目次

花束とは?

花の茎を長いまま残して束ねたシンプルな花束の形です。

美しい花束は、大切な方への贈り物やセレモニーに欠かせない存在です。野菜や果物と異なり、大切な方への贈り物やお部屋を美しくするために選ばれます。お祝いや記念日、そして悲しみの場などそれぞれのシーンに向くようにアレンジされます。花束の生命力は魅力的で、見ていると心が落ち着きますね。お花と人の関わりはいつごろ始まったのかみていきましょう。

花と人の関わり

古代の埋葬品から花が手向けられていたことがわかると言います。
Photo by Keith Schengili-Roberts
From: Wikimedia

出典: https://commons.wikimedia.org
人は昔から花を室内に飾る習慣があったと言われています。クレオパトラがバラを好み、私室にバラの花びらを散らしたお話はとても有名です。古い壁画などに描かれているように崇高な儀式に用いられる存在であると同時に、室内装飾や人々の心を癒す存在でした。例えばバラの歴史は遅くとも3,500万年前まで遡ります。中世の欧州に起きた戦いでは、赤いバラと白いバラの紋章の家の間で戦われたことからバラが戦いの名称になりました。菊やユリは日本の供花の代表的花な花で、セレモニーには欠かせません。母の日には子どもから大人まで幅広い年齢層の方が、カーネーションの花束を選ぶ様子が見られます。花は日々の生活や行事に深く関わり合っているのですね。今では日持ちの良いお花や病気に強いお花の開発や栽培が行われていて、非常に多くの品種や色からフラワーギフトが選べる時代になりました。大切な方へのフラワーギフトは贈る方のお気持ちに合わせて花の色、花言葉、お相手の方の好みなどをもと選ばれます。お花を贈ったり、お店から持ち帰ったりするため「花束」にされますね。シンプルなものから複雑なものまでありますが、花束の代表的な型を2つみていきましょう。

花束の形やスタイル

バラだけを束ねてある花束で、本数により違う表情が出ます。

出典: https://hitohana.tokyo
花束の形を2つご紹介しますね。1つは360度どこから見ても美しい形をした花束です。結婚式でのブライダルブーケや、テーブルコーディネートのアイテムとして半球形の花束が卓上に飾られたりします。2つ目はアームブーケと呼ばれる花束があります。花材はどちらかと言えば前面から見て美しくアレンジされ、ラッピングは縦長となり、腕で抱えた時にも安定感があります。表彰式に渡す花束や、ブライダルブーケにも用いられます。花は普段の生活の中でも、見る方をリラックスさせ、心を癒す効果が期待できます。特別なシーンでの花束だけでなく、日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。お花が飾られているシーンをみていきましょう。

前向きに整えられ縦長に包装された花束は、表彰式や退職の日に良く贈られます。

出典: https://shelikesflowers.com

花束のある暮らしを楽しむ

花束を花瓶に活けて飾ると、見る人の心に生き生きとした気持ちが生まれます。

出典: https://hitohana.tokyo
花と人のかかわりや、花束の形をご紹介しました。忙しい毎日の中では、肉体ばかりでなく心に疲労を感じる瞬間があるのではないでしょうか。精神疲労を軽減したり、リフレッシュする方法はいくつかあります。中でも花束を買ってお部屋に飾る方法は手軽な方法で、気分転換も期待できます。生活の場に飾られる花束をみていきましょう。

リビングに花束を

心地よい居間に花束を飾ると一層素敵です。
©Cromly, How to Pick Paint Colours for Your Home

出典: http://stories.cromly.com
リビングは比較的多くの時間を過ごす場所です。ご家族とコミュニケーションしたり、テレビを見たりして1日の疲れが取れるリラックスできる空間ですね。さらに1つ花束を飾ってみてはいかがでしょうか。お忙しくて、なかなか自然と触れ合えない毎日でも、色とりどりの花束は手軽に自然を思い起こさせて気分をリフレッシュできます。

手持ちの容器に飾る

お祝いでなくても、普段から花束を飾ると気持ちが安らぎます。
photo: pixabay

思いがけずお花がたくさんある時に、花瓶が足りなくなったら身近な容器に飾ってみてはいかがでしょうか。お庭の花が一時に咲いた時、誕生日にたくさん花束を頂いた時には、水挿しやじょうろでも意外に素敵です。ご家族の目に留まる場所に飾ると、いつもと違う光景に新鮮な雰囲気が漂います。

