目次
胡蝶蘭のことならHitoHana(ひとはな)

胡蝶蘭に虫が?!でもあきらめないで! 

1

適切な環境と手入れしだいで1ヶ月以上も見事な花を楽しめる胡蝶蘭。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭はギフトとして現在も圧倒的な人気を誇っています。そんな人気の高い胡蝶蘭ですから、プレゼントされたらいつまでもその美しい花姿を楽しみたいものですよね。また高級花のイメージが強い胡蝶蘭ですが、最近ではご自宅用に購入され楽しむ方も増えています。しかしある日とつぜん、葉っぱが黄色くなっていたり、お花が急に落ち始めた、なんだか胡蝶蘭全体に元気がないなどの症状が出る事があるかもしれません。もしかしたら、それらの原因は害虫の仕業かもしれません。でもあきらめないでください!適切に対処して、致命傷になるのを防ぎましょう。

胡蝶蘭につく主な害虫と対策方法

Gatag 00013385

胡蝶蘭に害虫がついたら何をしていいか悩んでしまいますね。

出典: http://01.gatag.net
胡蝶蘭には数種類の害虫が付き、病気などを引き起こす原因になります。そのため胡蝶蘭の害虫対策は必須になります。ここからは、胡蝶蘭によく見られる主な害虫とその対策について見ていくことにしましょう。

カイガラムシ

Konakaigara03 300x225

花に出来た黒い点もカイガラムシです。

出典: http://prowsiwebdesigns.com
風に乗ってやって来たり、外部から持ち込まれた株に付着していることもあります。一度大量発生してしまうと完全駆除が難しい、胡蝶蘭にとってはたいへん厄介な虫です。そのため発生初期での適切な防除が大切です。カイガラムシは付着したところから吸汁して葉や花を傷つけたり、あるいはカイガラムシのフンに菌が繁殖しそこから葉が腐るなどの被害をもたらします。
カイガラムシには非常にたくさんの種類がおり、一説には400種類以上いるともいわれています。
わらじのような殻のある小さな虫は成虫になったカイガラムシです。爪楊枝のようなもので掻き落とすと良いのですが、葉を傷付けないようにしましょう。白い綿状のフワフワしたものはコナカイガラムシ(ワタカイガラムシ)といいます。この虫を見つけたら、ただちにガーゼやティシュ、毛先の柔らかい歯ブラシなどで優しくこすり落としましょう。その後 2000倍に薄めた中性食器洗剤で株全体を洗い、冷たすぎない水で洗い流してください。
005 225x300

コナカイガラムシはわらじのような虫が密集します。

出典: http://prowsiwebdesigns.com
薬剤はスプラサイドやオリオンが有効ですが、デリケートな胡蝶蘭には薬害も心配ですので指定された用量用法で正しく慎重に使用しましょう。メガネや手袋等で体を守ることも忘れないでしておきましょう。またカイガラムシは一度の駆除では完全に根絶できませんので、日を置いて継続的に観察を続け、根気よく駆除することが大切です。

ハダニ

Dani01 300x225

ハダニは葉の裏がベトベトして色つやがなくなります。

出典: http://prowsiwebdesigns.com
梅雨明け、夏の高温乾燥時期になると発生しやすいハダニ。胡蝶蘭は水やりのしすぎは良くない、というのは基本ですが逆に水のやり忘れなどによる乾燥状態はハダニの繁殖の原因となりますから、霧吹きなどでこまめに葉水をかけると良いとされています。ハダニが発生するとカイガラムシと同じく吸汁され、徐々に葉色が退色してきて株が弱り始めます。

万一発生してしまったら、ダニ用の薬剤を使うと効果的に駆除できますがハダニは薬剤抵抗性がつきやすい虫なので、一度でしっかり駆除するか、何種類かの殺ダニ剤を交代で使うなどすると良いでしょう。

スリップス(アザミウマ)

Img bug01

スリップスは花が奇形になる被害もあります。

出典: http://www.e87.com
主に黄、灰褐色や黒系の1~2mmくらいの細長い形の昆虫です。たくさんの種類がいて、野菜から花木までさまざまな植物に害をもたらします。夏の高温期に発生することが多いのも特徴です。胡蝶蘭の花に寄生し汁を吸われると、花弁のフチが黄色く変色してきます。また蕾の中に入り込むことがあり、そうなってしまうと見つけづらく、虫が入り込んだ蕾は開花しなくなることがあります。虫を見つけたらオルトランなどの薬剤で駆除しましょう。

アブラムシ

Gatag 00007080

てんとう虫はアブラムシを食べる益虫だというのを知っていましたか?

出典: http://01.gatag.net
様々な植物に発生するアブラムシ。胡蝶蘭も例外ではありません。外部から飛んできて蕾や花に付きます。開花しなくなるなどの原因になるだけでなく、ウイルス病も媒介するので鉢は風通しの良い場所に置き、こまめに観察しましょう。虫の少ないうちは水で洗い流すだけでも効果があります。しかし、大量発生してしまったら、薬剤散布をして対処しましょう。

ナメクジ

昼間は鉢の底などに隠れていて、夜になると活動をはじめ花や蕾、根の先、新葉などを食害する虫です。また胡蝶蘭の代表的な病気”軟腐病”の原因となる細菌を媒介するといわれています。ジメジメとした環境を好むので、風通しを良くすることが大切です。また銅イオンを嫌う性質を持っているため、鉢の周りに銅板などを置くと良いともいわれています。見つけ次第割り箸などを使い捕殺しますが、ナメクジ専用の薬剤もあります。またビールを置いておくとナメクジが集まってくるともいわれています。

コバエ

Thumb kobae

コバエは被害はなくてもうっとうしい存在です。

出典: http://boyamono.com
直接的な被害をもたらすわけではありませんが、うっとおしい虫ですよね。胡蝶蘭の鉢の中のミズゴケや腐った根に発生します。ミズゴケを新しいものに交換したり、薬剤散布するなどして対処しますがアロマの虫除けスプレーなどを使ってみるのも良いかもしれません。

まとめ

4

いつまでも美しい胡蝶蘭を楽しみたいですよね。

出典: https://hitohana.tokyo
胡蝶蘭に発生する代表的な害虫と、その対策についてご紹介しました。いずれの害虫も、被害の出た株から健康な株へと拡がっていきますので害虫の発生した胡蝶蘭は他のものと隔離しておくことが大切です。虫を見つけても、落ち着いて適切に対処すればあなたの胡蝶蘭はまた美しい姿を見せてくれるはずです。

お祝いで贈る豪華な胡蝶蘭をご紹介

2a94a23b1846e6e6762dcc18f3ef6643

お祝いごとやお供えで贈るギフトで定番の胡蝶蘭。おしゃれで豪華な胡蝶蘭を価格別や用途別に選べるようにご用意致しました。レビューの充実したサイトで是非お探しください。

出典: https://hitohana.tokyo

関連するまとめ