2018年7月4日(水)より西日本で発生した豪雨による洪水の影響で
ご注文頂いた商品の広島、岡山県の一部・九州地方全域へのお届け遅延の可能性がございます。(8月7日現在)

 アデニウム アラビカム 6号 プラスチック鉢
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。

アデニウム
アラビカム 6号 プラスチック鉢

18,360
入荷次第ご連絡いたします。
現在、入荷日未定です。入荷通知登録を行ってお待ちください。

商品説明

■ 詳細説明

キョウチクトウ科アデニウム属で、砂漠や岩場に自生する丈夫な品種です。初夏になると、がっしりと力強い株の先に可憐なピンクの花を咲かせます。アンバランスな姿がとても人気ですが、希少種のためあまり流通していません。日に当てると株がさらに大きく成長します。乾燥に強いため、水やりは土が乾いてから与えましょう。冬はさらに土を乾燥気味にして、最低でも5度~10度以上を保つように管理してください。幹や枝ぶりを楽しめることから、盆栽のように仕立てるのもおすすめします。挿し木や種まきで増やすことができます。珍しい品種や、個性的な植物がお好きな方に贈ると喜ばれます。小規模のおしゃれなショップにも似合うため、開店祝いなどにいかがでしょうか。



【原産地】

アラビア半島やインド洋沿岸の砂漠や荒涼とした岩場が原産です。アラビカムの仲間には、インド洋のソコトラ島にも自生しているものもあります。強い日差しを受けながら、緑少ない荒地に立派な株が点々と根付いている姿は壮観です。



【水やり】

もともと砂漠に自生しているため、乾燥に強い品種です。生育期の5月~8月の水やりは、土の表面がしっかり乾いてから水を与えましょう。冬は徐々に水やりを減らし、土を乾燥気味にします。真冬は休眠期に入るため、水は一切与えず冬越しさせましょう。3月ごろに新芽が出てきたら、水やりを再開します。



【日当たり】

日光が大好きな品種です。少しずつ直射日光に当てて慣れさせれば、株が大きく立派になります。5月~8月の生育期は、屋外での管理が可能です。梅雨の間は室内に入れてあげましょう。日陰の室内で育てている場合は、時々日光に当てると元気に育ちます。



【温度】

寒さが苦手な品種のため、日当たりを好み温かく風通しのよい場所がおすすめです。冬になったら、屋外のものは室内に取り込みましょう。冬は水分を絶って最低でも5度を保ち、10度以上あれば安心して越冬ができます。



【症状と対処法】

もともと砂漠などに生息しているため、乾燥に強い品種です。水やりが多すぎると根腐れを起こすため注意しましょう。また、加湿が原因でカビが発生し、軟腐病にかかることがあります。あまり薬が効かずすぐに繁殖するため、痛んだ部分は取り除いてください。害虫は、アブラムシやハダニ、カイガラムシがつくことがあります。見つけ次第すぐに駆除しましょう。アブラムシは新芽が好きなため、春先には注意して観察してください。

主にその他お祝い、自宅観賞用、その他としてご利用されております。

ページの上部へ