目次

通販で買いたい!陶器やセラミックの鉢カバーとは

陶器やセラミックの鉢カバーには素敵な商品がたくさんあります

出典: https://www.bloglovin.com
いざ憧れの観葉植物を買ったけれど、植木鉢が気に入らないと悩んだ経験はありませんか?一般的に観葉植物はプラスチックの植木鉢に入った状態で購入することが多いですね。そのまま部屋に置いてもインテリアにそぐわない、おしゃれでないなどと悩みの種になることもあります。このように植木鉢のまま観葉植物を飾ることに抵抗がある際、役立つのが素材豊富でおしゃれな鉢カバーです。素敵な鉢カバーのおかげで、お部屋の雰囲気に観葉植物をなじませることができますよ。特に陶器やセラミックといったおしゃれな鉢カバーは高級感があり、人気です。今回は陶器やセラミックの鉢カバーの性質や人気の理由などについてご紹介します。

そもそも鉢カバーとは?

陶器やセラミックなどの鉢カバーと植木鉢は使用目的が違います

出典: https://roomclip.jp
植木鉢はプラスチック製でデザインがおしゃれでないことが多いので、そのまま部屋で使いたくないことがありますよね。特にインテリアにこだわりがある方ならば、お部屋の雰囲気を壊してしまうことに抵抗がある方もいるでしょう。一方鉢カバーは植木鉢を隠し、観葉植物をインテリアに合う雰囲気にアレンジ出来るのですよ。しかしそもそも、植木鉢と鉢カバーにはどういう違いがあるのでしょう?まず植木鉢は直接植物を植えるためのアイテムなので、排水出来るよう底に穴が開いています。そのため室内に植木鉢を置く時は受け皿を使う必要があります。一方鉢カバーは、植物を植木鉢ごと収納するためのアイテムです。基本的には排水用の穴がありません。鉢カバーには植物を置く場所やインテリアに合わせて使用できるよう、陶器やセラミックなど様々な素材の商品があります。排水用の穴がないため、必然的に植物の根腐れが起こりやすくなるのがデメリットですので、底に水が溜まったままにしないように管理しましょう。もし小型鉢カバーなら鉢カバーを傾けて水を捨てたり、植木鉢を鉢カバーの外に出して水やりをするといいですね。一方大型鉢カバーなら、水をスポイト状の道具で吸い出すなどして排水するのがおすすめです。鉢カバーのサイズによって上手な水やりの方法を選んで対処しましょう。玄関やベランダなど水濡れに強い場所で使用する場合は、排水用の穴が開いている商品を選べば手間が省け便利です。穴に蓋がついていて屋外でも屋内でも使用できる商品もあるので、上手に選びたいですね。鉢カバーの素材は、耐水性のある陶器やセラミック、コンクリートなどが特におすすめです。

きれいなだけじゃない!陶器とは?

陶器の特性を活かして上手に使用しましょう

出典: http://www.akaruiheya.com
選択肢豊富な鉢カバーは置き場所に合わせて選ぶことで、観葉植物がより素敵なインテリアアイテムとなります。人気がある素材のひとつが陶器製なのです。陶器は土を焼き固め釉薬をかけて仕上げます。陶器は色合いが豊富で、汚れなどに強く長期間美しい状態を維持できる点が魅力です。一方で割れやすく重いというデメリットがあるので、陶器の鉢カバーは移動が多いと思われるシーンでの使用には向きません。陶器の鉢カバーはコップサイズの小さな商品から、大型観葉植物用の大型サイズの商品まで幅広いラインナップから選ぶことができます。さらに和風インテリアに合う焼き物風陶器の商品や、洋風インテリアに合う色やデザインの陶器製商品もあり非常にバラエティ豊かです。また陶器はサイズの割には重量があるため、背の高い植物を安定して飾ることができるという点も実用的で人気です。和室の一角に和食器をイメージさせるような模様の陶器鉢カバーに入れたシュロチクを置いて和風に、アジアン雑貨とともにアースカラーの陶器鉢カバーのモンステラをベランダに置いてアジアン風にと、空間演出のアイテムとしてぜひ陶器の鉢カバーを使ってみてくださいね。

丈夫で軽い!セラミックとは?

