目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

室内で多肉植物を育てるために

Ba2b596168a5544c7f0e02abd929e2c06530c1f6

室内向きの多肉植物と、観葉植物向きの室内スポットについて知りましょう

出典: http://roomclip.jp
最近インテリアに大人気の多肉植物には、たくさんの品種やいくつかのタイプがあることをご存知ですか?サボテンや多肉植物はお手入れ不要の室内向き観葉植物としてインテリアショップや雑貨店でも気軽に購入できます。しかし品種ごとの特徴を知らずに間違った育て方をすると、たちまち元気がなくなって余計な手間がかかったり、枯れてしまったりする事もあるのですよ。多肉植物はそもそも室内向きの観葉植物なのか、そしてどのようなタイプがあるのかを見ていきましょう。

多肉植物は室内で育てられる?

Gatag 00013270

多肉植物はインテリアにぴったりでも室内で育てられるか不安ですよね

出典: http://01.gatag.net
多肉植物の大きな特徴として、肉厚な葉や茎にたっぷりの水分を蓄えている点が挙げられます。過酷な環境下でも生き抜くため、自らの内部に養分を貯めておくのですね。このように頑丈な多肉植物は、日当たり等の面から本来植物には向かない室内で育てるのにおすすめできる観葉植物と言えます。ただし過酷な環境に強いとはいえ植物ですから、室内でも適度な日差し・水分・風通しには気をつけましょう。よく多肉植物やサボテンには水やり不要と言いますが、時にはたっぷりと水をあげることも必要です。収入がなければ貯金はできませんよね。具体的に室内ではどのような育て方をすれば良いか、多肉植物の「夏型」「冬型」「春秋型」という分類別にご説明します。

「夏型」多肉植物を室内で育てるコツ

0025

夏型多肉植物の主な原産地は南・東アフリカやマダガスカル、地中海沿岸などです

出典: http://www.dodoworldnews.com
まずは夏型の多肉植物です。夏型とは、4月~10月の夏季に成長し冬は休眠する多肉植物のタイプの事です。熱帯地方原産の品種が多く夏型に分類され、強い日差しや30度程度の気温下でも元気に育ちます。さらに夏型の中には寒さにも強い品種があり、頑丈で育て方が簡単な種類とも言えます。

  • 夏季の育て方

水やりは、土が乾ききった時点でたっぷり行ってください。鉢の下から水が流れるくらいが目安です。ただし水やり後にいつまでもジメジメした状態にしておくと枯れてしまうため、水はけと風通しには注意しましょう。真夏の直射日光はダメージになりますが、日当たりの良い場所に置くことをおすすめします。気温が下がってきたらだんだんと水やりの間隔をあけてください。

  • 冬季の育て方

水やりは極力控えます。日当たりの良い暖かな場所に置きますが、室内でも窓辺は朝晩冷える事があるので気をつけてくださいね。

「冬型」多肉植物を室内で育てるコツ

Person 983960 1280 825x506

冬型多肉植物の主な原産地は南アフリカやアラビア半島などの高地です

出典: http://sports-doctor93.com
次に冬型の多肉植物です。冬型の多肉植物には、高山やアフリカの高地など気温も湿度も低い土地原産の多肉植物が含まれます。サボテンや多肉植物と聞くと暑い国のイメージで意外かもしれませんが、高温多湿が苦手な多肉植物も多いのですよ。9月~5月の冬季に成長し、夏季は休眠します。

  • 冬季の育て方

夏型の夏季と同じく、定期的にたっぷりと水やりをしてください。置き場所は直射日光を避けた明るい日陰が適しています。暑さには弱いので、あまり暖房器具に近い場所はおすすめしません。耐寒温度は5度程度ですが、室内で育てる分には問題ないでしょう。

  • 夏季の育て方

水やりは控え、とにかく高温多湿にならないように気をつけます。20度を超えたら、扇風機やエアコンのドライモードで環境を整えてください。室内で犬や猫を飼っている場合は、適温がちょうど同じくらいの為育てやすいかもしれません。もし室内の温度を下げるのが難しい場所に置くなら、鉢ごと氷水に浸けて冷やす方法もあります。ただし鉢の中に水が入らないよう防水対策はしっかりしてくださいね。

