目次

大型から小型まで大きさ豊富!鉢カバーとは

鉢カバーは大型から小型まで素材も形も様々です

出典: http://frenchyfancy.com
大きさや素材などのバリエーションが多く、素敵なインテリア作りに役立つ便利な鉢カバーですが、案外どうやって使ったらいいのか分からない方が多いアイテムです。素敵な鉢カバーを見つけたけれど、植物を直接植え込んでいいのか、排水用の穴がなくていいのかなどと悩んだことはありませんか?しかし本当は鉢カバーの使い方は至って簡単で、憧れのインテリアに近づけるお助けアイテムなのです。また扱いが難しそうな大型の鉢カバーでも、覚えておきたいポイントはごくわずかです。早速確認していきましょう。

そもそも鉢カバーってなに?

大型?鉢カバー?基礎的な疑問から解消していきましょう

出典: http://toulove-japan.com
まず最初に浮かぶのは、鉢カバーとは具体的にどんなものなのかという疑問ではないでしょうか。鉢植えの観葉植物は購入時には、シンプルなプラスチックの植木鉢に植えられているのが一般的です。しかしそのまま部屋に置くには、デザインや衛生面で抵抗がある場合も多いでしょう。一方鉢カバーを使えば、簡単に購入時の植木鉢のまま中に入れてプラスチック鉢を隠すこともできます。またお部屋を汚さずに飾ることもできますね。さらに大型であれば、見た目のインパクトがあります。そのため部屋のインテリアに合った鉢カバーを選んで、おしゃれなインテリアを演出できるのです。

知ってる?鉢カバーと植木鉢の違い

鉢カバーと植木鉢の違いは穴があるかないかです

出典: http://alphawin.co.jp
鉢カバーと植木鉢はよく似ていますが、実は大きな違いがあります。植木鉢は中に直接植物を植えて育てるために使われるので、水はけを良くするために排水用の穴が開いてます。水やり時に土を含んだ水がしみ出てくるため、置き場所を汚したくない場合は受け皿を敷いて使うのが一般的な方法です。一方鉢カバーはあくまでも植木鉢のカバーなので、排水用の穴はありません。つまり植木鉢に植えてある植物をそのまま中に入れた時に床が汚れないようにする役割があるのです。またインテリアの雰囲気をランクアップする役割も、鉢カバーは持っています。大型の鉢カバーはインパクトがありますから、鉢カバーのデザインにより印象が大きく変わります。そのためインテリアと鉢カバーのテイストを統一すれば素敵なインテリアを演出できますよ。

鉢カバーを使用するメリット

素敵な鉢カバーは空間に合った雰囲気を演出してくれます

出典: http://roomclip.jp
鉢カバーを使うメリットは、大きくふたつです。観葉植物の土で床が汚れたり水で濡れたりすることを防げることと、鉢カバーで場の雰囲気に統一感を与えられることがメリットとして挙げられます。インパクトのある大型の鉢カバーなら、なおさらインテリアのアクセントとしての効果は絶大です。鉢カバーの素材や色、形をインテリアのイメージに合わせることでインテリアの統一感を生み出せます。大型の鉢カバーを使うことでセンスの良いインテリアの印象を与えたり、気分転換に手軽な模様替えができるのも嬉しいですね。

鉢カバーを使用するデメリット

大型の鉢カバーは重くて困ることがあります

出典: http://topicks.jp
便利な鉢カバーですが、実はデメリットもあります。それは根詰まりや植木鉢にカビが生えるなどのトラブルが起こりやすくなることです。水やりの後に溜まった水を排出しにくかったり、湿気がこもりやすいことがトラブルの原因です。特に簡単に観葉植物を取り出すことの出来ない大型の鉢カバーの場合は、特に注意が必要です。また頻繁に水やりが必要な夏場などは中の植木鉢を出し入れしたり、中に溜まった水を抜いたりする作業が大変になることもあります。また大型の観葉植物だとかなりの重量になりますから、簡単に移動できません。鉢カバーの素材によっては同じ場所に置いたままになる可能性もあり、周りの掃除に支障が出ることも考えられます。そのため水やりの後に溜まった水の上手な排出方法や、大型鉢カバーの移動方法を考えた上で購入すると上手に使いこなすことができますよ。

