目次

オレンジ色のバラブーケ基本情報

オレンジ色のブーケは幅広いフラワーギフトに向いています。

出典: https://hitohana.tokyo
オレンジ色は、明るくて暖かい印象の色です。明るさや鮮やかさが異なれば多様な表情があるオレンジ色は、花材を組み合わせると、奥行きのある色合とみる方を癒す優しいブーケができあがります。大切な方に贈るフラワーギフトで良く見かけるブーケとはそもそもどのようなものを言うのか振り返ってみましょう。そしてオレンジ色の持つイメージを考えてみましょう。

ブーケとは?

ブーケと言えば花嫁が持つウェディングブーケが有名です。
Photo:Pixabay

ブーケと聞けば何を思い出しますか?ブーケ(bouquet)はフランス語です。切り花を組み合わせて美しくアレンジして束ねたものを意味します。花嫁が持つブーケがその代表的なものです。丸型、楕円形、三日月形などの形をしていて、ウェディングドレスや季節に花嫁の好みなどを入れて作られます。ハンギングブーケは和装の花嫁が持っても似合います。ブーケと花束はほとんど同じように使われる言葉です。強いて言えば、お花を何本か細長い形で束ねたり、包装したりしたものを指すことがあります。同じ花材を束ねた「花束」、複数の花材をアレンジしたものを「ブーケ」と区別することもあります。日本では江戸時代に華道が一般に広まったため、お花を生けることがたしなみとされた時代がありました。そのため、お花を贈る時には、お相手の方が自由に活けられるように茎を長く残して贈られたと聞きます。欧米では、お花をプレゼント用にアレンジするのは、多くの場合お花屋さんでしたからその点が日本と違います。

オレンジ色の特徴

オレンジは赤と黄色をミックスして出来る色で、見る方を元気にします。

ブーケや花束も時代やお国柄の背景があるのですね。オレンジ色は赤と黄色でできる色です。情熱的な赤と、太陽のように明るい黄色の両方を感じるオレンジ色は、見る方を元気づけるポジティブなイメージがあります。オレンジ色や黄色は柑橘類の果物に良く見られ、ビタミンカラーと呼びます。ご家庭の食卓の蛍光灯には赤みがかった暖色が良いとされています。食卓がかすかにオレンジ色の暖色で照らされる方が、一家団欒に向いていると言われています。また、スポーツのチームのユニフォームもビタミンカラーの色が多用されます。ポジティブでティームのメンバーとの一体感が持てると考えられているからです。オレンジ色のブーケに良く用いられる、オレンジ色のバラの花言葉もチェックしておきましょうね。

オレンジ色のバラが登場したのは、100年程前と言われています。赤と黄色のバラを交配させて生まれたオレンジ色のバラは、従来からのバラの色と比較すれば、大変モダンで印象的な色でした。

出典: https://hitohana.tokyo/note/5245

オレンジ色のバラ花言葉

オレンジ色は、見る方を元気づけたり、ポジティブな気持ちになれます。中でもオレンジ色系統のブーケは人気のカラーです。オレンジ色系統のブーケに良く組み合わせる、オレンジ色バラの花言葉は「情熱」「プライド」「爽やか」「幸多かれ」です。オレンジ色のバラは花言葉が豊富で、幅広くフラワーギフトに贈れるのが嬉しいですね。また幅広い花言葉があることにより、ストレート過ぎない好意やお相手の方を気遣う気持ちを伝えられます。異性のお友達への誕生日祝いや、ちょっとしたお礼にも贈れるのが素敵です。

オレンジ色のバラブーケに似合う花

ブーケや花束は手渡しすると喜ばれます。

出典: https://hitohana.tokyo
オレンジ系統のブーケに、オレンジ色のバラを加えるとエレガントになります。濃いオレンジ色の花や葉物のグリーンとのコンビネーションも素敵です。いきなりバラだけの花束を贈るのがためらわれるお相手の方には、淡いオレンジ色や生き生きした黄色のバラや他の花材と組み合わせたブーケを贈ると上品に好意が伝わります。オレンジ色のブーケは幅広く贈って頂けます。濃淡バリエーションの多いオレンジ系統のバラブーケには、どのような花材が合うか見ていきましょう。

