目次

大切な方への花束を色から選ぶ

花束はお相手の方のイメージに合わせた色で選ぶのも素敵です。

出典: https://hitohana.tokyo
今度の贈り物は何か印象的なものを贈りたいと思って、フラワーギフトを検討しても何色の花束にしたら良いか迷ったことがあるのではないでしょうか。贈り物相場からご予算が決まったら、花束の色、そして花言葉を知っているとスムーズに選べますよ。はじめに色の持つイメージをみていきましょう。

花束の色

花は生存のために美しい色をしていますが、人を慰めたり元気にする力も持っています。

出典: https://londonflowerstation.wordpress.com
人と花の歴史は古く、エジプト時代にはお花が贈り物として存在しました。ギリシャ時代には花の女神が神話に登場し、冠やリースが登場しました。19世紀の西欧では、上流階級の間で花や植物の色形から意味を持たせることが流行しました。特に人の感情を表現する花言葉は、奥ゆかしく上品に、時には密かにお相手の方への気持ちを伝えるのに便利でした。今では世界中で、花言葉のもつ意味が知られています。贈る方のお気持ちを表現できる花言葉や花束の色を選ぶと、相手の方を大切に思う気持ちや幸せを祈る気持ちが正しく伝わり、素敵な贈り物になります。花言葉に余りこだわりたくない場合は、複数の色をミックスした花束もおすすめです。

花の色素

花は美しいので、贈り物としても喜ばれます。
Photo:Pixabay

花は色の美しさが魅力の1つですが、人の目を楽しませるというよりは、昆虫に受粉を頼っているからです。昆虫に花を訪れてもらうためには、魅力的な色の方が生き延びる確率が高いのです。香りや蜜は昆虫が花に引き寄せられる大切な要因です。花の色は3つの色素から出来ています。アントシアニン、フラボノイド、カロテノイドです。数えきれない程の花の色が3種類の色要素のバリエーションだとは驚きですね。アントシアニンは赤や紫、青の花の色素です。フラボノイドは多くの花に含まれていて、白い花の色素です。白い花の組織に含まれるたくさんの気泡が光線の加減で白く見えるのです。またカロテンはチューリップなどの花に含まれていて、カボチャやニンジンなどオレンジ色の野菜にも含まれています。

色のイメージ

花の色は見る方の心に変化をもたらすことがあります。
Photo:Pixabay

花束の色を選ぶ時には、色ごとのカラーイメージを知っておくと役に立ちます。色には人が共通して感じるイメージが存在すると考えられているからです。花束の色を選ぶ時には、カラーイメージを参考にしてみてはいかがでしょうか。赤は情熱や愛、青は誠実さや安定を意味します。紫色は、赤のエネルギーと青の安定感や癒しの両方を感じさせると言います。また黄色は日光を連想させ見る方の気持ちを明るくさせる中性的な色だとされています。オレンジはエネルギッシュで連帯を感じさせ中性的な色です。ピンクは上品で優雅な印象で、白は清らかでフォーマルな色とされています。どのような色の花束にしたら良いか迷ったらミックスカラーのブーケを選ぶ方法があります。1つの花言葉に縛られず、多くの方に受け入れられるフラワーギフトになります。

色々な花束を日常に飾る

テーブルにピンクのバラ花束を飾ったり、観葉植物を飾ると居心地の良い空間ができます。
Photo:Pixabay

いかがでしたか?今まで無意識に選んでいたお花が、ご自分のお気持ちと色が意識せずマッチしていた方もいるのではないでしょうか。花束の色が人の気持ちに影響を与えるとわかったので、日々の生活の飾り方をみていきましょう。モダンで便利な生活をしていても、自然を思い起こさせる花束を飾ってみてはいかがでしょうか。大切な方に花束を贈ったらどのような飾り方ができるかイメージできますよ。

直射日光が無い窓辺を明るく

窓の縁に花束を飾ると、スペースの活用にもなります。
Photo:Pixabay

日照条件の良い窓辺には葉姿を楽しむ観葉植物を飾る方が多いのではないでしょうか。それに反して、花瓶に挿した花は日光に当てると長持ちしません。お家の中の日の当たらない窓辺にこそ、飾ってみてはいかがでしょうか。日陰の窓辺が美しい風景にと変わります。

