテリアバークは近年、天然素材の資材として注目されており、松の香りと、樹木を想起させる美しいダークブラウンが、心地よい空間を演出してくれます。あなたの生活空間をもっとおしゃれにするためのインテリアバークについて、これから詳しくご説明致します。

インテリアバークの原料は?

インテリアバークの原料は、美しい松の木です。

出典: http://pianobomber.blog106.fc2.com
インテリアバークの原料は、松の樹皮(バーク:bark)です。インテリアバークは、赤松や黒松など松の樹皮を乾燥させたものを砕いて形をそろえ角を丸めた資材です。バークチップとも呼ばれます。乾燥していて軽いので、持ち運びやレイアウトに便利です。似た商品にウッドチップがあります。ウッドチップは樹皮ではなく、木材をチップ状に砕いた資材です。ウッドチップには、檜や杉などの針葉樹や、桜などの広葉樹などさまざまな種類があります。木材ごとに香りや色などが違い防虫効果があるものもあります。インテリアバークよりも小さめなのが特徴です。

どこにどんなふうに使うの?

おしゃれで保湿効果抜群です。

出典: http://www.1128.jp
インテリアバークはマルチング材として広く使うことができます。屋外では雑草や地面の乾燥を防ぐためにビニールを覆うことが多いですが、これの代わりにインテリアバークを利用することができます。芝生やレンガ材にもよく合う色です。室内では鉢植えの観葉植物に利用することが多いです。屋外同様、乾燥予防のために利用することもできますが、大半がインテリア目的で利用されます。

インテリアバークの効果は?

インテリアバークには土の乾燥を防ぐ効果があります。木材が適度な湿度を保つため、植物の根の乾燥を防いでくれます。また適度に空気の層を作ってくれるので、鉢の中の温度が急に上がったり下がったりすることを防ぎます。加えて、インテリアバークが水をさっと吸収してくれるので、水をやるときの水跳ね防止の効果があります。また室内で植物を育てる場合に鉢カバーをして楽しむ方が多いと思います。鉢カバーをすると外側は素敵ですが、中鉢との間に隙間ができてちょっとかっこ悪いときもありますよね。そんなときにインテリアバークを用いて鉢の表面を覆えば、すっきりとして見た目が良くなります。なお、屋外では雑草を生えにくくする効果があります。日光をさえぎることで雑草の繁殖を防ぎます。分厚く敷くほど効果が高くなります。

インテリアバークはどこで手に入れる?

インテリアバークは、園芸店やホームセンターはもちろんのこと、100円ショップなどでも購入することができます。大量に購入したい場合は、直接自宅まで運んでもらうことのできるサービスがある、通販がおすすめです。園芸資材専門のサイトを始め、観葉植物などの植物を扱う通販サイトでも販売しています。

サイズがあるのをご存知ですか?

バークのサイズは基本的にSMLの三種類です。

出典: http://item.rakuten.co.jp
インテリアバークは、S・M・Lと大きさが分かれています。サイズSは10~30mm、サイズMは30~60mm、サイズLは50~80mmが一般的です。室内の観葉植物の鉢などに利用するのであれば、Sサイズがおすすめです。屋外に利用するのであれば、M・Lサイズが適しています。商品によって形やサイズにばらつきがあるため、はじめは少量を購入し実物を確かめてから引き続き購入するとよいでしょう。

インテリアバークの価格は?

インテリアバークの価格は1Lあたり100円〜300円ほどです。高品質なものほど価格も高く、美しさ、安全性共に高いものが多いです。あまりにも低価格なものは、避けた方が良い場合もあります。防腐剤などの薬剤を使用していたり、海水に晒された輸入原木を利用していて塩分濃度が高い場合があるためです。塩分濃度の高いインテリアバークを用いると、水やりの際に塩分が土壌に溶け込み、土の塩分濃度が上がることで根の水分が吸い取られ、植物全体が枯れる可能性があります。いずれも少量試しに使ってみてから、本格的に使用するのがよいでしょう。

インテリアバークで観葉植物をマルチングして雰囲気を変えよう!

インテリアバークを利用すると、気持ちも一新しますね!