これで解決!大型の鉢カバーの上手な扱い方

大型鉢カバーはインテリアの完成度を高めます

出典: http://topicks.jp
鉢カバーのメリットなど基本的な情報についてお分かりいただいたところで、次に鉢カバーの実用的なノウハウについて解説します。いくつかの知っておきたい取り扱い上のコツがある大型の鉢カバーに焦点を当てて、ありがちな疑問や悩みの解決方法について見ていきましょう。

大型の鉢カバーってどれくらいの大きさ?

大型の鉢カバーといっても素材や形で印象も扱い方も違ってきます

出典: https://hitohana.tokyo
大型の鉢カバーは具体的な数値で言うと内径30cmくらい、つまり8号以上の鉢カバーを一般的には指す傾向にあります。しかし同じ内径でもデザインによって高さが違うものや、厚みがないものとあるものでは印象も重量も随分変わってきます。また素材もプラスチックなどの樹脂製、コンクリート製、天然素材製、金属製、焼き物など様々です。鉢カバーの素材によっても重量や耐久性が大きく違ってきますので、置きたい場所の条件やインテリアに合ったものを上手に選びたいですね。

大型の鉢カバーの相場はどれくらい?

ひとくちに大型の鉢カバーといっても素材によって価格帯にも幅があります

出典: http://toyokeizai.net
大型の鉢カバーは素材によって商品価格も大きく変動します。例えば価格を安く抑えたい場合は樹脂製や天然素材がおすすめです。大型10号のサイズならば、5,000円前後の価格で十分素敵な大型の鉢カバーが見つかります。また天然素材には籐製や竹製、木製、布製と色々種類がありますが、大型でも10,000円以内で様々な商品が見つかります。ただし樹脂製、天然素材製ともに品質にもばらつきがあることが多いです。価格だけで判断せず、じっくりと品質チェックをするのが長く使える大型の鉢カバーを見極めるポイントです。特に天然素材の製品は耐水性が低く大型になる程、負荷がかかりやすく劣化もしやすいです。使用場所を考慮し、防水加工や表面処理が施されているか確認しましょう。そして金属製はあまり一般的ではありませんが、大型は特に品数が少なく価格帯も10,000円以下から展開しています。使い方にもよりますが、金属製の鉢カバーは錆が出るなどのトラブルも考えられますから慎重に選びましょう。またテラコッタ(素焼き)や陶器の焼き物の鉢カバーはテラコッタが比較的安い価格帯で流通しています。大型10号サイズなら、10,000円以下から購入できますよ。陶器は大型10号の相場としては、10,000~20,000円ほどの価格が最も一般的です。またコンクリート製も10,000~20,000円ほどの価格帯のものが多い傾向にあります。焼き物製もコンクリート製も割れ物ですから、厚みがあるほど丈夫になりますが重くもなります。しかし背が高い大型の観葉植物を入れる場合など、転倒しにくい鉢カバーを選びたい時には重さがメリットとなりますので、価格と合わせて検討しましょう。

どうやって置く?

大型の鉢カバーは床を傷つけないように対処しましょう

出典: http://www.stylemepretty.com
大型で厚みのある鉢カバーは中に入れた観葉植物と合わせて、軽く20kgを超える重量にもなることが多いです。床に直接置いて、床が傷だらけになったなどのトラブルも起こりかねません。床を傷つけないために接地面にクッション材が付いている鉢カバーもありますので、大型の場合は特に底面の状態などもチェックしてみてください。もし特に加工が施されていない場合でも、ラグを敷くなどして対処できますよ。また接地面の大きさに合わせてカットしたコルク板や、フエルトを敷くのもいい対策法です。ホームセンターなどで売っている接着テープ付きのクッション材なら、価格も安いので使いやすいでしょう。また傷つく心配のない堅い床にコンクリート製や焼き物の鉢カバーを置く時は、大型だと重さもあるためどちらかが割れたり欠けたりする可能性が高まります。ベランダなど濡れる心配があるような場所なら、ゴムシートやウッドタイルを敷くのがおすすめです。

どうやって運べばいい?