セラミックは白さが美しい商品です

出典: https://hitohana.tokyo
陶器と並んで人気があるのがセラミックです。焼き固める製法は陶器と同じですが、陶器よりも強度があることがセラミックの特徴です。またセラミックの方が陶器より軽いため、焼き物の質感と丈夫さ、さらに軽さを備える実用性が魅力です。セラミックを象徴する白はどんなインテリアにも溶け込み爽やかな印象を与えるため、多くの人に好まれます。白いセラミックに人気の観葉植物ベンジャミンを入れて会社のエントランスに置けば、多くの方に爽やかな印象を与えるでしょうし、医療系オフィスの受付にセラミックの鉢カバーに入った可憐な胡蝶蘭を置くと華やかで品のある雰囲気を演出できるでしょう。セラミックの鉢カバーは汎用性が高いので、ビジネスギフトとしても人気がありますよ。さらにセラミックの白と植物の緑は相性が良く、植物の生命力が強調されます。冴えない植木鉢の印象を、セラミックの滑らかな白色が瑞々しい印象に変えてくれますよ。

陶器やセラミックの鉢カバーを買うなら通販サイトで!

陶器やセラミックの鉢カバーを購入する時のチェックポイントとは?

出典: https://blog.etsy.com
陶器やセラミックの鉢カバーがどうして人気があるのかお分かりいただけたでしょうか。さっそく購入してみたいと思った方もいるかもしれないですね。陶器やセラミックの鉢カバーを買いたい時におすすめなのが、実は通販サイトです。しかしなぜ通販サイトでの購入がおすすめなのでしょう。様々な観点から理由を説明した上で、通販サイトで陶器やセラミックの鉢カバーを購入するコツについてお教えしましょう。

陶器やセラミックの鉢カバーはどこで買える?

陶器やセラミックの鉢カバーは色々な店舗で買えますが、通販が便利です

出典: http://oilspillnews.net
陶器やセラミックの鉢カバーを扱うお店は、実店舗と通販サイトに大別することができます。実店舗を持つのは園芸店やホームセンター、インテリアショップなどです。最近は雑貨店などで取り扱われている安くておしゃれな鉢カバーも人気がありますよ。しかし園芸店は花や苗木、植木鉢などの商品を中心に扱っているため、観葉植物や鉢カバーは多数あるカテゴリーのひとつとして扱われているところが多いようです。またホームセンターではさらに日用品や工具なども取扱商品となるので、鉢カバーの陳列スペースは広く取れません。さらに園芸店やホームセンターでは陶器製でもセラミック製でも、シンプルで扱いやすいベーシックな商品を手頃な値段で提供している店舗が多いようです。一方インテリアショップでは、よりスタイリッシュなデザインや個性的な印象の鉢カバーを見つけることができるでしょう。しかしデザイン性やインパクトを重視する商品が多く、陶器製、セラミック製に関わらず機能的な鉢カバーであるかどうかは購入前によく確認する必要があります。また個性的なデザインを売りにしていることも多いため、一般的な陶器製、セラミック製の価格よりも高価な傾向にあります。さらに購入後商品を自宅まで配送してもらう場合、どのお店も一般的には配送料が別途かかる点も注意すべき点です。

一方通販サイトは、実店舗や在庫管理がないため陶器やセラミックの鉢カバーに限定しても商品の選択肢は非常に豊富です。陶器やセラミックの鉢カバーをはじめ、商品配送無料の通販サイトも多いですよ。商品を手にとって確認できない分購入前のチェックを念入りに行えば、通販サイトはとても魅力的な購入先です。さらに店舗維持や在庫管理などにかかる費用が発生しない通販サイトは、価格も安く抑えることができるのも人気の秘密です。

陶器やセラミックの鉢カバーの相場は?