手土産に頂いた花をすぐ飾る

急いで飾る場合には、花束の1番短い茎に合わせて一気に切りそろえることもあります。
Photo:Pixabay

ホームパーティのゲストから花束をお土産に頂いたら、時間が許せばすぐに飾ってみてはいかがでしょうか。集まりの空間が花束の色で生き生きとした空間になります。小ぶりな花瓶なら卓上花としてテーブルに飾ると素敵です。

1人で過ごす時間にも花束を

1人の時間をピンク色の花束と共に過ごしましょう。
Photo:Pixabay

忙しい毎日でストレスを感じたら、お部屋にピンク系の優しい色の花束を飾ってみてはいかがでしょうか。高価な花でなくても良いのです。お部屋に優しい雰囲気が漂い、少しだけ疲れが減ったように感じられるものです。切り花の世話をする余裕がない場合は、長く楽しめるハーバーリウムもおすすめです。

お化粧は優雅な雰囲気で

メークは優雅な雰囲気で行いたいものですね。
Photo:Pixabay

お化粧をする時間は大切です。メイクアップは落ち着いた雰囲気や気分で行うと仕上がりも良いように感じるものです。お化粧する場所が、直射日光の当たらない柔らかな光線のあたる場所であれば、それは花束にとっても嬉しい場所です。花束日光に当てず、お水替えをこまめに行うことで長持ちするからです。

自分に戻る部屋にも飾る

いつもの窓辺が生き生きとする花束ですね。
Photo:Pixabay

自室のお部屋の片隅や、棚の上に可愛いお花の入った花瓶が飾ってあると優雅な気分で過ごせます。ご家族が集まるリビングは暖かいですが、自室は昼間ご不在の場合には室温がやや低めになる傾向があります。そんな場所こそ花束を飾りましょう。

お子様の勉強部屋に飾って応援を伝える

勉強部屋にお母様が庭の花を飾ると、お子様に応援の気持ちが伝わります。
Photo:Pixabay

お子様が受験期にさしかかると、ご両親はサポートが大変ですね。ご両親からの応援を表現するために、お子様の勉強部屋に小さな花束を飾ってみてはいかがでしょうか。言葉で表現しなくても「勉強頑張ってね」の気持ちが通じますよ。日光が当たらず、お子様の勉強の邪魔をしない本棚の上などに飾ってみてはいかがでしょうか。

自分を励ますオレンジ色のガーベラ

ガーベラは親しみ深くて、色のバリエーションが豊富です。
Photo:Pixabay

日常生活でふと、心を癒してくれるものが欲しくなることがありますよね。そんな時に、切り花の花束を飾ってみてはいかがでしょうか。ガーベラの親しみやすい花の形や色のバリエーションは、心が和み自分自身を励ますのにおすすめです。たとえばオレンジ色のガーベラ花言葉は「我慢強さ」です。何かとストレスの多い現代生活ですが、もうちょっと頑張れるという時には、オレンジ色の花束がおすすめです。

お家のイベントに花束をプラスする

ご家庭でのイベントに花束が加わると一層素敵な時間になります。

出典: http://givemetalk.com
ご自宅でお誕生日や結婚記念日のお祝いをするときに、お料理やワインだけでなく、お部屋に花束を飾りましょう。慣れ親しんだお家でのイベントがいつもの年よりもちょっと素敵になります。

色々な花束を長く楽しみたい!

美しい色の花束を贈られて、花瓶に飾ったら少しの手入れで長持ちします。
Photo:Pixabay

花束を飾るシーンをご紹介しました。花瓶に飾った花束は少しでも長く楽しみたいものですね。切花を長持ちさせるポイントをお伝えします。花束の包装セロハンやリボンは外しましょう。花が蒸れて早く痛みます。次に台所中性洗剤と水道水で洗浄した清潔な花瓶を準備します。水を張った容器の底近くで、切れ味が良く清潔な花はさみで茎を下から2㎝ほど45度斜めにカットします。切り花の水切りは難しくありません。切り口の給水面が広くなりお花が長持ちします。バラの花束は、一般的なデザインの花瓶であれば、底から5~10cm程度水を入れれば十分です。多くのお花は5cm程の深さまで水があれば十分です。水につかる部分の葉は外します。花束に延命剤が付いていたら使用するのがおすすめです。台所用漂白剤をほんの1~2滴入れても代用になります。砂糖を水1Lに対して5~10g栄養剤として入れるのも良いです。水は毎日取り換えるのが理想的です。置き場所は直射日光の当たらない、お家の中で温度が低い場所に飾るのがおすすめです。