大型の鉢カバーは運ぶのが大変ですね

出典: http://my-nata-li.tumblr.com
日当たりや気温によって鉢カバーを動かしたいと思っても、大型の鉢カバーに入っている観葉植物はなかなか簡単に移動させられないものです。日当たりなどの理由で一時的に移動させたい場合は大型の鉢カバーはその場に残して植木鉢だけ移動させる方がいいでしょう。掃除などの理由で頻繁に大型の鉢カバーごと移動させる必要性がある場合は、鉢カバーの下に滑らせるための布などを敷いておくといいですよ。ただし床の素材との相性を間違えないようにしましょう。例えばフローリングやタイルなど滑りの良い場所に置く時は、丈夫な布など引きずって移動させる時に滑りがいい素材を選びましょう。一方コンクリートやカーペットなど摩擦で滑りが悪い床の場合は、キャスター付きの鉢台がお薦めです。しかし大型で重要があるだけに、キャスターが滑りすぎると危険ですので注意してくださいね。

水やりはどうする?

大型の鉢カバーの場合、水やりは手順がひとつ増えます

出典: http://www.gardeners.com
鉢カバーに入った小型の観葉植物に水やりする場合、植木鉢だけを取り出して水やりした後鉢カバーに戻すか、水やり後鉢カバーの中に溜まった水を捨てれば大丈夫です。しかし大型の観葉植物は植木鉢だけ取り出すことや、大型の鉢カバーを傾けて中の水を捨てることが難しいです。もし植木鉢を取り出すのも鉢カバーを傾けるのも難しい場合、一般的には鉢カバーに溜まった水を吸い取る道具を利用する方が多いようです。隙間から水だけ吸い上げるスポイトのような道具や、スポンジなどに水を吸わせて取り出すなどの方法がおすすめです。細いビニールチューブを使ってもいいかもしれませんね。鉢カバーの中は水分が蒸発しにくいですから、水を溜めたままにすると植木鉢の中で根腐れしやすい状態になってしまいます。ぜひ水やりのコツをマスターして上手に管理しましょう。

大型の鉢カバーを購入するならぜひ通販サイトで!

大型の鉢カバーを買うなら断然通販サイトを利用するのが便利です

出典: http://www.e-ms.co.jp
鉢カバーとはどんな用途なのかということや大型の鉢カバーの取り扱い方について見てきました。大型の鉢カバーは、インテリア雑貨店や園芸用品店などで売られていることもありますが、取り扱っているサイズや素材、サービスには限りがあることが多いです。そのため購入の際は品揃えが豊富で便利な通販がおすすめです。それでは通販サイトで大型の鉢カバーを購入するメリットや気をつけたい点を確認した後、おすすめの通販サイトをご紹介します。

通販サイトを利用したいメリット

大型の鉢カバーを買う時、通販サイトを利用するメリットはいっぱいあります

出典: http://itpro.nikkeibp.co.jp
通販サイトを利用するメリットはまず品揃えです。大型の鉢カバーはスペースが必要になるため、店舗で扱いにくい商品と言えます。しかし通販サイトなら色や素材、価格などを比較して豊富な商品から好みの鉢カバーを選べます。そして手軽さも通販サイトの魅力です。大型の鉢カバーを購入して自宅まで持ち帰る労力がいらず、通販サイトなら画面上の操作でどんなに大型で重いものでも自宅に届けてもらえるのです。また豊富な情報も魅力です。購入を検討している商品に関するサイズや素材の情報はもちろん、通販サイトによっては鉢カバーの使い方や観葉植物に起こりやすい厄介な害虫などのトラブルの対処法をはじめとした疑問点を解決する情報コラムを提供している場合もありますよ。