親しみやすい花姿のガーベラ

ガーベラは赤系統、白系統、黄色やオレンジなど様々な色があります。
Photo:Pixabay

ガーベラ(Gerbera)はキク科の花で、花姿が親しみやすく、色のバリエーションが豊かです。親しみやすくどこでも見かけ、ブーケ花材としても良く選ばれます。ガーベラは茎に細かい毛羽があるお花は、お水につかっている部分に雑菌が繁殖します。組み合わせてある花材にもよりますが、ガーベラのお水は花瓶の底から3~5cm程度で十分です。ガーベラの花言葉は「希望」や「前向き」です。またオレンジ色のガーベラは「我慢強さ」「冒険心」です。大切な方を励ましたり、お友だちの誕生日祝いにも向いています。

世界中が知っているチューリップ

16世紀にチューリップがオランダに伝わった時には、珍しくて高価な花でした。
Photo:Pixabay

世界中の子供から大人まで知っているチューリップ(tulip)もブーケに良く似合います。チューリップはユリ科の花ですが、トルコ語で「頭に巻き付けるターバン」という意味です。チューリップ全体の花言葉は「思いやり」、オレンジ色のチューリップは「照れ屋」です。もともとはパミール山脈やカザフスタンから、16世紀にオランダに渡来しました。日本でも富山や新潟でも生産され、園芸品種が非常に豊富なお花です。赤いユリのような「マリエッタ」、赤い花びらに黄色のフリルがついたような「フレアーフリンジド」、とてもチューリップには見えない八重咲系のチューリップもありますよ。ミックス色のバラブーケに加えると、バラの間で程よく存在感を発揮します。

カラーだけのブーケもあります

白いカラーはブーケに良く用いられます。オレンジ色のカラーだけで素敵なブーケができます。
Photo: Green Dahlia Home page
http://greendahliaflorist.com/traditional.php

出典: http://greendahliaflorist.com
ブーケ花材の1つとして選ばれるカラーの英語名はCalla Lilyで、学名はZantedestia aethiopicaと言います。サトイモ科オランダカイウ属の植物です。カラーとも呼ばれ、シンプルでスマートな形状を生かして、ブーケ花材として組み合わせてあるのをみかけます。原産地はアフリカで、オレンジ色、黄色、ピンク、赤、黒などがあり、白意外の品種では球根をつくるものが多くあります。カラー全体の花言葉は「乙女のしとやかさ」「清純」でオレンジ色のカラーには、信頼や人生に対する満足や情熱を表すと言われています。

ブーケに立体感が出るユリ

ブーケを作るときに蕾でも、贈られた方は次々とユリが花開くのを観賞できます。
Photo:Pixabay

ユリは英語でLily、育てやすくブーケの花材の1つとして広く用いられます。ブーケに取り入れれば、はじめは蕾でも花が開くと大層存在感を示します。世界の熱帯、温帯、亜寒帯で育ちます。日本国内のユリ出荷量の多いのは、埼玉、新潟、高知の各県です。聖書にもしばしばユリが登場します。日本でも白いヤマユリ、ピンクのオニユリ、斑点のあるカノコユリが知られています。ユリの花言葉は「純粋」「無垢」で、オレンジのユリは「華麗」です。真っ白いバラの花束に花材をプラスしたい場合にオレンジ色のユリを組み合わせたりすると素敵です。

ブーケに迫力が出るストレリチア

ニューギニアに生息している極楽鳥に似ていることが呼名の由来になりました。
Photo:Pixabay

ストレリチアは極楽鳥花とも言われる、ゴクラクチョウカ科の花です。英語ではBird of Paradiseと言い、花のように見えるオレンジ色の部分は花びらではなく萼(がく)です。がくから立つ緑色の部分が花びらで、代表的な品種がエキゾチックなストレリチアレギネです。日本国内では静岡や沖縄などが産地です。花言葉は「輝かしい未来」「寛容」で、ブーケに花材として組み合わせるとオレンジ色のブーケを更に力強い印象をプラスします。

オレンジ色の花やブーケのある風景

オレンジ色の花を飾った場所から明るい雰囲気に変わります。
Photo:Pixabay

オレンジ色のブーケに似合う花をご紹介しました。ビタミンカラーのオレンジ色のブーケを花瓶に入れて飾ると、エネルギーを貰えるように感じます。ブーケは複数の花材を組み合わせて作りますが、オレンジ色の花を飾るとお部屋のアクセントにもなります。オレンジ色の花をみていると明るい気持ちになると言います。実際にどのように飾ったら良いかみていきましょう。