厳選3つ!愛や感謝が伝わりやすい赤(レッド)い色の花束

赤いバラの花束をどなたの机の上にそっと置きますか?
Photo:Pixabay

切り花を長持ちさせるコツをご紹介しました。実際に様々な色の花束をみていきましょう。ご予算や色のお好みなどを考慮に入れて、大切な方に喜んでいただける花束の色を探してみてはいかがでしょうか。はじめは、世界中で知られる赤いバラの花束です。素敵な花瓶との組み合わせもありますので楽しんでご覧くださいね。

第1位 50本の赤いバラとオマジオベース組み合わせ

赤い色のばらだけで作った花束は愛やロマンス、勇気や勝利を祝うシーンには欠かせない色ですね。50本のバラは「永遠」「偶然の出会い」「無条件の愛」があり、プロポーズをはじめ、舞台公演や還暦のお祝いにもおすすめです。花瓶は、デンマークの老舗ブランドKahler(ケーラー)の製品で、白い磁器に太く輝くボーダー柄は職人の手描きです。花束の赤と花瓶の白は、紅白の組み合わせでお祝いムードを更に盛り上げます。
バラ グラスブーケ
レッド L (50本入) Omaggio (オマジオ) ベース L シルバー付き
商品詳細へ  >

第2位 記念日には30本の花束とローズ色の花瓶

30本の赤い色のバラ花束は誠実さを表すと言われ、花言葉は「ご縁を信じます」です。結婚記念日やご結婚30年のお祝い真珠婚式や、誕生日や還暦祝いにもおすすめです。組み合わせの花瓶は19世紀に創業したデンマークの老舗ブランドの商品で、円柱形の中央部分がふっくらした姿と、立体的な縦模様が特徴のHammershoi(ハンマースホイ)シリーズの1つです。お花が無い状態で飾っても素敵なインテリアアイテムになります。
バラ グラスブーケ
レッド M (30本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース M ローズ付き
商品詳細へ  >

第3位 サプライズで贈る1ダースのバラ花束

まだ告白していない、愛する女性からバレンタインデーに贈り物をいただいたら、ホワイトデーには本気のお返しを用意してみてはいかがでしょうか。デート中に手渡しできるサプライズ用の花束としておすすめです。1ダースのバラ花言葉は「恋人になって下さい」です。言葉で言えない思いを赤い色のバラ12本が伝えてくれます。通販サイトなどでは無料のメッセージカードを付けてくれるので活用してみてはいかがでしょうか。
バラ 花束
レッド S (12本入)
商品詳細へ  >

厳選3つ!友情の絆や健康を祈るなら黄色(イエロー)の花束

イエローの花束は見る方の心を温かくしてくれます。
Photo:Pixabay

太陽のような明るさと暖かさに満ち溢れている黄色は、友情や大切な方の健康や幸せを祈る気持ちを表現できます。「友情」「希望」といった意味のあるバラの色です。まぶしくなるような黄色は、性別や年代を問わず贈れる花の色です。デザイン性の高い花瓶との組み合わせもご紹介しますね。

第1位 開業祝いや新築祝いに贈って応援する

親しくしているお友達の開業祝いや新築祝いには、お相手の幸せや将来の成功を祈る気持ちを込めて、黄色いバラの花束を贈ってみてはいかがでしょうか。組み合わせの花瓶は、Kahlerで19世紀からの北欧ブランドの老舗です。シンプルな形状と職人手描きの上品な太い線が魅力的です。線の色や花瓶のサイズにはバリエーションがあります。
バラ グラスブーケ
イエロー L (50本入) Omaggio (オマジオ) ベース M パール付き
商品詳細へ  >

