目次

屋外に鉢カバーは必要なもの?

屋外で鉢カバーを使うメリットとデメリットをご紹介します。

出典: https://pixabay.com
家庭の庭先やカフェのテラス席等で、飾られている鉢植えに目を奪われたことありませんか?花や観葉植物が建物の持つイメージに合わせて飾られていると、いっそう目を引きますよね。建物のイメージに合わせるには、花や観葉植物の印象はもちろんですが、鉢のデザイン選びも関係してきます。鉢には様々な形や素材がありますね。屋外で使用される鉢植えには植木鉢やプランターが多いのですが、景観の良くなるデザイン性の高い鉢カバーが使われる事があります。そこで今回は、鉢と鉢カバーの違いや、屋外で鉢カバーを使うメリットをご紹介します。

鉢と鉢カバーの違い

鉢には底穴が空いています。

出典: https://pixabay.com
鉢と鉢カバーの違いはどこにあるのでしょうか?大きな違いは、底に穴が空けられているかどうかです。屋外で使われている植木鉢やプランターを想像してみてください。鉢には底に穴があり、水やりをすると底穴から余分な水が流れ出していきます。鉢は直接土と植物をいれて成長させるので、根が水で腐らない様に排水用の穴が付いているのです。

それでは、鉢カバーはどうでしょうか。鉢カバーには底に穴は無く、排水機能はありません。その用途は、プラスチック製の鉢等に植えられた観葉植物を鉢カバーの中に入れてデザイン性を高めることです。観葉植物を屋内に設置する時に、鉢カバーを付けたことのある方がいるのではないでしょうか。鉢カバーによって部屋に水や土が流れる心配がなくなりますよね。屋外でも水や土の跡がついて欲しくない場所に、鉢カバーが向いています。

屋外で鉢カバーを使うメリットとは?

屋外に設置する大きな観葉植物は、鉢カバーを使って移動させやすくしましょう。

出典: https://pixabay.com
屋外の土が無い場所で花や観葉植物を楽しみたい時には鉢植えを置く方も多いでしょう。屋外で植木鉢やプランター等を設置すると景観性が高まります。特に屋外では、背の高い植物で目線を引くことがあります。背の高い植物は根が大きい為、鉢も大きいです。大きな植木鉢やプランターは重く、そこに直接土を入れるとさらに重くなり動かせなくなってしまいますね。そのような問題も、鉢カバーを使うと鉢カバーと鉢植えの重さが分散されて動かしやすくなりますよ。また、屋外に観葉植物を置くときは、植物の特徴に合わせて設置場所を選びます。1年中屋外の同じ場所に設置する事もありますが、日本は夏と冬の気温差がある為、移動する場合もあるでしょう。屋外で鉢カバーを使うと、季節に合わせて鉢植えを手軽に入れ替える事ができます。観葉植物を入れ替えて、屋外の景観を楽しむのもいいですね。

屋外で鉢カバーを使うデメリットは?

屋外で使われる鉢植えには、植木鉢やプランターが使われることが多いと思いませんか?鉢カバーが使われない理由には、屋外は雨の影響を受けやすい事が挙げられます。日本では、梅雨や台風など季節によってたくさんの雨が降りますよね。底穴の無い鉢カバーは、雨が降ると水が排水されずに溜まってしまうのです。それを解消するには、雨が上がった後にこまめに鉢カバーを傾けて排水する事と屋外でも雨を避けられる屋根がある場所に設置する事です。鉢カバーによっては、底穴があり受け皿がセットになったものがあります。そのようなタイプの鉢カバーを選んでも良いですね。また、水やりをする際にも注意が必要です。鉢カバーに水が溜まりますので、鉢カバーから鉢植えを取り出して水やりをすることをお勧めします。

屋外に適した鉢カバーとは?

屋外で使う鉢カバーは環境の変化に強いものを選びましょう。

出典: https://pixabay.com
屋外向けの鉢カバーを選ぶ場合、どのような事に注意が必要だと思いますか?屋外で受ける影響には、朝晩や季節の気温の変化、降雨、風の強さ、紫外線があります。その中で、風の影響は忘れてしまいがちです。特に背の高い植物の鉢植えは景観性は良いのですが、風により倒れやすくなります。人が通る場所に設置された鉢が倒れてしまうと危険ですし、また転倒により鉢から根がむき出しになる事もあり植物に悪影響です。屋外では重さのある鉢カバーを使うと、安定性が増して植物の転倒を防止できますよ。鉢カバーには様々な種類があり、素材によって特徴があります。気温の変化や紫外線に強い素材の鉢カバーを選びましょう。