「春秋型」多肉植物を室内で育てるコツ

69a35aa8a8c9431c8e67c8f9396c10f2 l

春秋型多肉植物の主な原産地はアメリカやメキシコ、ヨーロッパ、北アフリカなどです

出典: http://guide.travel.co.jp
最後に春秋型の多肉植物です。春秋型は10度~25度程度の人にとっても過ごしやすい気温で良く成長するため、春秋型と呼ばれています。日本でも育てやすい品種が多く室内にもおすすめですよ。なお春秋型の中には、元々夏型だった多肉植物が近年の気温上昇で日本の夏に耐えられなくなり春秋型に分類しなおされた物も多く見られます。

  • 春秋季(4~6月、9~11月)の育て方

室内の明るい日陰に置き、定期的に水やりをします。季節の変わり目は気候も不安定な為、窓辺や玄関など外気に近い場所で管理する場合は環境の変化に気をつけて見てくださいね。

  • 夏季・冬季の育て方

気温が低く・高くなったら多肉植物の休眠期間に入ります。水は与えず土を乾燥させておきましょう。室内の温度を冷暖房機器でなるべく一定に保つ事が育て方のポイントです。

室内で育てたい!人気多肉植物10選

O0480036013739837837

種類豊富な多肉植物には室内におすすめしたい品種がたくさんあります

出典: http://ameblo.jp
多肉植物の種類について夏・冬・春秋型とご説明しました。特に夏型と冬型では室内用であっても季節別の育て方が正反対の為インテリアショップなどで寄せ植えを購入する場合は混合していないか気をつけてくださいね。多肉植物を選ぶ際は、見た目のおしゃれさはもちろん品種にも注目して選びましょう。

ご参考までに、室内インテリア向きの多肉植物を10種類ご紹介します。日本の気候と室内インテリアにおすすめの春秋型と、比較的春秋型に近い夏型を集めました。数種類の多肉植物や他の観葉植物との寄せ植えを作る際も、このリストから選べば安心ですよ。

朧月(おぼろづき)

Dsc 0764 convert 20150531232817

朧月に花が咲きました

出典: http://crassula.cocolog-nifty.com
【春秋型】
バラのような葉姿の朧月は、灰色がかった色味も幻想的な多肉植物です。儚げな色合いから英語では「Ghost Plant」と呼ばれますが、室内に置いても浮かない色味が魅力的ですね。見た目が可愛く寄せ植えのメインとしても活躍し、頑丈で育てやすため室内インテリアにまずおすすめしたい品種です。

姫秋麗(ひめしゅうれい)

20151027232607108 thumbnail2

姫の名の通り可愛らしい姿が室内でも良く馴染みおすすめです

出典: http://uchizukan.seesaa.net
【春秋型】
姫秋麗は元々グリーンの多肉植物です。しかし上手な育て方をすれば趣深いピンク色に色づきますよ。また春秋型と言っても寒さにとても強く、0度近くまで耐えられます。冬場の暖房は乾燥して苦手と言う方でも、安心して室内に飾れておすすめです。

ブロンズ姫

B0194769 2318114

ブロンズ姫は朧月と玉葉の交配種です

出典: http://fukku214.exblog.jp
【春秋型】
ブロンズ姫は朧月よりも小さいものの、光沢のあるブロンズカラーの葉が印象的です。このブロンズ色は春秋の紅葉した姿で、時期によっては緑色も楽しめますよ。さらに黄色の花を咲かせ、一鉢室内に置けばいろいろな表情を楽しめる多肉植物です。

ヒスイ殿

Hisuiden19s

ヒスイ殿はサボテンに近いルックスで室内インテリアのスパイスにおすすめです

出典: http://lovecomet2010.blog48.fc2.com
【春秋型】
ヒスイ殿は有名な多肉植物アロエの仲間です。小型ですが白いトゲと斑点が目を引き、スタイリッシュな室内のインテリアにおすすめです。アロエは本来夏型の為、春秋型と言っても寒さには少し弱いので晩秋や初春は日当たりの良い暖かな場所に置いてあげましょう。