第2位 明るい色の花と品格ある花瓶は法人ギフトにも

オーソドックスな印象の花瓶ですが、丸みのあるアウトラインと立体的な縦ラインはモダンとエレガントが入り混じった雰囲気がします。花瓶の青い色の補色である黄色の花束と組み合わせてありますので1段と華やかです。お取引先の開店祝いや、お取引先の移転祝いとしておすすめです。お花が無い時には花瓶だけで飾っておいても素敵です。
バラ グラスブーケ
イエロー M (30本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース M ペトロール付き
商品詳細へ  >

第3位 手渡しして今後のお幸せを祈る

花束ギフトの良い点は、お手渡しできることです。受賞や長寿のお祝いに、同席の方に祝福の拍手と共に贈られる、イエローの花束は一生の思い出として心に残るものです。クリームからイエロー、さらにはオレンジのバラをバランス良く組み合わせた、イエローミックスの花束にも人気があります。大切な方の長寿祝いに、ご親族やお友達から贈ってみてはいかがでしょうか。
バラ 花束
イエローミックス M (30本入)
商品詳細へ  >

厳選3つ!情熱や絆そして幸せを願うならオレンジ色の花束

オレンジ色の花束は見る人を暖かい気持ちにさせます。
Photo:Pixabay

オレンジ色は赤と黄色を混ぜて出来る色です。夕焼けや柿の色である橙色に相当する親しみの持てる色です。黄色と並んでビタミンカラーをした色の花束は、性別を問わず贈って頂ける人気の色です。オレンジ色でも、ごく淡い色からエネルギッシュな濃い色まで様々です。オレンジ色の花束をご紹介しますね。

第1位 幅広いお祝いに向くおしゃれな花瓶つき

オレンジ色のバラには「情熱」「絆」をはじめ「プライド」「幸多かれ」といった花言葉があります。お相手を大切に思い、励ましたり、幸せを願う気持ちが伝わる花束の色です。大切な方の開店祝いや新築祝いなど大切なお祝いシーンに安心して贈れる花束の色です。上司の退職祝いにも向いています。花瓶はデンマークの老舗ブランドKahlerの製品です。花束の色や形を生かしワンランクアップするフラワーギフトになります。
バラ グラスブーケ
オレンジ L (50本入) Omaggio (オマジオ) ベース L シルバー付き
商品詳細へ  >

第2位 大切な方を祝うガラス花瓶との組み合わせ

オレンジ色の花束を贈られた方に、ご自宅ですぐ飾れるガラス製の花瓶とセットの商品です。オレンジ色のバラ30本の花束は、お取引先の移転祝いや、お誕生日の席でお手渡しするのに丁度良いサイズです。受賞祝いとして贈っても、お持ち帰り頂けるサイズです。花瓶は東京都墨田区のBOBCRAFT社の製品です。花瓶上部がくびれているので、花束のおさまりが良いのが特徴です。透明ガラスですからバラのみずみずしい茎までも見えて、お部屋に花束の生命力が溢れます。
バラ グラスブーケ
オレンジ M (30本入) Duskポット Mサイズ付き
商品詳細へ  >

第3位 大切なかたへのはじめての花束

オレンジ色は「情熱の赤色」と「友情を意味する黄色」を混ぜてできる色です。お相手の方を大切に思う気持ちが、愛なのか友情なのかまだ明確にわからない場合や、はじめてバラの花束を贈る時には幅広い花言葉を持つオレンジ色がおすすめです。1ダースの花束は可愛らしいサイズで、親しいお友達の誕生日や、女性から男性への誕生日や、何かお礼をしたい場合にもおすすめです。
バラ 花束
オレンジ S (12本入)
商品詳細へ  >

厳選3つ!上品に気持ちが伝わる万能色ピンクの花束

ピンクの花束を1度は贈られてみたいですね。
Photo:Pixabay

バラの花束と言えば、ピンクのエレガントな花束を思う浮かべる方も多いのではないでしょうか。ピンクのバラの花言葉は「優美」「感謝」「完全な幸せ」ですから、フラワーギフトとして幅広く贈って頂けます。ピンクのバラ花束は、微妙に異なるピンク色の濃淡がとても素敵です。いくつかのピンク色の花束をご紹介しますね。