お店や待合室に花束を

パソコンで疲れると花束が目に優しく感じます。
photo : pixabay

お店にお花や観葉植物が飾ってあると、第1印象が良いですよね。コーヒーショップ、ブティック、美容院など花束をかざってあると素敵だと感じます。最近は歯医者さんの待合室でも、素敵な花束が週替わりで飾ってあるのをお見かけします。お店やクリニックで様々な色合のブーケを見ていると、待ち時間が心地良いものになります。

オフィスの受付に花束を

受付に花があると素敵なオフィスだと感じられ、第1印象が良くなります。
photo: pixabay

オフィスの受付は会社の第1印象に影響すると言われる程大切な場所です。比較的余裕のあるスペースに設けられる受付は、好印象で信頼できる受付スタッフは勿論のこと、お花や観葉植物が置かれていることが多いですよね。特に花束が飾られていると、モダンなオフィスに潤いを与えほっとした気分になれます。オフィスを訪れる方を受け入れる雰囲気が生まれ、お客様も花を見てリラックスして頂ける効果が期待できます。オフィスの移転祝いなどにも花束ギフトに人気がありますよ。

野の花を摘んだ花束も

お子様が摘んでくれた花束も飾ると素敵です。
photo: pixabay

野の花や庭に自生しているささやかな花でも、花束になります。お庭でメインのお花の側に咲きすぎて始末するはずのお花も、ありあわせの瓶や缶に挿してみてはいかがでしょうか。洗面所やトイレの窓の縁に飾るお花をわざわざ見つけようとしても、すぐに見つからないことがあります。散歩やお庭で隅っこに咲いているお花も花束にしてしまいましょう。

引っ越したら花束を

お忙しくても、お部屋の花瓶に花を飾るとリラックスできます。

お住いを都心のモダンなマンションに引っ越したばかりのある日、何か物足りないと思う瞬間があったら花束を飾ってみてはいかがでしょうか。観葉植物選びは今すぐ!とはいかなくても、花束選びは短時間でできますね。素敵な花束と花瓶の組み合わせならすぐに、お部屋に生命力や華やかさをプラスできます。親しい方の新築祝いにも花束ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

水切りを重ねたお花を飾る

ピンクのバラの花に白い小花が似合います。花束を最後まで楽しみましょう。

とても大切な方から頂いたバラの花束を、水切りを重ねてとうとうお花だけになっても飾り方があります。浅いお皿に水を張って飾ってみてはいかがでしょうか。毎日お水を替えたり、置き場所を移動したりしてバラの花を長持ちさせた1週間はとても素敵な時間でしたね。次は花束のお返しをしてみてはいかがでしょうか。男性にも贈れるビタミンカラーのブーケがありますよ。

オフィスに自分だけの花束を

オフィスに自分だけの花束を飾ってみてはいかがでしょうか。
©Flower Preservation Wrokshop

出典: https://www.flowerpreservationworkshop.co.uk
オフィスでのお仕事には、知らず知らずのうちにストレスがかかっています。適度に短時間の休憩を取るのが理想的ですが、なかなか難しい場合もありますよね。お花や植物は見る方をリラックスさせる効果が期待できます。オフィスデスクの片隅に1輪挿しや可愛いサボテンを飾ってみてはいかがでしょうか。会社の規則などで、お花を飾れない場合には素敵なお花のペーパーウェイトを飾るだけでも素敵ですね。

デザイン性の高い花瓶に飾る

デザイン性の高い花瓶は花束を生かし、お花が無い時にもインテリアアイテムになります。

出典: https://hitohana.tokyo
花束を頂いた時にお家に花瓶が無いと残念ですね。贈る方が花束と素敵な花瓶の組み合わせをご予算に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。大切な方の誕生日、母の日をはじめ法人間の開店祝いや移転祝いにも、すぐ飾って頂けて喜ばれています。またデザイン性の高い花瓶は、お花が無くなっても飾るだけでインテリアアイテムとなります。

もっと知りたい!花束を長く楽しむコツ

黄色い花のビタミンカラーは人気の色です。

お庭や鉢植えの花と比較すれば、切り花の花束の命は短いから贈ったり飾ったりするのをためらっていませんか?あるいは切り花だからお世話の必要がないと思われるかも知れません。切り花は新鮮なお花を手に入れることから始まりますが、ちょっとしたポイントを押えるだけで、何もしないよりも長く楽しめます。生きている花束ならではの生命力や美しさを保つコツを3つお伝えしますね。