出典: http://www.mcwade.com
お手持ちの観葉植物、ちょっと見飽きていませんか?鉢カバーを変えるのも億劫だし、何かひと手間で見た目が変わる方法があれば良いのに、と思っている方はぜひ実践してみましょう。インテリアバークを使って、おしゃれに雰囲気を変える方法をお伝えします。

鉢植えのマルチングの仕方

鉢植えの表土にインテリアバーグを敷き詰めるだけなので、とっても簡単です。

出典: http://kanyoplants.blogspot.jp
インテリアバークでマルチングをする方法はとっても簡単、観葉植物を植えた用土の表面にインテリアバークを敷き詰めるだけです。鉢カバーと中鉢の隙間が広い場合は、インテリアバークが落ちない程度の格子の鉢底ネットなど、メッシュ状の素材を鉢カバーの内側、つまり中鉢の上を覆うように敷き、その上にインテリアバークを敷き詰めることで解決できます。

インテリアバークは補充が必要

インテリアバークは木材が原料なので、時がたてば土に還ります。鉢植えの場合はほとんど必要ありませんが、屋外で利用する場合は減ったな、と思ったら随時チップの補充が必要です。

インテリアバークを使うときの注意点と対処法

観葉植物を美しく保つために気を付けたいことがあります。

出典: http://business-icon.com
インテリアバークでのマルチングは、表土に敷き詰めるだけなのでとても簡単です。しかし少しだけ気を付けなければいけないこともあります。その注意点と対処法を見ていきましょう。

カビが生える

インテリアバークはそれ自体が水分を吸収することで表土の乾燥を防いでいるため、環境によってはカビが生えやすくなることもあります。そのため、鉢植えでインテリアバークを使用する場合は、できるだけ風通しの良いところに置いて通気性を良くし、バークや表土の湿り具合を確認することで、カビを防ぎましょう。風通しを良くすることは観葉植物の病虫害予防の効果もあります。

虫がわく?!

インテリアバークは木材が原料のため、防虫剤などを使用していないチップの場合、虫が入り込むことがあります。カビ同様、水分が多いと虫がわきやすくなります。できるだけ湿気をためないようにすることで、虫を防ぎましょう。なおシロアリに関しては、使用するインテリアバークが小さい場合、繁殖のためのスペースが無いためまず心配ありません。安心してご利用いただけます。

インテリアバークでのマルチングが向かない観葉植物ってある?

乾燥を好む多肉植物に、インテリアバークは不向きです。

出典: https://coubic.com
インテリアバークを利用すると表土が乾きにくくなるため、乾燥が好きな植物には向きません。室内で利用する場合、ユーカリや多肉植物などの過湿を嫌う植物には使用しない方が良いでしょう。どうしても使用したい場合は、お客様がいらっしゃるときだけにするか、冬季など休眠期のみに利用されることをおすすめします。

インテリアバークが映えるおすすめ鉢

インテリアバークはどんなレイアウトにでも合います。

出典: https://roomclip.jp
ここまでインテリアバークの使い方と注意点を見てきました。最後に、インテリアバークがより一層映えるおすすめの鉢をご紹介します。鉢や鉢カバーのデザインにも気を配って、インテリアコーディネートを楽しんでみましょう。

白い鉢にブラウンのインテリアバークはテッパンの美しさ

白とダークブラウンの配色はピッタリです。

出典: http://www.bhg.com
白い鉢とダークブラウンのインテリアバークは、どんなシチュエーションにでも合う組み合わせです。色のコントラストが美しいため、陶器はもちろんプラスチック製の鉢でも、高級感漂う素敵なインテリアに生まれ変わります。

テラコッタなどナチュラル系鉢に

おしゃれなテラコッタにも、インテリアバークは合います。

出典: http://charland.exblog.jp
インテリアバークはナチュラル系の鉢とよく合います。特にテラコッタとの相性は最高です。親しみやすいテラコッタのシンプルな色合いが、インテリアバークが放つダークブラウンのグラデーションと混じり合い、南イタリアの町並みを想起させます。

ガラス容器に入れてエアープランツにも

ちょっとしたスペースの飾り付けにいかがですか?

出典: http://catchymood.com
ナチュラルなダークブラウンの配色が美しいインテリアバークは、小さくかわいらしいエアープランツにもよく合います。ガラス容器に入れて、ちょっとしたスペースのかざりつけにおすすめです。ガラス容器を用いたディスプレイは、夏・冬どちらでも違った味わいを魅せてくれます。夏はガラスの持つ涼しげなテイストが暑さを和らげてくれます。一方、寒い時期にはガラスが透明度を増して、冬の静けさをより一層引き立たせてくれることでしょう。

まとめ

インテリアバークを利用すると、見違えます!

出典: http://allabout.co.jp
インテリアバークをマルチング材として利用することで、観葉植物をもっとおしゃれにする方法をみてきました。インテリアバークを使用するときの注意点としては、過湿に気をつけることと、資材の質を見極めることです。それさえできれば、あとは簡単!表土に敷き詰めるだけで、お手持ちの見慣れた観葉植物が違った表情を見せ始めます。さまざまな観葉植物のセンスアップに、インテリアバークをお役立てくださいね。
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