第1位 憧れのピンクミックスの花束とローズの花瓶

少しづつ異なるピンクミックスの花束30本と、エレガントなローズ色の花瓶の組み合わせです。フラワーギフトとして安心して贈れます。女性なら1度は贈られてみたい花束で、ピンクのバラグラデーションが、贈る男性の言葉にできない「愛」を品良く表現します。上品な花瓶はデンマークの有名ブランドKahler(ケーラー)のHammershoi(ハンマースホイ)、優しい形と立体的な縦のラインが美しい花瓶で、見る方の思い出に残るフラワーギフトになります。
バラ グラスブーケ
ピンクミックス M (30本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース M ローズ付き
商品詳細へ  >

第2位 どなたにも好まれる華やかな花束

ピンクの花束は、幅広いお祝いやプレゼントに贈っていただけます。微妙に異なるピンク色のグラデーションとボリュームは、贈られた方の心に忘れられない思い出を残します。エレガントな色ではありますが、女性はもとより男性にも贈れる色です。お取引先の開店祝いや、ご親族の新築祝いに相応しい華やかさがあります。長寿のお祝いにもおすすめな花束です。
バラ 花束
ピンク L (50本入)
商品詳細へ  >

第2位 大人な女性に贈るダークピンク

花束を貰い慣れている、大人な女性には落ち着いたダークピンクとクリーンなイメージのガラス花瓶の組み合わせはいかがでしょうか。年長の女性の誕生日や、起業祝いなどにおすすめです。飾るお部屋のインテリアを問わず、スペースを必要としません。花瓶はキノコのように花瓶の口が広くなっていて、花束を優しく受け止めます。東京都墨田区に本社のあるガラス製品のブランド、BOBCRAFTの商品です。
バラ グラスブーケ
ダークピンク S (12本入) きのこベース Mサイズ付き
商品詳細へ  >

厳選3つ!尊敬や称賛が伝わる紫(パープル)色の花束

紫のバラでも多様な色合いがあります。

出典: https://hitohana.tokyo
紫色のバラはとても印象的です。花言葉は「高貴」「気品」「尊敬」です。紫色は赤と青を混合するとできる色ですが、バラには青色遺伝子が無かったため、青いバラを咲かせるのは不可能であるかと思われてきました。しかし日本の企業による長年の研究で、青いバラが生まれました。このようなわけで、紫色のバラもまた特別な存在だと言えます。日本では藤色が高貴なイメージを持つため、同系統の色である紫色の花束にも同様なイメージがあると考えられています。

第1位 上品で程良く目立つフラワーギフト

パープルのバラが50本とブランド花瓶の組み合わせは、フォーマルなお祝いシーンに存在感を発揮します。花束の紫色は単一でなく、紫色の濃淡がとても上品です。花瓶は歴史ある北欧ブランドKahlerです。モダンな形状、洗練された白の磁器表面に手描きされたボーダー柄だけが、上品な光を放っています。法人の開店祝い、移転祝い、個人では親しい方の公演祝いや個展など特別なギフトシーンに向いています。
バラ グラスブーケ
パープル L (50本入) Omaggio (オマジオ) ベース L パール付き
商品詳細へ  >

第2位 紫色と白のコンビネーションが絶妙のガラス花瓶セット

パープルと白のカラーコンビネーションが、親しみやすさとフォーマル感が同居する花束です。組み合わせの花瓶は、日本のブランドBOBCRAFTのガラス素材で、水中のバラの茎の織りなす線までも観賞できる商品です。ピュアな印象の白いバラを多めに用いることにより、パープルのバラが際立つと同時に、全体的に明るさを増した花束はエレガントな印象があります。表彰式や発表会をはじめ、ご親族の誕生日や長寿のお祝いにもおすすめです。
バラ グラスブーケ
パープルミックス L (50本入) フローレット Mサイズ付き
商品詳細へ  >