家族が元気になる卓上花

1日のはじまりをオレンジ色のブーケが彩ります。
Photo:Pixabay

家族が集まる朝の食卓に飾るブーケをオレンジ色にしてみてはいかがでしょうか。1日の始まりにオレンジ色のブーケのエネルギッシュな雰囲気をご家族の方皆が楽しめるように、そして安定感が出るように低くアレンジしましょう。オレンジ色のバラブーケには、同じビタミンカラーの黄色いバラにも良く似合います。

白い花瓶に挿して身近に

目を上げるとオレンジ色のブーケがある暮らしを楽しんでみませんか?
Photo:Pixabay

休日の午後、読書の時間がまとめて確保できたらオレンジ色のブーケを飾ってリラックスしながら読んでみてはいかがでしょうか。時々目を上げるとオレンジ色のブーケが目に入り、楽しい気分になりますよ。オレンジ色のブーケを白い花瓶に挿して、身近に飾って過ごせれば最高の気分になりますよね。

オフィスの受付に

オフィスの受付に花が飾ってあると訪問した方の緊張も和らぎます。
Photo:Pixabay

出典: http://www.officescapesdirect.com
オフィスの受付は、会社の顔です。訪問される方の緊張を和らげたり、歓迎を表すためにもオレンジ色の切り花を飾ってみてはいかがでしょうか。極楽鳥花、カラー、オレンジ色のバラや葉物の生け花風のアレンジはストレリチアの力強さが際立っています。お祝いのブーケが急に必要になった場合には、通販サイトで探せばオフィスで複数の方の意見を取り入れながら注文できます。

ピンク色のバラと組み合わせてポップに

バラのフォーマル感を色合でポップに変えられます。
Photo:Pixabay

オレンジ色系統のブーケに似合うのは、黄色のバラやオレンジ色のバラだけではありません。可愛らしいピンクのバラと組み合わせると、ポップな印象が生まれます。ピンクのバラ花言葉は「上品」「感謝」「幸福」です。様々な色の花材が入ったポップな色合いのミックスブーケは、大切な方へのお誕生日祝い、お母様へ母の日のプレゼントなどにおすすめです。

さり気ないブーケからスタート

小さなオレンジ色のブーケで大きなスタートが始まります。
Photo:Pixabay

大切な方にはじめてブーケを贈る時、大きなブーケである必要はありません。花束やブーケはサイズやお値段に関係なく、特別なギフトであることに変わりはありません。気軽に贈れる小さなブーケなら、当惑させずに受け取っていただけるのではないでしょうか。バラ、ガーベラ、カーネーション、カラーが揃った写真のようなブーケは、特定の花言葉にこだわらず受け入れて頂けますよ。さりげなくて可愛い花瓶と組み合わせても素敵です。

オレンジ色のブーケを長持ちさせる方法

From: 農林水産省Webサイト「花のある暮らし」より
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0908/spe1_05.html

オレンジ色のブーケを飾るシーンをご紹介増しました。ギフトとして贈られたブーケや、ご自宅観賞用に購入した切り花はできるだけ長く楽しみたいですよね。少しのコツでオレンジ色のブーケをより長持ちさせられます。外で贈られたオレンジ色のブーケは、上向きで持ちましょう。下向きに持つと、知らない間に人の体や物と接触して花びらが傷つきます。帰宅したら、ラッピングのセロハンやリボンをはずし、保水剤(ジェルや水で濡らした紙)を外します。台所の中性洗剤で洗った花瓶を準備します。しまってあった花瓶も使用前に洗いましょう。水を張った容器の水中で、良く切れる花ばさみでお花の茎を斜めにカットすることで、給水面積が広がります。ブーケにお花の延命剤が添えられていたら是非使用しましょう。多くのお花は、一般的な形状の花瓶の水量は底から5cm程度、バラや菊は底から5~10cm程度で良いでしょう。バラについては水を好みますので、冬場乾燥している時期、2cm程度水を増量しておくのも良いです。お水は毎日取り換えるのが理想的で、水を換えるたびに水切りを行うと効果的です。生ける前に水に浸かる部分の葉を取り除くのがポイントです。切り花の命は限られていますが、少しお手入れをすることで楽しめる期間が長くなります。キッチンの漂白剤を水1Lに対して1~2滴入れると細菌の増殖を抑え、砂糖を1Lにおお匙1杯入れると栄養剤の代わりになります。ブーケを飾る場所は、直射日光やエアコンの送風を避け、お家の中で温度が低めの場所に飾るのがおすすめです。水切りを繰り返して、背丈が低いミニブーケになっても可愛らしく飾れますよ。