【必見!】屋外向け鉢カバーおすすめ素材

景観性をアップする好みの鉢カバーを見付けてください。

出典: https://pixabay.com
屋外向け鉢カバーには、どのような素材が適しているでしょうか。屋外の植木鉢やプランターに使われている素材の特徴を知ると、鉢カバーも選ぶことができるでしょう。屋外向けの鉢カバーを選ぶポイントは、安定性、通気性の良さ、割れにくい事です。鉢カバーを見に行くと、シンプルなものや装飾があるもの等種類があり迷ってしまいますね。素材によって装飾のしやすさが変わる為に、特定の素材にデザインの高いものが集まる傾向があります。そのような素材の特徴を知り、景観に合わせた鉢カバーを選んでみましょう。景観性を良くする屋外向け鉢カバーのおすすめ素材をご紹介します。

テラコッタ

テラコッタの鉢カバーは通気性と安定性が高いです。

出典: https://pixabay.com
テラコッタは植木鉢の素材で良く目にするのではないでしょうか。テラコッタは、粘土を800度以上の温度で焼いた素焼きの陶器です。イタリア語で「焼いた土」を意味します。表面に釉薬などの加工がされていない為、通気性が良く、水分を含みやすいのが特徴です。テラコッタは使い続けると表面が白くなっていきます。これは、テラコッタの成分のカルシウムが表面に浮き出てきた為です。また、吸水性の高い素材の為、屋外で使用するとコケが表面に生えやすくなっています。それらがテラコッタの風合いを増し、ナチュラルでアンティークな景観を演出しますよ。テラコッタは割れやすい素材ですが、重みがあり安定性がありますので、風の影響がある屋外の鉢カバーに向いています。

陶器

陶器の鉢カバーは釉薬で色が付けられています。

出典: https://pixabay.com
陶器は食器や花瓶にも使われているので、とても身近な素材ではないでしょうか。粘土から作られていて、800度以上の温度で焼かれています。テラコッタとの違いは、表面に釉薬がかけられている事です。釉薬には、色を付ける働きと、薄いガラス膜を作り強度を上げる働きがあります。陶器は重く割れやすいですが、安定性があります。その為、屋外の風の影響を受ける場所でも倒れにくくなります。また、温度変化に強い素材なので、屋外向きといえるでしょう。陶器のデザインによって、景観性を高め様々な場所に合う素材です。

FRP

FRPの鉢カバーはデザイン性が高いものが多く、本物の石にそっくりなものもあります。

出典: http://www.exportersindia.com
FRPはあまり聞きなれない素材ではないでしょうか。FRPはFiberglass Reinforced Plasticsの略で、繊維強化プラスチックとも呼ばれます。主にガラス繊維をプラスチックの中に入れて強度を強くした素材です。植木鉢やプランター、鉢カバーの他に、建築資材として屋外の防水や車の部品等、様々なものに使われています。FRP素材の特徴は、成形しやすく軽くて丈夫なことです。FRP素材の鉢カバーはデザイン性が高く、木・石・陶器の風合いを再現して本物と見分けがつかないほどですよ。とても丈夫なので屋外の利用に向いています。また、軽いので移動も簡単です。設置場所を自由に変えてくださいね。

ポリプロピレン

ポリプロピレンは安価で軽く丈夫です。

出典: http://www.publicdomainpictures.net
ポリプロピレンと聞くとお菓子の袋やおもちゃを思い浮かべませんか?ポリプロピレンは様々なものに利用され、身近に接する機会の多い素材ですね。ポリプロピレンは安価で軽く壊れにくい為、流通している花の植木鉢やプランターに使われています。鉢カバーにも使われていて、かごの様な形状のもの、カラフルなもの等種類があります。ポリプロピレンの鉢カバーは軽くて丈夫なので移動に便利です。しかし、屋外では強風で飛ばされる心配がありますから、鉢カバーの内側にレンガ等の重しをして動かない様に固定しておくと良いかもしれませんね。また、紫外線で劣化しやすい性質を持っています。その為、直射日光が当たる屋外に設置する際には、定期的に買い替えが必要になるでしょう。

セメント

セメントの鉢カバーは安定性が高いです。

出典: http://www.homestratosphere.com
セメントの鉢カバーは都会的な雰囲気がして素敵ですね。セメントは建築資材として主に利用されています。最近では、植木鉢やプランターカバーの素材としても注目されていて、セメントを用意して植木鉢や鉢カバーをDIYする人もいるほどです。セメント素材の鉢カバーの特徴は、重くて丈夫なことが挙げられます。屋外では安定性が大切な要素ですが、セメント素材の鉢カバーは重さにより設置後に移動し辛いです。また、セメントの成分はアルカリ性で、屋外で雨にぬれるとアルカリ成分が染み出てきます。植物にはアルカリ性に弱いものもありますので、植物の性質を考慮して使いましょう。