陶器やセラミックの鉢カバーの相場はサイズとデザインで幅があります

出典: http://www.osohshiki.jp
陶器やセラミックの鉢カバーの相場は、卓上に置けるサイズの3~6号(内径10~25cm程度)用だと3,000~10,000円程度が相場のようです。価格帯に幅がありますが、この価格帯の幅は陶器の釉薬の種類や焼成温度による強度、デザインにより変わる傾向があります。また産地によっても価格に幅がありますよ。一般的に輸入品はデザインが独特な点が魅力で、国産品は確かな品質とスタイリッシュなデザインが魅力とされています。さらに大きいサイズの8~10号(内径25cm~40cm程度)用の鉢カバーだと、10,000~20,000円代が陶器やセラミックの鉢カバーの相場です。8号と10号では内径がかなり違ってきますが、背が高い鉢と低い鉢で価格に開きがあったり様々なため価格帯はあまり変わらないようです。陶器もセラミックも製法によって強度に違いが生じるので、植物の重さに耐えなくてはいけない大型の鉢カバーほど品質重視で選ぶことをおすすめします。

陶器やセラミックの鉢カバーを置きたい場所とは?

陶器やセラミックの鉢カバーは屋外でも屋内でも使えます

出典: http://amberinteriordesign.com
陶器やセラミックの鉢カバーは、製作過程に焼きが入るため丈夫なことが特徴です。水や泥汚れにも強いので、屋外でも屋内でも使用できる点が陶器やセラミックの魅力です。一方気を付けたいのが床材との相性です。陶器やセラミックの硬度が高いということは、つまり強い衝撃に弱いということでもあります。例えばコンクリートの床に陶器やセラミックの鉢カバーを強く打ち付けるようなことがあると、欠けたり割れたりします。そのため基本的に陶器やセラミックの鉢カバーは、あまり頻繁に移動させずにすむ場所で使用しましょう。また陶器は製作過程で空気が閉じ込められている可能性があります。そのため直射日光が当たる上に夜間は冷え込みが激しいなどの大きな温度変化を繰り返す場所で使用すると、まれに鉢カバーがひび割れてしまうことがあります。そのひび割れに水分が染みこんだり植物の重みがかかったりすると、破損する可能性もあり危険です。陶器やセラミックの鉢カバーを激しい温度変化がある場所で使用するのは避けましょう。温度管理は観葉植物の上手な育て方としても大切なポイントですので、観葉植物のためにも鉢カバーのためにも心がけたいポイントですね。

陶器やセラミックの鉢カバーを購入する際の注意点

陶器やセラミックの鉢カバーは、購入前にしっかりポイントをチェック!

出典: http://lpo.gaprise.com
陶器やセラミックの鉢カバーを購入する時、まず気をつけたいのはサイズです。いざ植木鉢を入れようとしても入らなかったり、鉢カバーから植木鉢が飛び出て見えると残念ですよね。陶器やセラミックの鉢カバーの購入前は、実測するのがおすすめです。通販サイトで購入する場合は、商品説明で内径を確認してくださいね。しかし植木鉢を出し入れすることもありますから、ジャストサイズではいけません。出し入れ作業時の指の差し込みスペースを入れて、植木鉢の外径と鉢カバーの内径の差が少なくとも4cmはある商品を選んでください。さらに陶器やセラミック鉢カバーと置き場所とのサイズバランスも大切なチェックポイントです。置きたい場所に十分な広さがなく置けなかったということがないように、鉢カバーの底の外径はもちろん高さや最上部の外径も置き場所に収まるサイズか確認しましょう。また置き場所との相性はサイズだけではありません。床材がフローリングなど傷つきやすい場合は、陶器やセラミックなどの堅い素材の鉢カバーが傷を作ることもあります。陶器やセラミックは鉢カバーの底に傷防止材が貼ってある商品を選ぶか、敷物を使用するといいでしょう。

通販サイトを利用するメリット

陶器やセラミックの鉢カバーだからこそのメリットも!