オレンジ色のブーケ価格相場

オレンジ色のブーケの価格を調べてみました。

ブーケを花瓶に飾って長持ちさせる方法をご紹介しました。オレンジ色のブーケをフラワーギフトにする場合の価格相場はどうなっているかみていきましょう。オレンジブーケの小さいサイズ(直径10~15cm)でバラ、ガーベラやカーネーションが組み合わせてあると、3,500~4,000円程度です。バラが入らない場合は3,000円程度のお手頃な価格となっています。お友だちの誕生日や、親しい方へのちょっとしたお礼やお宅訪問の手土産におすすめです。また、バラや複数の花材合計30本程度の見栄えのするオレンジ色のブーケは6,000~7,000円程度です。バラが入っていなければ5,000円程です。退職のお祝いや母の日などに向いています。バラと複数の花材を組み合わせたブーケは直径25~35cm程度の直径の商品は10,000円程度、さらに花瓶と組み合わせると12,000~20,000円程度です。大切な方への開店祝いや移転のお祝い、就任祝いにも適した華やかさがあります。実際に、オレンジ色のブーケを贈る場合には、どのような方法が良いかお伝えします。

オレンジ色のブーケは通販サイトがおすすめ

通販サイトのメリットを生かしてオレンジ色のブーケを探してみてはいかがでしょうか。

オレンジ色のブーケや花瓶との組み合わせをご紹介しました。花瓶と組み合わせると、贈られた方がすぐ飾れて素敵な贈り物になるのですね。実際に、フラワーギフトをどのように贈ったら良いか迷ったら、通販サイトを利用してみてはいかがでしょうか。通販サイトをご利用される際のメリットや注意点をお伝えしますね。大切な方へのお祝いにオレンジ色のブーケを選ぶ時の参考になれば幸いです。

通販ご利用のメリット

お店からオレンジ色のブーケが大きいとお花屋さんから持ち帰るより、届けてもらえる方が便利です。

お誕生日や記念日のように、1年に1回づつ巡ってくるお祝いにはブーケの準備にも余裕があります。しかしお誕生日を急に思い出したり、遠くのお知り合いの開店祝いや、お取引先の移転祝いを知った場合に通販サイトを活用してみてはいかがでしょうか。通販サイトご利用のメリットをご紹介します。通販ご利用の最大のメリットは、ブーケ選びやご注文が場所や時間を問わずパソコンやスマートホンからできる点です。また検索機能を利用すれば短時間で、オレンジ色のブーケを探し出せます。お忙しいお仕事や家事の合間に実店舗に出向く必要はありません。お届けはご指定住所に「送料無料で翌日」届くのでお得で早いのが嬉しいですね。無料のラッピングはもとより、法人間のギフトに欠かせない立て札や、法人・個人問わず添えることの多いメッセージカードも無料で行っております。(一部対象外の商品がありますのでご注文の際ご確認下さい)通販サイトからフラワーギフトを贈る場合、商品を目で確認できない点ですが、信頼できる通販サイトでは発送前商品画像をメールでご依頼主の方に送信する無料サービスを行っています。お支払方法については複数ご用意しておりますのでご安心下さい。法人様には経理処理がスムーズに行える、納品・請求・領収証発行に対応しております。お支払情報はこちらです。便利な通販サイトですが、注意点をお伝えします。

通販ご利用の注意点

商品説明や条件を熟読する習慣をつけると安心です。

オレンジ色のブーケを贈る際、通販サイトが早くて便利だとお分かり頂けたでしょうか。通販サイトご利用のいくつかの注意点をみていきましょう。それは通販サイトの「例外事項」です。通販のメリット「送料無料でご注文日の翌日にお届け」と表示されていても、「例外」があることを知っておきましょう。具体的には、離島や遠隔地にお届けする場合には送料は有料になります。またご注文日の翌日お届けには、通販サイトごとに締め切り時間を設けています。通販サイトHitoHana(ひとはな)では、お昼12時までのご注文を翌日お届けのための締め切りとさせていただいております。またお買い物の時期が、母の日やクリスマスなどの時期には混み合いますので、お早目にご手配頂きまして配達ご希望日をご指定頂くと確実です。最後に、通販サイトの商品で疑問点はブーケ選びを迷ったりされた場合には是非電話によるヘルプ窓口にお問合せ下さい。平日他土日祝日でも朝9時~夜7時まで営業しております。疑問点をすっかりクリアさせてからご注文頂くと、新鮮なオレンジ色のブーケを通販で選んで良かったと実感して頂けます。

