ミニ胡蝶蘭 【クリスマスver.】ピンクお任せ 1本立ち グリースグラス
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)

ミニ胡蝶蘭【クリスマスver.】ピンクお任せ 1本立ち グリースグラス

¥4,590税込
※ 立て札やラッピングはカートで追加できます。
選べるお支払い方法
クレジットカード支払い 請求書支払い 銀行振込

商品説明

■ 詳細説明

ミニ胡蝶蘭ピンク1本立ちグリースグラスクリスマスver.は、小さいミディ胡蝶蘭より更に小ぶりのお花で、可愛らしく上品なピンクのお花1本立ちになります。クリアで厚手のグラスに似た鉢にクリスマスピックを飾った商品で、ご自宅用の他に大切な方へのクリスマスプレゼントや手土産にも喜ばれています。とてもコンパクトで置き場所を選びませんので、アットホームなカフェやお店のカウンター、オフィスの受付や棚上に飾っていただけます。お部屋の雰囲気を明るくする上に、見る方の心を温かくしてくれます。新築祝い、出産祝いなどにも期間限定のミニ胡蝶蘭ピンク1本立ちグリースグラスクリスマスver.を贈ってみてはいかがでしょうか?



【水やり】

胡蝶蘭は乾燥や加湿に弱い植物であるため、水やりは乾燥・湿気の具合をしっかり観察し水やりを行うことが重要です。また苔玉を枯らしてしまう原因の多くは水不足です。胡蝶蘭は根腐れする場合が多いのですが、苔玉で育てる場合苔玉の中まで水が浸透せず、植えている胡蝶蘭を枯らしてしまうことがあります。そのため、葉っぱに水を吹きかけるなど苔玉以外での水分調整も必要です。苔玉に水をあげる際には、苔玉が軽くなっていることを確認し水を張ったバケツに5分程浸け置きします。気泡が出なくなったら引き上げてください。また、苔玉は完全に乾燥させると水を含みにくくなるので、1〜2日に霧吹きなどで水を吹きかけてあげましょう。



【置き場所・温度】

胡蝶蘭を置く場所の温度管理は非常に重要です。胡蝶蘭を育てるのに適した温度は、20℃前後です。季節が変わるごとに置き場所も適度な場所に変えてあげましょう。直射日光に当たると葉っぱが枯れてしまうので、窓際に置く際はレースカーテン越しに置きましょう。胡蝶蘭は日当たりが良く風通しの良い場所を好むのですが、苔玉は基本湿り気のある日陰を好みます。しかし、全く日に当たらずにいると光合成ができないため枯れてしまいます。また多湿のところで育てると苔玉が腐って枯れてしまうので、3日に1回は直射日光に当たらない風通しの良い場所で育てましょう。胡蝶蘭と苔玉の両方の状態を確認しつつ置き場所を変えるといいですね。



【植え替え】

胡蝶蘭は20℃前後が育てるのに適した温度のため、植え替えは5〜7月に行うことをおすすめします。毎年の植え替えは根を傷めるため、2〜3年に1度行います。また胡蝶蘭の根が成長し、根詰まりを起こすと苔玉が裂けるので植え替えのサインです。まず消毒したハサミで花芽を取り除いた後、腐っている根や土用を取り除きます。その後、しっかり湿らせた水苔を根で包んでいきます。水苔が崩れないように糸などで固定をし、その上から新しい苔を玉になるように貼り付けていきます。再度崩れないよう糸で固定をしましょう。植え替えてから1〜2週間は苔と葉に水を吹きかける程度の水やりで大丈夫です。苔玉からバークへの植え替えも可能です。

■ サイズ目安
サイズ目安 縦50〜60cm 横10〜20cm

ページの上部へ