不夜城(ふやじょう)

Fuyajo128s

不夜城はアロエ属で、最近は食用として育てるケースもあります

出典: http://lovecomet2010.blog48.fc2.com
不夜城は放射状に広がる葉が目を引く多肉植物です。特徴は黄色いトゲで、やや硬く鋭いため触れる際は気をつけましょう。現在日本では様々な交配パターンの不夜城が流通し、色味や葉姿が株によって個性的で選ぶ楽しみがありますよ。アロエ属の多肉植物はかなり頑丈で不夜城も酷暑極寒に耐える場合がありますが、室内インテリアとして飾った鉢は急に直射日光や低温下に置かないよう気をつけてくださいね。

ハオルチア・オブツーサ

Tumblr inline nbxufev7ou1qb6ao8

和名を雫石と言うハオルチアオブツーサは宝石のように輝きます

出典: http://jukanmuri.com
【春秋型】
ハオルチア・オブツーサは室内に特におすすめの多肉植物です。元々岩陰に自生することが多く、日陰で元気に育つため日光が届きにくい場所の室内インテリアにぴったりですよ。暑さ寒さにも強く、育て方は簡単です。半透明の葉肉には光が透けて輝き、目にも楽しいですね。

ゴールデンカーペット

201304061022

小さな葉姿が室内にもぴったりで可愛らしい多肉植物です

出典: http://sakuranbou.info
【春秋型】
ゴールデンカーペットは寒さに強く育て方も簡単な多肉植物です。黄金細葉万年草とも呼ばれ、通年紅葉せず明るい黄緑色で室内インテリアを明るくしてくれますよ。葉が小さく控えめなので寄せ植えにおすすめです。ただし良い育て方をするとどんどん増えていきますので、こまめに株分けしてあげると良いでしょう。

グリーンネックレス

Img 1

グリーンネックレスのポコポコした葉肉が室内インテリアのアクセントにおすすめです

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
【春秋型】
日光が大好きなグリーンネックレスは、特に春季に良く成長します。春から秋にかけてはたっぷり水やりをしますが、玉状の葉肉がぱんぱんに膨らんでいる時は控えて大丈夫ですよ。室内に飾る際は、日当たりの良い窓辺が置き場所として特におすすめです。

ヌビゲナム

Img 1

ヌビゲナムが緑からピンクに紅葉していく様子です

出典: http://blogs.yahoo.co.jp
【夏型】
ヌビゲナムは夏型でも寒さにかなり強い種類の多肉植物です。葉肉の形はシンプルですが、良い育て方ができれば冬にはきれいなピンク色に紅葉するでしょう。さらに春から花も咲き、年間を通して様々な姿が楽しめます。室内インテリアとしては寄せ植えにしても可愛いく仕上がりますし、単品で色の変化をじっくり眺めるのもおすすめですよ。

エメラルドリップ

Sany1454 thumbnail2

先端がちょこんと赤いエメラルドリップはお花のような葉姿です

出典: http://taniku2014.seesaa.net
【夏型】
エメラルドリップは春秋型に近い夏型の多肉植物です。夏の間水やりを控えると、秋に葉先が紅葉します。茎が伸び背が高くなるため、寄せ植えに高低差を出したい時におすすめですよ。日光不足になると葉と葉の間が空き徒長してきれいな花型にならない為、よく注意してくださいね。室内ならよく日が入る窓辺がぴったりの置き場所です。

まとめ

Plants cactus and succulents

ユニークで愛らしい多肉植物は室内インテリアにおすすめです

出典: http://design-milk.com
多肉植物の型と室内におすすめの種類をご紹介しましたが、いかがでしょうか。多肉植物は育て方が簡単な観葉植物として有名です。しかし一方で、一度弱ってしまうと園芸初心者には復活が難しい場合が多く見られます。多肉植物を長持ちさせるため、室内インテリアとしての見た目だけでなく品種や育て方にも興味を持ってみませんか?多肉植物のおもしろさ、奥深さに気が付けるはずですよ。

関連するまとめ