厳選3つ!オレンジ色ブーケはこれがおすすめ

オレンジ色は花言葉も多く男性にも贈れます。

オレンジ色のブーケや花瓶との組み合わせの価格相場をお伝えしました。フラワーギフトはご予算やお相手の方との関係を考慮して決めるとスムーズに選べます。幅広いお祝いに適したオレンジ色のブーケ選びに迷ったら、おすすめを厳選して3つご紹介しますので参考にして頂ければ幸いです。デザイン性の高い花瓶との組み合わせや、ブーケだけの単品もあります。

第1位!幅広く贈れるオレンジブーケとガラス花瓶のセット

オレンジ色系統のバラや他の花材50本を用いた豪華なブーケと、高さ15.5cmのパンプキン型のガラス花瓶の組み合わせは贈られた方がすぐに飾れるのがメリットです。フラワーギフトで10,000~15,000円はとても良く選ばれる価格帯です。この商品の花瓶は東京に本社を置くBOBCRAFTの商品で、かぼちゃのように縦に入ったラインと上から見ると花が開いたかのような切れ込みが美しく、生けたお花の納まりが良いのが特徴です。花材分量の多いブーケでも安定感があります。大切な方への新築祝いや移転祝い、新築祝いにもおすすめです。
バラ グラスブーケ
オレンジ L パンプキンボール Lサイズ付き
¥13,750 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

第2位!ブーケと淡いローズ色の花瓶でエレガントに

オレンジ色のブーケは性別を問わず贈れる色ですが、組み合わせる花瓶を選ぶことによりお相手の方に相応しいイメージに変化します。例えば優しいピンクの花瓶と組み合わせるとエレガントな印象に変わります。バラブーケオレンジのSサイズの色合いとマッチする淡いピンクの花瓶はデンマーク生まれのハンマースホイシリーズの1つです。贈られた方がオレンジ色のブーケを飾る場所にも悩まない可愛らしいサイズで、お水替えもラクラクです。親しい方の開店祝いや母の日、結婚記念日に向いています。
バラ グラスブーケ
オレンジ S Hammershoi (ハンマースホイ) ベース S ローズ付き
¥12,500 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

第3位!サプライズに隠し持てるブーケ

まだ赤いバラを贈るのはためらわれる方に、オレンジ色のバラブーケを贈ってみてはいかがでしょうか。お食事の程よきタイミングを見計らって、お足元やかばんの後ろに隠しておけるサイズです。お渡しする日はお店に先に到着する必要がありますが、サプライズとしてお渡しした時のお相手の方の驚きと最高の笑顔が見られます。大切な方へのお誕生日祝いを始めご就職祝い、父の日などのお手渡しにおすすめです。
バラ 花束
オレンジ S ナチュラルブーケ
¥7,000 (税込、送料込、ラッピング無料)
商品詳細へ  >

まとめ

オレンジ色のブーケは、大切な方との絆を尊重するフラワーギフトになります。

出典: https://hitohana.tokyo
いかがでしたか?オレンジ色のブーケの魅力や花言葉、飾り方や贈り方をご紹介しました。オレンジ色はビタミンカラーで、見る方に元気を与えて、暖かい気持ちにさせます。ブーケの色の中でも、オレンジ色は濃淡が豊富で様々な表情が生まれます。いくつかの花材を用いたブーケには切り花や葉物が醸し出す美しさがあります。ラッピングのまま持参して大切な方に手渡ししたり、デザイン性の高い花瓶と組み合わせると、受け取った方が飾ったブーケのお手入れも楽しめる、ワンランクアップしたフラワーギフトになります。オレンジ色のブーケ選びは贈る方もまた素敵な時間を過ごすことになります。オレンジ色の素敵なブーケが安心して贈れる通販サイトから選んでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