花束を持ち帰る時にはお花を上にする

花束を贈るマナーとして、贈られた方が持ち帰りやすいように紙袋を用意するなど配慮しましょう。

花束を贈る場所まで、お花は出来るだけ新鮮に保ちたいものですね。あるいは花束を頂いてから帰宅するまで安全に持ち帰れると嬉しいですね。お花屋さんではゼリー状の保水剤をつけるか、濡らした紙で茎を覆ってくれるなどしてくれます。花を下に持つとそれらの水分が逆流する可能性があります。また下向きに持つとお花が、人や物に当たっても気づきにくかったり、花びらが痛んだりします。お花を上にして持つ方が良いでしょう。多くのお花屋さんで、ギフトフラワー用に紙袋を準備しています。贈る場合には、受け取る方が持ち帰りやすいように花を上にして紙袋に納めるのがおすすめです。特に功績のあった方への表彰式や、お世話になった上司の退職祝いなどを男性に贈呈する場合にはお持ち帰りにも配慮しましょう。紙袋に入れた上で、上面を包装紙かありあわせの新聞紙などでお花を覆うと安全で、お持ち帰りの方に喜ばれます。

花瓶は良く洗って清潔に

水道水で洗い流したり、中性洗剤を用いて花瓶を清潔に保ちましょう。
いらすとや

花瓶は使うごとに水道水で洗い流して洗浄しましょう。必要に応じて台所の中性洗剤を使用すれば一層効果的です。しばらく使用していなかった花瓶を使う場合にも洗い、自然乾燥するのがおすすめです。花瓶を清潔に保つことで、バクテリアの発生が最小限に食い止められます。口の細いタイプの花瓶は、水だけあるいは中性洗剤を微量入れ、手で口を押えて上下に強く振ると良いでしょう。お花ごとに花瓶を組み合わせるのが理想ですが、1個で多くのお花にマッチする花瓶を持っていると花瓶の管理が行き届きます。はじめに新鮮な花を選び、花瓶を清潔に保ち、水切りや水交換をキチンと行いましょう。切り花は長持ちしないと思わずにポイントを押えた管理方法を行うと、より長い間楽しめるのですね。

浅水と深水を使い分ける

水につかる葉は取り除くと、腐敗防止になります。

出典: https://hitohana.tokyo
花束を活ける時に、花瓶にお水をたっぷり入れると切り花が長持ちする訳ではありません。一般的な円柱形の花瓶を使用した場合、多くの花は花瓶の水は底から5cm程度水を入れる「浅水」の方が長持ちします。例えばガーベラの茎はうぶ毛で覆われていますので、水が濁り易く茎が腐りやすいため浅水がおすすめです。逆に「深水」が適しているのがバラ、菊、アジサイなどです。深水は花瓶の底から5~10cmほど入れます。枝物も深水にします。しかし水が深すぎると枝に細菌が付着してしまいます。花瓶への水の入れ過ぎにも注意しましょう。ユリは吸水性が高く余り水が多いと早く咲いてしまいます。またデザインの関係で、背丈の高い花瓶を用いる場合は茎や枝が水についている部分の長さをチェックします。水に浸かる部分の葉は腐敗防止のため、取り除きましょうね。花束は少しのメンテナンスで長持ちしますので試してみてはいかがでしょうか。

【質問箱】花束を贈るマナー!花束の色/お土産/お見舞いについて

花束はマナーを守って贈ると更に喜ばれます。

花束の持ち帰り方から水の量まで、切り花を長く楽しむコツをご紹介しました。ここでは花束を贈るマナーについてのQ&Aを3つご紹介します。綺麗な花束は贈るマナーを守り、ちょっとした心配りをすることで花束が本来の魅力を発揮でき、印象的です。

【質問1】開店祝いに、真っ赤なバラの花束を贈っても良いですか?

開店祝いや新築祝いに贈る花や包装紙には、色のマナーがあります。

大切な方やお取引先がお店をオープンすると分かったら、応援の意味も込めて花束を贈ると喜ばれます。真っ赤なバラ花束は、華やかで魅力的ですが、贈らない方が良いのです。理由は、赤いバラや赤い包装紙は「火事」や「赤字」を連想させます。開店祝い、新築祝い、起業祝いには「赤い」ものは贈らない慣習があります。その代わり複数花材を用いた明るい色のブーケを贈ってみてはいかがでしょうか。花束にアクセントや挿し色として赤い花が混じっているのはかまいません。

【質問2】ホームパーティーの手土産に花束はどうでしょうか。

1種類の花材の花束と花瓶のセットは切りそろえるだけで短時間で飾れます。

お知り合いのホームパーティに招かれたら、花束はおすすめのお土産です。食べ物や飲み物は既に用意されたり、他の方と重なる可能性があります。花束は集まりの会場の飾りになり、雰囲気を盛り上げた上でやがてその役目を終えます。お招きいただいたお家のスペースをいつまでも占領しないのがスマートです。しかしお忙しいホステスにアレンジの手間暇をかけるのはご迷惑です。花束と花瓶をセットで贈れば、すぐ飾れて喜ばれます。花材が1種類のフラワーギフトなら、1番短い茎に合わせて1回切り揃えればすぐに花瓶に挿せます。オアシス(給水スポンジ)にアレンジされた花もおすすめです。