第3位 パープルミックスの花束を男前カラーの花瓶と

ご主人や大切な男性にお花を贈りたいと思っても、どんな色合いの花を贈ったら良いか迷うのではないでしょうか。落ち着いたぺトロールブルー(緑がかった青色)は、ジーンズやインクの色を思わせる人気の色です。落ち着いた印象の白と紫の花束は、大人な男性におすすめです。男前なインテリアをお好みの女性にも向いています。デンマークの老舗ブランドの花瓶と組み合わせで、誕生日、結婚記念日などにおすすめです。
バラ グラスブーケ
パープルミックス S (12本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース S ペトロール付き
商品詳細へ  >

厳選3つ!とても清らかで崇高な白(ホワイト)い色の花束

白い花束は荘厳でフォーマルなイメージがあります。
Photo:Pixabay

数あるバラの色で、白いバラの花束は清らかで美しいと感じる方が多いのではないでしょうか。白い色のバラ花言葉は「純潔」「心からの尊敬」です。可愛らしく清らかな印象の白いバラ花束は、婚約や結婚のお祝いに向いています。また尊敬を伝える花束の色でもありますので、就任祝いや昇進祝いにも贈って頂けます。いくつかの白い花材で作られるブーケは悲しみを慰めるシーンで贈られます。

第1位 ブランド花瓶のプラム色が白を生かす

白いお花は結婚や新しいスタートなどを意味すると言われています。結婚して新たな一歩を踏み出す女性に「あなたの色に染まる」という花言葉がある白い色のバラ花束とローズ色の花瓶の組み合わせを贈ってみてはいかがでしょうか。ご両親やお友達一同から贈るのも喜ばれます。花瓶は人気のデンマークの老舗Kahler(ケーラー)のHammershoi(ハンマースホイ)です。中央部がふっくらとして、大人の女性を感じさせるプラム色が素敵です。
バラ グラスブーケ
ホワイト L (50本入) Hammershoi (ハンマースホイ) ベース M H200 プラム付き
商品詳細へ  >

第2位 白いバラ50本と人気のガラスポットのプロポーズ

プロポーズのバラ花束は色を選ぶことで、メッセージ性が高まります。白いバラの花言葉は「約束を守る」「心からの尊敬」です。50本の白い色の花束と花瓶の組み合わせです。花瓶は人気のBOBCRAFT、Duskポットで花瓶上部と底部の2か所がくびれていることで優しい印象があり、水替えや移動の際持ちやすいという利点があります。バラ花束は小さなメッセージカードを添えると贈るお気持ちが良く伝わりますよ。
バラ グラスブーケ
ホワイト L (50本入) Duskポット Lサイズ付き
商品詳細へ  >

第3位 白寿のお祝いにご親族へ

白寿のお祝いは、99歳に行われます。漢字の百から一を引くと「白」だからというのが由来です。数え年で99歳でお祝いする方もいらっしゃれば、満年齢で99歳でお祝いされる方もいらっしゃいます。ご親族の白寿のお祝いに50本の白い色の花束を贈ってみてはいかがでしょうか。一生のうちに白いバラ50本を贈られる経験は何回もありません。同席されている方も華やいだ気分になれる白い花束です。
バラ 花束
ホワイト L (50本入)
商品詳細へ  >

様々な色の花束!価格相場チェック

花束のご予算も花束選びの大切な要素です。

いかがですか?色ごとのおすすめを3つずつご紹介しました。価格相場をまとめてみました。1ダースのバラは6,000円前後で、直径は15~20cmで持ち運びしやすいサイズです。サプライズにも適しています。大切な方への誕生日、バレンタインデー、母の日などにおすすめです。バラ30本を花束にした華やかな印象の商品は、10,000円前後です。お取引先の開店祝いや、ご友人の新築祝いにおすすめです。またバラ50本を花束にした豪華な花束は15,000円程です。また行き届いた贈り物として喜ばれるのが、50本のバラとデザイン性の高い花瓶との組み合わせは概ね18,000~20,000円です。起業の創立記念日や個展のお祝いに適しています。実際に花束を色ごとに厳選して贈る方法に迷ったら、通販サイトを活用してみてはいかがでしょうか。そのメリットや注意点をみていきましょう。