出典: http://www2.measis.jp
陶器やセラミックの鉢カバーを購入する際気をつけたいチェックポイントについて確認してきましたが、通販サイトを利用すれば色々なメリットがあります。例えば輸送手段については、通販は宅配が基本です。そのため大型であったり陶器やセラミックのように重量のある鉢カバーでも、贈り先まで届けてもらえ助かりますね。通販サイトによっては送料無料の場合もあるので、鉢カバーの価格と共にあらかじめ確認しておくといいですね。また通販は実店舗の維持費や在庫管理、接客要員の人件費など経費を削減できる点が多いのも特徴です。つまりその分、商品価格を安く抑えることができます。実際に同商品であれば、通販サイトの商品価格は実店舗より安いのが一般的です。さらに通販サイトで扱っている商品は、陶器・セラミック製に限らず幅広く、選択肢が豊富なのも魅力です。陶器・セラミック製といった鉢カバーの素材や使い方などの情報が充実している通販サイトもあり、購入後に困ったことがあっても都度確認でき便利ですね。

通販サイトを利用する際の注意点

通販は陶器やセラミックの商品が直接確認できないのがデメリットです

出典: https://www.flickr.com
陶器やセラミックの鉢カバーを購入時に、通販サイトを利用する上で注意したい点もいくつかあります。まず商品を実際に確認できないため、届いた商品がイメージと違うと感じることが起こり得ます。トラブルを防ぐためにはサイズ表示や素材、注意点など細かい情報をきちんと確認するといいですよ。細かい情報が提供されていない詳細が分かりにくいサイトは、あまり良くないサイトだと捉え購入は控えた方がいいでしょう。またトラブルという点で、返品や交換についても購入前に条件を確認してくださいね。陶器やセラミックは割れ物なので、配送後すぐに不具合がないか確認しましょう。そして万一、欠けやヒビなどが見つかった場合どう対処してもらえるのか事前にチェックしておくと安心です。返品や交換に応じてもらえる親切なサイトをぜひ利用したいですね。当然悪質サイトでないことの確認は怠ってはいけません。トラブルの対処について曖昧な表記になっていないか、口コミ上にマイナス点を感じる記載はないかなど、サイト上の情報には一通り目を通せるといいですね。購入前に落ち着いてじっくり検討できるのも、通販サイトのメリットです。

もっと知りたい!通販サイトの仕組みを知って安心ショッピング

おすすめ通販サイトなら陶器やセラミックの鉢カバーも安心して購入できます

出典: http://www.bicbird.com
通販サイトのメリットや注意点などお分かりいただけたと思いますが、通販サイトはたくさんあるのでどこを利用するか迷いますね。陶器やセラミックの鉢カバーも豊富に揃っているHitoHana(ひとはな)では沖縄・北海道以外の地域への配送が無料です。さらに昼の12時までの注文は翌日の希望時間に配送できます。ただし九州・北海道・沖縄に配送する場合や午前中に和歌山、中国地方、四国地方、青森県、秋田県、東京都の離島、関西地方の一部地域に商品をお届けする場合は、お届け日2日前の昼12時まで注文しなければならないので注意してくださいね。またギフトで陶器やセラミックの鉢カバーと共に綺麗な胡蝶蘭や観葉植物を贈る場合、ラッピングや立て札、メッセージカードのサービスも無料で提供しています。立て札の書き方はサンプルがあるので安心ですし、ラッピングもお任せすることもできますよ。もちろんラッピングはピンク系やグリーン系など好みのラッピングから選ぶこともできますので、ご安心くださいね。さらに一部の観葉植物や鉢カバーを除いて、発送前ギフトを写真で確認できる写真撮影サービスを無料で提供しています。どんなギフトが先方に贈られるのか心配という悩みが解消されるのは、通販サイト利用者としては嬉しいですね。そして希望すれば請求書支払いや納品書・領収書の発行にも対応してくれます。特に法人向けに対応している後払いの請求書支払いは、好評のようですよ。もちろん陶器やセラミックの鉢カバーの取り扱い方や詳細情報なども含め相談したいことがあれば、電話サポートも利用できますから安心ですね。