【質問3】知人が病院に入院しています。お見舞いに花束を持って行きたいのですが。

ご病気お見舞いはマナーを守って贈りましょう。

親しい方が入院されたら、病院にお見舞いに行っても良いかどうかを、はじめにご家族やご本人の意向を尊重して決めましょう。またお花は感染症の予防などで持ち込みを禁止している病院が少なくありません。お見舞いのタイミングは入院直後と手術後3日程度を避けます。手術前は検査などがあり、ご本人のお気持ちも落ち着きません。術後すぐは眠っていたり、検査でベッドにいないことがあります。花束を持って行っても良い場合は、優しい色の小さなサイズがおすすめです。鉢植えは「寝付く」、赤いお花は「血液」を連想させますので贈るのは控えましょう。医療の発達もあり入院期間が以前より短いケースがあります。短期(5日程度)の入院であれば、退院後に花束にメッセージカードを添えてご自宅宛てに送るのも喜ばれます。

【動画】花束のおすそ分けに!簡単にできる1輪ラッピング

花束を贈る時のマナーをご紹介しましたが、ちょっとした心配りがマナーの基本なのですね。もし大きな花束を頂いた時に、1本づつおすそ分けしたり、大勢の方にお配りする場合に覚えておくと良い簡単なラッピングの動画をご紹介しますね。お花のある暮らしがとても素敵だと実感しますよ。(C CHANNEL ライフスタイルの動画です)
youtube

花束の価格相場

花束はお祝いのご予算をもとにマナーを守って贈ると素敵です。

バラの花束を1輪1輪ラッピングする動画は楽しんで頂けたでしょうか。実際に花束を購入する場合のお値段をみていきましょう。花束は花材により価格が変ります。例えばSサイズの花束でも、「おまかせ」だと3,000円、バラが加わると同じサイズでも4,000円程度になり、バラだけ12本を使用した花束になると、約6,000円程度になります。さらに花瓶と組み合わせると8,000~15,000円程度の価格帯になります。花束のMサイズでバラを30本用いた花束は10,000~15,000円、バラを50本用いた花束は15,000円程度となります。花瓶との組み合わせ価格は、花瓶の材質やサイズ、ブランドで変動します。フラワーギフトを価格で選ぶのも1つの方法です。通販では送料無料のサイトを選ぶのがご予算内で納めるコツです。産地直送方式を採用している通販サイトからのご購入メリットが多くおすすめですのでご紹介しますね。

花束を贈るなら通販がおすすめ!メリットと注意点

花束を通販サイトから選ぶと、早くお得に高品質な商品が選べます。
Photo: Pixabay

花束や花瓶との組み合わせの価格相場をお伝えしました。お祝いに贈ることが多いフラワーギフトですが、品質の良い花束をお得に早く手に入れて、タイミング良く贈れる通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。通販サイト利用のメリットと共に通販サイトご利用上の注意点をお伝えしますので、信頼できる通販サイトをお選びになる参考にして下さいね。

メリット

通販サイトのメリットは時間や労力の節約になります。

花束を購入するために通販サイトを利用する最大のメリットは、時間や労力の節約になる点です。お仕事や家事の貴重な時間をやりくりして、実店舗に出向いてもお花の在庫が無かったり、営業時間外であったりすれば貴重な時間が無駄になります。母の日やクリスマスのように、季節や日にちによっては花屋さんに列ができ、長時間待つことになります。通販サイトなら、24時間いつでも空いた時間を利用して花束選びができます。法人で花束を贈る際、オフィスで同僚や上司に相談しながらフラワーギフトが選べます。また通販の豊富な商品群からは、検索機能を利用することにより、ご希望の花束を短時間で探し出せます。同時に通販サイトごとの価格を比較するのも容易です。通販サイトではフラワーギフトに無料でラッピングを行ったり、メッセージカードをお付けしたりすることが可能です。花束ギフトに欠かせないマナーを無料でプラスして貰えるのは嬉しいメリットですね。これらのチェックポイントをクリアする信頼できる通販サイトから花束を贈るのがおすすめです。