【人気通販サイト発!】屋外置きできる鉢カバーとコラボさせたいおすすめ観葉植物

屋外に合った観葉植物と鉢カバーを見つけてくださいね。

出典: https://pixabay.com
屋外向け鉢カバーの素材を知り、実際に屋外へ観葉植物を設置してみませんか?鉢カバーだけでなく、植木鉢やプランターと組み合わせて置くと、さらに景観性が高まりますよ。様々な種類の観葉植物から、屋外向けの観葉植物を選ぶのは難しいと思われる方もいるでしょう。通販サイトからでしたら、色々な条件で検索できますのでお気に入りの観葉植物を見つけられると思います。また、素敵な鉢カバーを取り扱っているおすすめ通販サイトがありますので、好みの素材やデザインを選んでみてくださいね。こちらでは、屋外向けの観葉植物と鉢カバーがセットになったものをご紹介します。

観葉植物 ユッカ(青年の木) 10号 ラスターポット 付き

ユッカは太い茎と上に向かって伸びる葉を持ち、力強い印象のある観葉植物です。日当たりの良い場所を好み、寒さにも強いので、屋外置きに適していますよ。ユッカの水やりの頻度は、春から秋には土が乾いたら、冬は土が乾燥してから4~7日空けて、たっぷりの水をあげましょう。鉢カバーのラスターポットは、光沢のあるプラスチック鉢です。軽くて丈夫な為、移動が簡単です。屋外では風が強いと倒れる心配がありますので、風を避けられる場所に設置するか、動かない様に固定するなどしましょう。
観葉植物 ユッカ
10号 ノーマル ラスターポット 付き
¥17,500 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

観葉植物 シュロチク(棕櫚竹) 10号 ファイバークレイGray 付き

シュロチクの名前を聞くと、竹の仲間かと思うかもしれませんね。シュロチクはヤシ科の植物で、ヤシの葉を小さくした様な深い緑色の葉が特徴です。直射日光と風に弱いので、屋外では風を避けることができる日陰に設置してください。シュロチクは水を好みますので、水切れに注意しましょう。シュロチクの細い茎に葉が多数付いた立ち姿は、和風やエスニックな空間に合いますよ。鉢カバーのファイバークレイはグラスファイバーとテラコッタに使われる粘土を組み合わせた素材です。テラコッタのみだと割れやすい性質をグラスファイバーで補い強度を上げています。この鉢カバーには穴があいているので排水性もよく、屋外の利用にも適していますよ。
観葉植物 シュロチク(棕櫚竹)
10号 ファイバークレイGray 付き
¥38,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

観葉植物 シェフレラ アンガスティフォリア 曲り10号 エコストーンGray 付き

ツヤのあるグリーンの葉をもつシェフレアは、観葉植物として人気があります。様々な場所で飾られているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。シェフレアはウコギ科の植物で、世界の温帯から熱帯地域に生育しています。日当たりの良い場所を好み、屋外で日にしっかり当ててやると、葉に光沢が増します。シェフレアの水やりの頻度は、春から秋には土が乾いたら、冬は土が乾いて4日ほどたったら、たっぷりの水をあげましょう。鉢カバーのエコストーンはセメントで出来ています。重さが21kgあるので、移動する時には気を付けてください。とても安定性があり屋外向きで、シンプルでスタイリッシュな鉢カバーです。
観葉植物 シェフレラ アンガスティフォリア
10号 曲り エコストーンGray 付き
¥45,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

観葉植物 オリーブ チプレッシーノ 6号 アンティークテラコッタBlue 付き

オリーブは、実が生る木として良く知られていますね。モクセイ科の植物で、地中海や北フリカが原産地です。屋外の風通しがあり日当たりの良い場所を好みます。また、湿気を嫌うので、水やりは土が完全に乾いてからにしましょう。鉢カバーのアンティークテラコッタは、テラコッタに釉薬で色を付けています。釉薬によって、素焼きのテラコッタよりも風合いと強度が増し屋外に適しています。また、この鉢カバーには底穴付いているので排水ができ、雨のあたる屋外でも利用できますよ。
観葉植物 オリーブの木
6号 チプレッシーノ アンティークテラコッタBlue 付き
¥13,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

まとめ

屋外でも鉢カバーを使ってみてください。

出典: https://pixabay.com
いかがでしたか?屋外で土が無く植物を植えられない場所では、植木鉢やプランターの利用を考えるかもしれません。屋外で鉢カバーを使うメリットに、移動のしやすさやデザイン性の高いものが多い事が挙げられます。色々な種類の鉢カバーを扱う通販サイトやホームセンター等で、建物の雰囲気に合った屋外用鉢カバーがきっと見つかることでしょう。また鉢カバーは、素材によって通気性や安定性の高いもの等の特徴がありました。屋外の設置場所に合わせた素材の鉢カバーと観葉植物を選び、植物のある景観を楽しんでくださいね。
観葉植物ならひとはな

関連するまとめ