花束を色で選ぶなら通販がおすすめ!メリットとデメリット

信頼できる通販サイトが探せると良いですね。
Photo:Pixabay

色々な花束の価格相場をお分かり頂けたでしょうか。ご予算やお相手の方の色の好みや、お祝いの種類を考慮して自由な気持ちでお選び頂くのがおすすめです。花束を手に入れる方法に迷われたら、通販サイトを活用してみてはいかがでしょうか。通販サイトのメリットや利用上の注意点をあらかじめ知っておくと安心して通販をご利用いただけます。

通販サイトご利用のメリット

通販サイトは数多い商品から素早く希望の商品が見つけ出せます。

通販サイトご利用のメリットで特に便利だと実感できるのは、商品選びやご注文はパソコンやスマートホンから24時間いつでも可能だという点です。お忙しい日々のお仕事や家事・育児のお時間を割く必要はありません。早朝や深夜、どこからでもお時間のある時にお選び頂けますから、時間を有効活用できます。お取引先への法人ギフトではオフィスで、同僚や上司と相談しながらお選びいただけます。また、ご注文日の翌日送料無料でご指定住所に商品が届きますので、お急ぎの場合でもとても安心です。また通販サイトでは産地からお届け先まで直送方式を採用しているサイトが多く、中間コストがカットされるため、良質な花束をお得に贈ることができます。通販サイトのホーム頁には、画像や商品詳細を分かりやすく掲載してあり、検索機能を用いることで花束の色や、お祝いご用途ごとにスピーディな商品選びが可能です。また、花束ギフトに欠かせないラッピングやメッセージカードも無料で行っております。法人ギフトに欠かせない立て札(一部対応していない商品もあります)や、贈る気持ちを伝えるメッセージカードも無料です。お支払方法ですが、信頼できる通販サイトでは複数の方法お選びいただけます。また、法人でのご利用の際、経理処理がスムーズな納品・請求・領収証の発行に対応しております。次に通販サイトご利用の注意点をみていきましょう。

通販サイトご利用の注意点

通販サイトご利用の注意点を知っていると安心です。

通販サイトを利用してフラワーギフトを贈るメリットはお分かり頂けたでしょうか。一方で注意点もありますのでお伝えしておきますね。まず、商品情報や発送条件をきちんと確認しておきましょう。大切なのは「例外事項」です。例えば「送料無料で、ご注文日の翌日商品が届きます」と表示されていても、遠隔地や離島は送料が必要なケースがほとんどです。また通販では各サイトごとに、翌日お届けのための締め切り時間を設けています。お届け日に意味のある誕生日や記念日に間に合わないと残念ですね。通販サイトのHitoHana(ひとはな)はお昼の12時までのご注文を翌日お届けいたします。大切なお祝いのお届けは、早めにご手配頂いて、お届け希望日をご指定すると安心です。通販サイトは実物の花束をご自身の目確認できないのが残念ですね。安心できる通販サイトでは発送前の商品画像をメールでご依頼主様に送信する無料サービスを行っております。通販サイトで商品決定に迷われたり、疑問点が生じた場合には、電話によるヘルプ窓口を設けております。平日だけでなく、土日祝日も朝9時から夜7時まで営業しております。どうぞご遠慮なくお問合せいただき、全ての疑問点やご不安な点をクリアしてからご注文頂き通販サイトを快適に活用してみてはいかがでしょうか。

電話によるヘルプ窓口を利用して、疑問点を解決しましょう。

まとめ

切り花の生命力や色が見る方に元気を与えてくれます。
Photo:Pixabay

いかがでしたか?花束の色を選ぶ時に、お相手の色の好みや花の色が持つ花言葉を考慮して選ぶことで、ワンランクアップした花束ギフトになるとお分かりいただけたでしょうか。日頃なかなか言葉にできない「愛」や「感謝」は、花束の色や本数を選ぶことでも伝わるのですね。また、デザイン性の高い花瓶と花束を組み合わせると一層思い出深いフラワーギフトになります。大切な方に、ご予算や花束の色をもとに印象的なフラワーギフトを選んでみてはいかがでしょうか。信頼できる通販サイトなら、お急ぎのギフトにもスピーディにお届けできますので活用してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