2018年7月4日(水)より西日本で発生した豪雨による洪水の影響でご注文頂いた商品の広島、岡山県の一部にお届けが難しい地域がございます。
また、九州地方全域へのお届けについては、10号サイズ商品のみ見合わせております。(8月16日現在)

 ハオルチア レツーサ系 実生選抜 3.5号 プラスチック鉢
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。
入荷待ち

ハオルチア
レツーサ系 実生選抜 3.5号 プラスチック鉢

5,076
「✉️入荷お知らせ」 機能

ご希望の商品の在庫がない場合に「入荷お知らせ」をお申し込みいただくと、商品が入荷した際すぐにお客様にメールでお知らせいたします。

なお、「入荷お知らせ」のご登録は、ご注文やご予約とは異なりますので、ご注文の受付、また商品のお届けを確約するものではございません。

※生産の都合により、ご希望の商品が入荷しない場合がございます。

商品説明

■ 詳細説明

深緑色の葉表と若草色の葉裏が美しいコントラストを織りなすレツーサ系ハオルチアです。レツーサの特徴である、葉の上半分を占める半透明の窓は思わず光に透かしてみたくなるほどですが、特筆すべきは葉っぱのフォルムです。まるで親鳥を待つヒナたちのように見えませんか。愛らしい姿に心奪われる方も多く、特に女性に大変人気のある品種です。多くのハオルチアと同様に、乾燥に強く育てやすいため、ご友人への誕生日祝いやご出産のお祝い、引っ越し祝いなどにも喜ばれる一鉢です。また、お花のギフトのようにすぐに枯れることがなく、香りや花粉も出ないため、飲食店やクリニックの開業祝いにもおすすめです。おしゃれな鉢とセットにすると気の利いたギフトになります。

【原産地】
原産地は南アフリカ、乾燥地の岩陰などに自生しています。気候は地中海性気候と呼ばれ、冬の平均最低気温が7℃、夏は平均最高気温26℃と暑く乾燥しています。日本の真夏のような高温多湿は苦手で、乾燥には比較的強い品種です。

【水やり】
春と秋の生育期は、土が乾いてきたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水をあげましょう。乾燥地帯に自生しているため過度の湿気には弱く、梅雨の時期〜高温多湿の真夏に水を与えすぎると根腐れをおこしてしまいます。春秋に比べて少し乾かし気味に育てます。冬は暖かい日を選んで月に1〜2回ほどの水やりにとどめましょう。

【日当たり】
乾燥地の岩陰で自生している様子に倣って、通年明るい半日陰で育てます。昼間の直射日光は葉焼けの原因になるため、室外ならばベランダの軒下などに置くか、遮光ネットを掛けるのも良いでしょう。室内ならばレースカーテンで直射日光を遮ることのできる明るい場所を選びましょう。

【温度】
生育にもっとも適した温度は20〜25℃くらいです。耐寒温度は5℃のため、霜に当たらなければ真冬以外は屋外で育てられます。気温が5℃を下回る前に、必ず室内に取り込んであげましょう。高温多湿を嫌うため風通しを良くしましょう。

【症状と対処法】
直射日光に当てすぎると変色したり、葉っぱがカラカラに干からびてしまいますので気をつけましょう。また、夏の高温多湿の時期に水をやり過ぎると根腐れを起こし、ひどい時には葉っぱも溶けたように腐ってしまいます。その他の病気はほとんど心配ありません。害虫は根が粉にまみれているように見えるネジラミ、カイガラムシ、アブラムシに注意が必要です。これらの害虫を見つけた際は柔らかいブラシやティッシュ等で葉を傷付けないように優しくこすり落としましょう。その後再発防止のためにも市販の薬剤の使用をおすすめします。

ページの上部へ