注意点とその解決策

通販ご利用の注意点には対策があります。

通販サイトを利用する上で、何点か注意点があります。注意点をあらかじめ知っておくことで、通販サイトを快適にご利用頂けますのでみていきましょう。まず、通販サイトに「送料無料で翌日お届け」と記載されていても、遠隔地や離島は送料が有料となります。また翌日お届けするための締め切り時間が各サイトで設けられています。HitoHana(ひとはな)ではお昼の12時です。また通販サイトではバラの花束や花瓶を見て確認できません。信頼できる通販サイトHitoHanaでは、発送前の商品画像を、ご依頼主様宛にメールで無料送信するサービスがご好評を頂いています。複数のお支払方法を用意してあり、お客様がお選び頂けます。法人でのご利用には、経理処理がスムーズな納品・請求・領収証発行に対応しております。大切な方が少しでも長い間花束の美しさを楽しめるように、新鮮な花束をご用意しております。花束選びや贈り方で質問がありましたら、平日だけでなく土日祝祭日の朝9時~夜7時まで営業している電話によるヘルプ窓口にご遠慮なくお問合せ下さいね。

厳選3つ!通販から贈れるおすすめの花束

ギフトフラワー選びは贈る方も楽しく幸せな時間を過ごします。

出典: https://hitohana.tokyo
花束を通販サイトから贈るメリットや注意点をお伝えしました。実際商品を目で確認できなくても、様々な解決策があるのですね。大切な方やお取引先へのフラワーギフトは、ご予算やお相手との関係性も考慮してお決めになると良いでしょう。花束選びに迷われたら、これからご紹介するおすすめ3商品を参考にして贈ってみてはいかがでしょうか。

第1位!開店祝いなど法人ギフトに優雅な花束ピンクとオマジオベース

大切な方やお取引先への開店祝いや開業祝いに花束の色に迷ったら、多くの方に受け入れられるピンク系統がおすすめです。花言葉は「優美」「感謝」「称賛」「完全な幸せ」「楽しさ」「同情」などで、幅広く贈って頂けます。開店祝いや、移転祝いなどの法人ギフトに相応しい風格があります。組み合わせてある花瓶は、デンマーク製のKahler(ケーラー)のオマジオ(Omaggio)で、硬質かつ繊細な肌合いの磁器花瓶です。
バラ グラスブーケ
ピンク L (50本入) Omaggio (オマジオ) ベース L グラナイト グレー付き
¥28,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

第2位!金婚式のお祝いに赤いバラと純白のブランドベース

赤い花束は、愛情、尊敬や称賛にまつわるものがあり、多くのお祝いシーンに向いています。50本の赤いバラは「永遠」を意味しますか。紅白のカラーコンビネーションがお祝いの場を華やかに盛り上げます。ご両親の金婚式のお祝いに贈ったり、ご祖父母様への長寿祝いとして贈ってみてはいかがでしょうか。花瓶はデンマークのケーラー社のHammershoi(ハンマースホイ)で、職人による手作りが生み出すエレガンスがあります。一見無機質な白の表面に立体的な縦筋による光と影が印象的で、インテリアタイプを問いません。
バラ グラスブーケ
レッド L (50本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース M ホワイト付き
¥25,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

第3位!ホワイトデ―本気の返事は敢てSサイズでサプライズ

花束や花瓶はそれぞれ単体でもお選びいただけます。サプライズの花束は、贈るまでお相手の方に知られないようにするのが1番です。Sサイズの花束単体がおすすめです。色ごとに花束をご用意していますので、伝えたいお気持ちに従ってお選びいただけます。バレンタインデーのチョコレートのお返しに、いきなり赤いバラの花束を贈るのがためらわれる場合は、ピンクミックスの花束をおすすめします。色をミックスすることにより、特定の花言葉にこだわらずお相手の方に優しく上品に好意が伝わります。
バラ 花束
ピンクミックス S (12本入)
¥7,250 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

まとめ

写真はオレンジ色のブーケとブランド花瓶の組み合わせで、印象に残るフラワーギフトになります。

出典: https://hitohana.tokyo
いかがでしたか?花をお部屋に飾るととても気分良く暮らせることや、大切な方への大切なメッセージが伝わることがおわかり頂けたでしょうか。花の種類はとても多く、色や形が豊富です。切り花の花束は1週間ほどで美しい役目を終え、贈られた方のスペースをリセットしてくれるのが1つの魅力です。またデザイン性の高い花瓶と組み合わせて贈れば、贈られた方がすぐ飾れるので人気が高まっています。デザイン性の高いブランドの花瓶であれば、花束を挿していない時でもインテリアアイテムとして飾って頂けます。親しい方やお取引先のお祝いシーンに、印象的な贈り物として安心できる通販サイトで花束を選んでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