どれも素敵!陶器やセラミックのおすすめ鉢カバー3選をご紹介

陶器やセラミックの鉢カバーから、通販で買えるおすすめ商品をご紹介します

出典: https://hitohana.tokyo
陶器やセラミックの鉢カバーの魅力から購入する時の注意点まで見てきたところで、いよいよ陶器やセラミックの鉢カバーではどんな商品が人気があるのか具体的に見てみましょう。鉢カバーはサイズによって魅力も様々です。ぜひ紹介される陶器やセラミックの商品を参考にして下さいね。

1位 シンプルイズベスト!ラスターポット 8号鉢用

光沢ある真っ白な姿に一目惚れする人が多いラスターポット8号鉢用は、外径30cm高さ31cmと大型の中では扱いやすいサイズです。鉢底に蓋付きの穴があるため、屋外でも屋内でも使用できる利便性が魅力です。さらにスノコ付きなので植物の根腐れ防止にも役立ちますよ。セラミックの白はどんなインテリアにも合う万能色です。そのため自宅リビングや玄関、オフィスのエントランスや応接室と置き場所を選びません。インテリアを選ばないセラミックはギフトとしても人気です。0.6kgと本体が軽めなので中に入れるのは、枝を大きく広げるタイプよりはまっすぐ上に伸びる観葉植物がおすすめです。スタイリッシュなサンスベリアやドラセナなどがおすすめです。
鉢カバー
ラスターポット 8号鉢用 white #アップルウェア 300型
3,780円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

2位 とっても個性的!ビトロ ウーヌム 6号鉢用

独特の存在感が魅力のビトロウ―ヌム6号鉢用は、胴色の釉薬が特徴的な陶器の鉢カバーです。陶器製でありながら、メタリックに輝く鉢カバーはインテリア性が高い人気の商品です。ビトロウーヌムは底穴があるタイプなので、玄関やベランダなど水濡れに強い場所での使用にも耐えられる汎用性の高さも魅力です。重さがしっかりとある商品なので、風の抵抗を受けやすい大型の葉の植物でも安定して飾ることができます。鉢カバー自体がインパクトのあるデザインなので、鉢カバーの中に入れる植物も個性的なモンステラやウンベラ―タなどがおすすめです。
鉢カバー
ウーヌム ユーポット M10 6号鉢用 ブロンズ釉 #KONTON VR-001C10E
7,668円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

3位 花器としても!Color Crack(カラークラック) 3号鉢用

Color Crack 3号鉢用は内径10.5cmの細長い筒状デザインの鉢カバーです。セラミックの白さと横縞は、独特な魅力と存在感がありますね。外径が10cm以下、高さが24.5cmという鉢カバーとしては個性的な形です。そのため対応できる植木鉢はなかなかありませんが、鉢カバー内部に台になるものを入れ高さを調節する使い方もおすすめです。育て方が簡単な胡蝶蘭のような茎が長い植物とも相性が良いですよ。また底穴がない完全防水タイプなので、花器として使えるのも人気の秘密です。鉢カバーの足下に雑貨を配置し、狭い空間を縦長に利用すればセラミックの白さが印象的なインテリアになるでしょう。
鉢カバー
Color Crack(カラークラック) 3号鉢用 Mat White #stem C3326
3,780円 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >
陶器やセラミックの鉢カバーの魅力はおわかりいただけましたか。まだまだサイズもデザインも豊富にありますよ。ぜひ色々な鉢カバーを見比べインテリアにぴったりな商品を探してくださいね。

まとめ

陶器やセラミックの鉢カバーで素敵なインテリアを楽しんでください

出典: http://colunas.revistaglamour.globo.com
陶器やセラミックの鉢カバーは素敵ですね。他の素材にはない上品さと落ち着きを感じます。プラスチックの植木鉢に入っただけの観葉植物も、鉢カバーひとつで大きく印象が変わります。特に陶器やセラミックの鉢カバーは防水性や安定感に優れており、屋内でも屋外でも使える優れものです。品揃え豊富な通販サイトならきっと好みの鉢カバーを見つけることができますよ。早速手に入れて素敵な鉢カバーの魅力を実感してくださいね。

関連するまとめ