Top 01陣中見舞いの胡蝶蘭
お届け日程を計算していますLoading 075bf951294e6c09b1b633496378120456ce565f37ea0fa206a91018dbf563c7
お届け日程を検証しています。Loading 075bf951294e6c09b1b633496378120456ce565f37ea0fa206a91018dbf563c7
多肉植物 ハオルチア 硬葉系 緑 実生選抜 3号 Kross 【M size】
※ 植物の咲具合・形態は、多少写真と異なる場合がございます。

多肉植物 ハオルチア
硬葉系 緑 実生選抜 3号 Kross 【M size】

生産者直送価格
9,700税込価格 10,476円
※ お届け日・札などはカートに入れた後、ご選択いただけます。
通常配送について


気温の低い配送地域の場合、お届け日時のご相談をさせて頂くときがあります。
Free 0c59a83b47dd706054101aba6ed23feca728ca8074a200384dae1eb5778aac66
送料無料
※ 北海道、沖縄除く
Day 0e61d9d2ad56c81c93d94bdad569f4e72d0ba6b928f5d653ae5b19d854b824b8
10月18日(水)から
お届け日指定可能
※ 一部地域は除く
10月18日(水)のお届けは{{ timeLimit }}以内にご注文を確定してください。
※ 一部地域は10月18日(水)のお届けが難しい場合がございます。
HitoHanaの魅力
Card a28f687e6781e2f347f6964ec4dc6569d62993d515492eeadb941c6bb02cbaf4
メッセージカード
無料
Receipt d7f7f0d382cb22c851948be825dda1a87823331df1c9d766e32a17160807fa65
請求書払い
領収書発行可能
Mail 8a604d7f00b2ed3e4d7eaaa563ad059907892e993f590734ce4b289cefa34920
配送前写真
サービス無料
多肉植物 ハオルチア 硬葉系 緑 実生選抜 3号 Kross 【M size】の説明
■ サイズ:外径 10.6cm、内径 9.2cm、高さ 10cm
■ カバー利用:3号の鉢として利用可
■ 底穴:あり
■ 鉢皿:なし
■ 鉢・鉢カバーの重さ:0.4kg
サイズ画像
多肉植物 ハオルチア 硬葉系 緑 実生選抜 3号 Kross 【M size】の説明

葉が硬く、シャープなフォルムを楽しむ硬葉系のハオルチアです。小さいながらもピンと尖った葉先に強い意思を感じさせつつも、柔らかなグリーンが心和ませる一鉢です。南アフリカの自生地では灌木や岩の影にひっそりと咲くことが多いハオルチアは強い日照が必要ありません。そのため屋外の軒下などの半日陰はもちろん、室内でも一年中育てることができます。また、水やりも頻繁にしなくてよいため、管理も簡単です。3号鉢の扱いやすいサイズも人気です。お花のように花粉や香りもないため、管理に手間を掛けられないお忙しい飲食店の開店祝いや、クリニックの開院祝いなどの法人ギフトにもおすすめです。おしゃれな鉢に植え替えればシンプルなハオルチアがグッと惹き立ちます。

【原産地】
原産地は南アフリカ、乾燥地の岩陰などに自生しています。気候は地中海性気候と呼ばれ、冬の平均最低気温が7℃、夏は平均最高気温26℃と暑く乾燥しています。日本の真夏のような高温多湿は苦手で、乾燥には比較的強い品種です。

【水やり】
春と秋の生育期は、土が乾いてきたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水をあげましょう。乾燥地帯に自生しているため過度の湿気には弱く、梅雨の時期〜高温多湿の真夏に水を与えすぎると根腐れをおこしてしまいます。春秋に比べて少し乾かし気味に育てます。冬は暖かい日を選んで月に1〜2回ほどの水やりにとどめましょう。

【日当たり】
乾燥地の岩陰で自生している様子に倣って、年間を通して明るい半日陰で育てます。昼間の直射日光は葉焼けの原因になるため、室外ならばベランダの軒下などに置くか、遮光ネットを掛けるのも良いでしょう。室内ならばレースカーテンで直射日光を遮ることのできる明るい場所を選びましょう。

【温度】
生育にもっとも適した温度は20〜25℃くらいです。耐寒温度は5℃のため、霜に当たらなければ真冬以外は屋外で育てられます。気温が5℃を下回る前に、必ず室内に取り込んであげましょう。高温多湿を嫌うため風通しを良くしましょう。

【症状と対処法】
直射日光に当てすぎると変色したり、葉っぱがカラカラに干からびてしまうため遮光できる場所で管理しましょう。夏の高温多湿の時期に水を与え過ぎると根腐れを起こし、ひどい時には葉っぱも溶けたように腐ってしまうため気をつけましょう。また、根が粉にまみれているように見えるネジラミ、カイガラムシ、アブラムシがつく場合があります。見つけた際は柔らかいブラシやティッシュ等で葉を傷付けないように優しくこすり落としましょう。再発防止のためにも市販の薬剤の使用をおすすめします。

主に自宅観賞用としてご利用されております。

Page Top