通販サイトを利用する際の注意点

大型鉢カバーを購入する通販サイトを選ぶときに気をつけたいこともいくつかあります

出典: http://logon-web.com
大型の鉢カバーを購入するのに通販サイトは大変便利ですが、一方で気をつけたいこともいくつかあります。まず大型ゆえに大変になる返品や交換についての条件は、注意事項の記載を忘れずに確認しておきましょう。また送料は鉢カバー自体の価格との合計で考えることをお薦めしますし、配送途中で割れたなどのトラブルケアがしっかり保証されているかも事前にチェックしておきたいポイントです。さらに銀行振り込み時の口座名と会社名が異なっていると悪質サイトである可能性も出てきますから注意してください。まずは口コミに目を通してみて過去のトラブルや会社の対応、サービスに問題がないか把握しましょう。

また通販サイトでは実際に商品を手にとって確認できませんから、大型のものは特にサイズや重量など、実際に使用する場所との相性をしっかり確認してください。特にサイズは必ずチェックしましょう。せっかく購入した大型の鉢カバーが使えないという事態を招く可能性があります。例えば、観葉植物の植木鉢の外径は鉢カバーの内径よりも小さいでしょうか。取り出す時のことを考えると3~5cm程の差があった方がいいですね。また高さも観葉植物の植木鉢の高さが、鉢カバーの内側の高さよりも低くないと見栄えが悪いです。また鉢カバーの外径は置き場所に収まるか、大型鉢カバーの重量に床の素材が耐えられるかなどもチェックしましょう。

鉢カバーを購入したい通販サイトはここ!

HitoHanaなら大型の鉢カバーが様々な価格のものが豊富に揃っています

出典: https://hitohana.tokyo
どの通販サイトを利用するか迷っている方におすすめなのが、HitoHana(ひとはな)です。HitoHana(ひとはな)は長年胡蝶蘭や観葉植物の通信販売を手がけてきた通販サイトです。胡蝶蘭も観葉植物もお祝いごとには定番の贈り物です。贈り物には大型で立派な鉢が好まれるため、胡蝶蘭や観葉植物の豪華さに負けず上品さを引き立てる大型の鉢カバーも豊富に扱っているのです。また贈り物としての注文に数多く対応してきた実績のおかげで、あらゆる要望にもきめ細かく対応できるサービス力があります。そのため万が一トラブルがあったとしても、アフターケアまで万全に対処してもらえます。届け先が本州・四国の場合の送料無料や翌日配達のサービスもありますよ。大型鉢カバーの取り扱いをはじめ、観葉植物の手入れなどのノウハウもサイト上の記事で詳しく解説してありますから、購入以外でも大変役に立つ通販サイトですよ。

観葉植物をおしゃれに演出する!素敵な大型鉢カバー5選

お薦めの通販サイトHitoHanaで人気の大型鉢カバー5種類を紹介します

出典: https://hitohana.tokyo
大型の鉢カバーについて基礎知識から購入に関するチェックポイントまで分かったところで、具体的にどんな大型鉢カバーが人気なのか見てみましょう。どれもシンプルながら個性的で、おしゃれなインテリアのアクセントになりそうなデザインばかりですよ。ぜひ参考にしてくださいね。

1位 インテリアを選ばない!Eco Stone(エコストーン) 10号鉢用 White

丸みのあるシンプルな形とどんなインテリアにも合う白が爽やかな印象の鉢カバーです。大型でもセメント製なので丈夫ですし、フローリングの床にも置けるよう底面には傷防止用フエルトが貼られています。重さは21kgありますので置き場所との相性を考えた方がいいですが、抜群の安定感なので背が高い大型の観葉植物や風の抵抗を受けやすい葉が大きな植物の外置きにも対応できます。今大注目のおしゃれな鉢カバーを手掛けるstemの自信作です。
鉢カバー
Eco Stone(エコストーン) 10号鉢用 white #stem F1807
¥22,400 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

2位 スタイリッシュなインテリアにおすすめ!FiberCray(ファイバークレイ) 10号鉢用 Gray

ファイバークレイは、クールな魅力が人気の鉢カバーです。オリジナリティと実用性の融合を目指すstemの自信作ですよ。グラスファイバーを含んだ土で作られているため、大型ながら強度と軽さと風合いを兼ね備えています。クールでスタイリッシュななインテリアにぴったりのデザインですね。鉢カバーながら底に穴が開けられているので、大型特有の悩みである水やり時の排水を気にせず使用できます。玄関やベランダなど床が濡れてもいい場所や屋外で使うのにも便利です。
鉢カバー
FiberCray(ファイバークレイ) 10号鉢用 Gray #stem F9802
¥19,100 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

3位 観葉植物のグリーンを活かす!Rib Basket(リブバスケット) 10号鉢用 Natural

職人さんが1本のジュートのロープで手作りした鉢カバーです。ひとつひとつ丁寧に仕上げてあるため、全く同じ製品はありません。唯一無二の持ち味と天然素材の柔らかな雰囲気が観葉植物の美しさを引き立てます。寝室などリラックスしたい空間に、よく似合います。床材に優しい素材ですから、大型でもリビングのフローリングや畳に置いても安心ですね。柔らかい素材のため収納する場合のスペースも、大型にもかかわらず少なくて済むのも魅力のひとつです。季節によって鉢カバーで模様替えするのにもいいですね。植木鉢の通気性がある素材なので、根腐れなどのトラブル防止にも役立ちます。
鉢カバー
Rib Basket(リブバスケット) 10号鉢用 Natural #stem B5235
¥9,900 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

4位 軽くて扱いやすい!ラスターポット 10号鉢用 white

ラスターポットは、プラスチック製の大型鉢カバーです。樹脂製なので大型でも軽量で丈夫、低価格が魅力として挙げられます。シンプルな形やどんなインテリアにも馴染みやすい白色は、どんなインテリアにも馴染みやすいですよ。また光沢があり、高級感も演出できるのが嬉しいですね。爽やかな清潔感を与えたい、リビングや玄関などにもおすすめです。鉢底にはスノコとポリ栓付きの穴が設置されているので、大型ならではの水はけの心配も解消できます。室内でも屋外でも対応できる、優れた大型鉢カバーです。
鉢カバー
ラスターポット 10号鉢用 white #アップルウェア 370型
¥4,600 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

5位 ナチュラルテイストのお部屋におすすめ!竹バスケット 10号鉢用

天然の竹を編んで作った鉢カバーはナチュラルな風合いが魅力です。暑い季節の涼しげな演出に利用したりアジアンテイストの観葉植物の鉢カバーにおすすめです。大型独特のインパクトある雰囲気作りに重宝しそうですね。水に弱い天然素材製ながら、内側にはビニールがついているため水やりも安心です。底面はしっかり編み込んであるので強度にも配慮されていますが、大型でも他の素材に比べると弱い素材なので丁寧に取り扱いましょう。置き場所もリビングなどの屋内向きです。丁寧に長く使うことで表情に味が出てくるのが天然素材の魅力ですから、上手に楽しみたいですね。価格もお手頃です。
鉢カバー
竹バスケット 10号鉢用 VK-10
¥4,100 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >
人気上位5種類の大型鉢カバーは、それぞれの素敵な魅力がありますね。生活を豊かにする観葉植物にお好みのテイストに合ったお気に入りの鉢カバーをつけて、一段とおしゃれな空間を楽しんでみてくださいね。

まとめ

大型の鉢カバーを使うコツは簡単なことばかりでしたね。購入するなら通販サイトで探すのが便利ですし、素敵な大型の商品が豊富に揃っている実例も紹介しました。鉢カバーを使えば部屋を汚す心配なく観葉植物を楽しめますし、大型ならばインパクトのあるインテリアを実現することもできて一石二鳥です。大型から小型まで色々なタイプの鉢カバーを上手に使って、ぜひ充実したインテリアライフを楽しんでくださいね。

関連するまとめ